トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『SUMO-lah』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                              TEXT by Reiko
				

                 <マレーシア編>

    相撲に出会い、負け犬人生を転換させた男を描くマレーシア映画

                 ◆◇◆◇◆ 

  マレーシアは今年、独立50周年を迎えました。また、日本との友好関係復活も
  50周年ということで、本日は、相撲に出会い、負け犬人生を転換させた男を描
  いたマレーシア映画をご紹介します。タイトルの『SUMO-lah』とは、「相撲」
  にマレーシア人が好む終助詞の「ら〜」を付けた言葉。ちょっと訳が難しいん
  ですけど、「相撲だよ〜」みたいな感じでしょうか。実はこの映画、マレーシ
  ア在住の日本人夫婦が原作、脚本を書き、制作にも参加しているんです。しか
  も福岡でロケ(マレーシア映画初の日本ロケ)が行われ、福岡フィルムコミッ
  ションの本格的海外支援作品第1号として、今年の福岡国際映画祭の上映作品
  にもなっている、まさに両国の架け橋的映画。監督・主演は、マルチな才能と
  人気を兼ね備え、私も注目しているアフドリン・シャウキ(映画『アンナと王
  様』に通訳の役で出演)です。

  1店に付き3名のチームで競う寿司屋対抗相撲大会に出場するため、「力士」
  兼店員候補を探していたボレ寿司のオーナー・本田は、典型的なダメ男(シャ
  ウキ)の体格のよさとパワーに着目。寿司の時間内早食いと娘のシティをエサ
  に、この男を店員見習いとすることに成功。怠け者で、何をやらせても長続き
  しなかった男が、オーナーや先輩に言われ、仕方なく取り組むことになった相
  撲を通じ、人間的に成長していくという、おそらく「マレーシア初のスポ根映
  画」。原作者の窪田氏のブログによれば、「『ウォーターボーイズ』の相撲版
  みたいな映画にしたかった」ということですが、私はこれをヒロインの名前(
  ホンダ・シティ)同様、氏独特のユーモアと解釈しました(笑)。

  で、この映画の見所はと言えば、もうこれは間違いなく相撲のシーン。私、ボ
  ディビルダーやお相撲さんといった「かさばり系」(笑)の男性は苦手でして、
  相撲も子供時代に、祖母や父親が熱心に観ていたから、多少の知識がある程度
  です。その私に「すごいっ!」と思わせた迫力とスピード感。資金的余裕のあ
  るライバル店の力士達がジムで身体を鍛えるシーンに、ボレ寿司の力士が砂浜
  や店内で身近なモノを稽古に役立てるシーンを対照的に配したセンスもなかな
  か。惜しむらくは、編集に切れがなく、上映時間が長過ぎること。それと、出
  だしの相撲ルール解説は試合場面の前にもってきた方がよかったのでは?行司
  の装束は手配が難しかったのだと理解できますが、審判の服装と演技はもっと
  まともなものにすべきだったと思います。あの変な審判のせいで、相撲シーン
  の迫力や素晴らしさが損なわれているのは本当に残念。
  (以下、ライター追記に続く)
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/10/sumolah_c8e5.html
     
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】
  
  ・『Dhoom2』<インド編>
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>
  ・『キング・オブ・ボリウッド〜シャルク・カーン』<インド編>
  ・『マレーシア映画史上最大の意欲作』<マレーシア編>