トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(1/2) 〜2006下半期ベスト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『ご挨拶/読者プレゼント』       ◇ クロストーク…………… 前編『シネマ番付--'06下半期(ベスト)』                 +                '06年度ベストシネマ・オブ・ザ・イヤー      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全65本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『「Dhoom2」<インド編>』(予告)   ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!        ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!                   ◆◇◆      近日配信の後編NO.2メールにて『'06下半期(ワースト)番付』                   +ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤー                  『最新シネ・ビズ情報』                  『海外発!シネマ情報』をお届けします。    ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆      こんにちは! 編集長のGochy!です。      この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!      79回米国アカデミー賞受賞結果→ http://www.wowow.co.jp/oscars/main.html   30回日本アカデミー賞受賞結果→ http://www.japan-academy-prize.jp/   80回キネマ旬報映画ベスト10→  http://www.kinejun.com/tokubetsu/06bestten.html   と、国内外の一連の受賞作が発表されましたが、   2006年下半期公開作品を対象にしたトレキャ!シネマ番付も   お届けの時期となりました。   該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期ですので、   春のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。       また、下半期ベストまで出揃ったところで、上半期から1年通しての   ★『ベストシネマ・オブ・ザ・イヤー』★も選出しております。   トレキャ!のスタッフレビューを参考に皆さんも春シネマをご堪能下さいね。   ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○       ◆『特製パンフ(プレス)+新作映画鑑賞券入り福袋セット』を1名様に!    └→ 詳細はNO.2号にて告知。                           ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○     ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆       トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2006年度下半期公開シネマ(7月末〜12月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。なお2006年度のナンバー1作品も選出します!              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       ↓ちなみに2006年上半期までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                   ■『下半期番付!』■                  (18点満点)      ★トレキャ!の番付では、役者の演技力、脚本家の本、演出家の演出力と    いった観てみないとわからないこと以外に、未見であっても判断できる    要素、すなわちプロデューサーがどんな題材やテーマを選んで役者やス    タッフに誰を起用したか、というプロデュース力(素材や切り口の見つけ    方、スタッフ・キャストに対する目のつけどころ)なども評価(☆付け)    の対象にするという方針で行っています。   ★下記リストのDVD(もしくは公式サイト)へのリンク一覧はこちらから    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_509a.html 1位『フラガール』(シネカノン)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12 2位『ミッションインポッシブル3(M:i:III)』(UIP)……☆☆☆☆☆☆☆☆8 2位『ゆれる』(シネカノン)…………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 3位『デスノート the Last name』(ワーナー)……………☆☆☆☆☆☆☆7 3位『キンキー・ブーツ』(ブエナビスタ)……………………☆☆☆☆☆☆☆7 4位『硫黄島からの手紙』(ワーナー)………………………☆☆☆☆☆☆6 5位『X-MEN ファイナルディシジョン』(FOX)………………☆☆☆☆☆5 5位『007 カジノロワイヤル』(SPE)………………………☆☆☆☆☆5 5位『リトル・ミス・サンシャイン』(FOX)…………………☆☆☆☆☆5 5位『ヨコハマメリー』(ナインエンタテインメント)………☆☆☆☆☆5 6位『トンマッコルへようこそ』(日活)……………………☆☆☆☆4 6位『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』(ギャガ)…………☆☆☆☆4 6位『手紙』(ギャガ)…………………………………………☆☆☆☆4 7位『パイレーツ・オブ・カリビアン2』(ブエナビスタ)…☆☆☆☆▼3 7位『Sad Movie<サッド・ムービー>』(ギャガ)……………☆☆☆3 7位『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(アスミック)☆☆☆3 7位『プラダを着た悪魔』(FOX)………………………………☆☆☆3 7位『弓』(ハピネットピクチャーズ)………………………☆☆☆3 7位『人生は、奇跡の詩』(ムービーアイ)…………………☆☆☆3 7位『時をかける少女』(角川)………………………………☆☆☆3 7位『狩人と犬、最後の旅』(ギャガ)…………………………☆☆☆3 8位『王の男』(角川ヘラルド・CJエンタテインメント)…☆☆2 8位『グエムル―漢江の怪物』(角川ヘラルド)………………☆☆2 8位『鉄コン筋クリート』(アスミック)……………………☆☆2 8位『武士の一分』(松竹)……………………………………☆☆2 8位『ラブ☆コン』(松竹)……………………………………☆☆2 8位『ユナイテッド93』(UIP)…………………………………☆☆2 8位『敬愛なるベートーベン』(東北新社)…………………☆☆2 8位『サイレントヒル』(松竹)………………………………☆☆2 9位『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』(東宝)…………☆1 9位『父親たちの星条旗』(ワーナー)………………………☆1 9位『カーズ』(ブエナビスタ)………………………………☆1                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT! “OUT!(ワースト)組”のランキングはNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!                             (近日配信)                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS     雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────        読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ!読者へメッセージ                  ↓   ハッキリ言うて、数ある映画メルマガの中ではいちばん笑えますよ〜。   雲谷斎がこてこて大阪弁で映画をズバズバとほめたり、こきおろしたり。            こてこて大阪弁のお笑い映画評   ‥…★ ‥…★   メルマガ「ゴクラク映画感」   ★…‥ ★…‥        http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html    ─────────────────────────────────   ※コメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。 A:皆さんご存知のように2006年は邦画活況の年でしたね。なんでも21年ぶりに邦   画の興行収入が洋画を上回ったとか。50億円規模のヒット連発なんて言われて   も今ひとつピンとこない作品もあるけれど、確かにここ5年ほどワタシの年間   ベスト1はすべて邦画。心に残る逸品が毎年日本で量産されてるのを実感して   ます。2007年も絶対観なきゃと思う邦画のラインナップが続々公開(待機)中。   今年は特に“時代劇”が来る!そう思いますよん♪   (現在公開中のオススメ作品は『叫』)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_92ec.html    よ:ほんと邦画は勢いがありますね。数年前までお薦めの映画に邦画を押すと「え〜   邦画なんかTVで十分」とか言われていたのが嘘のよう。My下半期ベスト1位   2位も邦画デスよ〜。   (現在公開中のオススメ作品は『あるいは裏切りという名の犬』ほか2本)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_92ec.html   P:邦画人気で“映画”の魅力が見直されて日本の映画料金改定(1作品鑑賞料大   人1000円)とかにならないですかね…。そうしたらもっと気軽に映画館に足を   運べるのに。あと、2006年は興行収入と満足度は一致しない、と学んだ年でも   ありました。話題性だけで観に行っても得るものがないと…。   (現在公開中のオススメ作品は『パフューム』『さくらん』)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_92ec.html    ゴ:確かに。昨年の邦画興行収入ベスト5は上位から『ゲド戦記』『LIMIT OF LOVE   海猿』『THE 有頂天ホテル』『日本沈没』『デスノート the Last name』。   興収第一位の『ゲド戦記』に満足した人は、少なくとも当番付スタッフには一   人もいなかったことは、追っかけ配信するワースト番付でも明白。でも、総じ   て邦画のクオリティは高かったし、世界の中で日本人俳優への注目度も高まっ   ている実感はありますね。   (現在公開中&公開予定オススメ作品は『龍が如く』『バベル』ほか↓)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html       M:こないだ発表された米アカデミー賞では、日本語の映画(『バベル』の一部と、   『硫黄島からの手紙』)がノミネートされて、すごく誇らしい気持ちになった。   時代も変わったと思う。韓国映画のある監督が言ってたけど、日常を扱う映画   が増えると、その国の文化が成熟してきている証拠なんだって。最近の邦画は、   日常をつぶさに描いたものが多くて、しかも『ゆれる』のように、若い女性監   督ががんばってるのは評価すべきだと思うな〜。   (現在公開中のオススメ作品は『それでもボクはやってない』)   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_92ec.html     ★:番付担当外スタッフですがひとこと『ディパーテッド』   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_92ec.html      ----------------------------------------------------------------------      ●1位『フラガール』(シネカノン)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_509a.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?    ゴ:☆☆☆/寂れた炭鉱町の活性化を目指して、常磐ハワイアンセンターを開業さ   せた人々の奮闘劇。映画としての芸術性だけでなく、マーケティング的にも素   晴らしかった。スパリゾートハワイアンズが開業40周年、いわき市も市制40周   年、1000人を超す地元民がエキストラ参加して地域活性!そして映画のヒット   が、巷のフラダンス教室を活況にし、老舗教室が移転した恵比寿周辺にはハワ   イアン専門店も続々オープンし「リトル・ハワイ」化。超大作でなくても、よ   い映画には、人の心と市場を動かすパワーがあるということを証明した一作。       雲:☆☆☆/お好み焼きを食いに行くのんやめてでも、見とかなあかん映画っちゅ   うのがあるんや。見てからブタ玉食うたらよろし。これは落ち目の炭鉱閉鎖で   炭鉱夫の娘らがフラダンスで町おこしするっちゅうええ話や。先生が怒りまく   るほど下手くそダンサーが、スイッチが入ってからめきめき上達するとこは、   定番やけどこれをみんな期待して見に来てるんや。落盤事故があった日もフラ   ダンスショーをやり終えるっちゅうお涙シーンも押し付けがない。俳優の演技   が勝ち取ったハナマル作品やと思うんや。    A:☆☆/先日の第30回日本アカデミー賞では、予想通り各最優秀賞(作品賞、監   督賞・・・)を総ナメにしてたよね。中でも蒼井優ちゃんの最優秀助演女優賞   受賞には納得。松雪さんもスゴク頑張ってたけど、優ちゃんの方がむしろ主役   はってたと思うの。富司純子もヤマのど根性カアちゃんを熱演しててヨカッタ   なあ。貧しい炭坑町の喪失と再生の物語、ラストのフラダンスシーンは涙なく   して観られない。観た後ハワイアンズに行きたくなるよ。 よ:☆☆/ほんと、ラストの優ちゃんのダンスシーンは圧巻。私はフラを本気で習   おうかと思っちゃいました。そして何よりも意外だったのはしずちゃん!まさ   かしずちゃんで泣かされるとは・・・。あの棒読みのセリフも今回は役にハマっ   ててすごくよかった。その他の役者さんもみんな素敵だったなぁ。   M:☆/すごく観たかったのに観れず。でも絶対おもしろいはずと踏んで☆ひとつ   献上。だって、『69 sixty nine』の李相日(リ・サンイル)監督だし、李相   日監督の先輩の阪本順治監督とたまたま同席したとき、「すごいいい出来!」   って絶賛してたもん。     ----------------------------------------------------------------------    ●2位『ミッションインポッシブル3(M:i:III)』(UIP)……☆☆☆☆☆☆☆☆8 A:☆/出産&結婚騒動にパラマウントとの契約打ち切りなどなど、なんだかスタ   ーのオーラ激減のトムでしたが、本業では自らのカラダを張った物凄いスタン   トの連続!スゴク頑張ってたんじゃない?!ハラハラドキドキあっと言う間の   126分。近年のトム作品では一番スキかも。 よ:☆/トムが一番力入れてるのも納得の面白さ。ハラハラドキドキのアクション   といい「コイツが犯人に違いねぇ〜」と思い、それを裏切られる感じも毎度お   なじみだけれども、そこがまたいいんだよね。   P:☆☆/監督の“見せ方”が上手いと思った作品。冒頭にあの部分を持ってきた   ら「ぇ、何があったの!?」って思っちゃいますもん。このシリーズの主人公の   名前を思い出そうとするたびにイーサン・ホークだっけ?マーク・ハントだっ   け?と思ってしまう私。ふたりを足して2で割ると“イーサン・ハント”にな   るんですよね(笑)。フィリップ・シーモア・ホフマンの怪演もすごかったな。 雲:☆☆☆/鬼の目にも涙、スパイの目にも涙や。わーい、トム・クルーズがびぃ   びぃ泣きよった。嫁はんが撃たれるちゅうて涙ぼろぼろやがな。水道の蛇口ゆ   るみっ放しに泣かれて、わしは引いてしまう。監督が代わってアクション全開。   リゲイン一箱一気飲みの元気でよろしおます。しかし、ヒーローは死なんなぁ。   九死に一生てなもんやないで。おまえキツネ憑きか。MIシリーズ中で一番。    ゴ:☆/仰天ハイテク兵器の類に頼らずに、おのれの肉体と頭脳で勝負する原点に   戻った姿勢はシリーズの中で一番好感。   でもプロのスパイにとって嫁はんの存在(守るべき存在)はどうしたって「弱点」   になる。結婚するならキレイサッパリとプロを引退するか、プロに徹するなら   ば家族は持たない、もしくは嫁はんも一緒にスパイのプロに養成するしかない   だろ〜Mr.&Mrs.スミスんち見習って。   嫁はん一人守るんでもあの騒動なんだから子供でも出来たら、それこそ家族全   員は守りきれんぞ〜。そしたら、子供もまとめてスパイ養成するしかないな〜   コルテス一家(@スパイキッズ)見習って。そんなわけで007様にだけは、今後も   スパイのプロとして孤高を貫いてほしいと願う私です(笑)。       ----------------------------------------------------------------------  ●2位『ゆれる』(シネカノン)…………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 ゴ:☆☆☆/それは事故か?殺人か?つり橋で起きたある事件をきっかけに兄(香   川照之)弟(オダギリジョー)の心の確執があらわになっていく様を鋭く描いた   シリアスドラマ。   これを見ると、真実はひとつじゃない、つまり事実と認識している記憶そのも   のが確実なものではなく、常に揺れ動く存在であることを、鳥肌が立つように   実感させられる。ずっと事実として認識していた記憶が、ある時、ふとした拍   子にぐらついた時の恐怖…多かれ少なかれ誰もが体験したことがあるんじゃな   いだろうか。   兄弟の一方は地元に残り、もう一方は東京暮らし、二人の幼い頃の思い出は8   ミリフィルムに記録され…といった部分が、私自身の姉妹関係とだぶることも   あって、個人的原風景をもゆさぶられた特別な作品。     よ:☆☆☆/下半期Myナンバー1作品です。主演2人の演技は凄すぎて見終わった   後もしばらくボーっとしてしまいました。最後のお兄ちゃんの微笑みの意味は?   兄弟はあの後どうなるの?と気になることもいっぱいあるラストだけど、それ   が決して消化不良ではなく、いい余韻になってると思う。 しかし監督作品2   作目にして、この完成度はすごい!西川監督には次回も期待してます。    M:☆/未見なんですが、ものすごーく観たい。女性監督が活躍できる時代が来て   これからほんと楽しみ。それにしてもオダギリジョー、『ライフカード』のCM   (どうする?と3つの選択を悩むCM)みたいにひっぱりだこやね。   A:☆/絶対観たかったのに劇場に行って観れなかった作品。DVDもどこ行っても   今はレンタル中。未見ですが、周囲の感想と評価と情報から判断して先行☆。   あ〜早く観たいよん!  ----------------------------------------------------------------------    ●3位『デスノート the Last name』(ワーナー)……………☆☆☆☆☆☆☆7 ゴ:☆☆/今、コミック、書籍、テレビとエンタメ界は空前の“死神ブーム”。い   ろんな作家が独自の“死神キャラ”を生み出しているが、どれも死神VS人間と   いう図式じゃないのが特徴。人の死が誰かの存在によってコントロールされる   というテーマは永遠不滅のようだ。映画版でのLとライトのラスト対決は、   原作よりもひねりがあって、おそらく原作者自身も「この手もあったよな〜」   と思ったんじゃなかろうか(笑)。こういう映画化なら、原作ファンも十分に   楽しめると思う。   雲:☆☆/荒唐無稽な話でも、原作の劇画がしっかりしてるせいやろか、この映画   けっこうオモロイ。中途半端なホラー映画なんかドブに捨ててもええぐらいや。   気に入らんヤツの名前を書くだけで、そいつが予約時間にポテチン。このノー   ト残念ながら楽天ではまだ売ってない。アホくさと切り捨てたらそれまでやけ   ど、狂った世の中見てたら、デスノートあと10冊ぐらい増刷せなあかんやろ。   非道な犯罪者のヤツらは「死」をもって償わせるべきじゃ!と内心思てる怒れ   る小市民の潜在欲求を映画にしたんやさかい、これはヒットしますやろ。   P:☆/映画編はコミックをうまーく凝縮してましたよね、ライト対Lの戦いに的   を絞って。個人的願望を言えば、ラストでリュークの「人間って…面白」って   いう台詞が聞きたかったなぁ。ちなみに私は前編を観てからコミックを読破し   て後編に挑んだクチであります。 A:☆/前編をTVのオンエアで復習した直後に観れたからなおさらだったのかな?   ヨカッタんだ、後編。特に原作とは違うラストが◎!Lの印象が全く変わりま   した。それにしてもLがむさぼるお菓子の数々。前編後編共にL役の松山君が   チョイスしてたらしいんだけど、後編のみたらしのタレには笑った。 よ:☆/原作が大好きだとだいたい裏切られる作品が多いなか、今回はラストも違   うし、どう纏めるつもりだ?と思っていたら、こうくるとは〜〜〜!意外にも   よかったし、ラストも納得いったし、満足です。次回は私の大好きな「L」が   主役のスピンオフ作品。どんな作品になるのかむっちゃ楽しみです! M:0/こないだ日本アカデミー賞で松山ケンイチ君の素顔見て、「えっ、Lって   こんな顔の子やったんや?!」と軽いショーゲキを受けました。  ----------------------------------------------------------------------    ●3位『キンキー・ブーツ』(ブエナビスタ)……………………☆☆☆☆☆☆☆7 雲:☆☆☆/わし、基本的にオカマ映画はあかんねんけど、これは目からウロコ、   おけつからウ○○やった。イギリス片田舎の靴メーカーは在庫の山でつぶれか   けとる。そん時、若社長はマッチョオカマと出会って運が開けますんや。   SM系のブーツを新商品として出すっちゅうわけや。デーカンヤマの本場パス   タ料理屋がきつねうどん出すようなもんかいのぉ。イタリアでの危機一髪の見   本市ショーまで、洪水みたいに感動がグワーッと来まっせぇ。 ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/08/post_c87d.html A:☆/本編見れてませんが、周囲は絶賛の嵐なんです。SM系の超ロンブーを雑誌   のシネマ評で見かけたあの日から気になって気になって・・・(マニアじゃな   いけど・笑)。DVDはどこもレンタル中。一刻も早く見たい一本です。    ----------------------------------------------------------------------    ●4位『硫黄島からの手紙』(ワーナー)………………………☆☆☆☆☆☆6 A:☆/戦争映画は苦手だけれど、先だって上映された『父親たちの星条旗』と共   に最後まで目をそらさないよう鑑賞しました。アメリカにはアメリカの、そし   て日本には日本のそれぞれの苦難の歴史があったこと、それを冷静に公平に描   ききったクリント・イーストウッド監督の手腕は賞賛に値すると思います。2   作とも秀逸でしたが、やはり『硫黄島〜』を観ている間は胸がヒリヒリ痛んで、   泣けて泣けて仕方なかったです。もう2度と日本を戦場にしたくはないですね。    雲:☆☆☆/東森監督(イーストウッド)の二部は『父親たちの星条旗』より、はる   かにええがな。ハリウッドにありがちな「トツゲキ、ハラキリヨー!」みたい   な、そんなヤツおらんで的兵隊はほんまにおらんかった。硫黄島へ転勤してき   た隊長の謙ちゃんと、特攻精神論だけの軍人バカとの対比もわかりやすい。洞   窟掘りながら家族への手紙ちゅうか、遺書をみんな書き残しよるんや。そこに   は人間としての「本音」が語られとる。両軍とも捕虜を殺すシーンと、傷つい   た捕虜を手当てするシーンを対比的に描く手腕もさすがや。愚かさと賢明さ、   どっちも極限の戦争が際立たせるっちゅうこっちゃ。  ----------------------------------------------------------------------    ●5位『X-MEN ファイナルディシジョン』(FOX)………………☆☆☆☆☆5 雲:☆☆/ミュータントの紅組白組と、軍隊の上位3チームのプレイオフやがな。   話し合いでは解決せえへんとこは、あの暴走国家と一緒やのぉ。ミュータント   という突然変異人種はフジテレビで特番組んだら、視聴率50%を超えそうな奇   人変人が集まっとるんや。奇人変人の連中は派閥争いを続けてきて、ハブとマ   ングースの闘い状態や。最後の三つ巴決戦の巌流島は、アルカトラズ刑務所の   ある島や。さあ、最強のミュータント姉ちゃんと鉄の爪の運命はどないなると   思いますぅ? ゴ:☆/あのラスト、これで終わりにする気はないな…(笑)。帰ってきたX-MEN!   とかやるつもりか?それにエンドロールの後に挿入されていたモイラとチャー   ルズの会話、あれには一体どういう意図が??    P:☆☆/ですよね、最後まで観ていて「ぉ、ぉ、ぉ…」と思いました。これも   “ウルヴァリン”“マグニートー”のスピンオフ企画が持ち上がってるみたい   で楽しみ。それにしてもシリーズ3作目の今作は何だかとても感動しながら観   ちゃいました。みんなそれぞれ抱えるものがあるんだよなぁ、としみじみしち   ゃって。    ----------------------------------------------------------------------    ●5位『007 カジノロワイヤル』(SPE)………………………☆☆☆☆☆☆6 雲:☆☆/ボンド君は何代目や?江戸時代からの呉服屋みたいに代替わりをしなが   もよう続いてるもんやのぉ。ふふふふ…越後屋、そちも相当のワルよのぉ。   まだ新入社員でダブル0をもろてない丁稚のときの話や。テロ組織から巨額を   預かった村上ファンドみたいなヤツとボンドがカジノで丁半や。額に汗して働   けっちゅうねんこのドロ亀。アクションも原点の肉体派に戻って、工事現場で   のどつきあいはトビ職の喧嘩みたいでオモロイ。捕まったボンド君の拷問シー   ンでのマル金タマつぶしの刑はアイタタタやなぁ。 M:☆/今までの007シリーズから一新されて、生々しいアクションシーンが印象的。   死にかけるとAEDを使ったりして、生身の人間っぽいダニエル・クレイグがめっ   ちゃカッコいい。もう女ったらしのジェームズ・ボンドはいらん。新しい007の   始まりといえる一作。    よ:☆/正直「007」シリーズはどこが面白いのかよくわからなかったけど、この   作品は面白かった。冒頭から続く体をはったアクションもすごいけど、あの拷   問シーンは痛い!男性がたにはもっと見るに耐えられないでしょう・笑。 P:☆/本当、よっしーさんの言うように冒頭シーンはすごかったなぁ。超人的肉   体力に口をぽか〜ん、と開けちゃいます。そしてあの拷問シーンはイタそう…。   今作からお目見えの金髪のジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグ良いじゃ   ないですか。びっくりです。ピアース・ブロスナンのボンドもはまり役だと思っ   てたけど、肉感的で金髪なボンドもなかなか。タイトルにもあるようにカジノ   が舞台の作品なのでポーカーのルールを知っているとより楽しめるのかも。    ゴ:☆/兵器頼みでなく、肉体アクション回帰な感じが☆。スパイも機械に頼りす   ぎてちゃいかんよね〜。     ----------------------------------------------------------------------    ●5位『リトル・ミス・サンシャイン』(FOX)…………………☆☆☆☆☆5 M:☆☆☆/いやー、何の期待もせずに福岡で観たんだけど、もう、椅子から落ち   そうなくらい笑った。出来の悪い家族が揃って、ポンコツ車で娘のミスコンに   出るために旅をするロードムービーなんだけど、ようまぁこんだけ集めたなと   思えるほどの性格俳優たち。おまけに、アカデミー賞にいっぱいノミネートさ   れたのを知った時、「うそ!?ギャグ??」って思った。大作揃いの中で完全ダー   クホース。なのに脚本賞と、アラン・アーキンが助演男優賞取ったので、アメ   リカもまだ捨てたもんじゃないな〜と思ったよ。愛すべき傑作。 よ:☆☆/私もまったく期待してなかったのに、面白くてビックリ〜。まさかあの   おじいちゃんと孫娘が必至になって覚えていた踊りがアレだったなんて〜〜、   もう爆笑ですわ。俳優さん達は誰一人として知らない人たちだったけど、やっ   ぱり脚本がしっかししてれば十分面白い作品が作れるちゅーわけですよね。  ----------------------------------------------------------------------    ●5位『ヨコハマメリー』(ナインエンタテインメント)………☆☆☆☆☆5 雲:☆☆☆/わしがの怪談「逢魔が時物語」メルマガにも投稿があって、都市伝説   やと思てたら実在してたんや。顔を白塗りにして、ピラピラのドレス着て。世   話してる末期癌のおかまシャンソン歌手や、いろんな店主や女将が証言するっ   ちゅう構成だす。証言に裏打ちされたメリーさんは、誇り高き人やった。これ   は名作「レベッカ」やがな。メリーさんの前で最後のシャンソンを歌う元次郎。   素顔のメリーさんがうなづきながら聴いてる…泣きまっせぇ。わし、横浜っちゅ   う街のふところの深さとメリーさんを何十年も見守ってきた人の心の温かさを   しっかりと見せてもらいやした。クゥ〜〜〜〜。    ゴ:☆☆/横浜方面に住んでいる友人は、実際にこのメリーさんをよく見かけたと   言ってました。「一度くらい声をかけてみればよかったと思うけど、ほんとに   “真っ白”だった」と。メリーさんというのはヨコハマローズとも呼ばれてい   た人で、真っ白な髪、白塗りの顔、白いドレス…と白づくめの姿で横浜の街に   立っていた街娼。彼女と街の歴史を記録写真とインタビューで綴ったドキュメ   ントなんですが、ヨコハマはこの奇人(はっきり言って、気持ち悪がる人を責   めることはできません!笑)を排除せず、超越したオーラを発する女性として   一目置いて、街と共存させていたんですね。   それから末期癌の元次郎さんはその後お亡くなりになり、DVDのオマケ特典で   は亡くなる直前の彼のラストライブの映像が収録されてます。これがもう泣け   て泣けて…。本編だけでなく、ぜひこちらの特典映像もお見逃し無く!  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『トンマッコルへようこそ』(日活)……………………☆☆☆☆4 ゴ:☆/架空の理想郷「トンマッコル村」にたどり着いた兵士たちと心優しい村人   との交流。2005年韓国内興行収入No.1、数々の映画賞も総なめした作品です。   映画の中でイノシシに襲われるシーンがあるんですが、これがもう圧巻!!   このシーンだけでもお金を払う価値があるというものです。この場面でそこま   で映像に凝る必要があるのか!?と、その大げさぶりにツッコミ入れつつ腹を   かかえて笑ってしまいましたが、まあ、これをきっかけに敵対していた兵士ら   の心が打ち解けていく重要な場面でもあります。『華麗なる一族』チームも、   イノシシを描くのなら、せめてこのくらいの気合で取り組んでいただきたいも   のです(笑)。 A:0/カン・へジョン扮する村娘が無垢で可憐で可愛かったな。シン・ハギュン   とチョン・ジョエンのジャガイモ畑での連れ糞シーンには失笑。手榴弾が食物   庫に直撃してポップコーンの雨が降るシーンとか所々ヨカッタんだけど、ワタ   シは概ね韓流映画に今ひとつ乗り切れないみたいです。 M:☆☆/カン・ヘジョン、この映画の後に、歯を矯正したとか言うてるけど、明   らかに顔が変わってしまい、前のほうが絶対個性的でキュートなのにと残念。   この映画でも、彼女だからメルヘンな印象が保てたと思う。  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』(ギャガ)…………☆☆☆☆4 M:☆/この映画をドキュメンタリーとして映画化したのが、日本人じゃなくてア   メリカ人とカナダ人の夫婦という点に注目。二人は貯金をはたいて撮影し続け   たというからすごい。日本人でつくる人はいないのか?    ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html A:☆/昨年最寄りのデパートでめぐみさんの写真展が開催されていて、何気なく   入ったら、その1枚1枚にご両親の想いが溢れていて、胸をしめつけられ泣け   て仕方ありませんでした。我が子がある日突然連れ去られたら!?我が腕に戻   ってくるまで親ならずっと探し続けます。その強い気持ちがご家族の写真から   伝わってきました。映画は未見ですが、ぜひ観たい一本です。  ----------------------------------------------------------------------    ●6位『手紙』(ギャガ)…………………………………………☆☆☆☆4 P:☆☆/ひと言でいうならば、加害者の家族の苦悩と成長。主人公・直貴の感情   の揺らぎがひしひしと伝わってきました。演技派山田くんは最後までぐっと見   せてくれます。作品に関しては終盤にかけての畳み掛けがすごかったですね。   小田和正の「言葉にできない」で、こらえにこらえていた涙腺が一気に緩んじゃ   いました。兄をネタに笑いを取る弟(兄に気づいて一瞬動きが止まる)と弟を   拝みながら涙を流している兄。思い出すだけでも涙腺が…。由美子を演じた沢   尻エリカも好演で、あんな風に誰かを支えられるってすごいなぁ、と。 ゴ:☆/他の作品との相対評価の関係で、試写時よりは☆ひとつ減りましたが、刑   務所慰問ライブのシーンは、泣きに泣きました。      M:☆/これは東野圭吾原作だから、ここまで心情をしっかり描けたんだと思った。   沢尻エリカの関西弁はうまい。でも子持ちミセスには見えん。    ----------------------------------------------------------------------    ●7位『パイレーツ・オブ・カリビアン2』(ブエナビスタ)…☆☆☆☆▼3    A:☆/今だに映画誌はジョニデ、ジョニデでいくらファンでも食傷気味になるほ   どよ。彼がこんなにブレイクしたのもこのシリーズあってのこと。本編ラスト   では大ダコに持ってかれちゃってジャック・スパロウいずこへ?まさか!?な   あんてまあ彼抜きではお話にならないから、3作目でどんな風に復活するのか   今からワクワク楽しみだわ♪ P:☆/「ジャック船長と遊ぼう」をサブタイトルにしても通じそうな映画(笑)。   彼あってこその作品です。前作にも増してやりたい放題でしたよね、かりそめ   の首長になってみたり、火で炙られそうになったり、谷底に華麗に着地したり。   次作はジャック船長がひとり主役を張ることになるみたいなので、さらにやり   たい放題!? 雲:▼/デップ君のアイシャドウ海賊のキャラは、どんどんお笑い路線を突き進ん   でるし、大騒ぎぶりもコメディで、これで全員こけたら吉本になる。   幽霊船の船長、タコ男でっせ。オッサン、大阪へ来い。ミナミの大ダコたこ焼   きの店長に転職せえっちゅうねん。思くそ荒唐無稽にあっちの世界に行ってし   もたさかいに、ワケわからん。大イカに飛び込んだデップ君の運命はいかに?   予想はつくけど3に続くやと。見てるんが恥ずかしいような幼稚路線はどない   する気やねん。   ゴ:☆/“史上最強の障害物競走”映画(笑)。よくまあ次から次へと突飛な障害物   ネタを考えつきますねえ。   本作のプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーの手掛ける超大作が今年は   3本も立て続けに公開されます。   ・第1弾『デジャヴ』3/17全国ロードショー    http://www.movies.co.jp/dejavu/   ・第2弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』5/25全世界同時公開   ・第3弾『ナショナル・トレジャー2』12/21全国ロードショー   この3作品応援プロジェクトの総合プロデューサーに新庄剛志が就任!(笑)     ----------------------------------------------------------------------    ●7位『Sad Movie<サッド・ムービー>』(ギャガ)……………☆☆☆3 M:☆☆/オムニバス的に愛の悲しみを描く。韓国映画らしく、いかにも「泣かせ   ます!」と言わんばかりのポスターがちょっとね。とか言いながら、結構ツボ   にはめられる。この映画の目玉はチョン・ウソンだろうけど、私はうっかり、   子役に泣かされましたわ。    ゴ:☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(アスミック)☆☆☆3 よ:☆/今回でキャッツのメンバーともお別れなのね。あー、さみしい〜。もう1   回TVシリーズ見なおそうっと。 P:☆☆/観客一体型作品。自分もキャッツの一員なんじゃないかと思えちゃうく   らい(少し大げさ・笑)に、登場人物の心情がわかってしまう映画でしたね。   何度も何度も笑かしてもらって最後にほろっとさせられて…。ぶっさんに会え   なくなるのが寂しいです。“天からの声”で野球映画の名作と呼ばれるあの作   品をさらっと使ってるところもニクイですね。おまけにちゃんと伏線にもなっ   てるし。 A:0/エロネタ満載で笑えた!でも途中居眠りしちゃってちゃんとキャッツのメ   ンバーとサヨナラできませんでした(笑)。DVDで再見ね♪  M:0/残念ながら未見ですが、過去のシリーズは大好き。岡田クンはじめ、すご   いキャラが勢ぞろいで、男前があれだけできちゃうと、お笑い芸人の出番はね   えわな。  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『プラダを着た悪魔』(FOX)………………………………☆☆☆3 A:☆/アン・ハサウェイ扮するアンディは、毎日ランウェイ誌の衣装部で着替え、   そして美容部でメイクしてもらっているのだろうか?オシャレに目覚めてどん   どんキレイになってくアンディを観ながらそんなことをずっと考えてた(笑)。   ツッコミどころは色々あったけど、女性が自分に自信をつけて元気になってく   のを観るのは非常に気持ちヨカッタ。現状打破したいあなたにオススメです♪ よ:☆/トップブランドのため息モンの洋服やアクセサリーの数々。とりあえずそ   れを見るだけでも女子的には気分もアガルかと。  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『弓』(ハピネットピクチャーズ)………………………☆☆☆3 M:☆☆/船の上で生活するおじいさんと17歳になる娘。おじいさんは自分の花嫁   にするために、7歳からその娘を大事に育ててきたというちょっとアブないス   トーリー。『サマリア』で援助交際して死ぬ女子高生役で登場した微笑み女優   ハン・ヨルムが、妖精のような不思議な魅力をふりまく。屈折した男の愛を描   けば超一流のキム・ギドク監督。男はいつの時代も妄想の生き物なんやね。色   合いもきれい。    よ:☆/この監督の作品はいつも主人公がほとんどしゃべらないことで有名だけど、   今回の主役のおじいさんはついに一言もしゃべらなかった!   大好きな韓国映画が次々コケるなか、やっと良い作品に出会えたわ。  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『人生は、奇跡の詩』(ムービーアイ)…………………☆☆☆3 M:☆☆☆/『ライフ・イズ・ビューティフル』の監督&主演のロベルト・ベニー   ニが、またまた妻のニコレッタ・ブラスキを相手役に撮った愛情物語。しかも   前回はユダヤの話を明るく描いたが、今回の舞台はイラクだ〜。コワイもん知   らずのベニーニが笑わせてくれる。それにしても、ニコレッタ・ブラスキって、   前回はそんなにキレイな人とは思わなかったけど、今回はめちゃキレイ。ラス   トのドンデン返しも好き。  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『時をかける少女』(角川)………………………………☆☆☆3 ゴ:☆☆☆/「これぞ青春そのもの!」を、とっても丁寧に描いたアニメ映画。   アニメ版でのヒロイン紺野真琴は、原作で主人公だった芳山和子の姪。今回、   和子は30代独身の謎めいた叔母として登場してますが、未来から来た初恋の人   と別れてから彼女はどんな人生を歩んだのか、原作ファンも興味津々というも   の。『ゲド戦記』で落胆した皆さんも、このアニメ映画には満足した人も多い   はず(特にオトナ層)。期待度で言ったらゲドのが、何十倍も大きかったんで   すけどねー(苦笑)。     ----------------------------------------------------------------------    ●7位『狩人と犬、最後の旅』(ギャガ)…………………………☆☆☆3 雲:☆/ロッキー山脈最後のマタギ物語やがな。何日も犬を連れて、山の中に獲物   を求める暮らしや。なにが六本木ヒルズのIT貴族じゃ、バカタレが!男やっ   たら命賭けて、いっぺんでも大自然と真正面に向き合ってみぃちゅうねん。   リーダー犬が事故死してダメ犬ハスキーが来るけど、ソリ引っ張らんと足引っ   張りよる。氷が割れてソリごとおっさんが湖にドボンやけど、救ったのがダ   メ犬君でしたという下克上の世も描いておる。一狩人の口から語られる地球環   境は筑紫哲也がニュースにしそうなほど説得力があったりする。 ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/04/post_e609.html  ----------------------------------------------------------------------   尚、  残りの8位『王の男』〜9位『カーズ』までの11作品も  本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、誌面ボリュームの関係上、  近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させていただきます。  何卒、ご了承くださいませ。  ----------------------------------------------------------------------              そ・ん・な・わ・け・で      ┌───────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、最も番付で☆をたくさん獲得した  |   |トレキャ的2006年度ザ・ベストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ!|   |                               |   |   ●『嫌われ松子の一生』(東宝)              |   |       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆:14        |   |         http://tinyurl.com/mvuq2          |   |                               |   |   (ちなみに2005年のベストは               |   |        『ALWAYS 三丁目の夕日』でした!)      |   |                               |   |       ↓2005上半期番付以前の結果はこちら↓      |   |   http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  |   └───────────────────────────────┘    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)     ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全65本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「◎」印→ソフト系ネタ           「○」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ           メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計65本の詳細はブログに掲載!                 ↓    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/from2006_fdb5.html   ◎『キネマ旬報2006年度映画ベスト10』◎『邦画活況』◎『東宝快進撃』   ◎『アテレコCM』◎『プロダクトプレースメント』◎『ラグジュ景気』   ◎『80年代カルチャー』◎『マハラジャサルーンキング&クイーン』   ◎『「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」とのコラボ企画』   ◎『「武士の一分」ブーケ』◎『マリー・アントワネット』◎『スイート   マリーアントワネット』◎『「パフューム」とコラボした2つの企画旅行』   ◎『バックカントリースキーツアー』◎『リトル・ハワイ』◎『フラガー   ル』◎『ホットフラ』◎『女子映画』◎『愛ルケ(愛の流刑地)』◎『大日   本人』◎『2007年キーアーティスト』◎『花を愛したモナコ公妃 グレース・   ケリー展』◎『関西弁映画に注目』◎『僕の彼女はサイボーグ』◎『おば   ちゃんチップス』◎『カネボウ化粧品NANAで販促』◎『プラダを着た悪魔の   チョコレート』◎『COACHオリジナルトートバッグ』◎『サラ・ジェシカ・   パーカーデザイン』◎『ジョヴォヴィッチ ホーク(JOVOVICH-HAWK)』◎『女   優帽』◎『現実離れ主人公』◎『役名でCDデビュー』◎『バズ・ムービー』   ◎『さぬき映画祭2006』◎『華流ファンのための講座』◎『日活主力映画を   ネット配信』◎『いばらきロケ地MAP』○『映画の福袋』○『PPV(ペイパー   ビュー)DVD「24」』○『新宿バルト9』○『シネプレックス枚方』○『貸切   シアター』○『ツタヤ・ディスカス』○『自販機DVDレンタル』○『アスタラ   ビスタ』○『ノッティングヒルズカフェ』○『Prologue』○『ドームディス   プレー』○『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』○『STAR★OF THE COLOR』   ●『<米>放送映画批評家協会賞』●『菊地凛子』●『ナイトミュージアム』   ●『大人ジャンスカ』●『2006年のいけてない芸能50(米国)』●『最も「Hot」   な男優はクルーニー』●『カザフスタン観光』●『パイレーツ・オブ・カリ   ビアン/デッドマンズ・チェスト』●『オカルトや魔術関連図書人気』●『養   子ブーム』●『米映画でヒーロー続々復活』●『男性もブリジット・ジョーン   ズ』●『オードリーがブーム』●『第13回ウィメン・イン・ハリウッド賞』   などなど。    ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆…………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html   └→『略奪愛が増加傾向』『エコセクシュアル』『はぐれ犬』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『連ドラタイアップ食品』『ゲームでダイエット』『カリスマおネエ』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『トレンド用語で振り返る2006シンドローム』  └───────────────────────────────────┘     ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆       当コーナーのコラムは    おっかけ配信いたしますNo.2の方で掲載しております!    今回は、「Dhoom2」(インド編)をお届けします。    お楽しみに!     ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】   ・『風の前奏曲』<タイ編>     ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>   ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>   ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>   ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。     ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html                       ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!          http://homepage2.nifty.com/oubo.html          ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』冬ドラ中盤番付配信しました!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』「トレンド用語で振り返る2006シンドローム」配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html      ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○