トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『シネマ番付 〜'03下半期ベスト〜』

               ■『下半期番付!』■                  (18点満点) 1位『ラスト・サムライ』(ワーナー)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:11 2位『HERO 英雄』(ワーナー)…………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9 3位『ファインディング ニモ』(ブエナ・ビスタ)…☆☆☆☆☆☆☆☆:8 4位『パイレーツオブカリビアン』(ブエナ・ビスタ)☆☆☆☆☆☆☆:7 5位『トゥームレイダー2』(東宝東和)………………☆☆☆☆☆☆:6 6位『踊る大捜査線 THE MOVIE2』(東宝)……………☆☆☆☆:4 6位『MUSA−武士−』(ギャガ)……………………☆☆☆☆:4 6位『フォーンブース』(20世紀FOX)……………………☆☆☆☆:4 6位『シモーヌ』(ギャガ=ヒューマックス)…………☆☆☆☆:4 6位『木更津キャッツアイ日本シリーズ』(アスミック)☆☆☆☆:4 6位『デッド・コースター』(ギャガ)…………………☆☆☆☆:4 7位『インファナル・アフェア』(コムストック)……☆☆☆:3 7位『ベアーズ・キッス』(ギャガ) ……………………☆☆☆:3 7位『赤目四十八瀧心中未遂』(赤目製作所)…………☆☆☆:3 8位『マッチスティック・メン』(ワーナー)…………☆☆:2 8位『ティアーズ・オブ・ザ・サン』(ブエナビスタ)☆☆:2 8位『阿修羅のごとく』(東宝)…………………………☆☆:2 9位『ブルース・オールマイティー』(ユニバーサル)☆☆▼:1 9位『ワイルドスピード×2』(UIP) ……………………☆☆▼:1 9位『地獄甲子園』(クロックワークス)………………☆:1 10位『キル・ビル Vol.1』(ギャガ) …………………☆☆☆☆▼▼▼▼±0 10位『すべては愛のために』(日本ヘラルド)…………☆☆▼▼±0                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! (こちらのOUT(ワースト)組のランキングは “裏番付”でお楽しみ下さい)  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー H=Happa M=MARS               雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────   今回の読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちらから!    こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!              ●「ゴクラク映画感」●       http://www006.upp.so-net.ne.jp/oma/gokuraku-top.html        トレキャ!シネ番とは兄弟仁義メルマガでっせ〜!   ─────────────────────────────────     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。                 ◆◇◆ -------------------------------------------------------------------- ●1位『ラスト・サムライ』(ワーナー)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:11 A:☆☆☆/渡辺謙のアカデミー助演男優賞ノミネートも合間って、今だにベスト   10上位を邁進中。話題性も十分なんだけど、本編観ると自分の中の日本人の遺   伝子を非常に感じてしまう作品なのよ。だからこれだけ日本で支持されてるん   じゃなかろうか。現代人に武士道なんて今ひとつ?だけど、“滅びの美学”は   DNAにかき込まれてるのかも。渡辺謙扮する武将・勝元を観ていて、ワタシも   泣きに泣きました。脇を固める真田広之や小雪、勝元嫡男役の小山田シンも非   常にヨカッタ。主演のトムはと言うと、自分の殺陣シーンの長回しやあれだけ   の合戦で生き残っちゃったところはオイオイだったけど、この物語の語り部と   してなら(笑)○をあげたい。近年の彼の出演作中ではピカイチでしょ。 雲:☆☆☆/トム・クルーズはえらい日本びいきで、武士道にも魅かれてるらしい   ど。そやけどキミ、主役を渡辺謙に取られてるんとちゃうか。武士道とは死ぬ   ことと見つけたり……葉隠れの思想が、明治維新を前にした日本の古き滅びゆ   くものの美学としてズバッと貫かれておったわい。わしは侍の国の子孫である   ことを誇らしく思てしもて、古道具屋に刀と袴を買いに行こと真剣に思たがな。   そやけど最後の戦いはトム君のインディアンVS騎兵隊のトラウマを出すことが   雑音になってたし、あのエンディングのハッピーの予感はいりまへんなぁ。 ゴ:☆/勝元(渡辺謙)に主役取られただけじゃなく、おたか(小雪)には身長までもっ   てかれた(笑)ネイサン(トム)。最初の30分寝てしまったし、“蛮人の獣のよう   な匂い”ってどんな…!?とか、どうでもいいことが気になったりして、私は皆   が絶賛するほどではなかったかも。でもおかしな日本人が登場するハリウッド   映画になっていなかった点は高く評価。 --------------------------------------------------------------------  ●2位『HERO 英雄』(ワーナー)…………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆:9 雲:☆☆/皇帝暗殺を狙う三人の刺客の失敗談を無名ちゅう刺客がしよるんや。そ   の再現フイルムの映像がめちゃくちゃキレイねん。雨の水滴、落ち葉、風…自   然にあるものの描き方がじつに上手い。551のブタマンよりうまいんや。   「んな、アホな」の場面も山ほどおまっせー。ヤマアラシとハリネズミの爆発   みたいに空を埋め尽くして飛んでくる矢を、おネエちゃん、着物のたもとを振   りまくって叩き落としたり、湖面上での闘いで、落ちても剣先が水に漬かるだ   けで、また空中へ戻っていきよるんだ。引田天巧もまっつぁお、さすが上海雑   技団の国やのぉ。 A:☆☆/尺に対して、詰まるところのSTORYはシンプル。だけどそれを彩る映像   美は筆舌に尽くしがたいほど圧巻!ワダ・エミが担当した赤、青、白、緑、色   とりどりの衣装の美しさには思わずウットリ。湖面を渡る風、雨滴、紅葉とい   った背景と場面ごと変わるキャストの美しい衣装のハーモニーは一見の価値あ   り。音声なくても感動できる視覚効果よ。チャン・ツゥイー見たさに行ったん   だけど今回はマギー・チャンの美しさの方に軍配をあげちゃう。 ゴ:☆☆/この映画、スクリーンから“マイナスイオン”出てました!(笑)。特に   「水」の演出は出色!ため息つきながら見ました。 M:☆/こういうCGはエエねー。美しさに極限までこだわってて。さすがこの手   の時代ものは本家本元の威厳を感じますわ。 よ:☆/私は大ファンのジェット・リーを見にいったんだけど、主演のはずのジェッ   トより、トニー・レオンのがよかったなぁ。衣装や映像美も綺麗だけど、映画   に込められたメッセージはアメリカの大統領や世の中の戦争をする人達にこそ   見てほしいですな。 --------------------------------------------------------------------  ●3位『ファインディング ニモ』(ブエナ・ビスタ)…☆☆☆☆☆☆☆☆:8 A:☆☆/ピクサーの技術ここに極れり!の逸品。海中の生き物、眺め、もうCGだ   なんて思えない域に達してます。映像の美しさも去ることながら、STORYもイ   イんだな。ワタシは都合3回劇場に観に行ったんだけど、毎回感涙しちゃいま   した。バラクーダに家族を襲われ、たったひとつ生き残った卵から生まれたカ   クレクマノミのニモ。父親のマーリンはそんな一人息子を深く愛するが故、外   界から守ることに必死。そんな折ダイバーにニモが捕獲され・・・・。ニモ追   跡中に出会ったカワハギのドリーを相棒にマーリンは、気の遠くなるような旅   へ。二匹が途中に出くわす様々な海洋生物の中で一番印象深いのが海ガメのク   ラッシュ&スクワート親子。この親子の姿にこの物語のメッセージがこめられ   ているかなと。字幕、吹き替え両方観ましたが、木梨&室井の吹き替え版の方   が◎。特に室井滋のドリー、笑えます。パンフのさかなクンも笑えます。 ゴ:☆☆/確かに、この作品はオリジナルより吹き替え版の方がいい。こういう単   純でわかりやすくて笑って泣ける映画って、精神浄化されるのか、観た後の気   分がサイコーです。 よ:☆☆/私も今回泣いてしまいました。これはぜひ、お父さんと子供で見に行っ   てほしい作品。主役のマーリンやニモだけじゃなく、水槽ギャング団とか、魚   を食べないように努力してる菜食主義のサメとか、脇役キャラ達が個性的なの   もピクサー映画のいいところ。   ところでタイトルは、「ファイティング」じゃなく「ファインディング」   なのよね。最初間違えて、ニモと何が戦うんだろう?と思っちゃったよ(笑) M:☆☆/映像のきれいさに、ずっと海の中にいるような気持ちよさを味わえまし   た。夏にもう一度観たいなあ。ピクサーの映画はだんだん良くなってると思う。 -------------------------------------------------------------------- ●4位『パイレーツオブカリビアン』(ブエナ・ビスタ)…☆☆☆☆☆☆☆:7 雲:☆☆/海賊もんちゅうのは痛快でよろしなぁ。ええ服着て、旨いもん食うて航   海してる貴族どもを襲うっちゅうのは、ほら気持ちええがな。ねずみ小僧の次   郎吉兄さんみたいなもんや。今回の海賊、生きた人間やないんでっせ。死んで   も死に切れん、ゾンビの集団ですわい。ゾンビ海賊は、月光を浴びるとガイコ   ツになりよる。月光が当たらん時は人間もどきに早変わりでんがな。琴姫七変   化みたいなもんや。まぁ、一風変わった海賊映画やけど、テンポ早いし、痛快   海洋アクションとしては楽しめまっせー。 よ:☆/ジョニー様にオーランド君のイケメン俳優が出てるとなれば、見に行かな   い訳にはいきますまい。予想通りオーランド君かっこよい、デップ様もいい味   出してる。そして意外にも女優のキーラ・ナイトレイも強く逞しいヒロインを   演じててよかったよね。大ヒットにお答えして早くもパート2、3が企画中だ   とか。楽しみが増ましたな。 ゴ:☆☆/この作品と現在公開中の『レジェンド・オブ・メキシコ』での活躍が評   価され「地球上で最もセクシーな男」(米ピープル誌)に選ばれたジョニー・   デップ。目の下が黒すぎる(笑)ジャック船長のやんちゃキャラも、セクシーに   キメてくれました。しかしディズニーランドって、“ソフト”の宝庫ですな。 A:☆☆/TDLと言えば、我が家はパイレーツオブカリビアン!あのアトラクショ   ンがモチーフに!?絶対連れて行け〜と息子にせがまれ、何気に観に行ったら   見応えあってワタシの方が夢中に。おどろおどろしい呪われた海賊達(ジェフ   リー・ラッシュ、他)の映像に息子はブルっブル。J・デップ扮する酔っ払い   船長にワタシはゾッコン(笑)。そうそう、近頃『スマ×スマ』にてキムタク   が船長コントやってるよね。アレ雰囲気よく出てます(爆)。エディ・マーフ   ィー主演の『ホーンテッド・マンション』も4月公開決定。あ〜、今から楽し   み♪ -------------------------------------------------------------------- ●5位『トゥームレイダー2』(東宝東和)………………☆☆☆☆☆☆:6 雲:☆/ふだん青汁とスッポンの血でも飲んでるのか、このおネエちゃん、疲れ知   らずのホレホレ元気やねん。ギリシャの海底に秘密の神殿があってやなぁ、こ   この財宝の中に金の玉があるんやがな。えらいもんがおまんねんなぁ。あんな   もん男風呂行ったらいっぱいおまっせ。スカイダイビングで地上すれすれになっ   た時、パカッと足と腕を広げたらグライダーになる服。まぬけなハトみたいな   デザインやけど、一家に一枚あったら便利とちゃいますやろか。ワルとの最後   の決戦やいう時、黄泉の国みたいなんがあって、ここから急に映画はオカルト   になりよりますねん。ワルだけが怨霊猿みたいなやつに食われよるんや。こう   いう展開、反則とちゃいまっか? 最後の鮫タクシーは、荒唐無稽シリーズに   ふさわしいおさめ方どすなぁ。 A:☆/ほんとにA・ジョリーはアッパレ!3年前の『トゥームレイダー』からは   内容もアンジェリーナ扮するヒロイン・ララも格段の飛躍を遂げてて、面白か   った〜。スタントなしというジェットスキー回転シーンやスカイダイビングシ   ーンにゃ、びっくりこいた。やるな、姐さん。脇が無名な役者ばかりなのに、   よくぞ一人看板であそこまで盛り上げてくれたもんだわ。次回も期待してます。 よ:☆/うんうん、1に比べて格段にアクションシーンのレベルがUPしてたよね。   やっぱり監督が『スピード2』の人に代わったからかな?強くたくましいララ   を見れて痛快でした。しかしいつも問題になるのは、ララの昔の男なのよね。   ということは3でもララの元彼が登場、問題発生か?! M:☆☆/女007やねー、何をやるにもサマになるスタイルと美貌。ハリウッド   もやっと女を主役にこういう金使う映画やりだした。みんなの言うとおり「1」   はお金をドブに捨てた?と思えたデキでしたが、「2」はストーリーも明快で、   最後まで楽しめた。あと、難を言うならオトコがなあ。アンジェリーナに見合   うオトコって、誰がいいんだろーな? ゴ:☆/例えば皇太子殿下は?(笑)。この作品のチャリティー試写でタトュー入   りの腕むき出しのアンジェリーナと握手する皇太子ご夫妻を見て、アンジェリー   ナは日本人でもできない快挙を成し遂げたと思ったね(笑)。事前に映画の詳し   い内容が知らされていたかどうかは疑問だが、このバイオレンスあり、お色気   ありの映画を、心行くまでご堪能されたことを祈りつつ…。でも、皇室の皆様   はふだん映画(DVD)とかを鑑賞なさるのでしょ〜か。『マトリックス』とか   『踊る大捜査線』とかご存知かしら?。一度感想などお聞きしてみたいものだ。 --------------------------------------------------------------------  ●6位『踊る大捜査線 THE MOVIE2』(東宝)……………☆☆☆☆:4 雲:☆/映画をおもろいか、おもろないかで分けるとこの映画はおもろいんやろ   なぁ。バリバリの本部長として女キャリアが指揮を取るんやけど、このおネエ、   元タカラヅカの男役トップやさかい、メチャかっこええんや。憎まれ役で気の   毒やけど、わしはキリッとしたあーたを座席の端でジトッと見ておりましたぞ   い。ただ、ストーリーはあかんなぁ、三流のお膳立てやがな。奇をてらった殺   人事件、くもの巣状の張りつけ殺人に何の意味があるちゅうねん。リストラ組   のやつらが集まって、組織を否定した犯罪を犯すっちゅうのも説得力おまへん。   事件が幼稚過ぎるので、見てて「けっ、アホくさ」となる。 A:☆/この映画は一種のお祭だからね、のらにゃソンソン(笑)。いやあ、それ   にしても今回の犯人の設定には苦笑したよね。変態・岡村やリストラサラリー   マンで構成された犯罪組織って、あまりにお粗末でそんなやつらのために大騒   ぎしてレインボーブリッジ閉鎖しちゃダメでしょ。この作品はキャラが先に立   っちゃってSTORYが今ひとつなのが難。次回はそこんとこよろしく! ゴ:☆/次回は、幻のエピソード“潜水艦事件”で「東京湾を封鎖!」しちゃって   ください!(笑) ●6位『MUSA−武士−』(ギャガ)……………………☆☆☆☆:4 ゴ:☆☆/約600年前に「明」の策略で流刑にされた「高麗」の使節団の史実に基づ   いた迫力のスペクタクル。いにしえの武士たちが中国を舞台に繰り広げる“武士   魂”。『ラスト・サムライ』より、私、こっちの方が☆多いから。なにしろ美形   の韓国スターが共演、なかでもヨソル(チョン・ウソン)には萌えた〜。私も貴方   に守られたいですっ!以前トレキャ!のスタッフ日誌にも書いたけど、03年度   「ロン毛・オブ・ザ・イヤー」(笑)を進呈します。 よ:☆/すごく見たかったのに、見逃してしまったー!でも期待を込めて☆1つけ   ちゃいました。 M:☆/私もすごく見たかったので、☆一個献上します。 ●6位『フォーンブース』(20世紀FOX)……………………☆☆☆☆:4 A:☆/今、旬な役者と言えば、コリン・ファレルよね。彼が主演するこの作品   の舞台はニューヨークのど真ん中の電話ボックス。たまたまそこに入ったスチ   ュ(コリン)は、軽薄な業界人である彼に制裁を加えんとする犯人からの電話   を受けてしまう。「電話を切ったら即殺す」そんな犯人との行き詰まる応酬が   STORYの柱。観ているこちらにまでスチュの緊張感が伝染してきて、本編中ず   っとドキドキしっぱなし。今まで観たことのない斬新な展開に圧倒されたな。   ずっと声だけだった犯人(キーファー・サザーランド)の姿をラストに一瞬見   せたところも心憎いなと。小品ながら印象深い作品でした。未見の方にはぜひ   オススメよん。 ●6位『シモーヌ』(ギャガ=ヒューマックス)…………☆☆☆☆:4 ゴ:☆/CG製のバーチャル女優シモーヌ役を演じたスーパーモデル、レイチェル・   ロバーツの完全無欠な美しさにカンドー。 A:☆/そうそう!彼女のスーパーな美しさなくしてこの設定はありえなかったね。   それにしても3の線のアル・パチーノもヨカッタ。彼ってほんと名優。  ●6位『木更津キャッツアイ日本シリーズ』(アスミック)☆☆☆☆:4 よ:☆☆/もう〜ぶっさん最高!バンビもアニもマスターもうっちーも木更津メン   バー最高!クドカンの脚本も最初から最後までとばしまくりで、2時間めちゃ   笑わしてもらいました。見終わった後も「やっさい、もっさい」が頭の中で回っ   てたよー。次回は「ワールドシリーズ」でということで2も作ってほしいなぁ。 ●6位『デッド・コースター』(ギャガ)…………………☆☆☆☆:4 ゴ:☆☆/監督が『マトリックス2』のハイウェイシーンを監督した人だけあって、   この映画でもハイウェイの大事故シーンは圧巻!その他、次々と襲い来る“運   命の瞬間”も、辻褄的にも手法的にも非常によく出来ている。一種の芸術の域   (ホメすぎか)。作品タイトルにふさわしいスピート感で圧倒する、極上のB   級作品! 雲:☆/ふだんやったら絶対に入らんけど、魔が差したみたいに怪しいメシ屋に入   ってしもて、本日のおすすめを注文したら、こいつが意外と旨かったみたいな   映画や。ハイウェイの大事故シーンは、よう出来とるなぁ。風が吹いたら桶屋   が儲かるの図式通り、グシャ!バキッ!ドバッ!と血の雨を降らせながらドミ   ノ倒しみたいにお亡くなり遊ばします。おい、隣の席のネエちゃん、これは映   画や!いちいちヒクッ!と息を呑んだりすなよ。わし、サクマのドロップ、の   どに詰めたんかいなと心配したで、ホンマ。 よ:☆/スプラッター系が苦手な私なので、絶対見るものかと思っていたのに、友   人に無理矢理つれて行かれてしぶしぶ見るハメに。映像はそりゃ〜もう夢に見   そうなぐらいグロイっす。しかし、怖いもの見たさなのか物語が進むにつれて   画面から目が離せなくなっっていくんだな、これが。映画としてはよく出来て   ると思うので、一見の価値はあるでしょう。でも心臓の弱い方はやめたほうが   よいと思いまする。 -------------------------------------------------------------------- ●7位『インファナル・アフェア』(コムストック)……☆☆☆:3 よ:☆☆/マフィアと警察に同時に潜入した男たちのハードボイルド物語。警察に   潜入したマフィアをアンディ・ラウが、マフィアに潜入した警察をトニー・レ   オンが演じています。長い間の潜入で自分は正義なのか、悪なのか苦悩するト   ニー・レオンがとても良い!『HERO』に引き続き、思わずよろめいちゃったわ   よ。この映画はハリウッドでブラピ主演でリメイクが決まっているとかの噂だ   けど、ハリウッドもリメイクばかりしないで、オリジナルで勝負してほしいよ   ね。 M:±0/同感、同感。ハリウッド映画はCGに頼りすぎて最近全然よくないと思   う。アジア映画の奥深さというか、人間味をちゃんとマネしてリメイクしてほ   しいよね。ところでアンディ・ラウって年をとらんなあ。 ゴ:☆/香港映画の脇役って、名前知らないけどこの顔知ってる!みたいなお馴染   さんが多いよね(笑)。今回のマフィアのボス役、エリック・ツァンもそう。い   つもはオトボケキャラが多いためマフィアのボスにしては極悪感が薄っ。主演   の2人の若き日を描く「パート2」や、さらなる続編「パート3」では脇キャ   ラが色濃く登場してきそうだけどね。 ●7位『ベアーズ・キッス』(ギャガ) ……………………☆☆☆:3 M:☆☆☆/これ、ジミな小さい作品だったから、観た人は少ないだろなー。サー   カスで生まれ育った天涯孤独の少女が主人公で、彼女が飼ってたクマが、やが   て人間の男になるっていうファンタジーなんだけど、『妖怪人間ベム』を見た   ときのような、切ない気持ちになるのよ(笑)。監督はセルゲイ・ボドルフと   いうロシア人で、クマ青年役はその息子が演じてたんだけど、映画完成後、事   故で30歳で亡くなったそう。 ●7位『赤目四十八瀧心中未遂』(赤目製作所)…………☆☆☆:3 よ:☆/名古屋ではやっとこさ、3月に公開。「ヴァイブレータ」だって、やっと   2月公開なのよー。地方でのミニシアターは上映期間も短いし苦労するのです。   こちらはまだ未見ですが、寺島しのぶに期待を込めて☆1つ。 M:☆/私も観てないんだけど、寺島しのぶのフラれてからの生き様は、いいっす   ねー。根性入ってます。あんなフニャフニャした笑い方するオトコ、ほっとけ   ほっとけ。彼女のこれからに注目して☆を献上! -------------------------------------------------------------------- ●8位『マッチスティック・メン』(ワーナー)…………☆☆:2 A:☆/近年リドリー・スコット監督の手掛けたものといえば、SF、歴史、ミステ   リーと、どのジャンルも大作ばかり。でもコレを観て、小品な現代劇でもかな   りイケルんだなと感服しました。滑稽なほど潔癖症なペテン師ロイ役をニコラ   ス・ケイジが大熱演。彼のペテン師仲間のサム・ロックウェルやロイのひとり   娘役のアリソン・ローマンも非常にイイ感じ。ダマしダマされた後、ロイがほ   んとの人生を手に入れるラストはほのぼのと泣けます。お暇ならDVD観てよね。 ゴ:☆/リドリー・スコットの作品群の中で『テルマ&ルイーズ』と並ぶ異色系。   派手さはないけどひねりが効いた大人のコメディ。詐欺師ものは、よく途中で   先が読めちゃうことがありますが、これには感動するほど見事にだまされまし   た!さすが、スタッフもキャストも一流!コケにされっぱなしで終わらない   ハッピーなラストも好感。 ●8位『ティアーズ・オブ・ザ・サン』(ブエナビスタ)☆☆:2 雲:☆☆/久々にB.ウイリスが根性の座った役しとったなぁ。このオッサン、   ホラー映画に出るより、やっぱしこういうタフな映画の方が似合ってるで。   愛は地球を救う24時間テレビみたいにテンション上がりまくりの米軍小隊が、   女先生救出に潜入しよるんや。難民の数十人も一緒に連れて逃げたらんかいと、   ワガママ先生はおっしゃる。難民らのところへヘリが舞い戻るシーンなんか、   アパッチの攻撃から幌馬車隊を守るために、ラッパ吹いてパカランパカランと   駆けてきた騎兵隊のカッコよさでっせ。B.ウイリスも義理と人情の任侠指揮   官がぴったりやったなぁ。戦争の派手さはないけど、なかなか響いてくる映画   どしたえ。 ●8位『阿修羅のごとく』(東宝)…………………………☆☆:2 A:☆☆/24〜25年前、NHKで放映された向田邦子原作の傑作ドラマの映画化。愛   想の良い笑顔の裏に阿修羅のような凄まじさを持つ女性の二面性を、ある四姉   妹と両親、それを取り巻く周囲の人々とのエピソードから描ききったこのドラ   マ、当時中学生だったワタシもオンエアで熱心に観た覚えが。特にあのトルコ   風?なテーマ曲が印象的で今でも脳裏から離れません。当時次女・巻子役だっ   た八千草薫が今回四姉妹の母親役で再登場。映画版キャストは四姉妹(大竹し   のぶ、黒木瞳、深津絵理、深キョン)を始め脇もドンピシャ適材適所。三女滝   子(深津)の恋人役中村獅童にはマイッタね(笑)。ペーソスとユーモアあふ   れる展開に泣けたり笑えたり泣けたり笑えたりを何回も繰り返した後、ほのぼ   のとした余韻が。昭和のノスタルジーがほのかに香る逸品でした。観てヨカッ   タ〜。 -------------------------------------------------------------------- ●9位『ブルース・オールマイティー』(ユニバーサル)☆☆▼:1 A:☆/あ〜、チビリそうなほど笑ってしまった。特にジム・キャリー扮するブル   ースのライバル、アンカーマン・エヴァン(スティーブ・キャレル)が報道番   組中にジムの仕組んだ偽ニュース原稿でカミまくる場面には抱腹絶倒っした。   ブルースを囲む、神様役のモーガン・フリーマンや恋人役のジェニファー・ア   ニストンもチャーミングでステキ。大笑いの後にホロっとさせるお決まり映画   だけど、へこんでる時観ると絶対元気になれるよん。 M:±0/最近どーもジム・キャリーに食傷気味で…。観てましぇん。 ●9位『ワイルドスピード×2』(UIP) ……………………☆☆▼:1 A:☆/2年前の『ワイルドスピード』の続編。何気に観たら、テンポ良くて結構   面白かったのねん。今回はヴィン・ディーゼル出てないけど、ワタシは元々ポ   ール・ウォーカー狙いだから(笑)、影響なく2も楽しめたわ。とにかく車の   好きな方にはオススメ。 ●9位『地獄甲子園』(クロックワークス)………………☆:1 ゴ:☆/『少林サッカー』と『ピンポン』と『マトリックス』を足して5で割った   ような素晴らしさです(笑)。突っ込みどころ満載系の特撮青春コメディですが、   驚嘆&爆笑&ホロリのサジ加減が絶妙。ぜひ仲間うちでワイワイとご覧あれ。 --------------------------------------------------------------------             そ・ん・な・わ・け・で   ┌───────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、最も番付で☆をたくさん獲得した  |   |トレキャ的2003年度ザ・ベストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ!|   |                               |   | ●『シカゴ』(ギャガ)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:15   |   |                               |   |   (ちなみに2002年のベストは『ピンポン』でした!)    |   |                               |   |        2003上半期番付の結果はこちら          |   └───────────────────────────────┘   続く「ワースト番付」は後編にて!    ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆      ■シネマ関連ビジネス情報(前編)  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは多彩なトレンド・トピックスを7つのジャンル別に、  ┃  ┃下記のようなミニレポ式で毎週100〜150本、ひと月に400〜600本を提供中! ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!          ◆………………………………………………………………………………【潮 流】    ○『メリル・ストリープ願望』→米国アクセントで勝負する英国女優が増加!   米国人・豪州人女優の活躍が目立つ現在の映画界で、本来の英国英語ではな   く米国英語を使う役柄で勝負する英国人女優が増加。これは女優達の間に、   様々な役柄を演じられる実力派女優メリル・ストリープへのあこがれがあり、   「ポスト・メリル」の第一歩は異なるアクセントを物にすることと考えられ   ていること、スクリーン映えする「おいしい役柄」は米国人役であることが   多いため。    ○『韓国映画』→今度は戦争物がブレーク中!   今、韓国では「実尾島」と「太極旗を翻して」という二つの戦争映画が大ヒッ   ト中。戦争物といっても両映画とも人間ドラマの背景には反軍事政権・反戦   平和があり、韓国の若者たちの愛国心を刺激しているのが特徴。また「太極   旗〜」には、韓国の二大スターと言われるチャン・ドンゴンとウォン・ビン   が主役ということもあって、若い女の子達が夢中になっているという。   「太極旗〜」は「ブラザーフッド」という邦題で日本でも今夏公開。  ○『サンダーバード再び』→ハリウッド映画化でブーム再来   人形劇と特撮を組み合わせた独自手法を用いた「サンダーバード」が、40年   を経た今も人気を集めている。そんな「サンダーバード」だが、ハリウッド   への進出が決定した。単なる戦闘ものではなく、災害救助、科学技術への警   鐘など親子で見ても共感できる内容になっている。NHK教育テレビで毎週日   曜午後7時から再放送中だ。  ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃ ◇『米国アカデミー賞授賞式レポート』  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                               TEXT by Reiko  アカデミー賞授賞式、いや〜、楽しかった!  興奮覚めやらぬまま、投稿させていただきます。                   ◇  <司会のビリー・クリスタル>  これぞ芸人の鏡!歌って、笑わせて、ジョークも上手い!今のアメリカのコメディ  系役者で私が一番笑いのツボにはまれるのが、この人。ジム・キャリーもロビン・  ウィリアムスも面白いかもしれないけど、実は「ちょっと違う…」(笑)と思う時  もかなりあるんです。アカデミー賞の構成的には数年前に彼が司会をした時とほ  ぼ同じなんだけど、やっぱ笑えますよね。話題の映画の各シーンで出演者の顔の  部分にはめこまれるビリー・クリスタルの あの顔には。                   ◇  <受賞者>  『ロード・オブ・ザ・リング』の11部門受賞は目立ちますが、主演・助演の各男  優・女優賞は皆、別の映画からの受賞で、バランスとしては妥当だったのでは。  というのも私は他の映画をまだ観てないんで、各受賞者の演技を比較できないん  です。「シネキャ」の皆さんのコメントはいかに?でも音楽賞は『コールド・マ  ウンテン』もよかったのに…と思います。あと、我が家から特別賞を贈りたいの  は『ロード〜』のゴラム。確かに夜道では出くわしたくない醜悪な容貌ですが、  あそこまで虐げられたり、蹴られたりしなくても…と同情しちゃいます。それに  しても、ゴラムを見て「山海塾」という言葉が浮かぶのは私だけ?                   ◇  <ニュージーランド・パワー>  今年のアカデミー賞はズバリ「ニュージーランド万歳!」ですね。『ロード〜』  関連で、お祝いムードが高まったけど、『クジラの島の少女』の主演の子(ケイ  シャ・キャッスル=ヒューズ、13才)だって、堂々の主演女優賞ノミネートです  もの。しかしビリー・クリスタルの「これで、もうニュージーランドには感謝さ  れていない人は残っていません」「アカデミー賞受賞者から感謝されるために人々  はニュージーランドへ移住しています」とシャーリーズ・セロンの「私の祖国、  南アフリカのみんな〜、この受賞を私と一緒にお祝いしてくださいね〜、来週、  帰りま〜す」には大笑いしました。                   ◇  <ユーモア>  いろんなジョークがあったけど、その背景を知らないために、私にはおかしさが  わからないものもありました。そんな中で笑えたのは最優秀外国語映画賞(『み  なさん、さようなら』)を受賞したカナダ人女性の「『ロード〜』がこの部門に  ノミネートされていなくて、ほ〜んと助かったわ〜」というコメント。あと昨年、  『戦場のピアニスト』で主演男優賞を受賞したエイドリアン・プロディが主演女  優賞のプレゼンターで登場するなり「安心して。行動を制限されてるから」とコ  メントしたのと、いよいよ受賞者発表という時に口臭予防スプレーをシュッシュッ  としたところ。受賞者のスピーチが長いと流れるメロディには実は歌詞があるん  だとコメディ系俳優2人(ジャック・ブラックとウィル・フェレル)で、それを  披露したのもウケました(ビリー・クリスタルが「若いコメディアンが出てきて、  私もおちおちしていられない」と言ったのも納得)。                   ◇  <ファッション>  いつも話題になるファッションですが、今年は黒、白、あるいはゴールドとも  シルバーともつかないヌードっぽい色(美人女優は皆、コレだった)に限られ、  色彩的には寂しい印象が…。そんな中でプレゼンターで登場したジェニファー・  ガーナーのオレンジのドレス、かわいかったです。彼女は身体がアスリート系  (昔はピンクレンジャー)で、顔もあまり女っぽくないけど、あの深い笑くぼが  かわいくて好きです。あと『ロード〜』の監督の傍にいた女性のヴィヴィアン・  ウエストウッド風いでたちとダイアン・キートンのファッションには目がテンに  なりました。最初、帽子と手袋が視野に入ってきた時はマイケル・ジャクソンか  と思いましたよ。おどかさないでね、ダイアン・キートン!  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━