トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『シネマ番付---'03上半期ベスト---』

 ゴ:上半期、洋画では『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』『マトリックス    /リローデッド』『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』『007/ダ    イアナザーデイ』『X-メン2』など、大型話題作の続編ラッシュ。中でも    『007〜』『X-メン』のハル・ベリー、『マトリックス〜』のキャリー・    アン・モス、『チャリエン〜』の3人娘、『猟奇的な彼女』のチョン・ジ    ヒョンなど“凶暴な女”“マッスル系ヒロイン”といった、強さとお色気    (かわいさ)を兼ね備えたニューヒロインが大活躍した(下半期作品でも    アンジェリーナ・ジョリー@『トゥームレイダー』が控えている)。    なんでも、60〜70年代にも同様の傾向があったようで、テロの脅威など、    社会不安の高まりとともに、女性にも「強さ」が求められているのだとか。    一方、邦画においては『壬生義士伝』『あずみ』『魔界転生』など新感覚    時代劇が話題を呼んだ。しかし、当シネ番スタッフをうならせたのは、手    堅いヒットを狙える続編モノや、ドラマチックな展開を描きやすい時代劇    ばかりでなく、ミニシアター系や限定公開作品、特に韓国映画の秀作に高    い評価が集まった。もちろん、前回の'02年度下半期番付時にアカデミー受    賞速報もかねて、このコーナーでご紹介していたあの大作もしっかりランク    インしているけどネ。それでは、スタッフたちのトークに行ってみようか!                 ■『上半期番付!』■                   (18点満点)  注「チャーリーズ・エンジェル2」=「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」  「ロード・オブ・ザ・リング2」=「ロード オブ ザ リング/二つの塔」            (T&P※)=トライエム+ポニーキャニオン 1位『シカゴ』(ギャガ)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:15 2位『チャーリーズ・エンジェル2』(ソニー)…☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:10 3位『猟奇的な彼女』(アミューズ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9 4位『おばあちゃんの家』(東京テアトル)………☆☆☆☆☆☆☆:7 4位『レッド・ドラゴン』(UIP) …………………☆☆☆☆☆☆☆:7 4位『黄泉がえり』(東宝)…………………………☆☆☆☆☆☆☆:7 5位『ロード オブ ザ リング2』(ヘラルド松竹)☆☆☆☆☆☆:6 6位『戦場のピアニスト』(アミューズ)…………☆☆☆☆☆☆:6 7位『クローサー』(ソニー)………………………☆☆☆☆:4 8位『デブラ・ウィンガーを探して』(T+P※)☆☆☆☆☆▼▼:3 8位『マトリックス リローデッド』(ワーナー)☆☆☆☆▼:3 8位『めぐりあう時間たち』(アスミック)………☆☆☆☆▼:3 8位『トーク・トゥ・ハー』(ギャガ)……………☆☆☆☆▼:3 8位『運命の女』(フォックス)……………………☆☆☆☆▼:3 9位『ガン&トークス』(グルーヴ)………………☆:1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! (こちらのOUT(ワースト)組のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい)  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー H=Happa M=MARS               雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────   今回の読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちらから!    こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!              ●「ゴクラク映画感」●   HP → http://www006.upp.so-net.ne.jp/oma/gokuraku-top.html   購読→ http://www006.upp.so-net.ne.jp/oma/gokuraku-toroku.htm            トレキャ!推薦のメルマガでっせ〜!   ─────────────────────────────────     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。                  ◆◇◆ -------------------------------------------------------------------- ●1位『シカゴ』(ギャガ)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:15 M:☆☆☆/やっぱ、芸能人ってスゴイのね!経験がないのに歌い踊ったレニー・   ゼルウィガー、タップを覚えてソロを披露したリチャード・ギア、妊娠中なの   にどすこいの迫力ダンス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。「ハリウッドスター   かくし芸大会」を観た思いざんす。あっぱれ。 A:☆☆☆/そうそう、まさしく「ハリウッドスターかくし芸大会」(笑)。リチ   ャード・ギアは日本でいえば、さしずめマチャアキ?いやあそれにしても、映   像化は不可能と言われてきたボブ・フォッシーの不朽のブロードウェイミュー   ジカルをオリジナルの振り付けとアプローチで鮮やかにスクリーン上に再現し   たロブ・マーシャル監督の手腕はお見事!この作品でアカデミー最優秀助演女   優賞を手にしたキャサリン・ゼタ=ジョーンズのダイナミックな「オール・ザッ   ト・ジャズ」〜リチャード・ギアのタップソロ〜ほんとに旨くてびっくりした   レニー・ゼルウィガーの「ナウアデイズ」まで全編極上のエンタテインメント!   コレぞ映画、見なきゃ損損の大傑作よ。 H:☆☆☆/セクシーでゴージャス!やっぱり映画はこうでなきゃ。これは映画と   いうか、舞台というか、それを超えた不思議な感覚の作品。とって付けたよう   なミュージカルシーンになるかと思いきや、これが流れるようにストーリーに   入ってきて、心地良かったですわ。私的には「大股開き」がツボにきました。   いやいやとにかく文句なしのNo.1デス。 雲:☆☆☆/ダンサー・イン・ザ・ダークみたいな「うわ、何さらすねん!」みた   いな強引な不協和音は一切おまへん。場面展開は華麗に計算されてて、わしら   貧乏な客はヨダレくりながら、ブロードウェイミュージカルを冥土の土産にで   きるんや。異色俳優の組み合わせやけど、完璧やね。エンタテーメントちゅう   のは、こういう映画のことを言うんや。 よ:☆/やっぱこれよ、コレ。これこそハリウッド的エンタテイメントな映画でしょ。   歌もダンスもストーリーもしっかりしてて、見終わった後もすっきり爽快な気   分になれます。キャサリンのダンス&歌声のうまさにもビックリだし、意外と   リチャード・ギアのタップダンスも頑張ってたと思うよ。 ゴ:☆☆☆/皆が絶賛するように完成度の高いエンタメ性はもとより、私はこの作   品の“クールなワル”ぶりにも魅了されたね。「浮かび上がった者は必ず落ち   る…それがシカゴ」「1週間後には見捨てられる…それがシカゴ」。かように   愛と欲望渦巻く誘惑の街シカゴでは、中途半端なイイ子ぶりっこじゃ太刀打ち   できない。「あたしゃ捨て身よ!」と開き直って勝負をかける、壮絶かつ清々   しい女たちのバトルにシビレたよ。 -------------------------------------------------------------------- ●2位『チャーリーズ・エンジェル2』(ソニー)……☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:10 A:☆☆/前作から丸3年、待ちに待ったエンジェル達のご帰還ね。このシリーズ   はなんも考えないで楽しめて、見た後絶対元気になれるから大好き!今回は、   コスプレもダンスもアクションもさらに超パワーアップ。特にモトクロスシー   ンにはぶっ飛んだね。ぶっ飛んだといえば、この夏、本編とは別にケーブルTV   でたまたま見た“2003 MTV Movie Awards”の『チャーリーズ・エンジェル〜   “おケツ”バージョン』。本編のために“おケツ”を鍛えるルーシー・リュー   に感涙(腹を抱えて)。MTVのMAはアカデミー賞なんかより数倍面白い!映画   ファンなら必見ね。 ゴ:☆☆☆/ルーシーいいよねえ(笑)。3人の中では一番年くってるのに、見た目   もアクションも一番若い!それに劇中で披露してくれるあの「イタチちゃん芸」   のオチャメさといったら!このシリーズは、どんなピンチに遭遇しても敵をギャ   フン(死語)といわせる展開に、妙なわだかまりが一切ないのがいい。シリーズ   見る度に「あ〜、生まれ変わったら今度こそ4人目のチャリエンになるぅ〜!」   と(今度こそ、ってのが意味不明ですが)いつも思うんだよね。まずは開脚ト   レーニングですか?(笑)。 H:☆☆/もう、なんでお姉ちゃん達そんなにキュートでカッコイイのと、相変わ   らず観ればイヤでも元気が出てくる作品。欲を言えば、悪役のデミ・ムーアが   もっと迫力があってもよかったな。でも夢のスーパーカーF60に乗ってたから   許しちゃう。懐かしい映画音楽やカメオ出演も楽しめたね。 M:☆/3人の息がぴったりで、お尻振って踊ったり、彼女らの出し惜しみないが   んばりが好き。でもやっぱデミ・ムーアがなあ。すごいバディだってのは分かっ   たけど、で、それで?って感じ。 雲:☆/大阪のミナミや東京のシブヤあたりにいてる、やたら元気でハイテンショ   ンのミーちゃんハーちゃんが大喜びしそうな脳天気なイッパツどすなぁ。   別にストーリーなんか追わんでよろし。たいした話やないんやから。天使ちゃ   んのカッコええ天真爛漫ぶりを、ポップコーンの大を食いながら見てたらよろ   しねん。日本のドアホ連中が起こす事件への怒りが、その間だけでも忘れられ   ますわい。 よ:☆/前作よりコスプレもお色気も全てパワーアップしたエンジェル達。3人の   チームワークもバッチリで、本当に仲良さそうに見えたよね。でも格闘シーン   は前回のが多かったし、かっこよかったような気がするなぁ。 -------------------------------------------------------------------- ●3位『猟奇的な彼女』(アミューズ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9 A:☆/ライトなスプラッター?かと思ってオズオズ観に行ったら、笑えて泣ける   映画だった(笑)。超美人なのに、酒に酔えば電車でゲロゲロ、怒りっぽくて   すぐに手が出る足が出る狂暴な彼女をチョン・ジヒョンが好演。このヒト、キ   レイなんだがいつも黒目が座ってるのよね(笑)。そんな彼女にこてんぱんに   やられ振りまわされるボーイフレンド“キョヌ”(チャ・テヒョン)はホント   にイイ奴。2人が友人から不思議な絆で結ばれた恋人へと進展してゆくラスト   には目頭がカア〜っ。ところで、これって実話を元にしてるんだってねえ!? M:☆☆☆/これは今期一番期待してた作品で、期待以上のおもしろさ。思わず2   回観ちゃったよ〜。主人公2人の表情やセリフのおかしさといい、予想を裏切   る展開といい、韓国の魅力全開。「ぶっ殺すよ」はワタシ的には今期のベスト   セリフ賞やね!(笑) よ:☆☆/とっても可愛くて、笑えて、泣ける映画です。我侭なのにそれをただの   我侭にみせない、主演の女優さんがキュートでいい。気の弱い男の子キョヌも、   やること裏目にでちゃって、こういう子っているよねーって感じ。映画の最初   にでてくるラストへの伏線もよい感じだし。 ゴ:☆☆/先日、この監督の新作『ラブストーリー』(来年1月公開予定)の試写を   見て、涙!涙!笑!涙!笑!涙!涙!(笑)。つまり、やっぱり笑えて泣けて感   動しちゃったのだけど、『猟奇的な彼女』と改めて見比べてみると、監督のこ   だわりというか、両作に共通する“符合”がいくつも発見できて、『猟奇〜』   ファンは思わずニンマリできることウケアイ。運命的な絆で結ばれた男女を、   素直な、でもひねりの効いたラブストーリーに描きあげるクァク・ジェヨン監   督のセンス、サイコー! -------------------------------------------------------------------- ●4位『おばあちゃんの家』(東京テアトル)………☆☆☆☆☆☆☆:7 ゴ:☆☆☆/上半期一番泣けた作品がコレ。韓国では400万人を動員した異例の大   ヒット作で主演は映画初出演の7歳の少年と、映画は見たことさえないという   77歳のおばあちゃん。他の出演者もほとんど村の住民という素人総出演だけに、   その素朴で素直なリアクションがかえってリアルなんだよね。読み書きも出来   ず口も利けない田舎のおばあちゃんと、最初はそれを小バカにしていた孫との   心の触れ合い…と言ってしまうと陳腐なんだけど、わがまま放題の孫(←いる   いる、こういうガキっ!と、心からムカつけます・笑)の無理難題を一生懸命   叶えてやろうとする(滑稽なほど)無条件な愛情を注ぐおばあ。ニワトリ、バス   停、針糸、チョコパン…と、印象的なシーンを思い出しただけで、な、涙が…。   ラストの展開も素晴らしく『猟奇的〜』同様、韓国映画はあなどれない!と、   つくづく思うね。 雲:☆☆☆/いやぁまた人情韓国映画にやられてしもたがな。ひと言もセリフしゃ   べらんと、表情だけでこのおばあちゃん泣かせてくれるんや。こんなにもの悲   しく、深ぉに刻まれたシワの中の奥の目が何とも言えん。滅びゆく草食動物み   たいな哀れさをたたえた目ぇや。最後、また一人っきりになったおばあに、ガ   キが一生懸命に作って残していったものは…?ここで、わしも客も全員涙や。 よ:☆/これすっごく見たかった映画なのに、見逃して悔やんでる〜。絶対DVDチェ   ックするゾ!やっぱハンカチは必須かな? ●4位『レッド・ドラゴン』(UIP) …………………☆☆☆☆☆☆☆:7 A:☆/ハンニバル・レクター3部作・第1章の待望の映像化。レクター博士(ア   ンソニー・ホプキンス)VS元FBI捜査官(エドワード・ノートン)の息詰まる   応酬に不気味なサイコ殺人犯(レイフ・ファインズ)が絡むストーリーには、   ずっとゾクゾクしっぱなし。特に犯人が絵をムシャムシャ食べちゃうシーンに   は鳥肌が・・・。ハーベイ・カイテルやエミリー・ワトソンなど、脇をクセ者   で固めたところもシブイ。レクター博士の原点である本作から『ハンニバル』   まで、一度通して観たいね。 雲:☆☆/レクター先生のいっちゃん初めの登場編ともいえる話や。相変わらず人   肉ディナーが大好きな先生やなぁ。唐獅子牡丹みたいな入れ墨してブヒブヒ言   うてるヤツの殺人は、あんたそんな無茶したらあかんやろーと、千林商店街の   おばはんが怒るぐらいえげつない。レクター先生とパッパラ兄ちゃん、どっち   もキレてます。盲目のおなごとパッパラ兄との哀しい恋がつらいのぉ。 M:±0/余談ですが、ヤングレクターを、24歳になったマコーレー・カルキンが   やるらしいって噂。楽しみだな〜。 ゴ:☆☆☆/このシリーズは、邪悪な存在でありながらもすこぶる賢者でもあると   いう、知的セクシーなレクター像がなんといっても魅力。だからそれをアンソ   ニー・ホプキンスが演じ続けてくれる限り、シリーズにハズレはなし!と安心   して本作も楽しんだのだが、その青年時代がマコーレ・カルキンとなると、さ   て…?(ところでカルキン兄弟って全部で何人いるの?どれがどれだか…笑) ●4位『黄泉がえり』(東宝)…………………………☆☆☆☆☆☆☆:7 A:☆/泣けた(涙)。これは剛の代表作になるだろうね。“黄泉がえり現象”を   調査する厚生労働省の若きエリートを好演。人間じゃないけどね、もし2年前   に逝ってしまった実家の愛猫が黄泉がえってきたら?で、3週間後にまた逝っ   てしまうとしたら?今、ふと考えただけでも涙が出てきた。 H:☆☆/ちょうど草なぎ君と言えば、TVドラマの「僕の生きる道」と上映時期が   かぶっていて、テーマも生と死ってことで複雑だったけど、人間の感情が素直   に伝わってきた良い作品デシタ。RUI「月のしずく」も◎。 M:☆/「え、そうやったん?!」という展開に意表を突かれて☆ひとつ。最後に   残るギモンだが、死んだ恋人の角膜はあんなに振り回されて腐ってないのか? よ:☆/これ劇場に2回足を運んだのに、2回とも満席で見れなかった作品。でも   それも納得の出来だよね。ラストには私もジーンときたなぁ。 ゴ:☆☆/村中で死んだ人があちこちで甦っているのに、皆、動揺するどころか、   すんなりと受け入れて共に生活しているあたり、本来ならウソっぽいってとこ   ろなのだが、亡き人への想いの強さがうまく描かれていてさほど気にならなかっ   たねえ。気になったのはむしろスポンサーの缶ビール&缶コーヒーの登場シー   ン(あそこまでやるとちょっとヤラシ〜イ)。 --------------------------------------------------------------------  ●5位『ロード オブ ザ リング2』(ヘラルド+松竹)☆☆☆☆☆☆:6 A:☆/旅の導入だった前作に比べ、今回はテンポもスケールも格段にアップ!一   時も目が離せない戦闘につぐ戦闘で、あっという間の3時間。1万ものウルク   =ハイを迎え撃つアラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)の騎馬隊!倒しても倒   してもキリがない化け物の群れを前にしても、アラゴルンがいると不思議と負   ける気がしないよね。彼は一番頼れるこの物語の希望のヒーローね。もう一人   の小さなヒーロー、フロドと指輪を捨てる旅に同行することになったゴラムに   は鳥肌!あの一人ボケ&ツッコミキャラ(笑)。この苛酷な旅の行く末は?来   春公開の第3部『王の帰還』が待ち遠しい! ゴ:☆☆/あの“一人ボケ&ツッコミ”ゴラムは、『ハリポタ』のドビーと、ツラ   もキャラもやけにソックリなんで、トレードして相手作に出演しても、気が付   かんかもしれん(笑)。この手の分裂型キャラは、どこか悲哀感があって、ある   種のことを象徴するので、ヒーローファンタジーものには、欠かせない重要な   存在といえる。 雲:☆☆/そのぶさいくな案内人は、故・殿山泰司にもよう似てるんや。上目遣い   のあの窺うような目の動きなんかそっくりや。エルフ+ドワーフ+人間組は戦   いで、喜び組はピラピラ踊りで経験値を増やしてレベルを上げていきよる。後   半の勝ち目のなさそうな城攻めされるシーンは、豊臣の大阪城の無念を思ぉた   なぁ。恋愛あり友情あり戦争ありの騎士道精神に貫かれた、CG架空大歴史ドラ   マっちゅうノリでオモシロかったわい。 よ:☆/今回はおもしろく見れたね。1を見たときは、この話が3部も続くのはち   ょっと勘弁と思ったけど、今回は物語にググッと惹きこまれていって全然退屈   しなかった。しかし今回はなんといってもアラゴルンがかっこよかたねー。主   役が交代したのかと思ったほど。いやいや、フロドもちゃんと頑張ってはいる   んだけどさ。それ以上にアラゴルンが大活躍だったんだよね。レゴラスは相変   わらずかっこよいし、3が待ち遠しいな。 --------------------------------------------------------------------  ●6位『戦場のピアニスト』(アミューズ)…………☆☆☆☆☆☆:6 A:☆/カンヌのパルムドールを始め、今年のアカデミー賞3部門受賞(最優秀主   演男優賞受賞時、プレゼンターのハル・ベリーにいきなりキスしたエイドリア   ン・ブロディにはびっくり!)、他、欧米各地で賞賛された超話題作。ナチス   の戦禍を経験したロマン・ポランスキー監督が、同じく戦時下のポーランドで、   音楽だけを支えに生き抜いた実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマ   ンの回想録を映画化。史実もさることながら、シュピルマン役のエイドリアン   ・ブロディが、全編に渡って吹き替えなしに奏でたというピアノの調べに大感   激!廃墟の中、ナチス将校の前でブロデイがショパンを演奏するシーンは、あ   まりに美しく、悲しく、拭っても拭っても涙が止まらなかったわ。 ゴ:☆/エイドリアン・ブロディって、一度見たら忘れられない個性的な顔。この   作品のために10キロも減量して、本番で代役なしでピアノ演奏をしてみせた彼   の役者魂と、一人のユダヤ人を救ったのは実は敵兵だったいう史実の重みが、   作品をよりドラマティックなものに。敵にも善い奴がいれば、味方に悪い奴も   いる。そんなポランスキーのバランス感覚に好感。 H:☆☆/最後の演奏会シーンでは私も立ち上がってブラボーと叫びたかったほど   感激。実話であり、ポランスキー監督自身も体験した時代を描いていることも   あってか、胸につきささる物が多い作品でしたね。 -------------------------------------------------------------------- ●7位『クローサー』(ソニー)………………………☆☆☆☆:4 よ:☆☆☆/私的には上半期一番のお薦め映画!香港版チャリエンとかいわれてた   けど、チャリエンをはるかにしのぐ、アクションのかっこよさ、素早さにしび   れました〜。特に中盤のスーチーVSカレンモクの勝負と、ラストのヴィッキー   チャオ&カレンモクVS倉田保明の勝負の場面がお気に入り。スゴイ迫力があっ   て、手に汗にぎるとはこのコト。メチャ興奮しますがな。しかしこの映画の中   のヴィッキーチャオはめちゃめちゃキュートで思わず惚れてしまった。とても   『少林サッカー』と同じ女優さんとは思えまへん。 ゴ:☆/アクションシーンは、さながら“開脚技選手権”という感じで、無意味に   そこまで足をあげなくても…(笑)と。ただ香港女優のアクションへのこだわり   には「本家の意地」のようなものが感じられかなりスキルが高い。ストーリー   的には、求婚されてやめるくらいなら最初からこの稼業(殺し屋)に姉妹で足を   踏み入れるべきではないだろう!と思いましたが。 -------------------------------------------------------------------- ●8位『デブラ・ウィンガーを探して』(T+P※)☆☆☆☆☆▼▼:3 M:☆☆☆/女優ロザンナ・アークェットが、ハリウッド女優たちに、結婚・子育   てと仕事の両立についてインタビューする本音ドキュメンタリー。裸を厭わず   個性派で売ってきた彼女が、こういう普遍的な視点で映画を作ってしまうなん   て、正直びっくり。女優陣は、ただのオバハンになってる人、ゴージャスになっ   てる人(デブラ・ウィンガーは引退後もきれい)、悲喜こもごも。ウーピーと   フランシス・マクドーマンドのコメントには大笑い。彼女らの言葉をこれから   の糧にします。 A:☆/ケーブルTVで予告編を目撃してから非常に観たかった作品。ミニシアター   系にはなかなかいけなくて・・・・。早くDVDチェックしたいもんです。 H:▼/申し訳ないことに人生初、試写で爆睡した作品です。それは徹夜明けで行っ   た私も悪いのですが、前評が高かっただけにねぇ、あまりに坦々としたインタ   ビューのつなぎに思わず夢の中へ。もう一度観直しますわ。 ●8位『マトリックス リローデッド』(ワーナー)☆☆☆☆▼:3 雲:☆/噂が噂を呼ぶマトリロを観た。火のないところに噂は立たずちゅうけど、   この火、鬼火みたいにユラユラモワモワと掴みどころがなかったなぁ。   地底に住むザイオンちゅうやつらは何やねん? 冒頭の原住民の太鼓踊りと、   キアヌのラブシーンは長かったのぉ。いらんわいこんなしょーもないシーン。   キアヌはいつから空飛ぶスーパーマンになったんや。反則ワザちゃうんかい。   ストーリーを追いかけたら、さっぱり訳が分からん。観た後、ふ〜疲れた。 A:☆/終わり方(っていうか、『レボリューションズ』へのつなぎ方)だけが、   そこらのTVドラマみたいで少々いただけなかったが、全編通して、こんなの観   たことねえってVFXシーンの連続!もうスゴイとしかいいようがないでしょ。   アタしゃ始めから最後までずっと身を乗り出して観ておりましたよ(笑)。予   告編で何度も聞いた「闘いが終われば・・・」ってセリフに、人間は解放され   るのよねって単純に考えてたけど、コレ観たら「なんか違うんじゃない?」っ   てラストが読めなくなっちゃった。もう、チンプンカンプン(笑)。11月公開   の最終章が待たれます。 M:▼/なんか、予告編で全部見てしまったという感じ。ストーリー、『ドラゴン   ボール』並みに全然わかんないんですけど…。 ゴ:☆/ほんとわかんない(笑)。前作も記憶に残っているのはアクションシーンばっ   かでディテールはすっかり忘却。「マトリックスとは…」とモーフィアスがウン   チクを語りだしたとたんに睡魔に襲われ、さらにわかんなくなるという悪循環。   それでも、お口あんぐりの衝撃アクションが展開されるとお目々もパッチリ!   もう寝たり起きたり忙しかったよ(笑)。ところで、アルビノ(先天性白皮症)の   人たちが「白い」悪役登場に眉をひそめているとか。昔は白い服着た人が正義   の味方だったけど、この映画は白と黒が逆だからねえ。 ●8位『めぐりあう時間たち』(アスミック)………☆☆☆☆▼:3 M:▼/これがレズビアンの苦悩を描いた映画だって、皆さん、ちゃんとわかりま   した〜?一緒に観てた人は、主婦の苦悩だと思ったみたい。ジュリアン・ムー   アが何の不自由もないのに夫と子供を捨てるのを見て激怒してた。そういう私   も、ムーアの「そのあと一人でカナダに移り住んだ」というセリフを聞いて、   やっと「そうか、同性愛者の話なんだ、コレ」と気付いた。 よ:±0/そっか、そっか、3人とも同姓愛で悩んでいたのね〜。今分かりました。   映画の中で説明らしい説明がないので、おばかな私の頭では今一歩理解できな   かったのよー。でも女優3人の演技の迫力はすごかったよね。 A:☆/いかにも、この作品に出てくる女性はみな同性愛者。でもね、その3人の   女性が人間として自分の人生の選択をいかにしたかっていうのが、この映画の   テーマでしょ。ワタシはローラ(ジュリアン・ムーア)が、夫と子どもから逃   げようとする描写が切なくて、泣けた。あたしゃノーマルだが同じ主婦って立   場で自分を投影しやすいキャラだったんだと思うわ。捨てた息子が自殺した後   も、家族を捨てて自分の好きなように生きてきたことを後悔することはできな   いって、息子の元カノ、クラリッサ(メリル・ストリープ)に語る場面に号泣。   自分の領域を守るため、今後の人生好きなように生きるため何もかもリセット   したい!なあんてアブナイ願望がワタシの底にもあるのかな。 H:☆☆/計算された構成と、あのニコール・キッドマンの怪演にだけでも☆☆   の価値あり! ゴ:☆/付け鼻ひとつであんなに別人だもんね、ニコール。作品の方は、なんか   完璧すぎてちょっと(優等生へのひがみか?)。劇場には、結構、年配のご婦   人や紳士の姿も多かった。それなりに人生のキャリアをつんだ大人向けの映画   といえますね。 ●8位『トーク・トゥ・ハー』(ギャガ)……………☆☆☆☆▼:3 ゴ:☆☆☆/上半期、一番衝撃を受けた作品がコレ。前作『オール・アバウト・マ   イ・マザー』から3年ぶりのペドロ・アルモドバル監督の新作。「何かに感動   すると彼女がいない空しさに泣いた」というセリフに象徴されるように、生と   死、愛と孤独、絶望と希望について描かれた作品なのだが、既存の価値観とか   モラルといったものを覆させられる思いで、見終わった後にすぐ席を立てなかっ   たほど。実際に起こったいくつかの事件がベースになっているというから余計   衝撃。自分の愛する人が昏睡状態に陥った時、その相手と、どう向き合うか。   “アレ”を奇跡ととるか、とんでもない犯罪ととるか人それぞれだろうが、と   にかく、いろんなことを投げかけてくれる作品。 よ:▼/うーん、これを「究極の愛」と言っちゃうのは、私には抵抗があります   ねぇ。目覚めた彼女は事件を知ってどう思ったのか?そこが気になる所です。 A:☆/おすぎが薦めてたねえ、コレ。予告編しか観てないけど、ぜひDVDでチェ   ックしたいわ。 ●8位『運命の女』(フォックス)……………………☆☆☆☆▼:3 M:☆☆/幸せで夫も愛情たっぷりで申し分ないのに、妻は若いオトコと不倫。   ストーリーはありきたりながら、夫婦のちょっとしたしぐさや行動がすごくこ   まやかで、特に誠実夫、リチャード・ギアが「うっかり」殺しちゃうシーンが、   怖すぎてウマイ。願わくば、ラストにもう一度怖がらせてほしかったわな。 A:▼/愛人(オリヴィエ・マルティネス)との密会後、帰宅する電車の中で彼と   の情事を思い起こしながら、汗をかきかき股をモゾモゾするダイアン・レイン。   体当たりの演技に感心する一方で、ちとヒイた。エイドリアン・ライン監督な   らではの大どんでん返しがラストにあるのかと思いきや・・・・。あの終わり   方じゃ、旦那(リチャード・ギア)が可哀想すぎやしないか。 ゴ:☆/コレは「奥さん、悪いことをすると必ずバチがあたるんですよ」(byみの)   という、教訓映画です(笑)。 --------------------------------------------------------------------  ●9位『ガン&トークス』(グルーヴ)………………☆:1 よ:☆/あまり期待しないで見に行ったら、思わぬ拾い物をした映画だった。話は   4人の殺し屋が主人公で、殺し屋というと冷酷orクールで完璧だけど、実は心   は優しいというパターンが多い中、このお話の殺し屋は、ふつーのそこらへん   にいる兄ちゃんて感じで、逆に親しみがわく感じ。そして、なによりもウォン   ビン君がかっこいいのよー。ビン君以外の役者さんもなかなか素敵だし。これ   はこれからの韓国映画に期待がもてますなぁ。 ゴ:±0/この映画のウォンビンかっこいいかあ?私はむしろ超情けない気が(笑)。   あまりに冴えない殺し屋グループで、殺す必要もないのに殺してみたり、どこ   か子供の遊びの延長みたいな感覚でお仕事をしているので、殺し屋の風上にも   おけねえ連中だ!と、ちと呆れ果ててしまいました。   次の頁へ続く・・・