トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『Dhoom2』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                              TEXT by Reiko
				

                 <インド編>

        キス・シーンが物議醸し、遂には裁判沙汰に発展!

                 ◆◇◆◇◆ 

  日本映画同様、大豊作となった2006年のボリウッド(インド映画界)で、興行
  成績No.1(現在までの推定で約7億ルピー=約18億7560万円)を記録したのが
  アクション映画『Dhoom2(ドゥーム=騒音)』。実は今回、私がこの映画を選
  んだのは、その話題性に抗えなかったからなんです。お色気たっぷりで性的意
  味合いの色濃いダンス・シーンはOKなのに、演技場面に関してはセックス・シ
  ーンはもちろんのこと、つい最近までキスさえ、ご法度だった同国映画。その
  中で、主演のリティック・ローシャンとアイシュワリャ・ライのそれが物議を
  醸し、裁判沙汰にまで発展中。しかも、ごく最近、アイシュともう1人の共演
  者、アビシェーク・バッチャンが婚約を発表。この2人は、インド版「ブラン
  ジェリーナ」(ブラピ+アンジー)で、「アビシュワリャ」と呼ばれている…。

  こうした超下世話な関心から、この映画を観賞した私ですが、作品に対する評
  価も実は微妙。ジャンル的には、『ミッション・インポッシブル』と『ルパン
  三世』にラブ・ストーリーを絡めたような話で、世界を股にかける怪盗A(リ
  ティック)と、それを追う刑事(アビシェーク)、2人の男をつなぐ女(アイ
  シュ)が主役。まず私、やけにゴッツイ女王様(笑)が出てくる冒頭のシーン
  に先が思いやられちゃったんですよね。走る列車上のアクション・シーンなの
  にスピード感が全然ないし、護衛の男達もトロそうだったし。『チャーリーズ
  ・エンジェル』なんかもそうでしたけど、CGのアクション・シーンをスローモ
  ーションで見せることに一体なんの意味があるのか!(怒)と思うんです。

  ところが、次のダンスシーンが凄かった。老若男女とにかく踊らないことには
  やっていけないボリウッド俳優達の中でも、リティックに勝るダンサーはいな
  いという評判は本当でした。ま、例えばジャニーズ系みたいな小柄で線の細い
  男の子達なら、そこそこ踊れて不思議はないと思うんですが、リティックは身
  長184cmで、ウェイトトレーニングで鍛え抜いたギリシャ彫刻のような体躯の
  持ち主なんです。あの身体で、あんなにシャープかつダイナミックなダンスが
  踊れるという事実の前には、並のCGなんかぶっ飛んじゃいますよ、ほんと。
  私は英語字幕の付いたVCDをこちら(マレーシア)で19.90リンギ(約677円)
  で入手したんですけど、このダンスシーンの見事さと3枚目を演じるウダイ・
  チョプラのおかしさだけで、元は取った感じです。
  (以下、追記に続く)
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/03/post_b59c.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】
  
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>
  ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>
  ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>
  ・『米国アカデミー授賞式レポート』<アメリカ編>