トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(1/2) 〜2006上半期ベスト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『ご挨拶/読者プレゼント』       ◇ クロストーク…………… 前編『シネマ番付--'06上半期(ベスト)』       ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全74本)』                                     ◇ 海外発!シネマ情報……『「風の前奏曲」<タイ編>』(予告)     ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!        ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!                   ◆◇◆      近日配信の後編NO.2メールにて『'06上半期(ワースト)番付』                  『最新シネ・ビズ情報』                  『海外発!シネマ情報』をお届けします。    ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆      こんにちは! 編集長のGochy!です。      この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!   該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期を狙ってのお届けです。   秋のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。   ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○       ◆「『プレスリリース』&『舞台パンフ』複数点セット」を1名様に!    └→ 詳細はNO.2号にて告知。                   ◆     尚、下記については、たくさんのご応募ありがとうございました。     各当選者には9月頭にご連絡&発送済みです。    ◆「魔法のスプレー『シグナル・ダイエット』」を読者2名様に!    └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/08/post_faa4.html    ◆「美肌ドリンク『モンテ・レハーブ』」を読者1名様に!    └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/08/post_a18a.html         ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○        ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆       トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2006年度上半期公開シネマ(本年正月〜6月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━        ↓ちなみに2005年度までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                    ■『上半期番付!』■                   (18点満点)  1位『嫌われ松子の一生』(東宝)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆14 2位『かもめ食堂』(メディアスーツ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11 3位『THE 有頂天ホテル』(東宝)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10 4位『ブロークバック・マウンテン』(ワイズポリシー)☆☆☆☆☆☆☆☆8 4位『明日の記憶』(東映)………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 4位『クラッシュ』(ムービーアイ)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 5位『ホテル・ルワンダ』(メディアスーツ)…………☆☆☆☆☆☆☆7 6位『デスノート 前編』(Warner)……………………☆☆☆☆☆☆6 7位『博士の愛した数式』(アスミック)………………☆☆☆☆☆5 7位『ナルニア国物語』(ブエナビスタ)………………☆☆☆☆☆5 7位『LIMIT OF LOVE 海猿』(東宝)……………………☆☆☆☆☆5 8位『グッドナイト&グッドラック』(東北新社)……☆☆☆☆4 9位『エミリー・ローズ』(SPE)…………………………☆☆☆☆▼3 9位『ホワイトプラネット』(東北新社+コムストック)☆☆☆3 9位『ステップ!ステップ!ステップ!』(コムストック)☆☆☆3 9位『リトル・ランナー』(ギャガ)……………………☆☆☆3 9位『力道山』(SPE)………………………………………☆☆☆3 9位『プライドと偏見』(UIP)……………………………☆☆☆3 9位『ウォーク・ザ・ライン〜君につづく道』(FOX)…☆☆☆3 10位『ダ・ヴィンチ・コード』(SPE)……………………☆☆☆▼2 10位『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』(ギャガ)……☆☆2 10位『県庁の星』(東宝)…………………………………☆☆2 10位『インサイド・マン』(UIP)…………………………☆☆2 10位『ブロークンフラワーズ』(キネティクス+テアトル)☆☆2 10位『ナイロビの蜂』(ギャガ)…………………………☆☆2 10位『ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR』(FOX)………☆☆2 10位『GOAL!』(東芝エンタ)……………………………☆☆2 10位『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』……☆☆2 10位『あおげば尊し』(テンプリント)…………………☆☆2 11位『V フォー・ヴェンデッタ』(Warner)……………☆☆☆▼▼1 11位『スタンドアップ』(Warner)………………………☆☆☆▼▼1 11位『ポセイドン』(Warner)……………………………☆☆▼1 11位『ニュー・ワールド』(松竹)………………………☆☆▼1 11位『陽気なギャングが地球を回す』(松竹)…………☆1 11位『リバティーン』(メディアスーツ)………………☆1 11位『寝ずの番』(角川ヘラルド)………………………☆1 11位『アサルト13 要塞警察』(角川ヘラルド)………☆1 11位『間宮兄弟』(アスミック)…………………………☆1 11位『拘束のドローイング9』(ワイズポリシー)……☆1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! “OUT!(ワースト)組”のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!                             (近日配信)                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS     雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん    ───────────────────────────────    今回の読者ゲスト雲谷斎さんのHPとメルマガ申し込みはこちらから。    こき下ろす時も、誉めちぎる時も、キレのよい関西弁が大炸裂!              ●「ゴクラク映画感」●          http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html        トレキャ!シネ番とは兄妹仁義メルマガでっせ〜!    尚、http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/09/vol_0b53.html    こちら方面↑でも大活躍!次期企画として「めっちゃ面白い実話系ホ    ラー小説を書く予定です」とのこと。楽しみですね!    ───────────────────────────────     ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。  ゴ:トレキャ!W版でもレポされておりましたが、   今年上半期で興収10億円を超えたのは邦画16本に対し洋画は10本とのことで、   今年は昭和60年以来21年ぶりに邦画の興行収益が洋画を上回る可能性が高い   そうです。若者を意識した作品作りをした邦画の頑張りや、リメイクが続く   ハリウッドの元気のなさ、そして、ハリウッドの派手なCGに飽き、涙あり笑   いありで落ち着いて鑑賞できる邦画に観客が戻ってきたのが原因であると分   析されているようですが、当トレキャ!のシネマ番付でもまったく同様の結   果が出ています。特に、東宝の快進撃が邦画ブームを支えているといっても   過言ではないかもしれません。なにせ、TOP3の2作が東宝の作品ですから。       ----------------------------------------------------------------------      ●1位『嫌われ松子の一生』(東宝)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆14  http://tinyurl.com/mvuq2 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:☆☆☆/'06上半期のマイ・ベスト1はこの『嫌われ〜』に♪『下妻物語』の   中島哲也監督だもの、普通の映画にはならないだろうとは思ってたけど期待以   上でやんした。ノーテンキお笑い路線かと思いきや、かなり壮絶で何回も落涙。   ボっコボコにされてもなお美しく輝いてた松子役の中谷美紀はほんとにアッパ   レ。あたしゃ惚れた!何回も観たいから当然DVD購入します。まだな方にはぜ   ひオススメ!観なきゃ損損。 P:☆☆☆/「まーげてーのばしーてーお星さーまーをつかもーうー」。観終わっ   てからしばらくこの歌が頭をぐるぐるしてました。原作を読んだときにその暗   さをどう映像化するんだろう、と思っていたのに中島監督はやってくれました。   すごい(絶賛)。ラストに、松子が階段を昇っていくシーンには胸にこみあげて   くるものがありましたね。久美のいる部屋へ行く階段と天国への階段がかけて   あって。一生を全うした松子に拍手。 よ:☆/いやーやっぱ中島監督ただ者じゃあないね。独特の色使いとかポップでキ   ュートだもん。劇中の音楽や歌もピッタリだし。はたから見たら悲惨な人生の   松子なのに、ちっとも悲惨じゃなくむしろうらやましく見えるから不思議です   ね。   雲:☆☆/不幸自慢、貧乏自慢をするのが、大阪のドトールコーヒー店で流行って   るんですわー。アンラッキー人生にハットトリックを決めるような映画や。   クラスの不良がカネ盗んだ事件をきっかけに、松ちゃんの坂道転げ落ち人生が   始まる…と書いたら、ゲェ出そうなほどテンション下がる映画と思いまっしゃ   ろ? ところがあんた、ポップでファンタジーな背景や色彩を使いよったんだ   す。天才やね、この監督。昨今の虫ケラのごとき少年犯罪への怒りを込めて、   河原事件の終り方を選んだんとちゃうか。エンディングは泣けたなぁ。   ゴ:☆☆☆/ほんと天才!原作の根暗っぽさをまったく別のファンタジーワールド   に昇華させてしまう手腕はアッパレ。でも、この秋からは内山理名主演でTBSで   連ドラ化されるけど、中谷美紀の“解脱境地演技”(笑)を超えられるとは到底   思えません。ドラマ版では5年ぶりに芸能界復帰する羽賀研二の方に興味が(笑)。   ・↓番付担当外スタッフからもひとこと!   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/07/cinemadeptyurak_0155.html  ----------------------------------------------------------------------  ●2位『かもめ食堂』(メディアスーツ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11  http://tinyurl.com/lmhjw ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆☆/冒頭で、主人公サチエ(小林聡美)が語るデカかもめと三毛猫ナナオの   エピソードを聞くなり、この映画が大好きになっちゃった。サチエ曰く「私は   弱いのだ、沢山物を食べる太った生き物に弱いのだ」そうそう、ワタシもそう!   全編通して可笑しくて心温まるエピソードが散りばめられた癒しの逸品。♪ガ   ッチャマンのテーマ♪で広がる人間関係、“豚身昼斗念(トンミー・ヒルトネ   ン)”なる日本オタク男、コーヒーを入れるおまじない“コピ・ルアック”。   興味のある方はDVDでお試しあれ!観るとおなかが空いてきます。   P:☆☆/ゆるやか感がたまらなく好きでした。小林聡美さんの持つほんわかしつ   つもしっかりした感じと、片桐はいりさんのひょうひょうとした感じ、もたい   さんのマイペースな感じの相乗効果。群さんの原作を読むと、更に映画が細部   まで楽しめます。おすすめ。   雲:☆☆☆/わしの頭に観音さんが降りてきて「かもめ食堂を観なされよ」とぬか   し、いや、おっしゃいました。ビンゴ!ほっこりとした時間がゆっくり流れる   小さい食堂や。人と人との交流だけで、何も起こらん穏やかな一発やねん。   この食堂、なんとヘルシンキにあるんやけど、開店一ヶ月経ってもお客は来ん   けど最後は満員御礼や。何も起こらん話がこんなに面白ぉて、大笑いできて、   ええ映画やったなぁと余韻を残してくれますんや。 ゴ:☆☆/メジャー大作ばかりじゃなくて、こういう作品がたくさんの人に評価さ   れるのって、人間って捨てたもんじゃないなあ(笑)、って思いますよね。この   監督の撮る映画には、一貫して共通する温かさが宿っていて、これまでにひと   つもハズレがありません。『バーバー吉野』とか、トレキャ!シネ番2005上半   期ベスト7位にもランクインした『恋は五・七・五!』とかも。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/02/post_23.html      ----------------------------------------------------------------------  ●3位『THE 有頂天ホテル』(東宝)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10  http://tinyurl.com/qpa5d ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆☆/これぞ、三谷作品の真骨頂!大晦日の一流ホテルを舞台に、三谷さんお   得意の群像劇をまたまたキメてくれました♪畳みかけるように次から次へと出   てくるワケありキャラクターにはおなじみの巧い役者が勢揃い。一九分けの唐   沢寿明、演歌の大御所・西田敏行、総支配人・伊東四朗、他もみ〜んな笑わせ   てくれたけど、一番はやっぱりダブダブちゃん(あひる)だね(笑)。   P:☆☆/最初から最後まで笑いっぱなしで窒息するかと思いました。いちばんの   ヒットは総支配人の伊東四朗。白塗りした顔のままでホテルを逃げてる姿に涙   しそうになりました(笑いすぎて)。いつもとはひと味もふた味も違う役柄の   オダギリジョーにもびっくり。あの膝歩きもすごかったな。   よ:☆/ほんとあれだけ登場人物がでてくるのに、混乱するどころか「この人はど   うやって笑わしてくれるのか」とワクワクしちゃうもんね。それもこれもどれ   もキャラが立ってるからでしょう。久々に映画で笑わせてもらいました。 雲:☆☆/この映画、暗がりのあちこちから、デヘヘヘヘとよだれくりの笑い声が   巻き起こりですわい。三谷演出の妙は、舞台の芝居みたいなアクションつけ方   かもなぁ…。大昔の無声映画コメディのドタバタを現代に移殖したみたいや。   リアリティなんか蟻のウンコほどもないけど、芝居を見てるだけで、あっちゅ   う間の2時間半や。ハッピーエンドでハッピーニューイヤーや! なんで年末   から上映せえへんねん。映画会社のタイミングの悪さだけが笑えんわい。 ゴ:☆☆☆/素晴らしき“ヅラ”の競演! 髪型が気になって仕方ないアナタにも   オススメの一作です!(笑)    ----------------------------------------------------------------------  ●4位『ブロークバック・マウンテン』(ワイズポリシー)☆☆☆☆☆☆☆☆8  http://tinyurl.com/mqx6p ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆☆/今年度のアカデミー賞で多部門受賞なるも本命視されていた作品賞は逃   しちゃった本作。やっぱり内容が問題アリだったのかな?今から40年前の保守   的で閉鎖的なアメリカ西部を舞台に若いカウボーイの2人が夏のブロークバッ   ク・マウンテンで出会い、そして・・・。 ゲイの偲ぶ恋って?興味先行で観に   行ったんだけど、何とも感慨深い恋愛映画で巷の高評価にも納得。特筆すべき   は主役に扮したヒース・レジャーとジェイク・ギレンホール。ノーマルでスト   レートな2人があれほどの激情を体現できるなんて観ててスゴイと思った。ワ   タシはノーマルな女だけれど2人のカウボーイの恋愛感情、理解できたな。 P:0/忘れられない人って男女という括りに関係なくいますよね。この映画では   それを切々と語ってました。でも、普通に結婚して旦那さんが他の男の人を好   きで好きでたまらないというのは奥さん側からすればキツイです…。 M:☆☆/『ハルク』以前のアン・リー監督が大好きだった私としては、『ウエディ   ング・バンケット』同様のテーマ性を感じた。ちなみに、ゲイの友人が、ジェ   イクかわいい!と絶賛。 ゴ:☆☆☆/無くしたと思っていた“シャツ”を見つけたあのシーンには、ドキュ   ンでした。あまりに切ない「重ね着愛」(!?)に、涙がとまりません…(なんて繊   細)。もちろん切ないだけでは終わらせられない深刻なテーマも潜んでます。      ----------------------------------------------------------------------  ●4位『明日の記憶』(東映)………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8  http://tinyurl.com/ox45e ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:☆☆/若年性アルツハイマーっちゅう、まぁ気の毒な病気の話やねん。渡辺謙   が原作読んで、ぜひわしがやりたい! と懇願したっちゅうやないかい。その   せいか鬼のような演技やったわ。女房役の樋口可南子が上手いさかいに、家族   の辛さがよう出てる。後ろの席のおばはんからズルズル、チーン、ウゥゥッ…   っちゅう、得体の知れん怪音が漏れてくる。コワイ。演技がみごとで、ドラマ   設定もデキ過ぎの感があるさかいに、逆に距離感があって溝が埋まらんかった   んや。演技を観てるけど、リアリティは見えてこないとでも申しましょうか。 ゴ:☆☆/試写室でも隣の席のおじさんがしゃくりあげて泣いてましたよ。これ   『トリック』の堤幸彦氏の監督作品なんだよね。お得意の「遊び」要素を極力   排除した正統的な演出で、じっくりと魅せてくれましたよねえ。こういうのも   撮れるなんて、さすがプロ中のプロ。 よ:☆☆/上半期一番泣いた作品。なんといっても渡辺謙さんがいい!樋口可南子   も、意外とミッチーも!徐々に記憶をなくしていく所はリアルで本当に恐く、   自分や家族がこの病気になったらどうなるんだろうと考えずにはいられなかっ   た。ラストもせつなく胸にしみましたね。 M:☆/渡辺謙、いい役者ですのう。話は少しそれますが、つい最近『池袋ウエス   ト・ゲート・パーク』初めて観て、今ごろハマり…。この渡辺謙にもぐっとき   ました。 A:☆/「アレがアレして・・・」みたいに、ヒトの名前や物の名前が今ひとつ出   てこなくなってるワタシ。観ていてマジ怖くなってきちゃった。明日はわが身、   そうつくづく思いました〜。 P:0/若年性アルツハイマーは明日は我が身かもしれないのがこわいですよね。   果たして自分がそうなったときに側にいてくれる人はいるのか、とか、そのま   ま生きていても何か得るものがあるのだろうか、とかいろいろ考えさせられま   した。夫婦で観ると良い、と言われてたのがよくわかります。ひとりで観ると   途方もなく寂しくなっちゃいますから…。    ----------------------------------------------------------------------  ●4位『クラッシュ』(ムービーアイ)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆8  http://tinyurl.com/mmbrt ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆/今年度のアカデミー最優秀作品賞は大本命だった『ブロークバック〜』で   はなく、この『クラッシュ』に。ロスの日常を描いた群像劇って聞いてたけど、   実際こんなにヒドイの?日本にいるとここまでキビシイ現実と直面する機会が   あまりないから、観ていて胸が苦しくなってきた。でもラストに向け段々救い   が・・・。人間捨てたモンじゃないかも、そんな微かな希望と深い余韻が胸に   残る秀作でした。 M:☆☆☆/☆3つはちょっと多いかも…と思いつつ、でもそれくらいほかには、   おおおっ!と思う秀作に出会わなかった。群像劇としては珍しく、人種差別を   露骨に、それもサンドラ・ブロックなどの大スターを使って撮ったところを評   価。   ゴ:☆☆/そう、サンドラはじめ、ブレンダン・ブレイザーとかマット・ディロン   とか予想外に渋い演技を披露。ストーリーも秀逸で、少女が透明マントで父を   守るシーンとか、弟の死を冷蔵庫の補充にからめて母に責めれられる黒人兄の   場面とか、いい意味でも悪い意味でも胸がしめ付けられるシーンの連続。人は   人と出会い、ぶつかって何かを感じるという一瞬一瞬を、ピンボールの玉のよ   うに鮮やかに描いた作品。    ----------------------------------------------------------------------  ●5位『ホテル・ルワンダ』(メディアスーツ)…………☆☆☆☆☆☆☆7  http://tinyurl.com/mf244 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:☆☆☆/フツ族とツチ族、言うてみたら日本が関西人と関東人に分かれて、   アホバカ戦争するようなもんや。実際にルワンダで100万人が虐殺されたらし   いで。映画では残虐シーンは出てこんけど、それでもちゃんと狂気の世界は伝   わってくるんや。ホテルの支配人は根性ばりばりのお父ちゃんで、難民の命を   何回も救うんや。ホリエ君、見習いなさい。アフリカのシンドラーと言われた   らしいなぁ、このお父ちゃん。ヒューマニズムって何? と思たら、この映画   に答はありますねん。ものすごぉ崇高な答が……。 ゴ:☆☆/1994年に起きたルワンダの民族大虐殺を描いた本作。虐殺から避難民を   守ろうとした実在のホテルマンを『クラッシュ』でも好演を見せたドン・チー   ドルが熱演。葛藤する主人公が、暴力ではなく「機転」を武器に、次々と降り   かかる危機を乗り越えていく姿に胸が熱くなりました。     M:☆/今期で最も観たかったのに、まだ観られてない作品で、☆ひとつ献上。こ   れがベルギー、国連などによって意図的に引き起こされた大虐殺の実話と聞き、   政治と人間の怖さや愚かさをひしひし。    ----------------------------------------------------------------------  ●6位『デスノート 前編』(Warner)……………………☆☆☆☆☆☆6  http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/   A:☆/期待していた藤原君が今ひとつで、そうでもなかった松山君扮するLの方   が原作のイメージにより近かったのは意外でしたね。藤原君、芝居が舞台っぽ   いから、スクリーンでは観てて多少違和感ありました。今秋公開の後半からい   よいよ物語は佳境へ。あ〜早く観たいもんです。 ゴ:☆☆/そうそう、予想に反して松山「L」が見事にハマっていたのが新鮮だっ   た。あと、ナオミ(瀬戸朝香)のシークエンスで、原作と一部違った部分があっ   たけど、映画の尺を考えたら、むしろ説得力のある展開になっていて、そのあ   たりもうまいなあと感心。後編が楽しみですね。     よ:☆/も〜う何回も読みなおしてるほど原作大好きです。ノベライズ本まで追っ   かけるぐらいLラブ!確かに松山君は原作イメージを壊さないようにすごく頑   張ってたし、藤原くんや瀬戸朝香もまぁ良い。でも香椎由宇演じる詩織役は本   当に必要だったのかしらん?詩織がいるせいで前半のライトはなーんかナンパ   な感じがしたんだよね。とにもかくにも「誰も見たことのないラスト」の後編   に期待ッス。 P:☆/原作未読だけど面白かったです。Lが甘いものをひたすら食べているのを   見てうらやなしいなぁと思ってみたりしながらも、月(ライト)の頭の良さに感   心してました。後編も頭脳戦になるのかなぁ。  ----------------------------------------------------------------------  ●7位『博士の愛した数式』(アスミック)………………☆☆☆☆☆5  http://tinyurl.com/puvfa ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:0/2004年の第一回本屋大賞受賞作品の映画化。何だか淡々としてましたね。   そういう意味では“大人”向けの作品なのかも。たまの休日に夫婦揃っての鑑   賞、とかおすすめです。 A:☆/80分しか記憶が続かない障害を抱えた数学博士と、彼を世話する家政婦の   姿を寺尾聰と深津絵里が好演。ワタシは数学が大の苦手なんだけれど、博士が   劇中に解いてみせる数式にはすご〜く惹きつけられました。何気なく自分の周   りに存在している数の不思議さの中には、人生に通じるエッセンスがいっぱい   詰まっていること、この映画が教えてくれたって気がします。惜しむらくは、   博士の義姉役・浅丘ルリ子。さわやかなキャスティングの中で、唯一濃ゆくて   違和感あったなあ。 よ:☆☆/おっしゃる通り、浅丘ルリ子濃かったねー、メイクが…・笑。いやいつ   もだけど。そんな濃い浅丘ルリ子とは対照的に深津ちゃんは清々しく、寺尾聡   は優しげでとてもほんわかしててよかったです。友愛数とか完全数とかも、ロ   マンチックで素敵ですね。 ゴ:☆☆/語り部役の数学教師を演じた吉岡秀隆もよかった。あんなふうに自分の   人生と絡めて数学を語れる先生に習ってたら、数学もっと好きになってかも。   「数III」の授業についていけず、放課後補習常連だった私ですが(笑)。  ----------------------------------------------------------------------  ●7位『ナルニア国物語』(ブエナビスタ)………………☆☆☆☆☆5  http://tinyurl.com/ok64p ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? P:☆/衣装箪笥を抜けるとそこはナルニア国だった。川端康成の『伊豆の踊り子』   にも通じるようなはじまり方で…というのはさておいて、箪笥の奥に秘密の地   が広がっているなんて子供にはたまらない設定ですよね。あのシーンを観て童   心に返った大人も多いはず。まるで自分まで物語の一部になってしまったかの   ように観られました。そんな中でも白い魔女の短気さが現実に戻らせてくれま   したけども(笑)。    A:☆/原作本「第1章ライオンと魔女」を事前に読んでから本編を観に行きまし   た。よく引き合いに出される難解な『ロード・オブ・ザ・リング』に比べると   シンプルでワタシ向けかも!?本編では、原作本の表紙に出てくるフォーンの   タムナスさんがそのまんま映像化されていて思わずジィ〜ん。裸に赤いマフリ   ャーがとにかくカワイかった。主役の子ども達で特筆すべきはルーシー役のジ   ョージー・ヘンリーちゃん。あの表情、演技じゃなく素なんだろうな。でも原   作本を一番体現してるのは彼女かも。全編動物好きにはたまらないCG映像満載。   アスランなんて惚れ惚れしちゃう。 VS魔女軍との戦闘シーンは『ロード〜』の   規模とはくらべようもなかったけれど、ワタシには丁度ヨカッタ。『第2章カ   スピアン王子のつのぶえ』の映画化も既に決まっているとのこと。楽しみ〜♪ よ:☆/意外といったら失礼になるかもだけど、ほんと意外によかったです。原作   読んでない私も十分楽しめました。アスランかっちょいーし。『ロード〜』の   方が大人向けファンタジーで、こちらは分かりやすく子供向けって感じですか   ね?でも子供の私は十分楽しめたけど。 雲:☆/うわー、もうベチョベチョのディズニー映画トーンや。はっきりした正邪、   子供が主役で、ライオンが出てきて、全部ファンタジーの衣つけて唐揚げにし    てますねん。なんで悪組のヤツらは、いつも化けもんみたいな顔と形やねん。   これ、ヘンやろ。悪の中にもイケ面がおってええんちゃうんかい。ぶさいく=   悪いヤツ、という偏見をお子ちゃまに植え付けたりしまへんか。完璧にパター   ン化した展開で、マクドでバリューセット注文したら店員がマニュアルどおり   のサービスしよったみたいな映画どした。 ゴ:☆/そのお子ちゃまテイストが私にはちと物足りなかったかも。CGなど特殊撮   影は存分に楽しめたけどね。  ----------------------------------------------------------------------  ●7位『LIMIT OF LOVE 海猿』(東宝)……………………☆☆☆☆☆5  http://tinyurl.com/pcnlu ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? A:☆/映画→TVときた『海猿』一大プロジェクトの最後を飾る映画にふさわしく、   今回もありえね〜ほど大規模な海難事故勃発で、またもや海上保安官・仙崎大   輔は絶対絶命のピンチに・・・。今回も伊藤君頑張ってたね。伊藤君の奮闘の   おかげで、世の海上保安官の株は相当あがったと思う。巡視船に乗ってるヒト   達、顔見なくてもみんなイケメンに思えるもの。それにひきかえ、イラついた   のは加藤あいの大根ぶり。男のドラマにあんなヘタな女優はいらん!婚約者死   にそうなのを目前にして涙も出ない女いる?!ウソ泣き女優に映画のド・アッ   プは必要な〜い。 P:☆☆/映画、ドラマ、ときて完結版となる映画だったわけですが、満足度の高   い作品でした。観客席から観てるだけでも仙崎大輔に惚れますね。   よ:☆☆/ドラマ観てないし、1作目も特に面白いと思わなかったのに、これはよ   かったなぁー。伊藤クンがすごくかっこよく見えてちょい泣いちゃった。  ----------------------------------------------------------------------    ●8位『グッドナイト&グッドラック』(東北新社)……☆☆☆☆4  http://tinyurl.com/luodn ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:☆☆☆/報道番組が世の中を変えるパワーを持っていた時代のニュースキャス   ター、エド・マローとその仲間たちの姿を描いたノンフィクションドラマ。当   時の資料映像をうまく取り入れ、モノクローム映画に仕立てたジョージ・クルー   ニーの監督としてのセンスが光る。同僚が自殺したことを知るシーンとか細か   い演出もうまいよなあ。主演のデヴィット・ストラザーンの成りきりぶりも必   見! http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_e609.html    ----------------------------------------------------------------------  ●9位『エミリー・ローズ』(SPE)…………………………☆☆☆☆▼3  http://tinyurl.com/mfw73 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   雲:☆☆/アメリカで悪魔祓い裁判ちゅうのがホンマにあったらしい。なんちゅう   ても悪魔に取り憑かれたおねえちゃんの顔つきがコワイ。テレビで見た、キツ   ネ憑きのオバハンが畳の上でドタバタ暴れるよりコワイ。女子大寮に入った娘   が焦げ臭い匂いで目ぇ覚める。悪魔がそばにおる匂いやそうな。雲谷斎がそば   におったら、もっと臭い。牧師が悪魔祓いしたら6匹も棲んどるっちゅう話や。   圧巻は裁判シーン。女弁護士が汚名の牧師のために、必死のパッチでキバリよ   るんや。わし数珠を握り締めて観たましたがな。 ゴ:☆☆/コレ、ほんっとにコワかったよ〜。ビクッ!ドヒャッ!という瞬発的な   恐ろしさも目玉シーンとしてもちろんいくつかあるにはあるのですが、それよ   りも「悪魔ってほんとにいるのかも…」と、全体を通してゾクゾクと背筋の芯   から冷えあがってくるような恐怖に襲われ、この映画のヒロイン同様、キンチ   ョーで筋肉が硬直しまくった2時間。それにしてもコレが実話とはねえ(怖ッ)    A:▼/大手シネコンの初回で観たんだけど、ワタシ含めて観客は数人ほど。周囲   にヒトの気配なく、独りこんなにコワイ映画・・・、終始ビクビクで、しまい   にゃ肩がハリハリに(苦笑)。エミリー役のジェニファー・カーペンター、演   技を通り越してマジとりつかれてるんじゃないの?って錯覚しそうなほど怖か   った〜。     ----------------------------------------------------------------------  ●9位『ホワイトプラネット』(東北新社+コムストック)☆☆☆3  http://www.whiteplanet.jp/ ゴ:☆☆☆/この番付は上半期トータルで☆付けをしているので、作品を鑑賞した   当時とは相対評価の意味で☆が落ちることが多いのだけど、この作品は時間が   経っても、他の作品と比べても、☆3つの価値あり!とにかく自然の姿の切り   取り方が「圧巻」なのです。『皇帝ペンギン』では爆睡してしまった私もコチ   ラは最後まで画面に目がクギヅケ状態でした。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/06/post_bbb2.html    ----------------------------------------------------------------------  ●9位『ステップ!ステップ!ステップ!』(コムストック)☆☆☆3  http://tinyurl.com/m6sad ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:☆☆☆/上記の大自然モノだけでなく、本作のような地味なテーマを深く取材   したドキュメンタリー映画も必見です。特にコレのようなコンテストものは、   そこにいたるまでの人間ドラマが、ヘタな創作ストーリーよりずっとドラマチ   ックで感動的です。      ----------------------------------------------------------------------  ●9位『リトル・ランナー』(ギャガ)……………………☆☆☆3  http://tinyurl.com/qsyea ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:☆☆/なんか人が必死に走ることになる映画って個人的に好きみたいです(笑)。    ----------------------------------------------------------------------  ●9位『力道山』(SPE)………………………………………☆☆☆3  http://tinyurl.com/m36vh ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   M:☆☆/力道山を演じるソル・ギョングの日本語が不自然なのがちょい気になる   けど、役作りで20キロも太ったり、リング上で本当に試合したりと、かなりが   んばってるのでそのプロ根性に☆ふたつ。ちなみに、韓国のPRで中谷美紀のこ   とが「日本で3本の指に入る女優」と紹介文にあったので、それはちょっと言   い過ぎ??と思った。   ゴ:☆/日本語、不自然とはいえ、あそこまで吹き替え無しでやるってスゴいこと   かも。それにあの肉体改造ぶりには、心底たまげました。役者として尊敬しま   す!    A:0/ですね。以前から気になる役者さんだったけど、今回のソル・ギョングの   頑張りは賞賛に値します。彼の次回作期待してます♪  ----------------------------------------------------------------------  ●9位『プライドと偏見』(UIP)……………………………☆☆☆3  http://tinyurl.com/nelrq ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:0/キーラ・ナイトレイの気の強さが立っていたように思う。彼女ってネコ系   女子ですよね。 何だかメイド服がすごく似合いそう(笑)。ピアノを前に繰り   広げられたジュディ・デンチとキーラ・ナイトレイの新旧女優の“闘い”がぴ   りっと効いてましたね。『プライドと偏見』というと思い出すのが『ブリジッ   トジョーンズの日記』で(作中にドラマとして『プライドと偏見』が出てくる)   あの作品の中ではコリン・ファースがマーク・ダーシーっていう名前でしたね。 A:☆/キーラ・ナイトレイのあの高慢ちきな口元がちと苦手だったんだけど、本   作のエリザベス役には好感持てたな。殿方次第で女なんてどうとでもなっちゃ   う封建的な18世紀末のイギリスで、恋にも未来にも自分の意志を貫こうとする   強い女性を好演。演技派として、キーラを観る目が少し変わりました。  ----------------------------------------------------------------------  ●9位『ウォーク・ザ・ライン〜君につづく道』(FOX)…☆☆☆3  http://tinyurl.com/nlvzz ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:0/とにかく主演ふたりの唄がうまいです。主演ふたりの唄がうまいというと   『ムーラン・ルージュ』なんかも思い出すんですけど、この作品も耳心地抜群。   リース・ウィーザースプーンは『キューティー・ブロンド』シリーズくらいし   か観てなかったんですけど、こういう路線も◎なのですね。ひとつ収穫。 M:☆/リース・ウィーザースプーンって、顔がへしゃげてて、全然好きになれな    かった女優なんだけど、歌うまいのにびっくり。彼女がアカデミー賞主演女優   賞を取ると勝手に予想してたら見事に取ったので、あっぱれ〜!!ホアキン・   フェニックスも兄リヴァーをうんと超えて大物になったよねえ。  ----------------------------------------------------------------------  ●10位『ダ・ヴィンチ・コード』(SPE)……………………☆☆☆▼2  http://tinyurl.com/palvo ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   雲:0/去年から村の鎮守の祭りみたいに、ドンチャカ大騒ぎで盛り上がっとる超   話題の映画や。ここまでやられたら国民として行かねばなるまい。2時間半の   世紀のミステリー…映画の作り方もミステリーやったのぉ。原作を読んでて、   初めてなんとか辻褄が合うぐらいの超特急のぞみや。ダビンチの暗号の謎解き   が中心やろなぁと思てたら、みごとスカ喰らう。教会の威信を守るための、臭   いものには蓋映画やないかい。最後に血を引く者はあーたです、という答も映   画半分で、わしゃわかってしもてたで。   P:0/期待が大きすぎたのか実際見終わったあとは「むむむ…」という感じでし   た。原作のほうが好きですね。しかし、ガラスのピラミッドは直に見てみたく   なりました。ルーブル美術館も。    A:☆/いやあ、あの原作をどう料理するのか非常に興味があったんですが、本編   はほどよくまとまってて感心しました。いかんせん、あの緻密なSTORYをあの   尺におさめるのには無理がある、それは否めないけど・・・・。賛否両論だけ   ど、ソフィー役のオドレィ、ワタシ的にはヨカッたなあ。 ゴ:☆☆/原作読んで観た私は、あの内容をよくまあ、うまくこの長さにまとめた   じゃん!って、ある意味、感心しました。ただ、原作ではハリソン・フォード   似ってことになっていた主人公が、髪はロン毛、二重あごのトム・ハンクスっ   てのは…。いまひとつ、役者トム・ハンクスの演技が精細を欠いていたように   思えたのは、そのせい?(笑)     ----------------------------------------------------------------------  ●10位『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』(ギャガ)……☆☆2  http://tinyurl.com/mteyd ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆/「天才と何とかは紙一重」と言いますが、この映画をひと言で言うならそ   んな感じ。でもそれは決してけなしてそう表現してるんじゃなくて、個人的に   すごく好きな作品でした。『ドニー・ダーコ』のときから好きだったJ・ギレ   ンホールもすっかり大人になった感じでますます好きになりました(照)。ひげ   とか目線とか。G・パルトロウも父親想いの天才を好演してました。   ゴ:☆/この映画や、『博士の愛した数式』、そして世界的「数独」パズルの人気   もあって、今年上半期はちょっとした「数学」ブームでございましたね。    ----------------------------------------------------------------------  ●10位『県庁の星』(東宝)…………………………………☆☆2  http://tinyurl.com/mka4n ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:☆/最近TVでも映画でも今ひとつパッとしなかった織田裕二。が、本作では嫌   味なキャリア官僚を好演してました。原作本もかなり面白かったけれど映画も   ヨカッタよ。バカ官僚を県庁の星に激変させるスーパーのおばちゃんパートを   本編ではお姉ちゃんに設定変更、んでもってそこに柴咲コウをキャスティング   したのが成功のカギ。ほんのりラブストーりー仕立てになっててグーでした。   P:0/ついつい“県庁さんコール”を一緒にしたくなっちゃう映画。微笑ましい、   というかにやっと笑っちゃうシーンも散りばめられていて、ちゃんと胸にじー   んと来るシーンもあって喜怒哀楽はばっちり。最後はもっと上向き加減で終わ   るのかな、と思っていたけどあれはあれで良かったのかな。どうなんだろう。  ----------------------------------------------------------------------  ●10位『インサイド・マン』(UIP)…………………………☆☆2  http://tinyurl.com/lvdwe ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   P:☆☆/クライブ・オーウェンの冷徹さが際立ってました。作中で人質に取られ   た人たち、警察たち、そして映画を観てる私たちまでもが煙に巻かれる作りで   したね。意外と好きです、こういうの。何度も繰り返し見たくなっちゃう。   よ:±0/この映画前半から中盤にかけてぐっすり眠りこけてしまったので肝心の   謎解き部分がわからないままなんです。誰かおせ〜て!    ----------------------------------------------------------------------  ●10位『ブロークンフラワーズ』(キネティクス+テアトル)☆☆2  http://tinyurl.com/rjeb8 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:☆/お久しぶりのジム・ジャームッシュ監督作品。ビル・マーレー起用は大正   解ね。彼ってイスに座ってるその佇まいだけで笑える稀有な役者。ビルは冒頭   からジャージの上下に革靴っていういでたちの冴えないオヤジとして登場。そ   れもそのジャージ、全部フレッド・ペリー。紺色、グリーン、黒をとっかえひ   っかえ(笑)。本編のバックには常に妙ちくりんなエチオピアンミュージック   が流れてて、それがワタシにはちんどんやのアレにしか聞えなくて可笑しくて   ・・・。お節介で子沢山な隣人ウィストン(ジェフリー・ライト)が日本の俳   優・田中要次に見えてしかたなかったのはワタシだけ?  ----------------------------------------------------------------------  ●10位『ナイロビの蜂』(ギャガ)…………………………☆☆2  http://tinyurl.com/mglpr ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:☆☆/フェルナンド・メイレレス監督だから、直視できないようなキビシイ内   容なんだろうなと覚悟してみたんだけど、思いがけなく心に沁みるような夫婦   のラブストーリーだったな。特筆すべきはこの作品で今年度のアカデミー助演   女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。危険もかえりみず、自分の信じる道を   進んで命を散らす活動家を熱演。女性の強さと大地を包み込むような大きさを   体現していてホントにステキだった。  ----------------------------------------------------------------------  ●10位『ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR』(FOX)…………………………☆☆2  http://tinyurl.com/l8ko6 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   ゴ:☆☆/このSFサスペンスを見て、ロシア映画がここまでハイクオリティになっ   ていることを知り、衝撃を受けました。コレ、『マトリックス』チックでおも   しろいですよ!   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_e609.html    ----------------------------------------------------------------------    ●10位『GOAL!』(東芝エンタ)……………………………☆☆2  http://tinyurl.com/rtfau ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:☆☆/ワールドカップ・ドイツ大会、日本敗退は非常に残念だったけど、映画   のワールドカップはこれからさ!イングランド・プレミアリーグで修行を積ん   だ主人公サンティアゴは、2007年公開予定の第2部でスペイン・レアルマドリ   ードへ。そして第3部では祖国を背負っていよいよワールドカップへ。夢はか   なう!そう思える逸品です。  ----------------------------------------------------------------------  ●10位『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』……☆☆2  http://tinyurl.com/lc932 ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   雲:☆☆/けったいな題でっしゃろ。こういう映画は思くそドツボか、お主なかな   かええケツしてるやんけに分かれることが多い。一本筋の通った熱い男の友情   と約束を描いた、けっこう骨太のカツ丼でござりました。トミー・リー・ジョー   ンズおやじの義に生きるサムライみたいな姿がカッコエエ。誤射してボコボコ   にされた兄ちゃんが、だんだんトミーおやじの埋葬ツアーでの男っぽい生き方   に魅かれていくとこが、なんちゅうか松岡修造やねぇ。ものみな軽薄に流れる   世の中にあって、ズシッと重心のある映画を観たいと思たらこれや。  ----------------------------------------------------------------------  ●10位『あおげば尊し』(テンプリント)…………………☆☆2  http://tinyurl.com/lqshj ←アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? 雲:☆☆/トーク番組で、青筋立てて吼えまくってるテリー伊藤が先生役で主演し   とります。病気のおじじも元教師で、家族みんなで看取ってる。クラスの何人   かに死にかけ親父を見舞いさせて「命」を体感させよる。「父は黙ったまま、   私たちに最後の授業をする」っちゅう映画のキャッチフレーズの意ですなぁ。   ドラマでようあるめっちゃ正義感の強い熱血教師とか、ゴクセンみたいに八方   破れな教師像とちゃう。抑えたテリーの演技も光ってる。しんみりとええ映画   に、わし、皇族みたいに控えめな拍手をして、周囲に軽く会釈して席を立った   のでおじゃります。  ----------------------------------------------------------------------    尚、   残りの11位『V フォー・ヴェンデッタ』〜『拘束のドローイング9』までの   10作品につきましても本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、   誌面ボリュームの関係上、近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させ   ていただきます。何卒、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             <gotown@a2.mbn.or.jp>   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)       ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全74本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「◎」印→ソフト系ネタ           「○」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ           メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計74本の詳細はブログに掲載!                 ↓    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/09/from2006_9f53.html  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html   └→『時差家族』『ニュー裸族家庭内裸族』『マート族』『外ひきこもり族』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『主夫、急増中』『木更津キャッツアイ観光』『朱蒙(ジュモン)』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『セカンドオピニオンとかかりつけ医制度』  └───────────────────────────────────┘  ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆       当コーナーのコラムは    おっかけ配信いたしますNo.2の方で掲載しております!    今回は、「風の前奏曲」(タイ編)をお届けします。    お楽しみに!     ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>   ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>   ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>   ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。       ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html          ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!               http://homepage2.nifty.com/oubo.html      ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』夏ドラ終了後+秋ドラ期待度配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』「セカンドオピニオンとかかりつけ医制度」配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html        ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○