トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(2/2) 〜2006下半期ワースト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『読者プレゼントINFO』       ◇ クロストーク…………… 後編『シネマ番付--'06下半期(ワースト)』                 +                '06年度ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤー      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全65本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『「Dhoom2」<インド編>』   ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!     ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!    ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆       こんにちは! 編集長のGochy!です。       この「シネマ番付」は前後編で1セットです。         今回は先日配信しました前編(No.1)「下半期ベスト」に続き、    後編(No.2)「下半期ワースト」のお届けです!             +    前編(No.1)では容量オーバーで収録しきれなかった    ベスト編の8〜9位作品も掲載!      ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○      ♪『バベル』『手紙』ほか、計4作品の特製プレスパンフレット、      ♪このGWに公開される話題の新作映画鑑賞券を2枚1組、       上記をセットしたシネマ福袋を1名様にプレゼント!          “読者プレ「シネマ福袋セット」係”の件名で        お名前と、トレキャ!への感想などもお書き添えの上、        こちらまでご応募下さい。→ gotown@a2.mbn.or.jp           ※当選者には追って折り返し当選のご連絡差し上げますので       その際にプレゼント品の送付先ご住所などをお知らせください。               (応募締め切り3月末)   ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○          ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆          ※この後編(NO.2)からご購読をスタートされた方は         下記のバックナンバー↓で前編(NO.1)をご覧下さい。      http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html     トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2006年度下半期公開シネマ(本年7月〜12月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       ↓ちなみに2006年上半期までのシネマ番付の結果はこちら↓          http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT!                ■『下半期番付!』■                 (−18点満点)  1位『ゲド戦記』(東宝)………………………▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼14 2位『神の左手悪魔の右手』(東芝)……………………………▼▼▼▼▼-5 3位『日本沈没』(東宝)………………………………………▼▼▼▼-4 3位『UDON』(東宝)……………………………………………▼▼▼▼-4 4位『地下鉄(メトロ)に乗って』(ギャガ+松竹)………▼▼▼▼☆-3 4位『7月24日通りのクリスマス』(東宝)…………………▼▼▼-3 4位『トゥモロー・ワールド』(東宝東和)…………………▼▼▼-3 4位『幻遊伝』(角川ヘラルド)………………………………▼▼▼-3 4位『オーロラ』(ギャガ)……………………………………▼▼▼-3 5位『レディ・イン・ザ・ウォーター』(ワーナー)………▼▼▼▼☆☆-2 6位『unknown』(ムービーアイ)………………………………▼▼☆-1 6位『イルマーレ』(ワーナー)………………………………▼-1 6位『ワールド・トレード・センター』(UIP)………………▼-1 6位『犬神家の一族』(東宝)…………………………………▼-1 6位『薬指の標本』(エレファント・ピクチャー)…………▼-1 6位『スーパーマン/リターンズ』(ワーナー)………………▼-1 6位『プルートで朝食を』(エレファント)……………………▼-1 7位『マイアミバイス』(UIP)…………………………………0 7位『涙そうそう』(東宝)……………………………………0 7位『ブラック・ダリア』(東宝東和)………………………0 7位『NANA2』(東宝)…………………………………………0 7位『もしも昨日が選べたら』(SPE)…………………………0 7位『オープン・シーズン』(SPE)……………………………0 ↑ └注)プラマイゼロのワースト番付7位の作品はベスト番付では10位に相当します。                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS              雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────      今回の読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ読者へメッセージ                  ↓   ハッキリ言うて、数ある映画メルマガの中ではいちばん笑えますよ〜。   雲谷斎がこてこて大阪弁で映画をズバズバとほめたり、こきおろしたり。            こてこて大阪弁のお笑い映画評   ‥…★ ‥…★   メルマガ「ゴクラク映画感」   ★…‥ ★…‥        http://www.e-oma.com/gokuraku-top.html    ─────────────────────────────────     ※コメントは星をつけた者が全員しているわけではありません。                   ◆◇◆    先日配信しました前編(No.1)「下半期ベスト」号にて、  > 尚、  > 残りの8位『王の男』〜9位『カーズ』までの11作品も  > 本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、誌面ボリュームの関係上  > 近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させていただきます。  > 何卒、ご了承くださいませ。    とお知らせいたしましたとおり、ワースト編に入る前に、ベスト編に    収納しきれなかった8〜9位の作品レビューからお届けいたします。    ----------------------------------------------------------------------    ●8位『王の男』(角川ヘラルド・CJエンタテインメント)…☆☆2  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_509a.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? M:☆☆/一昨年韓国で最も話題となった時代劇映画。女形を演じたイ・ジュンギ   は、たちまちトップスターになっちゃったけど、私は彼のデビュー作である草   なぎクン主演映画『ホテル・ビーナス』の時から、「この子、いい目してるなー、   売れるやろなー」って目をつけてたので、将来が楽しみ! よ:0/そうそう、女形を演じたイ・ジュンギュはヘタな女優より色っぽかったよね。    って、えぇ!!『ホテル・ビーナス』にもでてたんだ?ビックリよ〜。     ----------------------------------------------------------------------   ●8位『グエムル―漢江の怪物』(角川ヘラルド)………………☆☆2   ゴ:☆☆/トレキャ!シネ番2004年度上半期5位の『殺人の追憶』のコンビ(ポン・   ジュノ監督&ソン・ガンホ主演)によるエンタメ大作。前半と後半でかなりトー   ンが変わるので、若干、観ていて戸惑いも感じたが、まあ純粋におもしろい!   娘を怪物にさらわれて戦いに行くこの一家、“愚”に勝る武器はなし!という   か…“愚”はキョーフを超越して勇気に転ずる?(笑)って感じで、切なくも笑   えます。怪物の描写もハリウッドに引けをとらぬ出来。ただ、途中で祖父が○   ○されるシーン、あれはちと受け入れがたい。いくら愚でも善良な人は最後ま   で生かしてくれないとなあ…不要な殺生はいけません!(あ、これネタバレ?笑)。   あと、DVDで韓国版の予告編見て思ったけど、予告は圧倒的に日本版の出来のが   いいね。韓国版ではあえて見せなかった(娘が怪物に巻き取られてさらわれる)   シーン、日本版では効果的に使ってたもんなあ。    よ:0/私はその前半と後半のトーンが変わるところにちょいとついていけず…。   前半はとってもいい感じだっただけに残念。    ----------------------------------------------------------------------    ●8位『鉄コン筋クリート』(アスミック)……………………☆☆2 よ:☆/事前に知っていても、シロの声が蒼井優ちゃんだってことにしばし気づか   なかったわ。声優の才能もあるのね〜。 P:0/『もちもーち、こちら地球星日本国クロシロ隊員。』と、シロの真似をし   たくなりますね。舌っ足らずっぽいしゃべり方がかわいかったな。クロの声を   演った二宮くんも、声だけなのに憂いが出ててすごい役者さんだな、と思いま   した。 M:☆/松本大洋大ファンなので、見逃してしまってヒジョーに残念。でも、公開   時にWOWOWでやってた特番と、マイケル・アリアス監督の話しぶりを聞いて、   きっとあの世界観をていねいに再現してくれただろうと思えて、☆をひとつ献   上。アリアス監督の日本語のうまさにも舌を巻いた。  ----------------------------------------------------------------------    ●8位『武士の一分』(松竹)……………………………………☆☆2 A:0/キムタクは“現代劇のヒト”そう誰かが論評してたけど、ワタシもコレみ   てつくづくそう思った。主役・三村に扮したキムタクより光ってたのは下男・   徳平役の笹野高史。日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞受賞も然り!この映   画のヒットは笹野氏同様、小林稔侍とか緒形拳とかシリーズおなじみのウマイ   脇の支えがあってこそのもの。    M:☆/うんうん、笹野さんはよかったね。桃井かおりのおせっかいなオバサンも   なかなかイケてたし。 よ:☆/笹野サンが受賞した時の「ヨッシャー」のガッツポーズが可愛かったな。   壇れいも綺麗だったし、キムタクもよかったと思う。でも最後の決闘シーンは   もうちょっと迫力&じっくり描いてほしかった。  ----------------------------------------------------------------------    ●8位『ラブ☆コン』(松竹)……………………………………☆☆2 P:☆/「キュン死」しちゃいました(笑)。原作コミックは読まずとも大いに楽し   める作品。恋愛したことある人なら誰でも楽しめるのでは?それにしても、小   池徹平くん、かわいすぎ。谷原章介さんは『嫌われ松子の一生』のときと同様、   ちょっとオカシイ二枚目を演じてましたね。    よ:☆/原作の関西弁のノリがそのまま生かされててよかった。話しは変わるけど、   同じく関西弁の恋愛漫画『ハツカレ』もお薦め。胸がキューンとなってキュン   死にします。   ゴ:0/「関西弁」映画、なにげに人気ですよねえ。ほかにも『ゲロッパ!』『酒   井家のしあわせ』『おばちゃんチップス』とか。     ----------------------------------------------------------------------    ●8位『ユナイテッド93』(UIP)…………………………………☆☆2 ゴ:0/同時多発テロで唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便。乗客がい   かにして犯人たちと戦ったかなど機内の様子を、関係者や遺族の証言と資料を   元に再現したドキュメンタリードラマ。   無名の俳優を起用、パイロットや客室乗務員にはその職業の経験者を、管制官   役の一部は、事件当時実際に勤務していた管制官が本人役を演じていたりと、   リアリティーへのこだわりはすごい。個人的には、救出に向かい被災した港湾   局警察官が救出されるまでを描いたニコラス・ケイジ主演の『ワールド・トレー   ドセンター』よりも見応えあった。ただ、シーンの切り替えが頻発する前半は   非常にわかりにくい。それにしても軍が93便のハイジャックを知ったのは墜落   した後…って、しかるべきときにちゃんと機能を果たせない軍なんて何の意味   があるんだか。   よ:☆☆/この飛行機の最後も、乗客達の運命もわかってるハズなのに、映画の最   後まで彼らは助かるんじゃないか、違うラストになるんじゃないか?そう思っ   てドキドキした。この作品は後世にまで伝えなきゃいけない、そう強く感じた。  ----------------------------------------------------------------------    ●8位『敬愛なるベートーベン』(東北新社)…………………☆☆2 ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/02/post_1566.html  ----------------------------------------------------------------------    ●8位『サイレントヒル』(松竹)………………………………☆☆2 ゴ:☆☆/http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/07/post_817a.html  ----------------------------------------------------------------------    ●9位『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』(東宝)…………☆1 A:0/思いのほかグランマ・フジコ(夏木マリ)の見せ場が多かったな。主役の   柳楽君や沢尻エリカを食ってたかも。ふられた孫・志郎(柳楽)への温かいア   ドバイスがイカしてた。「女のコはね、シュガー&スパイス、優しいだけじゃ   ダメなんだ。タフと優しさの配分を間違えると捨てられるんだ。」う〜ん、名   言♪酸いも甘いも噛み分けた風味絶佳な熟女のお言葉、忘れられません。 M:0/山田詠美の原作は読みましたが未見。フジコは、原作からするとちょっと   若すぎ?クセのあるばーちゃん役はたいてい夏木マリなので、もすこし奇をて   らったキャストにしてほしかったな、と。  ----------------------------------------------------------------------    ●9位『父親たちの星条旗』(ワーナー)………………………☆1 雲:☆/確かにな、視点はええねん。硫黄島に旗立てた何人かの米兵らは、ホンマ   に英雄やったんかい?っちゅうある種の懺悔もん。サッカーのオウンゴールで   英雄になったようなもんや。「英雄」の兵隊らが帰国して戦争債券を売るため   の広告塔にかつぎ出されよる。ピエロにされた兵隊と、でっち上げた政府とマ   スコミ、それにコロッと騙されたアメリカ国民。シニカルなコメディみたいな   展開の後、用なしになった兵隊たちのボロボロの行く末が哀れな傑作でおます。  ----------------------------------------------------------------------    ●9位『カーズ』(ブエナビスタ)………………………………☆1 P:☆/ピクサーは裏切らない、と思わせてくれる作品。冒頭のレースシーンとか   車一台一台の細部までこだわっていて圧巻ですね。知らないうちに登場人物を   応援したくなる、そんな映画です。     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       以上、ベスト番付の残りの作品レビューでした!       では引き続きましてワースト番付をお届けです!  ----------------------------------------------------------------------      ●1位『ゲド戦記』(東宝)………………………▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼14  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_509a.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:▼/2006年の邦画興行収入のトップなんだってね。76億円も稼いじゃったのは   みんながジブリブランドは間違いないって迷信に踊らされたからだと思います。   だって、まったり単調で退屈な作品だったも〜ん。原作本をある程度予習して   いかないと今ひとつストーリーについていけにゃいし。宮崎吾朗監督はまだま   だ初心者マーク、今後に期待してます。 よ:▼▼▼/はーい、踊らされた一人でーす(笑)。そっかー、やっぱり原作本予   習してかなきゃいけなかったんですな。ほーんと、監督が何を伝えたいかイマ   イチわからなかったんだよね。暗いし、重いしさ。主人公の成長も感じられな   かったよね。ジブリも次の後継者探し大変ですな。 P:▼▼/絵、特に背景がのっぺりとしているところに違和感を覚えました。近年   のジブリ作品(『千尋』や『ハウル』)を見慣れていると、ちょっと物足りな   さが。登場人物が各々キャラ立ちしてないし、原作を読んだ人に言わせると言   語道断という答えが返ってきてました。 雲:▼▼▼/くぉらぁ〜!スタジオジブリ、会社の名前が売れてたら中身がスッカ   ラカンのアニメでも客は喜ぶと思てるんかい。大層な題つけとるけど、その名   に値するスケール感も夢もあらへん。単なる二人の魔法使いの復讐劇だけや。   新聞に原作者がめちゃ怒ってると書いてたけど、そら怒るやろ、こんなスカ屁   みたいな映画にされたら。ちまちましたスケール感のない話のくせに、謎だけ   はちゃんと答を出さんまま終わりですがな。こんな質の低いアニメは日本の恥。 M:▼▼/おもろなかった。このひと言に尽きた。 ゴ:▼▼▼/皆さん、お口直し(お目々直し?)に『時をかける少女』をどうぞ(笑)。    ----------------------------------------------------------------------   ●2位『神の左手悪魔の右手』(東芝)……………………………▼▼▼▼▼-5 雲:▼▼▼/楳図かずおの怪奇マンガをこんな趣味の悪い実写にする必要あったん   かい。俗悪で、血がドバッの下品なスプラッタ映画やんけ。パパは寝たきり少   女のご機嫌を取るために頭ボコ、血がドバの絵本をせっせと描いてけつかる。   絵本でみんなオエッっちゅう殺され方してるんやけど、これは現実やっちゅう   ワケだ。ええ大人として非常につらい2時間で、わし、劇場出るのんめっちゃ   恥かしかったわい。 ゴ:▼▼/クレージーパパ役の田口トモロヲ、まじコワ〜…。その演技力は評価す   るにしても、罪もない子をあまりに残虐に殺しすぎ。「わが右手は悪しきもの   を滅ぼす悪魔の右手」って…だったら、最初からその右手使えって(苦笑)。   あそこまでグロ系に徹しないで、もっと子供ならではの恐怖心理とかを描いた   ほうがよかったんじゃ?カメオ出演していた楳図かずおが、通りすがりの人に   しては、あまりに強烈な存在感で…ウケた(笑)     ----------------------------------------------------------------------   ●3位『日本沈没』(東宝)………………………………………▼▼▼▼-4 雲:▼▼/壮大パニック映像を東宝の特撮陣に託すのはそら殺生ちゅうもんやろ。   物凄い地震が襲ってるのに、ガラスは割れんし瓦1枚ズレん町があったり、向   こうの高層ビルがバキバキになっとるのに、手前の古い民家はビクともせんっ   てあんた、どんな頑丈な木造やねん。それに誰が草なぎと柴咲こうのラブラブ   を見せてくれ言うたんじゃ。やかましいラブソングで盛り上がったりすなアホ。   みんなが死んでる中で、愛ひとすじのお二人さんが出てきたり、めっちゃ運の   強いガキが出てきたりして、シラけまくりや。原作を180度、都合よう変えてく   れはりました。 ゴ:▼▼/SMAPファンの姪っ子にせがまれて一緒に劇場にまで見にいったんですが、   私も愛ひとすじのお二人には、「そこで今、乳繰り合ってる場合かっ!」と激   しくツッコミ入れてました。姪は「おもしろかった〜!」とご満悦でしたが(笑)。   よ:▼/興行成績はすごくよかったけど、私的にはなんだかイマイチ。映像はね、   すごいんです。迫力あるんです。でもさ、とってつけたかのような柴咲コウと   草ナギくんの恋物語はいらないんじゃ・・・。あそこでかなりヒキましたね、   ワタシ。   A:0/日本列島が粉々になって日本諸島に!!どんどん壊れていく列島を観るの   は日本人としてスゴク辛かった。地球温暖化現象が著しい昨今、今後何が起こ   るかわからないでしょ。周辺海域の水位が上がり続けて日本が飲みこまれちゃ   う日がこないよう祈ります。     M:0/私は『日本以外全部沈没』のほうがすんごい観たくてたまらん。でも貸し   出し中なんよね。  ----------------------------------------------------------------------   ●3位『UDON』(東宝)……………………………………………▼▼▼▼-4 よ:▼▼/見た後めちゃくちゃ「うどん」が食べたくなる。それは間違いないです。   でも映画そのものは、色々つめこみすぎてごった煮になっちゃってます。 A:0/観てるうちからおなかがグーグー鳴って、劇場出た後ウドン屋直行よん。   冷や温一丁!みたいな〜(笑)。ウドンばかりに目が行って、キャストの芝居   などほとんど印象に残ってニャイ。     ----------------------------------------------------------------------   ●4位『地下鉄(メトロ)に乗って』(ギャガ+松竹)………▼▼▼▼☆-3 M:▼▼▼/『ALWAYS〜三丁目の夕日』の2匹目のドジョウ的映画。出てる   のも同じ堤真一だし。不倫の話だけに全然同調できんのよ。それに、地下鉄の   出口を出たら、昔に戻るっちゅう設定がちゃっちい。   A:▼/STORYのつなぎに都合よく地下鉄使いすぎだってば。安直な作りにがっか   り。それと、常盤貴子、いつにもまして安っぽかったにゃあ(ヒドっ)。    ゴ:☆/おお、皆さん、意外と辛口ですねえ(笑)。他の作品との相対評価で試写当   時より☆の数は減ってますが、当時の住んでたとこの最寄駅がモロ舞台だった   という個人的親近感を差し引いても、けっこう楽しめたけどなあ。   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2006/08/post_c87d.html      ----------------------------------------------------------------------   ●4位『7月24日通りのクリスマス』(東宝)…………………▼▼▼-3 よ:▼▼▼/「嫌われ松子〜」で株を上げた中谷美紀なのに、この作品は株を下げ   ちゃった気がする〜〜。だって説得力も何もないんだもん。一番納得いかない   のがヒーロー役の大沢たかおがヒロインを好きになった理由。メイクや服を変   えただけで好きになっちゃうんだー。結局は見た目?と思ってしまい、そうな   るとあとは全てが白々しく感じてしまった。 A:0/歯が浮くようなベタなラブストーリーで失笑モンなんだけど、大好きな大   沢たかおと長崎が観たくて・・・・。『解夏』以来、大沢たかお+長崎は間違   いない!と思うようになってしまったんです。 P:0/吉田修一氏の原作支持派です。予告とか雑誌の紹介記事を見る限り、全く   別物にされちゃっているんだなぁ…と観るのを取りやめてしまった作品。原作   を読むと吉田氏の描く女性心理にびっくりしますよ。  ----------------------------------------------------------------------   ●4位『トゥモロー・ワールド』(東宝東和)…………………▼▼▼-3 雲:▼▼▼/一人も子供がでけんようになったらお主らどうする?っちゅう目のつ   けどころはまあまあのネタやけど、筋が死ぬほどおもろない。子供が生まれん   ショックから内乱になって、町の通りにゴミ捨てる、タンは吐く、屁はこぐの   汚物選手権が繰り広げられとりますんじゃ。戦乱のさなかに赤ん坊が産まれて、   政府軍とゲリラが戦うのん忘れて、聖母マリアを見るみたいに手を合わせたり   しとるけど、これも強引な話や。主人公らが死んでしもて、霧の海から娘を迎   えに来たピースボートみたいな船が現れておしまい。なんじゃいこの映画は。 A:0/当初この映画の主役だと思ってたジュリアン・ムーアが前半すぐに死んじ   ゃって、クライブ・オーウェンなのねと気がついた(笑)。廃墟と化した難民   収容所、尽きることのない熾烈な戦闘、絶望的なシーンの連続にテンションは   急降下。そんな時聞えてきた赤ちゃんの鳴き声にハッと我に返った。子どもの   いない世界なんて絶対に考えられない。それが観た後の率直な感想。    ----------------------------------------------------------------------   ●4位『幻遊伝』(角川ヘラルド)………………………………▼▼▼-3 よ:▼▼▼/チェン・ボーリン好きだけど、これはちょっとね・・・。ほとんど寝て   いたにも関わらず、話読めたし。つまんないし。お金払ってない試写会でほんと   よかった。  ----------------------------------------------------------------------   ●4位『オーロラ』(ギャガ)……………………………………▼▼▼-3 M:▼▼▼/王様が踊りの上手な妃のため、国じゅうで踊りを禁じた王国が舞台。   その娘であるお姫様も踊りが好きで、王様に隠れて堅苦しいドレスを脱ぎ捨て   ては踊るという、さっぱり意味不明な映画。なんで踊りを禁じたのか、その理   由が出てこない。でも妃を演じるキャロル・ブーケはとってもきれいよん。    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『レディ・イン・ザ・ウォーター』(ワーナー)………▼▼▼▼☆☆-2 A:▼▼▼/一言、退屈だった!上映中はずっと睡魔との戦い。ロン・ハワード監   督令嬢ブライス・ダラス・ハワードは、ナンフ(水の精)っぽくて始めのうち   はワクワクしたけど、そのうちもうどうでもよくなった。シャラマン監督、今   度は怪物祭かよ。それも思わせぶりなだけで、超ハンパなおとぎ話に過ぎない   じゃんか。お金返して!    ゴ:☆/老若男女タイプの違う人たちが、個性を生かしながら一致団結して何かを   成し遂げるチームプレーものに基本的に弱いので、どんなに伏線がいい加減な   ファンタジーであっても、これは意外と楽しめたんですねえ。それに当番付け   でシャマラン監督といえばワーストの常連客(笑)なので、ハナから期待してな   かったのも、かえってよい方に作用した模様。   ちなみに、ここでもイノシシみたいな怪物がご登場ですが、イノシシ・プレー   については、『トンマッコル〜』に大きく軍配を上げたいと思います(笑)。で、   たった一人、そのイノシシに殺されちゃう人がいるんですが、彼だってそれな   りに貢献したんだし、なにも殺さなくても…って感じ(笑)。最近の映画は、無   意味な殺生が多くていかんよ〜。 P:▼/イノシシといえば『スゥイングガールズ』も思い出しますね。あのスロー   モーションシーンもなかなか笑えたなぁ。     ----------------------------------------------------------------------   ●6位『unknown』(ムービーアイ)………………………………▼▼☆-1 よ:☆/大好きな作品『SAW(ソウ)』に似てる。でも結構好きな作品。犯人は誰で、   誰が見方で、誰が敵なのか分からないスリル。そしてラストのどんでん返し!   私のツボなのです。 M:▼▼/『ソウ』が大ヒットしてからというもの、同じようなロゴデザインの映   画がビデオ店にずらり並んでますが、この映画もその類い。密室ものは、もう   少ししっかりと緊張感がほしいところでんな。     ----------------------------------------------------------------------   ●6位『イルマーレ』(ワーナー)………………………………▼-1 A:▼/韓国のオリジナル版よりはスキかも。けど、キアヌったら顔がむくんで、   なんだか汚れちまった感が拭えず・・・で、▼。酒太りか?ファンとしては、   もっと絞って出直してほしい。 よ:0/私は韓国版のがもっとファンタジーしてて好きです。  ----------------------------------------------------------------------   ●6位『犬神家の一族』(東宝)…………………………………▼-1 A:▼/30年前のオリジナル版に比べると今回のリメーク版はキャストの小者感が   否めませんなあ。富司&菊之助親子の共演は良しとしても、金田一さん(石坂   浩二)なんて表情の衰えが非常に甚だしい。ほぼ同じ設定で同じセリフでしょ。   比べやすいんだよ。オリジナル版をこよなく愛するワタシは正直ガックリきち   ゃいました。市川監督もご老齢につき有り得ないとは思うけれど、『悪魔の手   毬唄』など不朽の名作にはもう手をつけないでほし〜。 P:0/“犬神家”といえば湖からにょきっと突き出る両足なわけなのですが、そ   れにもましてこの作品では竹子を演じた松坂慶子さん、こあかったです…。息   子を失くし茫然自失状態で巻き寿司を頬張る姿があまりにも印象的でした。あ   れこそ女優魂と言うのでしょうかね。そしてやっぱり、金田一さんは石坂浩二   だな、と思いました。  ----------------------------------------------------------------------     ●6位『薬指の標本』(エレファント・ピクチャー)…………▼-1   M:▼/小川洋子の原作をフランス映画が映像化。不思議な標本館でアルバイトす   る若い女性と、先生の不思議な関係。今思えば『弓』とテーマ性が似てるかも。    ----------------------------------------------------------------------   ●6位『スーパーマン/リターンズ』(ワーナー)………………▼-1 雲:▼/何年ぶりかの復活超人映画や。今回の復活祭は三角関係。恋人ロイスには   ガキまで生まれとって、地球に帰ってきた超人はMr.オクレみたいに落ち込み   よる。地味な奉仕活動にも飛んでいく間にも、スキあらばロイスに近づこうと   しよるんや。お前は羽賀健二か。海中から湧く土地を持ち上げたり、何年ぶり   かで帰ってきた超人は、筋肉番付に出演決定のどえらいバカ力になってはりま   した。  ---------------------------------------------------------------------- ●6位『プルートで朝食を』(エレファント)……………………▼-1 雲:▼/しもた!また知らんとオカマ映画の地雷踏んでしもたやないかい。大人に   なってから完璧に美輪明宏化してやなぁ、生みのおかん探しにロンドンに行き   よるっちゅう苦労話や。この映画でホッとしたんは、気色悪い男同士のイチャ   イチャシーンがなかったことや。これあると、わしアゲそうになるんじや。   オカマ君の母をたずねて三千里やなぁ。マルコ〜!ええ友達にも恵まれて、親   父には逢えてハッピーエンドなんやけど、何を言いたかった映画なんじゃろ。  ---------------------------------------------------------------------- ●7位『涙そうそう』(東宝)……………………………………0 よ:0/今をときめく長澤まさみちゃんに、映画でまくりの妻ブッキーときた日にゃ、   もう涙全開バリバリの話を期待しただけに・・・。用意したハンカチがなんだ   か哀しかったですわ。  ----------------------------------------------------------------------   ●7位『ブラック・ダリア』(東宝東和)………………………0 P:0/そこはかとなく漂う濃厚な雰囲気が好きな人にはたまらなく、苦手な人に   はお手上げな映画。まぁ、私は前者なのですが。これはストーリーを楽しむ映   画ではなく雰囲気を楽しむ映画ですね。ストーリーとしては未完(というか解   き明かされないままのことが多く)だったような気がしますもん。でも、ヒラ   リー・スワンクとスカーレット・ヨハンソンの色っぽさを見るだけでも価値が   あります。うん。反対に、ジョシュ・ハートネットの髪の分け方には最初から   最後まで「???」とクエスチョンマークが消えませんでした。 A:0/原作者が同じエルロイだからか?スクリーンに漂う『LAコンフィデンシャ   ル』と同じ匂いにゾクゾク。スカーレット・ヨハンソンの色香にはクラっクラ。   スゴい女優に化けたモンです。  ----------------------------------------------------------------------  ●7位『NANA2』(東宝)…………………………………………0 A:0/前作に比べて、NANAこと中島美嘉がかなりマジに芝居していてオーっと思   った。ハチ&レンのキャスト交替も本編観るまでどんなもんかなあと不安だっ   たけど結果オーライ違和感なし。映画版がコレでラストなのはちと淋しいね。  ----------------------------------------------------------------------              そ・ん・な・わ・け・で      ┌───────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、最も番付で▼をたくさん獲得した  |   |トレキャ的2006年度ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ! |   |                               |   |         ●『ゲド戦記』(東宝)            |   |      ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼:−14        |   |       http://tinyurl.com/2zusxa            |   |                               |   |  (ちなみに2005年のワーストは『フォーガットン』でした!) |   |                               |   |       ↓2006下半期番付以前の結果はこちら↓      |   |   http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  |   └───────────────────────────────┘    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ゴ:さて、今回の言いたい放題のシネマ番付<下半期>、いかがでしたか?   映画の楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!   では次回、2007年上半期の番付にて、またお会いいたしましょう。   See You!         ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全65本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「◎」印→ソフト系ネタ           「○」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ   メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計65本の詳細はブログに掲載!                 ↓    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/from2006_fdb5.html  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆…………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html   └→『略奪愛が増加傾向』『エコセクシュアル』『はぐれ犬』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→ 『連ドラタイアップ食品』『ゲームでダイエット』『カリスマおネエ』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『トレンド用語で振り返る2006シンドローム』  └───────────────────────────────────┘     ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『Dhoom2』   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko                  <インド編>         キス・シーンが物議醸し、遂には裁判沙汰に発展!                  ◆◇◆◇◆    日本映画同様、大豊作となった2006年のボリウッド(インド映画界)で、興行   成績No.1(現在までの推定で約7億ルピー=約18億7560万円)を記録したのが   アクション映画『Dhoom2(ドゥーム=騒音)』。実は今回、私がこの映画を選   んだのは、その話題性に抗えなかったからなんです。お色気たっぷりで性的意   味合いの色濃いダンス・シーンはOKなのに、演技場面に関してはセックス・シ   ーンはもちろんのこと、つい最近までキスさえ、ご法度だった同国映画。その   中で、主演のリティック・ローシャンとアイシュワリャ・ライのそれが物議を   醸し、裁判沙汰にまで発展中。しかも、ごく最近、アイシュともう1人の共演   者、アビシェーク・バッチャンが婚約を発表。この2人は、インド版「ブラン   ジェリーナ」(ブラピ+アンジー)で、「アビシュワリャ」と呼ばれている…。   こうした超下世話な関心から、この映画を観賞した私ですが、作品に対する評   価も実は微妙。ジャンル的には、『ミッション・インポッシブル』と『ルパン   三世』にラブ・ストーリーを絡めたような話で、世界を股にかける怪盗A(リ   ティック)と、それを追う刑事(アビシェーク)、2人の男をつなぐ女(アイ   シュ)が主役。まず私、やけにゴッツイ女王様(笑)が出てくる冒頭のシーン   に先が思いやられちゃったんですよね。走る列車上のアクション・シーンなの   にスピード感が全然ないし、護衛の男達もトロそうだったし。『チャーリーズ   ・エンジェル』なんかもそうでしたけど、CGのアクション・シーンをスローモ   ーションで見せることに一体なんの意味があるのか!(怒)と思うんです。   ところが、次のダンスシーンが凄かった。老若男女とにかく踊らないことには   やっていけないボリウッド俳優達の中でも、リティックに勝るダンサーはいな   いという評判は本当でした。ま、例えばジャニーズ系みたいな小柄で線の細い   男の子達なら、そこそこ踊れて不思議はないと思うんですが、リティックは身   長184cmで、ウェイトトレーニングで鍛え抜いたギリシャ彫刻のような体躯の   持ち主なんです。あの身体で、あんなにシャープかつダイナミックなダンスが   踊れるという事実の前には、並のCGなんかぶっ飛んじゃいますよ、ほんと。   私は英語字幕の付いたVCDをこちら(マレーシア)で19.90リンギ(約677円)   で入手したんですけど、このダンスシーンの見事さと3枚目を演じるウダイ・   チョプラのおかしさだけで、元は取った感じです。   (以下、追記に続く)   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_b59c.html  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】      ・『風の前奏曲』<タイ編>     ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>   ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>   ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>   ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ・最新シネレビューはこちらをチェック!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_92ec.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。     アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。       ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html                       ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!          http://homepage2.nifty.com/oubo.html          ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』冬ドラ終了後+春ドラ期待度配信待機!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』「トレンド用語で振り返る2006シンドローム」配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html    ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○