トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(1/2) 〜2005上半期ベスト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『今月&来月の読者プレゼント』       ◇ クロストーク…………… 前編『シネマ番付--'05上半期(ベスト)』       ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全24本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『(予告)』     ◇ トレキャ!・ブログ……『最新シネレビューはこちらをチェック!』   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!                        ◆◇◆      近日配信の後編NO.2メールにて『'05上半期(ワースト)番付』                  『最新シネ・ビズ情報』                  『海外発!シネマ情報』をお届けします。    ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆      こんにちは! 編集長のGochy!です。      この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!   DVDで鑑賞予定の皆様には、かえってちょうどよい頃合かと思います。   ぜひトレキャ!のスタッフレビューを参考に、秋シネマをご堪能くださいね。   さて、今月の各種プレゼントへご応募くださった皆さん、   ありがとうございます。締め切り直前のものもありますが   抽選は締め切り後に行いますので、まだチャンスはありますよ。    ・抽選終了「『恋の悪あが記』サイン本」     http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/08/post_5e7e.html     たくさんのご応募ありがとうございました。当選者に今週末発送予定です。       ・締切9月末日「『自由戀愛』オリジナルパンフレット」     http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/08/post_a765.html    ・締切9月末日「『頭文字D』プレス用オリジナルパンフ」     http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/08/_the_movie_fd9e.html    ・締切10月末日「『私の頭の中の消しゴム』オリジナルプレス」     (近日中にブログと姉妹誌「トレンド・キャッチ!」誌上で告知)       さらに!本日は、当「シネ番」のゲスト番付スタッフとしてもお馴染みの   雲谷斎さんから、トレキャ!読者へのこわ〜いCDと書籍のプレゼントが   ありますよ!       雲谷斎さんは、当メルマガでもご紹介している、お笑い映画評のHP&メル   マガ「ゴクラク映画感」( http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html )の   ほかにも   実話系怪談コンテンツを扱う「逢魔が時物語」( http://www.e-oma.com )   も運営されており、それらをシリーズで書籍&CD化して発売されています。   怪談系メルマガでは読者数日本一のメルマガ発行者さんでもあるんですよ。       泉鏡花に代表される大正時代の怪奇ブーム以来、100年ぶりのブーム到来?   (※下記トレンド☆フラッシュ参照)といわれる今だけに要チェックです!   ということで   トレキャ!と一緒に「逢魔が時物語」にまつわる様々な「怪」を読み解いて   参りましょう!(読み解いた先に第3弾となる最新シリーズのプレゼント   応募フォームがありますのでふるってご応募くださいね!)  ┏━━━━━━━━━━━━━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃                                  ┃  ┃◆記事全文はこちら!(画像アリ)                   ┃  ┃└→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/vol_0b53.html ┃                               ┃                                  ┃  ┃   【1】「逢魔」と「トレキャ!」の出逢いの「怪」        ┃  ┃   【2】怪談コンテンツ 「OMA-PROJECT」の「怪」         ┃  ┃   【3】「OMA-PROJECT」 CD製作の「怪」            ┃  ┃   【4】「OMA-PROJECT」 “繁殖”の「怪」            ┃  ┃   【5】お祓いしてもやっぱり起きた、こんな「怪」        ┃  ┃   【6】「コワいもの」に魅せられてしまう心の「怪」       ┃  ┃                                  ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛        ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆       トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2005年度上半期公開シネマ(本年正月〜6月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。          該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期を狙ってのお届けです。    秋のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        ↓ちなみに2004年度までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                    ■『上半期番付!』■                   (18点満点)  1位『エターナルサンシャイン』(ギャガ)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10 2位『オペラ座の怪人』(ギャガ)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 3位『ミリオンダラーベイビー』(ムービーアイ=松竹)…☆☆☆☆☆☆6 3位『交渉人 真下正義』(東宝)……………………………☆☆☆☆☆☆6 3位『サマリア』(東芝エンタテインメント)……………☆☆☆☆☆☆6 3位『パッチギ!』(シネカノン)…………………………☆☆☆☆☆☆6 4位『ボーン・スプレマシー』(UIP)………………………☆☆☆☆☆5 4位『レイ』(UIP)……………………………………………☆☆☆☆☆5 5位『クローサー』(SPE) ……………………………………☆☆☆☆☆▼4 5位『インファナル・アフェアIII』(コムストック)……☆☆☆☆4 5位『マイ・ブラザー』(UIP)………………………………☆☆☆☆4 5位『トニー滝谷』(東京テアトル)…………………………☆☆☆☆4 5位『バタフライ・エフェクト』(アートポート)…………☆☆☆☆4 6位『ロング・エンゲージメント』(ワーナー)……………☆☆☆3 6位『セルラー』(日本ヘラルド)……………………………☆☆☆3 6位『THE JUON』(日本ヘラルド=クロックワークス)……☆☆☆3 6位『ネバーランド(東芝エンタテインメント)……………☆☆☆3 7位『アビエイター』(松竹=日本ヘラルド)………………☆☆☆☆▼▼2 7位『宇宙戦争』(UIP)………………………………………☆☆☆☆▼▼2 7位『キングダム・オブ・ヘヴン』(FOX)…………………☆☆☆▼2 7位『コンスタンティン』(ワーナー)………………………☆☆☆▼2 7位『いぬのえいが』(ザナドゥー)…………………………☆☆2  7位『サイドウェイ』(FOX)…………………………………☆☆2 7位『きみに読む物語』(ギャガ)……………………………☆☆2 7位『恋は五・七・五!』(シネカノン)……………………☆☆2 7位『Shall we Dance?』(ギャガ)…………………………☆☆2 7位『電車男』(東宝)…………………………………………☆☆2 7位『バットマン ビギンズ』(ワーナー)…………………☆☆2 7位『阿修羅城の瞳』(松竹)…………………………………☆☆2 7位『6つの視線〜もしあなたなら』(キノキネマ)……☆☆2 7位『甘い人生』(日本ヘラルド)……………………………☆☆2 7位『炎のメモリアル』(東宝東和)…………………………☆☆2 8位『カンフーハッスル』(SPE)……………………………☆☆▼1 8位『オオカミの誘惑』(シネカノン)………………………☆1 8位『海を飛ぶ夢』(東宝東和)………………………………☆1 8位『英語完全征服』(アートポート)………………………☆1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! “OUT!(ワースト)組”のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!                             (近日配信)                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS     雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん    ───────────────────────────────    今回の読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちらから。    こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!              ●「ゴクラク映画感」●          http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html        トレキャ!シネ番とは兄妹仁義メルマガでっせ〜!    ───────────────────────────────     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。   ----------------------------------------------------------------------      ●1位『エターナルサンシャイン』(ギャガ)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10  http://tinyurl.com/887eh ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   ゴ:☆☆/どこにでもいそうな普通のカップルの「恋のライフサイクル」を“記憶”   をテーマに“逆まわし”に(喧嘩別れした今→ときめきに満ちた出逢いの瞬間へ)   描いた作品。特定の記憶だけを除去してくれる企業なら『トータル・リコール』   で、また記憶の逆まわし展開といえばモニカ・ベルッチの『アレックス』(03年   トレキャ!上半期番付ワースト4位)や、夫婦の離婚から出逢いまでを遡って描   くフランソワーズ・オゾン監督の『ふたりの5つの分かれ路』(今年8月公開作)   もあり、けっして目新しいアプローチではないのだけど、「人はなぜ恋に落ち、   なぜ関係が壊れてしまうのか」ということが非常にリアルに描かれていて秀逸。   とにかく主演の二人がいい!“子供がえり”のシーンなどはジム・キャリーな   らではの達者ぶり。脇のイライジャ・ウッドと八代亜紀…もといキルスティン・   ダンストも○!    P:☆☆☆/ジョエルが物憂げな表情で目を覚ます冒頭から、彼がモントークの海   岸へ向かう最後のシーンまでスクリーンに魅入っちゃってました。チャーリー   ・カウフマンの脚本はもちろんのこと(氏の『マルコヴィッチの穴』も『アダ   プテーション』もおすすめ)ジム・キャリーの演技が非常に胸に沁みます。物   憂げな表情が何とも良いんですよ。ジョエルとクレメンタインが喧嘩別れした   現在から、幸せだった頃へと逆回転で進んでいく展開にはいろいろ考えさせら   れました。サブストーリーとしての、キルスティン・ダンスト演じるラクーナ   医院の受付嬢と医師との話もなかなか感慨深かったです。   M:☆☆☆/ほんま、ジム・キャリーは演技ウマイなーとつくづく。コメディアン   出身の俳優って、みんな表現力豊かやね。ストーリーの展開も意外だし、色調   がけっこう好き。女は消したい記憶を自力で消せる人が多い、でも、男はいつ   までも忘れられない人が多いっちゅーことでしょうか。    A:☆☆/劇場には残念ながら観に行けなかったので、今回ゆっくり自宅でDVDを   鑑賞。かのチャーリー・カウフマン氏脚本ってことで、またまた奇想天外な恋   愛コメディ?ぐらいに思って観たら、なんてせつないLOVESTORYなの!!意表   をつく展開、そしてステキなラストに心が鷲掴みされたわ。ケンカ別れした現   在から幸せな頃にもし現実逆回転して行けたなら、昔のあの恋も・・・・。そ   んな風に考えたワタシはどこか男性的なのかな?ワタシは消したい記憶を自力   で消せる女じゃありません(笑)。     ----------------------------------------------------------------------    ●2位『オペラ座の怪人』(ギャガ)……………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9  http://tinyurl.com/7jb98 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   雲:☆☆☆/オペラ座はエンタの神様や。マツケンサンバほど絢爛なやつを大画面   で見るとあばら骨がきしみましたなぁ。冥土へのええ土産になりましたわぁ。   なんちゅうても、オークションでヤマギワ電気の大シャンデリアが出品された   時、一気に華やかな過去にさかのぼるっちゅう見せ場がオワ〜〜〜!と叫びた   なるほどええんや。筋がどうのこうのより、この映画はスクリーンという装置   を使ぉて異次元の夢に、わしらをトリップさせてくれるのが偉大なヘソや。   P:☆/上に同じく、シャンデリアが復活するシーンに一票。「Overture」が鳴り   響いて、当時のオペラ座が蘇っていくシーンは圧巻。鳥肌ものです。あ、そう   そう。ファントムがヅラだったっていうのは(劇団四季バージョンも観てたの   に今回はじめて気がつきました)。というか、彼はかなり年齢が上という設定   なのかな…。今まではずっと30代中頃ってイメージがあったんだけど、40代の   “おじさま ”設定なのかな。謎。 A:☆/そうそう♪みんなシャンデリアのシーンから一瞬のうちに夢の世界へ連れ   て行かれるのよね。舞台は未見だけれど、時間を一気に遡るあのめくるめく映   像美は映画版ならではね。映画=夢ならこの作品はまさにソレ。特筆すべきは、   物語に忠実にキャスティングされた若く可憐なエミー・ロッサム扮するクリス   ティーヌ。エミーはオペラの素養もばっちり。確かな歌唱力と美しくはかなげ   な表情に思いがけず魅了されたわ。四季のチケットも手に入ったので、来年は   舞台でまたあの夢を・・・。  ゴ:☆☆☆/皆さんも絶賛の冒頭のシャンデリアのシーンしかり、“映画ならでは”   の、いい意味で鳥肌のたつ演出が随所に!私的上半期の1位はこの作品かなあ。   惜しかったのはファントム役のジェラルド・バトラーの歌唱力。エミーとの力   量の差、ありすぎ〜。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/02/post_8.html       ----------------------------------------------------------------------       ●3位『ミリオンダラーベイビー』(ムービーアイ=松竹)…☆☆☆☆☆☆6  http://tinyurl.com/8mqty ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆☆/ただのボクシングドラマじゃありませんでした。マギーとフランクのふ   たりの間の空気の変化、これを観るだけでも価値があると思います。身体って   作りあげるものだなと思った前半に対し、人生って酷だな、と思った後半。切   り替えがすごかったです。ラストは、ちょっとの間身動きができないくらいに、   ずしんときました。    A:☆/前評判からある程度覚悟して劇場に行ったんだけど、ほんとに重い作品で   参ってしまった。若輩のワタシには重過ぎたわ。ヒラリー・スワンクにモーガ   ン・フリーマンそしてクリント・イーストウッド監督といった最高のキャスト   で描かれる人生の頂点とどん底、そして最後の選択。栄光の後にきた挫折の厳   しい現実がスクリーン上を静かにドライに流れていって・・・、あの時マギー   の病室をそっと出ていったフランキーは今ごろどうしているんだろう?そう思   うだけで今でも胸が痛くなるの。観た後こんなに余韻が残る作品ってなかった   ね。アカデミー賞主要4部門受賞もうなずけた。『ダーティ・ハリー』がこん   な名匠になっちゃうなんて!?   ゴ:☆☆/イーストウッド監督作品はどれも基本的に「重い」よね。1年前の04年   度トレキャ!上半期番付で9位だった『ミスティック・リバー』もしかり。彼   のそういう“深さ”を最初から期待して観ているので、その意味ではこの作品   も期待を裏切りませんでした。観た後に観客に投げかけてくるものがズシ〜ン   と重いですな、イーストウッドの作品は。       ----------------------------------------------------------------------    ●3位『交渉人 真下正義』(東宝)……………………………☆☆☆☆☆☆6  http://tinyurl.com/9fbd6 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆☆/木島さんというちょっと強面の刑事さんのキャラがすごく良いです。憎   めない(笑)。彼を主役に据えての特別版ドラマも作るようなので楽しみです。   最後はちょっとあやふやなまま終わっちゃったけど、『踊る』ファンとしては   満足度の高い作品でした。   よ:☆/そうなんですよね、物語全体はなかなおもしろく「踊るファン」としては   よかったんだけど、ラストがいまいち消化不良なんですよー。『容疑者 室井   慎次』は未見だけど、すっきりさせてほしいな。    A:☆☆/そうそう、『踊る〜』シリーズはどれもそれなりにレベル高くて面白い   んだけど、ラストのツメは甘いよねえ。大騒ぎしたわりにはショボイ犯人だっ   たり、犯人行方不明だったり(笑)。同スピンオフシリーズ新作『容疑者 室   井慎次』はまた趣きが異なる作品だったけど、オトコ室井(ギバちゃん)に惚   れ直しました。広島に行っても頑張ってほしい〜!もう織田はいらんかもな。    ゴ:☆/確かにシリーズ通してエンタメしてておもしろいんだけど、やっぱ警察モ   ノなのに犯人の犯行動機とかがおざなりでちゃんと描かれておらず、枝葉末節   なとこ(例えば、ナイナイの岡村吸血鬼とか…笑)だけ、やたらと“力”入っ   てるってのは1度はおもしろがって許すけど、2度は、やめろよなー(笑)って、   感じ(笑)。     ----------------------------------------------------------------------  ●3位『サマリア』(東芝エンタテインメント)……………☆☆☆☆☆☆6  http://tinyurl.com/abh97 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   M:☆☆☆/韓国の北野武といわれるキム・ギドク監督の作品。親友同士の少女2   人が援助交際でお金を稼ぎ、海外へ行く夢をかなえようとする矢先、一人が死   んでしまって…という話なんだけど、もう一人が、それで得たお金を返そうと   思い、オトコたちに連絡してベッドを共にしてお金を返していく…という奇想   天外な展開。ギドク監督に出てくる女主人公はなぜかみな、そういう観音様み   たいな、心はピュアでオマタは寛大な人が多いのよ。ところで、余談をひとつ。   去年の釜山国際映画祭のあるパーティーで、隣の席に座ってたのがギドク監督   で、別の映画ですが主演女優がぴったりと体を密着して座ってました。ううむ…   感慨深い光景でした。   ゴ:☆/その少女の父親が売春を摘発している刑事という皮肉な設定で、愛娘が男   たちに身を売っている姿(実際はお金をもらうどころか“返して”いるんだが)   を発見してから、狂気の沙汰になっていく様に凄みがある。そのヘンの描き方   が韓国の北野といわれる所以でしょうな。     ----------------------------------------------------------------------  ●3位『パッチギ!』(シネカノン)…………………………☆☆☆☆☆☆6  http://tinyurl.com/9ml3v ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   M:☆☆☆/井筒監督は好きですねー。特に高校生のケンカを撮らせたらピカイチ。   在日韓国人のリアルさがコミカルに表現されていて、重いテーマのはずなのに   青春映画に仕上がっているのが、さすが!!と思った。ところで、オダギリジ   ョー演じる実在モデルは、実はジ・アルフィーの坂崎さんだって、びっくり。      ゴ:☆/そうそう、アルフィーの坂崎氏がモデルって聞いたとき、一瞬作品の舞台   のなかの実在のモデルなのか?と思ったんだけど、それじゃ歳があわないし。   そうではなくて、4、5年前に坂崎氏のラジオ番組で“イムジン河”を特集し   たり、それがきっかけで自身もメンバーに加って新生クルセイダーズを再結成   したりとかした経緯もあって、彼をモデルにした登場人物を設定したって意味   なんだよね。映画の中でも、実際のご実家と同様に「坂崎酒店」だったので、   その時代にその歳でそこにいたのか、坂崎!と、混乱してしまった(笑)。      ----------------------------------------------------------------------    ●4位『ボーン・スプレマシー』(UIP)………………………☆☆☆☆☆5  http://tinyurl.com/8t6gr ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   雲:☆☆/記憶がアホになってしもた元諜報機関の兄貴、マット・デイモンが謎を   探す前作の続きや。悪ボスにはめられて、CIAや各国の地元警察に追われて   逃げなあかんし、どつかなあかんしの残業に次ぐ残業で、毎日がホリエモンみ   たいに忙しい。24時間戦うためにキリン堂でリゲインを箱ごと買わんならん。   映画のために体を絞っただけあって、動きもサカリのついた猫みたいにすばし   こい。しかしこんな切羽詰った状態で、ようあんなにちゃちゃっと先手を打て   るもんやなぁ。優秀諜報員ものでウソっぽいのはここやねん。   P:☆/この映画で特筆すべきはM・ディモンのストイックさ。『グッド・ウィル   ハンティング』での繊細さ、『オーシャンズ11』のおとぼけぶりとは全く別   の顔を見せてくれます。自分自身が何者なのかよくわからなくて苦悩する姿に   は心打たれちゃいますもん。ま、自分の好みとして、苦悩系主人公が好きとい   うのもあるんですけどもね。   よ:☆/この映画見てるとマットのゴリラ顔もかっこよく見えるから不思議。1は   いまひとつ小難しい感じだったけど、2は断然おもしろくなった。インド、イ   タリア、ドイツ、ロシアと世界のあちこちを舞台に、追いつ追われつの緊迫の   ドラマが展開。カーアクション、水中アクション、格闘と、超スリリングな場   面が次々に登場。特にカーアクションのシーンは最近の映画の中でもかなり迫   力あり。これなら3も期待しちゃうかも。    ゴ:☆/シリーズ通して見所になっているのはわかるけど、そのカーチェイス、少々   長いっす(笑)。迫力は確かにありましたが途中で飽きました〜。同じスパイで   も最新兵器に頼るボンド@007やイーサン@MIPと違って、自分の頭脳とカラダ   だけで危機を乗り切るヒーローって意外にもいなかったので、ボーンの活躍に   は今後も期待!     ----------------------------------------------------------------------  ●4位『レイ』(UIP)……………………………………………☆☆☆☆☆5  http://tinyurl.com/asrwl ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆☆/レイがどんどん視力を失っていく描写…雨の降っている日に涙をいっぱ   い溜めて(これは膿なのかもしれないけれど)おもちゃの太鼓を叩くシーンと   か、ただただぼ〜っとガラス瓶をぶらさげた木を眺めているシーンだとか、言   葉はなくとも気持ちとして伝わってくるものがありました。見えない分だけ、   耳が研ぎ澄まされその聴力が音楽活動をするうえでも活かされる。この映画の   中にもレイのヒット曲が散りばめてあって、ワンフレーズ聴いただけでも心が   揺り動かされちゃいました。     ----------------------------------------------------------------------    ●5位『インファナル・アフェアIII』(コムストック)………☆☆☆☆4  http://tinyurl.com/csgff ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆/ヤン(トニー・レオン)の、リー先生(ケリー・チャン)との幸せそうな   ひとときを観られて個人的に満足。ラウ(アンディ・ラウ)がだんだんとヤン   と同化していってしまいそうになるところはちょっと怖かったですね。精神的   に壊れている様が見て取れました。   よ:☆☆/物語が過去にいったり、現在になったり、空想の世界にいったりとかな   り頭をフル回転させましたが、それだけの価値があります。素晴らしい!「I」   ではトニー・レオンがよかったけど、この「III」はアンディ・ラウとヨン役レ   オン・ライがよいです。特に悪なのか善なのかまったくわからなかったレオン・   ライはあの無表情さが◎。男達のハードな世界にどっぷりはまる作品です。   ゴ:±0/う〜ん、私は今回、複雑なストーリーを整理しきれてなかったと思うな   あ。なにしろ1回みただけじゃ、わけわからんて。今回初めて姿を現す第三の   男と第四の男も含めた“潜入たち”のこれまでの“生き地獄”が、本作で見事   にリンクするストーリーなのに、とにかくわかり難いったらない。それに精神   科医のリー(ケリー・チャン)とのからみに時間割きすぎ。そのあたりの不満は   巨匠スコセッシ監督とディカプリオによるハリウッド版の方で解消してね(笑)。   ちなみに、本作シリーズの監督、撮影、脚本スタッフたちによる『頭文字D    THE MOVIE』(公開中)は、↓予想以上にグッドですよん!    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/08/_the_movie_fd9e.html     ----------------------------------------------------------------------    ●5位『クローサー』(SPE) ……………………………………☆☆☆☆☆▼4  http://tinyurl.com/8wrsn ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:±0/観終わった後に、「恋愛は騙す騙されるの繰り返し」と言い切られてし   まったような気がしました。主人公4人の恋愛が複雑に、それはもう複雑に絡   み合ってます。会話で魅せる映画ですね、これは。もともと舞台の話をスクリ   ーン上で再現したわけだから当たり前かもしれないけれども。   M:▼/私はこの映画ははっきり言って生理的にだめ。ジュード・ロウとジュリア・   ロバーツって、このところ、しょーもない映画にばっかり出てるように思うの   は、私だけ?唯一の見どころは、ストリッパーを演じるナタリー・ポートマン   の180度開脚か?あんなに体が柔らかいなんて、すごい。   A:☆☆☆/好き嫌いがわかれる作品だとは思います。だけどワタシは大好き♪こ   の会話劇がここまで印象に残ったのは、やはりストリップシーンで180度開脚   までしてみせたナタリー・ポートマンがヨカッタから。彼女が扮するアリスは   4人の男女の中で、唯一純粋な愛情を相手に捧げていたかのように見えたのに、   実は偽名をずっと通してたことがわかる空港のラストシーン。意外だったけ   れど、イヤな終わり方じゃなかった。すがすがしい孤独感が胸に広がって。 ゴ:☆☆/そのラストで、実はあのときのあれは偽名でなくて本名だった…とわか   る伏線もあったりして、彼女のキャラにはちょっと胸がキュンとしましたね。   一方で『アルフィー』に続き、本当の愛がどういうものかわからず女性の気持   ちを踏みにじる恋愛偏差値低めキャラも板についてきたジュード・ロウ。あの   ルックスを持ってしても「ダメ男」に見えてくるので、男ってやっぱ顔じゃな   いってことっすね(笑)。    ----------------------------------------------------------------------  ●5位『マイ・ブラザー』(UIP)………………………………☆☆☆☆4  http://tinyurl.com/cw4rb ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?    P:☆/純愛ブーム、韓流ブームの火付け役となった『冬のソナタ』。あのドラマ   でユジンの母親を演じたキム・ヘスクが気丈な母親を演じてます。冒頭で彼女   の“今まで”がセピア色で紹介されるんですけどね、これがまたひどく胸に響   くんですよ。女手ひとつでふたりの子供を育てなくてはいけなくなった理由も。   というか、冒頭を思い出しただけでも涙腺が…。 よ:☆☆/ウォン・ビンの弟役3部作といわれている作品。今回はちょっとグレた   弟をやっておりますがかっこよさは相変わらずです。ていうか、ファンとして   は彼が出ているだけで大満足なのです。でもウォンビンもいいですが、お兄ちゃ   ん役のシン・ハギュンもさすがにうまいです。ラストはせつなくなりますねぇ。   やっぱり兄弟っていいもんですよ、うんうん。   ゴ:☆/シン・ハギュンは、ほんと役作りが徹底している役者さんですね。本作で   はウォン・ビンより印象的でした。あと「手酌すると一生独身だぞ」というセ   リフがやけに耳に残ってんですが。そうなんですか、手酌するたび婚期が遅れ   るんですんか…(もっと早く言ってくれよー!)。    よ:そうそう、もう2度と手酌しない!と誓ったッモン(遅いか?)   M:±0/未見ですが、ウォン・ビンファンなもので、ビデオチェックせねば。シ   ン・ハギュンも出てる『ガン&トークス』は大好きな映画っす。オススメ!     ----------------------------------------------------------------------  ●5位『トニー滝谷』(東京テアトル)…………………………☆☆☆☆4  http://tinyurl.com/974jf ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆☆☆/平行移動するカメラ、少し青みがかった映像、抑えた感情、ときおり   台詞として吐かれる“ト書き”。これらで「透明な孤独」を淡々と描いてます。   村上春樹の原作にほぼ(95%)忠実で、監督の原作へのこだわりが見て取れ、   キャスティングもこれ以外にはないように思えました。だからなのか、映像を   見ながらも頭のどこかで本の頁を繰る自分を感じてました。子供時代のトニー   が「とくに寂しいとは思わなかった」と言うところと、結婚まもないトニーが   「再び孤独になることを思うと冷や汗が出た」と言うところでは鳥肌がたちま   したね。 ゴ:☆/ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2004/10/post_12.html      ----------------------------------------------------------------------  ●5位『バタフライ・エフェクト』(アートポート)…………☆☆☆☆4  http://tinyurl.com/ca8m2 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   ゴ:☆/バタフライ・エフェクトとは「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側   で竜巻が起こる」…つまり初期条件のわずかな違いが将来の結果に大きな影響   を及ぼすというカオス理論のことで、この映画は、初恋の女性を救うために、   過去を何度も書き換えた主人公(そういう能力があるという設定)が、自分の操   作で変わってしまった現実に追い詰められ、最終的にある決断を下すという話。   とにかくストーリーがおもしろい!過去を変えるたびに「こんなはずじゃなかっ   た」の連続で、それを修復するためにまた過去を変え…、ど、どうなるの!?   と先の読めない展開に引き込まれます。特に精神病院のシーンの後に待ってい   た最後のひとつが効いたね。ただ、それぞれの過去で出会った人たちの人生は   どうなったのか?など謎は残る。まあ、その辺がタイムパラドクスの処理の難   しさだろうけど。   P:☆☆☆/「I'LL COME BACK FOR YOU.」引越しのときにエヴァンがケイリーに   “見せた”この言葉。切ないです。彼女を救いたいがために何度も何度も過去   に戻るのにやること全てが裏目にでてしまうもどかしさ。3度目に過去に戻っ   たときのエヴァンの涙にこの作品の想いが全てこめられてるんじゃないかと思   いました。何度過去に戻っても変わらないのはエヴァンの気持ちだけで、彼を   取り巻く人たち(ケイリー、トミー、レニー、彼の母親)の変わりようには観   ていてどきっとしました。DVD版にはもうひとつの“切なすぎる”エンディン   グも収められているので、そちらもお楽しみに。人によっては暗すぎる、とい   うかもしれないけれど、そこに感じるエヴァンの優しさに涙涙涙。    ----------------------------------------------------------------------  ●6位『ロング・エンゲージメント』(ワーナー)……………☆☆☆3  http://tinyurl.com/dvk59 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆☆☆/『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥのコ   ンビが再びスクリーンに。今回は“戦死したと知らされた婚約者は必ず生きて   いる!”そんな自分の直感を信じ、愛する彼の消息を訪ねて、長い長い旅をす   る女性マチルドをオドレイが好演。様々な偶然と出会いから、やがて思いがけ   ない真実へと彼女が導かれていく不思議なストーリーは、全編ミステリー仕立   て。息を呑むほど美しい映像とテンポの良さで、ラストまで全く目を離せなか   ったわ。ここまで凝った完成度の高い映像って、今年は他に見当らない。一見   の価値ありです。     ----------------------------------------------------------------------  ●6位『セルラー』(日本ヘラルド)……………………………☆☆☆3  http://tinyurl.com/9ck49 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?    よ:☆☆☆/これは思わぬ拾い物をした映画でしたね。宣伝もあまりしてないし、   見るまで全然期待してなかったんだけど、すごく当たりでした。冒頭いきなり   キム・ベイシンガーが誘拐される所から一気に引き込まれ、ラストまでスピー   ディかつハラハラドキドキの展開。この映画の主人公、クリス・エバンズ演じ   るライアンの携帯に見も知らない相手から「助けて!」と偶然かかってきた1   本の電話が事件の始まり。でもいたずら電話とほおっておくのが普通。もちろ   んライアンもそう。でもあれよあれよというまに巻き込まれていき、最後には   今時の若者から、一皮むけた立派な青年に変身し、定番ちゃ定番なんだけど、   安心しちゃった。「セルラー」のタイトルどおり、携帯電話がかなり重要アイ   テムになっていて、携帯の悪い面、よい面もしっかり描かれているし。上映時   間も長すぎず、だれないで丁度よし。   この映画をみて1つ教訓、携帯はいざという時のためにも新機種を持ったほう   がよろしいかと。古い機種を持ってた私は慌てて機種変しましたがな(笑)     ----------------------------------------------------------------------  ●6位『THE JUON』(日本ヘラルド=クロックワークス)……☆☆☆3  http://tinyurl.com/9jtsy ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?    雲:±0/アメリカで邪馬台国ホラーがどえらい人気やねん。和食ブームだけやな   しに、畳で寝るのも流行ってるらしい。和式便所でしゃがむのも、わしはおス   スメしたい。日本のと同じ監督やったさかい、当然スジは一緒になる。お化け   はガキとおばはんやけど、しつこい性格で根性もババ色やねん。次の犠牲者を   決めたら、イテまうまでまとわりつきよる。お化けのストーカーや。全体的に   お化け登場はインパクト不足。主役のおネェちゃんも肝が据わってるのか、あ   んまり怖がらんし、冷静に逃げたりしよるのでカワイクない。   A:☆/ワタシはコレ結構よく出来てると思ったけどなあ。同じ清水監督でも物語   の舞台をアメリカなんかに移したら、あの“気味の悪い”感覚は再現できなか   ったかもね。アメリカ人キャストを日本在住に設定して、あまり違和感ないよ   う配慮されてたから、日本版の映画2本より観れる感じだった。オリジナルビ   デオの衝撃度には遠く及ばないけど、サラも伽椰子も健闘してましたよん!   ゴ:☆☆/私もこのリメイク版、オリジナル版に負けず劣らずの“コワおもしろ”   ぶりで大健闘だったと思います。(ヨーコのアゴ無し顔のどアップとか、ひきず   りの刑とか、こわすぎて失禁…じゃなくて失笑!)。ジャパニーズホラーのハリ   ウッドリメイクといえば、中田秀夫監督の『ほの暗い水の底から』をリメイク   した『ダーク・ウォーター』(監督は「セントラル・ステーション」のウォルタ   ー・サレス)がもうじき(11月)公開予定ですが、こちらは舞台設定を海外に移し   ての作品ですけど、あの独特の陰鬱さがきちんと描き出されており、オリジナ   ル版の黒木瞳よりもジェニファ・コネリーの方がずっとよかったこともあり、   私としてはリメイク版に軍配揚げたいほどでした。   ちなみに原作者は鈴木光司さんね。   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/18_40ba.html       ----------------------------------------------------------------------    ●6位『ネバーランド』(東芝エンタテインメント)…………☆☆☆3  http://tinyurl.com/cjczp ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   ゴ:☆☆☆/ラスト、ジョニー・デップとのベンチのシーンで見せた、ピーター役   のフレディー・ハイモアの鳥肌もんの表情に☆3つ。自然と涙がこぼれてくる   演技を超えた演技ですごい子役だと思いましたねー。名子役の代表選手D・フ   ァニングが思わず嫉妬するのもわかります。新作『チャーリーとチョコレート   工場』でもデップたってのご指名で共演。あの年にしてあの表情。いやあ、恐   ろしき子役。     P:±0/途中、バリ(ジョニデ)が子供たちと海賊ごっこをするシーンがあるん   ですけど『パイレーツ・オブ・カリビアン』のキャプテン・ジャックを思い出   しましたね。あの船長さんのイカレっぷりはインパクトありましたから(笑)。   閑話休題。作品に関しては、凧があがったところあたりから「ん?」となりは   じめて、シルヴィアがピーターの破いた本を直してくれたところで「ぁぁ」と   なり、バリの居間での計らいに「ぅぅぅ…」となりました。(観た方にはわか   りますよね、この気持ち)    ----------------------------------------------------------------------    ●7位『アビエイター』(松竹=日本ヘラルド)………………☆☆☆☆▼▼2  http://tinyurl.com/7nto3 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   よ:☆/レオがまたしてもアカデミー賞をとれなかった作品。でもレオ頑張ってた   と思うけどなぁ。なんか病的な感じとかよくでてて。やっぱりアカデミーはイ   ケメンには厳しいのかな。   A:☆/今回、レオ君確かに大健闘だったとワタシも思うけど、『ミリオン〜』と   比べると賞レースでは少しだけ見劣りしたかもね(苦笑)。それにしてもこの   作品は、レオ君の代表作になる逸品だったと思うよ。ハワードが幼児期の体験   が元で内在していた潔癖症をどんどんエスカレートさせていく後半が特に見も   の。全裸で試写室に篭ってたシーンなんか、まさに渾身の演技だったでしょ。   あのズラ〜っと床に並べられたビンが倒れやしないかと観ててヒヤヒヤしまし   た(笑)。    ゴ:☆☆/確かにレオ様の中では渾身の演技を見せてくれた作品ですね。ただ、い   かんせんラストの中途半端さが、全体の印象をも薄味にしてしまった感じ。惜   しいのう。    P:▼▼/観終わった後に「自業自得」とか「アダルトチルドレン」って言葉が浮   かびました。細かいことは割愛しますがあまり好みの作品じゃありませんでし   た。そう思う理由としては第一に、2時間49分も必要な作品だったのか、とい   うこと。第二に、終わり方が“尻切れ”な感じがしたこと。…と、ダメ出しは   このくらいにしておいて。この映画でもっとも評価すべき人物はハワードの右   腕となったノア役のジョン・C・ライリーでしょうね。彼は出る映画出る映画   で役を自分のものにしている名脇役だと思います。    ----------------------------------------------------------------------  ●7位『宇宙戦争』(UIP)………………………………………☆☆☆☆▼▼2  http://tinyurl.com/du4ta ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:☆/カミナリの落雷と共に地球に来た宇宙人、あっちこっちにタイムカプセル   みたいに埋めてた歩く起重機を運転して暴れよるんや。トム君演じる親子愛の   鬼は、わが娘のためなら他人は押しのけ、殺人までしよるんや。キミ、それは   あかんやろ〜。歩く起重機での大暴れシーンは迫力やし、廃屋で巨大胃カメラ   が探しに来るとこもオモロイ。そやけど足引っ張ってるのは、わしらだけが生   き残ったらええちゅう、スピルバーグ流ベタベタ親子愛のイヤラシサやった。   ゴ:☆/自分たちが生き延びることだけで必死!なトム。いつもの出演映画のよう   に相手とかっこよく戦闘するわけでもなく、とにかく逃げる逃げる(笑)。この   作品は逃げる人に焦点を当てているので、宇宙人と戦っている人たちの姿がよ   く見えず「地球人、どんくさ〜」と思えてしまうのがたまにキズ(笑)。でも、   あんなタコみたいなロボットのくせして、やることなすことむっちゃ狡猾&残   虐でまじコワ〜!もう何度、シートから飛び上がったことか。そのへんのつか   みはスピルバーグうまいです。    P:▼/終盤、主人公のレイ(T.クルーズ)と娘のレイチェル(D.ファニング)が   “彼ら”に捕まっちゃうんですけどそこでの逃げようも何だかすごかったです。   レイが再びこの世に生を受けたかのよう(再生)に見えましたから。レイチェ   ルが川を流れる死体の群れを見るところも死体の数としては『弥次さん喜多さ   ん』に負けず劣らずというところ。ただし、あまりに軽そうな流れ方はどうか   と思いましたね。レイチェルがちゃんとトイレを済ませたのかどうかも密かに   気になってました。だって、あの展開じゃ…。 よ:▼/宇宙人が襲ってくるシーンや逃げ回る人間達なんかは迫力があってよかっ   たけど、ラストがあんな決着のつけ方じゃ肩透かしだよ。だって昔から地球に   いたハズなのに「あれ」に適応していないっておかしくない?これで▼の評価   にしちゃいました。   A:☆☆/トライポッドにバンバン攻撃されて、ひらひらボロ布みたいになっちゃ   う人間見てたら、もうヒトの世はおしまいだわ〜と観念しちゃうくらい全編通   して怖かったなあ。レイやレイチェルが逃げ惑うシーンの連続に、観てるこち   らもずっと緊張しっぱなしだったから、ラストの生ぬるい展開に案外救われた   りして(笑)。“んな、バカな!”と思う反面、“ヨカッタヨカッタ”と糠喜   びするヤワな自分もいました。      ----------------------------------------------------------------------  ●7位『キングダム・オブ・ヘヴン』(FOX)…………………☆☆☆▼2  http://tinyurl.com/a54le ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:☆☆/エルサレムっちゅう地は、お好み焼きとヤキソバが合体した大阪のモダ   ン焼きみたいなもんや。イスラムの聖地やのにキリストの聖地でもあるんや。   腐りまくった十字軍のヘコキ虫がおって、こいつがイスラムのおっさんを騙す   ことばっかりさらしてけつかる。そら怒りまっせイスラム親爺。巨大な投石機   や岸和田のだんじりみたいなもんを動かして、イスラム軍は総攻撃をかけよる。   おとろし数のエキストラを使いましたと、監督からわしに非通知電話があった。   必死のパッチで城と住民を守る決死隊との攻防が見ごたえあるんだす。 P:▼/兜をつけて剣をかざし、首を傾げるオーランド・ブルームがブラピに見え   てしようがなかったです。 A:☆/そうねえ、どこかで観たようなシーン満載だったわよね。でも『トロイ』   の腰抜け王子役だったオーランドとは別人!男くさくてヨカッタよね。    ----------------------------------------------------------------------  ●7位『コンスタンティン』(ワーナー)………………………☆☆☆▼2  http://tinyurl.com/cc2sx ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/「気だるさ」+「タバコ」=「ジョン・コンスタンティン」こんな公式が   できちゃう映画でした。ここかしこにブラック・ジョークが効いててにんまり   させられる場面も多く、正統派のヒーローものじゃないところがこれまた良い   です。さすがアメコミ。同じ系列の『ヴァン・ヘルシング』と比べたら断然こっ   ちのほうが好きですね。この作品のキーワードは「Self sacrifice」つまりは   自己犠牲で、それで己を救うというのはかなり高度なブラック・ジョークだと   思いました。彼の肺も見事にブラックだし(笑) A:▼/プロパーの日に行ったら、きっともっと頭にきたに違いないわ。前評判ほ   ど面白くなかったし、ワクワクもしなかった。キアヌ版エクソシスト、マジで   シリーズ化されるんスか? ゴ:☆/シリーズ化してくんないとー(笑)。シリーズの序盤だから、初回はまあ、   あの内容でもアリだろうって思ってますの。確かに周囲でも酷評する人の方が   多いんだけど、私は結構、キアヌとオカルトのこのコラボ、好きかもー。続編   に期待。       ----------------------------------------------------------------------    ●7位『いぬのえいが』(ザナドゥー)…………………………☆☆2   http://tinyurl.com/72n4z ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/ここ数年でいちばん泣けた映画だったかもしれんです。話の組み立て方と   いうか並べ方に完敗。笑わせておいてそのあとに泣かせる話を持ってくるとこ   ろ(これは劇中何度もあるのですが)に、制作陣の思うまんまはめられました。   最後の「ねぇ、マリモ」なんて…。無事に帰れるのか、と危惧するくらいでし   たよ、本当に。   A:☆/ほんとに泣けましたねえ。ワタシは「ねえ、マリモ」の原作本を先に手に   入れ、自宅で何度も号泣。映画でもすぐに劇場を出られないくらい泣きました。   老い先短いと感じていても、飼い犬のためにペットフードをあんなに買い置く   家族の気持ち、あ〜、書きながらまた涙が出てきた(泣)。ちなみに高橋和枝さ   んの『にゃーこちゃん』って本もいいですよ。ネコ好きの方には絶対オススメ!     ----------------------------------------------------------------------  ●7位『サイドウェイ』(FOX)…………………………………☆☆2  http://tinyurl.com/b2x36 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/観ていてとてもワインが呑みたくなりました。それも、赤。過去の出来事   に縛られて新しいものごとに目を向けられない主人公と本能の赴くまま行動す   る友人の、対照的ともいえる性格描写が面白おかしくもあり感慨深くもあり。   何度もケンカはするんだけど、結局はどこか深いところで分かり合っているっ   ていう部分にちょっぴり心があったかくなったりも。全体的にまったりとした   雰囲気が漂っていて肩の力を抜いて観たくなる作品でした。希望が持てるよう   な終わり方も良かったです。  ----------------------------------------------------------------------  ●7位『きみに読む物語』(ギャガ)……………………………☆☆2  http://tinyurl.com/9sb6x ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:±0/「甘い」この映画をひと言で表現するなら、これです。忘れるほうもつ   らいけど、忘れられるほうもつらい。つくづくそう思えた作品です。あと、こ   の映画を観ると絶対にソフトクリィムが食べたくなると思います。ぇ?そう思   うのは私だけ?(笑)   M:☆/そう、「甘い」!甘すぎる!!アメリカのお菓子そのものだ。まあでも、   こういうのを「青春」って言うんでしょう。私は、年老いてボケちゃった妻へ   の夫の表情が切なくてたまらなかったなー。   A:±0/そうねえ、年老いた2人はある朝一緒に・・・・、これ日本人がやった   ら、ここまで盛り上がらなかっただろうなあ。    ----------------------------------------------------------------------  ●7位『恋は五・七・五!』(シネカノン)……………………☆☆2  http://tinyurl.com/73a8u ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/02/post_23.html  ----------------------------------------------------------------------  ●7位『Shall we Dance?』(ギャガ)…………………………☆☆2  http://tinyurl.com/86kpr ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:☆☆/このリメイク、夫婦関係の描き方はオリジナル版よりもずっと好きかも。   主人公が妻に「心の空白を君に打ち明けたくなかったのは一番大切な君を傷つ   けたくなかったから」というセリフがあるのですが、このあたり、オリジナル   と違うアプローチですよね。それ以外のディテールでは比較的オリジナルに忠   実にいろんなシーンが再現されているし、また脇役のキャスティングも途中か   ら竹中直人や渡辺えり子に重なって見えてきちゃうほどのハマりっぷり。↓   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/shall_we_dance_4947.html      ----------------------------------------------------------------------  ●7位『バットマン ビギンズ』(ワーナー)…………………☆☆2  http://tinyurl.com/arnce ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? よ:☆/バットマンシリーズを見たのはこれが初めてなんですけど、こうもりにあ   んな秘密があったとはびっくり。でも渡辺謙がメインの悪役かと思ったら、全   然ちょっとしかでてないの。あれじゃおもいっきり脇役じゃん!そっちにもビッ   クリしたね。 A:±0/ほんとに謙さんは思いっきり脇役!悪役リーアム・ニーソンの添え物っ   て感じだったよね。    ----------------------------------------------------------------------    ●7位『阿修羅城の瞳』(松竹)…………………………………☆☆2  http://tinyurl.com/cog6k ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆/美しい宮沢りえ、伊達な染五郎、今度はこの組み合わせで舞台版を観たい   なあ。   M:±0/りえちゃんはほんと、相撲部屋のおかみさんにならなくて正解!     ----------------------------------------------------------------------  ●7位『6つの視線〜もしあなたなら』(キノキネマ)……☆☆2  http://tinyurl.com/anxhs ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? M:☆☆/韓国を代表する6人の監督が撮ったオムニバス映画。「人権をテーマに   撮った」と聞いていたので、いかにも教訓めいた映画じゃないの〜?と思って   たら、かなりブラックでシニカルで笑える。特に女性監督イム・スルレの『彼   女の重さ』は、監督自身も登場し、あっぱれなエンディング!周囲の意見を聞   いたら、一番良かったのは『オールド・ボーイ』を撮ったパク・チャヌク監督   の『N.E.P.A.L. 平和と愛は終わらない』。タイトルに反して、くすっと   笑える、とってもおかしな映画。     よ:±0/パク・チャヌク監督好きです。彼の新作『親切なクムジャさん』もかな   り期待!    ----------------------------------------------------------------------  ●7位『甘い人生』(日本ヘラルド)……………………………☆☆2  http://tinyurl.com/8kp5s ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/タイトルに「甘い」とありますが、決して甘い映画じゃありません。む   しろ“893もの”と言ったほうが良い気が。あとですね、アメリカ16代目大統   領 アブラハム・リンカーンの言葉に「人民の人民による人民のための政治」   という有名な言葉があるじゃないですか。それをちょっと捩ってこの映画を   「イ・ビョンホンのイ・ビョンホンによるイ・ビョンホンのための映画」と   言っても過言じゃないなと思いました。 よ:☆/ビョンホン体張ってましたね。土に埋められたり、指きられたり。でも1   つ納得いかなかったのは、そこまであの女の人が好きになった理由がいまひと   つ伝わってこなかったんだよね。そこが残念。    ----------------------------------------------------------------------  ●7位『炎のメモリアル』(東宝東和)…………………………☆☆2  http://tinyurl.com/82hcf ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:☆☆/紅顔の美少年やった雲谷斎は、手下のガキが花火で火傷した時、そいつ   の手にオシッコかけて消火した美しい思い出がござります。こういう体育会系   のイッパツ映画は腹にドスンときますなぁ「フォォォ〜〜ゥ!」。命を賭けて   の人命救助っちゅう一途さが、わしら小市民の小鳥のような胸に響くんやがな。   人の命をおのれの腐った欲のために平気で奪うドアホが多い昨今、自分の命を   代償にして人を救うヤツがどこにおりまっしゃろか。敬礼系の職場にリクルー   トしたいあんちゃんには、ぜひ見てほしい熱々映画や。 P:±0/とにかく真摯な映画でした。回想と現実との切り替えの妙。J.フェニッ   クスというと『サイン』でアルミホイルの帽子を被っていたお兄ちゃん、そん   なイメージがあったんですけど(笑)、それさえどこかに吹き飛んじゃうくらい   の熱演でしたね。彼と消防署長マイク(J.トラボルタ)との仕事を超えた友情   も見所のひとつで無線でのふたりのやりとりには胸が痛くなりました。    ----------------------------------------------------------------------  ●8位『カンフーハッスル』(SPE)……………………………☆☆▼1  http://tinyurl.com/8yftp ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:▼/ワタシの周囲は軒並み傑作と拍手を贈っていたけれど、ワタシはこういう   ベタな香港映画アレルギーなんすよ。観てて頭痛くなってきたしね。  ----------------------------------------------------------------------  ●8位『オオカミの誘惑』(シネカノン)………………………☆1  http://tinyurl.com/cyrb3 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? よ:±0/なんか昔の少女漫画を見てるようでちょっとクサかった。こそばゆい感   じで。韓国ドラマはクサクても許せるけど、韓国映画でクサイのはちと許せな   い私です。 M:☆/2人のイケメン高校生になぜだかモテてしまう、さえない女子高校生。残   念なのは、結局不治の病かよ!ってとこでしょうか。なんで韓国ドラマ&映画   はみんな不治の病にかかるんか?  ----------------------------------------------------------------------  ●8位『英語完全征服』(アートポート)………………………☆1  http://tinyurl.com/89r37 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?     P:☆/あなどるなかれ、韓国版ラブコメの威力。話は「ヨンジュとムンスの恋」   と「ムンスと彼の母親の、離れ離れになった妹との再会」という2本を軸に   進んでいきます。これがまたうまく絡み合って、相乗効果でついほろっとし   ちゃうんですよね。『僕の彼女を紹介します』のときも思ったんですけどチャ   ン・ヒョクの虚ろな目は良いです。母性本能がくすぐられるというか何とい   うか。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)       ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に500〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全24本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「◎」印→ソフト系ネタ           「○」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ          ◎『実話系ホラーブーム』→書籍からゲームまで100年周期のブーム!  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/post_f2ce.html  ◎『第18東京国際映画祭』→アジア作品が強力ラインナップ!  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/18_40ba.html  ◎『SIN CITY』→青山に映画の世界を再現した巨大なスタンディングバー!  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/ (詳細は近日UP!)  以下はワースト版にて掲載。  映画ファンド/R50シネマプロジェクト/匂いの出る映画/米国版電車男/  映画鑑賞しながら歯科治療/・・・ほか  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆       当コーナーのコラムは    おっかけ配信いたしますNo.2の方で掲載しております!    今回は、「ダンス映画」(欧米編)をお届けします。    お楽しみに!     ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>   ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>   ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>   ・『新星“ニコラス・サプトラ”は要チェック』<インドネシア編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html       ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html