トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
『シネマ番付---'02下半期ベスト---』+オスカー速報!

 ゴ:祝!『千と千尋』アカデミー賞(長編アニメ)オスカーゲット!    ちなみにこの作品は当シネ番「'01上半期番付」にて、第2位をゲットし    ておりました。となると1位は何か気になりませんか?(笑)。    (過去番付→ http://homepage2.nifty.com/cinema/2002/no30.html )    ちなみに最優秀作品賞は『シカゴ』(これ、ほんっとにオススメです!    あれで1800円は安いと思うよ!)、監督賞&主演男優賞は共に『戦場のピ    アニスト』(こちらはやや地味ではありますが、いま見て欲しい感動作で    です)、主演女優賞はニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』(未    見ですが最も見たい作品の一つです)、オリジナル脚本賞は『トーク・    トゥ・ハー』(個人的に衝撃的な感動を受けたオススメ作です)でした!    さて、本題の「'02下半期」でありますが、    超大作が連発されていた上半期に比べると地味な印象をぬぐえない下半期。    自然とスタッフの「☆」「▼」の数も少な目に。特徴としては、今期はや    けに男性主演の作品、特に「父子もの」が目立った。『スター・ウォーズ』    『オースティン・パワーズ』『ギャング・オブ・ニューヨーク』も背景には    父子のストーリーがあると思えば、父子ものの作品数は今回の番付エントリ    ーの7割ほども占めるのではないだろうか?社会状況や世情が不安なときほ    ど、こうした父性ものが復活する傾向がある気がするけど、どうでしょう。                 ■『下半期番付!』■                   (18点満点) 1位『ピンポン』(アスミック)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:14 2位『ロード・トゥ・パーディション』(FOX)…… ☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9 3位『ジョンQ』(ギャガ)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆:8 3位『たそがれ清兵衛』(松竹)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆:8 4位『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(ワーナー)☆☆☆☆☆☆☆:7 5位『マイノリティ・リポート』(フォックス)……☆☆☆☆☆☆☆☆▼▼:6 5位『チョコレート』(ギャガ)………………………☆☆☆☆☆☆:6 6位『阿弥陀堂だより』(東宝+アスミック)………☆☆☆☆:4 7位『アイリス』(松竹)………………………………☆☆☆:3 8位『8人の女たち』(ギャガ)………………………☆☆:2 8位『トリック劇場版』(東宝)………………………☆☆:2 9位『トリプルX』(東宝東和)………………………☆☆▼:1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! (こちらのOUT(ワースト)組のランキングはNO.2の“裏番付”をご覧ください)    あの大作も、ケチョンケチョンに、こきおろされとります。  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー H=Happa み=みりん 雲=雲谷斎(ゲスト)     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。  ●1位『ピンポン』(アスミック)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:14 A:☆☆☆/カラッカラに乾いたノドにキリッと冷えたサイダー流しこんだ時の爽   快感!とでも言いましょうか。それがコレを観た後の率直な感想。萎えちゃう   くらい暑かった真夏の午後には持ってこいの逸品でした。“smile”・ARATAや   “dragon”・獅童も相当ヨカッタけど、やはりこの作品は“peko”こと窪塚君   の代表作になるでしょう。あのニューヒーローは窪塚君にしかできないキャラ   だったと。巧みにCG処理されたピンポン映像の躍動感やsupercarのサウンドト   ラックなど全てが印象深く、大作目白押しだった'02後半でワタシが超お薦め   する堂々ベスト1作品にあげたいと思います。とにかく面白いからDVD観て! 雲:☆☆/久々にやんちゃな日本映画を堪能したっちゅう感じで、腹さすりながら、   ツマヨウジをシーハーシーハーいわせながら、丼メシ屋を出ていくあの満足感   に近いんや。ひとりひとりの登場人物のキャラづくりがよう出来てると思うなぁ。   満点にせえへんかったのはエンディングの意外性のなさや。いじけてたペコが、   栄光を手にして世界にはばたくっちゅうのは安易やろ。 ゴ:☆☆/サイダーに牛丼…(笑)。立て続けに食べ物の満足感に喩えられてるって   のは、理屈じゃなくて本能を刺激されるおもしろさ、だからか。とにかく脇の   誰がスピンアウトして主演をはっても、おもしろそうな番外編が出来ちゃいそ   うなくらい、サブキャラたちも光ってました。 み:☆☆☆/もう原作そのまま!よくぞここまでピッタリな役者を揃えて映像化し   てくれた!って感じ(夏木マリ演じるばばあだけがちょっと若くてキレイすぎ   とは思うが)。あのペコ頭やってもかっこいいのはやっぱり窪塚くんだけだね。   一緒に見ていた子供も大喜びさ! H:☆☆/久々に毛穴全開、アドレナリンが大噴出した作品よぉ。ピンポンって地   味なイメージだけど、あんなに激しくスピーディで、エキサイティングなスポー   ツなんだよね。「青春映画のニュー・バイブル」ってコピーがよくわかりまし   た。 よ:☆☆/この映画でARATAに惚れた!☆1つは彼に献上します。あまりにも彼が   かっこよすぎてずーっと彼を目で追ってしまってました。私と友人は見終わっ   た後、目がハート状態だったに違いない。(でもその後広末の元カレと聞いて   愛情が少し薄らいだのは何故?)CGは違和感なく、卓球ってばスゴイスポーツ   じゃんと思わせる出来だし。中村獅童はじめ、周りの脇役の役者さん達のキャ   ラもたっているし、DVDがほしいかも。 -------------------------------------------------------------------- ●2位『ロード・トゥ・パーディション』(FOX)…… ☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9 ゴ:☆☆/闇の世界に生きる3組の父子。その絆と破綻への道のりを、ありがちな   ラブロマンスは一切排除し、徹底したハードボイルドで描き切った。そして印   象的な海辺の家での、あのラスト。渋い!渋すぎる!哀愁漂う大人のノアール。   今回のアカデミー賞では「撮影賞」にて、見事オスカーをゲット! 雲:☆☆/まあ、なんちゅうか親子の破滅物語ですなぁ。ヨメはんと次男が殺され   て、主人公は復讐に燃えて唐獅子牡丹の健さんになりよる。しかしトム・ハン   クスっちゅうキャラは復讐の鬼っちゅう感じが出んなぁ。最後、ガラスに映る   天国のような海辺の風景、そやけど窓ガラスの反射の中に見える部屋の中には   パーディション(地獄)が待ち受けておるのじゃ。この対比があまりにも美し   く、哀しい。 H:☆☆☆/基本は「ゴッドファーザー」という“ギャング系”命の私は、幸せ顔   のトム・ハンクスに「ちょっと違うんじゃない?」って▼つける気持ちでいた   が、そりゃ大間違いで、これ以上ないほどに哀愁漂う中年ギャング役がハマっ   てましたわ。それに加えて、親分のポール・ニューマン、蛇のように獲物を狙   う殺し屋のジュード・ロウと見事なキャスト、絵画のように映し出される大恐   慌時代のシカゴの風景、流れるようなストーリーと、どこをとっても無駄のな   い美しさが最高! 完成度の高い「これぞ映画」っていう秀逸作品で、もちろ   んNo.1デス。 み:☆☆/トム・ハンクスってほんっとに上手い。「殺し屋なんて出来るの?」と   思った私が間違っていました。これも父性がテーマの映画だけど、トムさん違   い(クルーズじゃなくて)で、こっちの勝ち!愛しのジュード・ロウに目を奪   われて気もそぞろになってしまうかと思いきや、きったなーいサイコ(しかも   ハゲ!)に徹していて、心配は無用だった。監督の配慮ね。 A:±0/劇場に行く機会を逃し、先週うちでDVD鑑賞。ほんとにトム・ハンクス   上手い!頭の薄いジュード・ロウも凄かった。でもラストの後味が悪くて・・。   ワタシって、ハードボイルドが苦手なのかなあ。 -------------------------------------------------------------------- ●3位『ジョンQ』(ギャガ)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆:8 A:☆/『たそがれ清兵衛』の翌日観たら、コレも子どものために闘うお父さんの   物語。死期が迫る息子の心臓移植のために、命を賭けて病院を占拠する父親役   をデンゼル・ワシントンが熱演。移植リストアップ費用を捻出するために奔走   する前半もせつなかったが、なんといっても自分の心臓を息子にと銃口を頭に   あてる後半は周りもワタシも号泣・号泣、また号泣。劇中の子ども役と同じ年   頃の息子を持つ身、もう泣けて泣けて。でも、ラストは案外救われる展開。ワ   ンワン泣いた後、劇場を出たら晴々した気持ちに。思いきり泣くって体にいい   みたいね(笑)。 み:☆☆☆/『トレーニング・デイ』で悪ーい役もできることを見せて見事オスカー   に輝いたけど、デンゼル・ワシントンにはやっぱり正義感溢れる役、しかも父   親役が似合う!もひとつこの映画のいいところは、処罰は免れないまでも悲惨   な結末を迎えないところ。見ているみんながジョンを大好きになって、応援し   てしまう映画だね。 ゴ:☆☆/彼の出る映画にハズレなし!ちょっと間違えると泥臭いお涙頂戴のお騒   がせドラマになったかもしれないのに、俳優でもあるニック・カサベテスの演   出と、デンゼルの迫真の演技で見事な感動作に。観客をハラハラ、ドキドキさ   せる手腕もさすが。デンゼルのあの瞳!あの目にいつも虜にされてます(笑)。 -------------------------------------------------------------------- ●3位『たそがれ清兵衛』(松竹)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆:8 A:☆☆/清貧を貫く家族思いの清兵衛父さん(真田広之)に涙々。でも、真田よ   り印象深かったのは、やがて清兵衛と結ばれる幼なじみ・朋恵役の宮沢りえ。   特筆すべきは、清兵衛が果し合いに行く前に朋恵に身支度を調えてもらう場面。   彼女の武家の女性としての完璧な身のこなしにびっくり&見とれてしまいまし   た。いつのまにあんなにしっとりとしたイイ女になったのか、改めて女優とし   てホレ直したなあ。今後も時代劇で観たい女優さんです。 雲:☆☆☆/除夜の鐘みたいにゴ〜ンと心に響く映画やった。小さい娘ふたりとボ   ケたおかんを清兵衛はクレイマークレイマー状態で養うとる。イザとなったら   剣の腕はすごいっちゅう隠し芸があるんや。東西隠し芸大会のリーダーとして、   マチャアキと勝負させたいわい。一本スジの通った男の生き方を見たかったら   この映画どす。・・しかし、おらんようになったなぁ、こういう男はん。 み:±0/正月に両親を伴って見に行こう(シルバー料金ならおごれるし)と決め   ていたのに、実家のある神奈川県ではその時期上映している映画館はもうなかっ   た!東京、いや埼玉ですらロングランやリバイバル上映を続けていたというの   に!悔しーい! ゴ:☆☆/トレキャ!Vol.121号で触れたので割愛(笑)   -------------------------------------------------------------------- ●4位『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(ワーナー)☆☆☆☆☆☆☆:7 A:☆/第1作に比べるとテンポも良くなり、子役達もグッとたくましく旨くなっ   て上映時間の長さが全く気にならないほど面白かった本作。ただ難を言えば、   個人的にロックハート先生役には、ケネス・ブラナーよりヒュー・グラントの   方がヨカッタんじゃないかと。彼の方がもっともっと情けない先生をヤレだろ   うに(笑)。エンドロール後のお楽しみ映像にもちとガッカリ。まあ、ディテ   ィールはさておき、原作で予習して(笑)、映像化されたハリポタを家族で観   に行く年末行事は、あと何年か続きそう。今からもう第3作が楽しみ!急逝し   たリチャード・ハリスに代わってダンブルドア校長は誰がやるんだろうか? ゴ:☆☆/画面を見てデジャブ感を覚えるほど、原作イメージのままの映像世界。   原作読んでから観るほうが、絶対楽しい! 雲:☆/これは超豪華なお子様ランチっちゅうとこやなぁ。わし、見ながら♪パル   ナスピロシキ パルピロパルピロと歌ぉてしもたがな。秘密の部屋言うから、   わし、ドキドキして期待してたんやけど、怪物が棲んでるだけや。ピンク色の   カーテンなんか掛かっとらん。出てきた怪物ちゅうのは意外性もない爬虫類で、   こいつが頭突き攻撃ばっかりで、まあ弱いこと。お子様向けインディー・ジョー   ンズみたいな感じどしたなぁ。 み:☆/子供がいれば見ないわけにはいかない映画。でも1作目のようにまどろっ   こしくてわかりにくい身の上説明がいらなくなった分、スピード感に溢れる展   開になった。主要キャラを演じる子役たちの成長(特にマルフォイが大きくなっ   てましたね)も楽しめて、すでにシリーズ映画としての地位は確立された感が   ありますな。 -------------------------------------------------------------------- ●5位『チョコレート』(ギャガ)………………………☆☆☆☆☆☆:6 み:☆☆/期待通りの出来だったなあ。孤独な大人の静かなラブ・ストーリーで、   静かに感動した。いかにも野獣的なビリー・ボブが徹底して優しい、でもあく   まで押し付けがましくない男を好演していて、「これがこのおっさんのモテる   秘訣か!」と思わせる。 ゴ:☆/傷ついた心を癒していく人種を超えた愛というと陳腐なのだが、これは孤   独な魂の深い部分を巧みに描いていて◎。ただ「なんじゃあれ!?」なのが主   演二人のラブシーン(このシーンのためR指定)。非常に重要なシーンで、監   督とカメラ以外のスタッフは排除して撮影に臨んだというだけあり、思わずツ   バをゴクリとやってしまうほどの生々しさなのだが、時々思い切り興をそぐ   “物体”が視界を横切るのだ。ほら、昔の邦画のエッチシーンで、肝心なとこ   ろになると行灯(笑)とか花瓶とかで視界をさえぎる手法あるでしょ?大切なシー   ンだけにそういう中途半端なことされるとひくよね。この作品で使われたその   “物体”が何であったかは、実際に見て確かめてください(笑)  -------------------------------------------------------------------- ●5位『マイノリティ・リポート』(フォックス)……☆☆☆☆☆☆☆☆▼▼:6 A:☆/スピルバーグ監督&トム・クルーズの夢のコラボに、多少胡散臭い感じを   抱きながら観に行ったのだが、結果は文句なく面白かったっす。50年後のワシ   ントンD.C.を舞台に犯罪予防システムに潜む陰謀にトム・クルーズが巻き込ま   れるってお話ね。今回のトム様は短髪で好印象。忘れられないのは、超未来的   なカーチェイスといったアクションシーンではなく、目玉のシーン(笑)。あ   まりにエグくて笑えました。 み:☆☆/やっぱスピルバーグは娯楽作品でしょ!これこそ彼の王道だよ。嘔吐棒   (名前からしてすごい)を振り回したり、目玉を転がしちゃったりと「もしや   コメディか?」と疑いたくなる面白さもあるけど、全体を貫くスピード感が何   よりの魅力。今期は父性をテーマに持ってきた映画が多いけど、こればかりは   『ジョンQ』に劣るので☆は2つ。 H:☆☆/やっぱりスピルバーグ様は、人を楽しませると言う事を良くご存知です   わ。もうすべてがエンターテイメントの固まりって感じで、大興奮できる作品。   よ〜く考えると「なんでコロコロ玉?」と、つっこみたくなる場面は、多々あ   るけど、気にせず理屈抜きで楽しめちゃいます。「嘔吐棒」の事は、一生忘れ   ません。 よ:☆/犯罪が未然に防げるシステムが開発された未来。自分が部外者だったら、   とっても住みやすい世の中だけど、今回のトムのように自分が当事者になって   しまったら悲劇だよねー。そりゃ逃げもするって、トムの気持ちわかるぞ、う   んうん。という具合に結構自分に当てはめて考えていたので、ハラハラドキド   キしたな。よくできたエンタテイメント作品なので、お正月映画の中では一番   万人受けする映画だと思うなぁ。 ゴ:☆☆/最近「顔が崩れる役なら俺にまかせろ!」なトム(笑)。今回も50年後   のプチ整形ってこんな感じ?ってなシーンがありましが、スピルバーグってほ   んと背景や小道具の設定がうまいね〜。実際にあっても不思議でない範囲で意   表をつくアイデアのてんこ盛り。今後数十年のうちに実際に商品化されるもの   がきっとあるはず。特許とかとってるのかな〜?(笑) 雲:▼▼/プリコグとかプルコギとか言う、韓国の焼肉みたいな予知能力三人様が、   プールにプカプカ浮いて犯罪を犯すやつを告げ口するのが仕事や。暗がりで立   ちションしょう思たら、いきなりパ〜フ〜パ〜フ〜とパトカーが来て、シーコ   イコイする前に逮捕や。トム・クルーズ君、デコの激しい縦ジワ、なんとかな   らんのかい。チマチマとした特撮とダラダラとした展開にアキマヘンリポート   出したろかと思うたわい。 -------------------------------------------------------------------- ●6位『阿弥陀堂だより』(東宝+アスミック)………☆☆☆☆:4 雲:☆☆☆/おいおい今回の物言いは、雲谷斎やなしに別人かいと思わんといてやー。   幾つかの心温まる小さなエピソードをつむぎながら進む映像詩。悲しいことな   ど一片たりとてもないのに、季節のページが繰られるたびに涙があふれてくる   のはどういうわけだろう・・・。   深呼吸するようにゆっくりと心の目を開いてみると、なんでもないものの輝き   が見えてくる。そんなことに気づかせてくれる宝石のような映画です。 A:☆/奥信濃の四季の美しさと、阿弥陀堂の主(ぬし)おうめ婆さんに扮する北   林谷栄のカワイらしさに癒されました〜。ネガティブになってる時にお薦めか   も。レンタルしてきて一人でじっくりご覧下さい。田舎に帰りたくなるよお。 み:±0/あまりの評判に「見なければ」とは思ってます。 -------------------------------------------------------------------- ●7位『アイリス』(松竹)………………………………☆☆☆:3 ゴ:☆☆/男性もの優位の今期、女優の演技が光っていた秀作ということで、地味   なのだが、あえてあげたい。実在した、作家兼哲学者のアイリス・マードック   と、その夫で、作家兼文芸評論家のジョン・ベイリーの愛の物語。若きアイリ   スをケイト・ウィンスレットが、晩年をジュディ・デンチが演じているのだが、   もうどちらもほんと素晴らしい!知性に溢れ自由な精神の象徴的存在だった彼   女が晩年アルツに。作家である彼女にとって言葉を失っていくことは壮絶な恐   怖だ。病気が進行し奇行を繰り返すアイリスを夫のジョンはどこまで愛し通せ   るのか?涙なくしては見られません。家の中が想像を絶するほど汚かったとい   うこの夫婦の住まいも、かなりのリアリティで描かれています。 -------------------------------------------------------------------- ●8位『8人の女たち』(ギャガ)………………………☆☆:2 ゴ:☆/フランスを代表する8人の女優たちが歌って踊るゴージャスな作品。とに   かく50年代の衣装がめちゃくちゃキュート!この映画のプロモで監督と2人の   女優が来日したとき、会見場に実際の衣装が展示されていたんだけど、私は長   女役のルドワイヤンが着ていた「麗しのサブリナ」モチーフのツーピースがお   気に入り。そういえば、今回のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされてい   たジュリアン・ムーア主演の『エデンより彼方に』も、50年代アメリカの豪華   なコスチュームが印象的な作品。映画界のみならず、2003年の春夏はこうした   50年代の女優調ファッションがトレンドなんです。 よ:☆/登場人物が女8人、男1人しかでてこない上に、場所は屋敷から一歩も動   かない。なのにたいくつしない展開。女優さん1人1人の歌や踊りもおもしろ   かった。最後の方でレズっぽくなったのには苦笑いしたけどさ。同じような展   開の「ゴスフォードパーク」は登場人物が多すぎて、オバカな私の頭では整理   できなかったので、私的にはこちらのがお薦めかな。女優さん達の衣装やセッ   トもかわいいし。 -------------------------------------------------------------------- ●8位『トリック』(東宝)………………………………☆☆:2 よ:☆☆/TVシリーズも結構ファンだったので、楽しみにしてた作品。私はさえな   い仲間&阿部ちゃんのコンビと、ちっとも役に立たない矢部&石原のコンビが   大好きなのだ!TVシリーズ未見の友人もおもしろいといってたので、初心者の   人も安心してどうぞ。 -------------------------------------------------------------------- ●9位『トリプルX』(東宝東和)……………………………………☆☆▼:2 雲:☆☆/筋肉増強剤でマッチョにしたようなムキムキ新人が大暴れしよる。ツッ   パリプータロー君が、なんの因果かアメリカの諜報員に大抜てきされて大活躍   するっちゅう海外版スケ番デカみたいな痛快もんや。他のスパイ映画みたいに   コソコソ仕掛けを作ったりせんと、K1みたいに「わし、強いから命賭けたる   わい」の姿勢でガンガン攻めていきよる。その無鉄砲さ、ノーテンキぶりが見   てるわしらの気分を晴らしてくれるんや。 ゴ:±0/「カラダは強いがオツムは弱いオレ(笑)」っぽい感じが、これまでの頭   脳派スパイのイメージを覆した。主演のディーゼル、続編への出演料は今回の   倍の2000万ドルとか。ハリウッドの金銭感覚ってどうなってるのよ、ほんと。   この点は、引き続きNO.2の「ワースト番付」の方でも言わせてもらうわ!   ┌────────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、最も番付で☆をたくさん獲得した   |   |トレキャ的2002年度ザ・ベストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ! |   |                                |   | ●『ピンポン』(アスミック)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:14  |   |                                |   | (ちなみに2001年のベストは『ムーラン・ルージュ』でした!)  |   |                                |   |       ↓2002上半期番付以前の結果はこちら↓      |   |   http://homepage2.nifty.com/cinema/2002/no30.html   |   └────────────────────────────────┘    次の頁へ続く・・・