トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』(2/2) 〜2007下半期ワースト〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□     ◇ はじめに ………………『読者プレゼントINFO』       ◇ クロストーク…………… 後編『シネマ番付--'07下半期(ワースト)』                 +                '07年度ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤー      ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全65本)』                                  ◇ 海外発!シネマ情報……『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポ(後編)』   ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』                 最新シネレビューはこちらをチェック!   ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!     ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!   ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!  ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆       こんにちは! 編集長のGochy!です。       この「シネマ番付」は前後編で1セットです。         今回は先日配信しました前編(No.1)「下半期ベスト」に続き、    後編(No.2)「下半期ワースト」のお届けです!             +    前編(No.1)では容量オーバーで収録しきれなかった    ベスト編の7位作品も掲載!      ○―――――――【トレキャ!読者プレゼントINFORMATION】――――――○      ♪2007年度トレキャ!ベストランキング入りした映画から       計3作品の特製プレスパンフレットと、      ♪このGWに公開される話題の新作映画鑑賞券を2枚1組、       上記をセットしたシネマ福袋を1名様にプレゼント!          “読者プレ「シネマ福袋セット」係”の件名で        お名前と、トレキャ!への感想などもお書き添えの上、        こちらまでご応募下さい。→ gotown@a2.mbn.or.jp            ※当選者には追って折り返し当選のご連絡差し上げますので       その際にプレゼント品の送付先ご住所などをお知らせください。              (応募締め切り3月末日)      ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○       ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆          ※この後編(NO.2)からご購読をスタートされた方は         下記のバックナンバー↓で前編(NO.1)をご覧下さい。      http://homepage2.nifty.com/cinema/2008/0324.html       トレキャ編集部のシネマ・マニア5人&読者ゲスト1名の計6名が、      お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、    2007年度下半期公開シネマ(本年7月〜12月末までに封切られた作品)を    シビアにランキング。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       ↓ちなみに2007年上半期までのシネマ番付の結果はこちら↓         http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                ↑IN!    -------------------<ボーダーライン!?>-----------------------                                ↓OUT!              ■『下半期番付!』■                (−18点満点)    ★下記リストのDVD(もしくは公式サイト)へのリンク一覧はこちらから    http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/2007_79ee.html 1位『魍魎の匣』……………………………………………………▼▼▼▼-4 1位『ナンバー23』…………………………………………………▼▼▼▼-4 2位『トランスフォーマー』………………………………………▼▼▼-3 2位『カタコンベ』…………………………………………………▼▼▼-3 2位『エクスクロス 魔境伝説』…………………………………▼▼▼-3 3位『長江哀歌』……………………………………………………▼▼▼☆-2 3位『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』………………………▼▼-2 3位『ブレイブ ワン』……………………………………………▼▼-2 3位『恋空』…………………………………………………………▼▼-2 3位『茶々/天涯の貴妃』…………………………………………▼▼-2 3位『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』…▼▼-2 3位『インベージョン』……………………………………………▼▼-2 4位『ウィッカーマン』……………………………………………▼-1 4位『クワイエットルームにようこそ』…………………………▼-1 4位『Little DJ/小さな恋の物語』 ……………………………▼-1 4位『やじきた道中 てれすこ』…………………………………▼-1 4位『アイ・アム・レジェンド』…………………………………▼-1 4位『サイボーグでも大丈夫』……………………………………▼-1 5位『グッド・シェパード』………………………………………☆▼0 5位『ヘアスプレー』………………………………………………☆▼0 5位『怪談』…………………………………………………………☆▼0 5位『パーフェクト・ストレンジャー』…………………………☆▼0 5位『オーシャンズ13』……………………………………………0 5位『幸せのレシピ』………………………………………………0 5位『象の背中』……………………………………………………0 5位『ディスタービア』……………………………………………0 5位『椿三十郎(2007)』…………………………………………0 5位『ベオウルフ/呪われし勇者』………………………………0 ↑ └注)プラマイゼロのワースト番付5位の作品はベスト番付では8位に相当します。                        ◆◇◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆    ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー P=pooh76 M=MARS              雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん   ─────────────────────────────────     <今回の読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ読者へメッセージ>   シネ番にゲスト参加させてもろて、もう何年になりまっしゃろか。   一匹だけ毛色の違う雑種オーラを出して、栄えあるシネ番を汚しておりま   す。映画好きの方は、いくつか映画評メルマガを読んではると思いますけ   ど、やや下品ではありますが、お笑い「ゴクラク映画感」も、新規読者を   全員合格で受け入れておりますので、ぜひお仲間になられませぬか?(雲)   ■無料購読お申込み  http://www.mag2.com/m/0000004656.html   ─────────────────────────────────     ※コメントは星をつけた者が全員しているわけではありません。                   ◆◇◆    先日配信しました前編(No.1)「下半期ベスト」号にて、  > 尚、  > 残りの7位『傷だらけの男たち』〜『ミッドナイトイーグル』までの8作品も  > 本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、誌面ボリュームの関係上  > 近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させていただきます。  > 何卒、ご了承くださいませ。    とお知らせいたしましたとおり、ワースト編に入る前に、ベスト編に    収納しきれなかった7位の作品レビューからお届けいたします。      ----------------------------------------------------------------------    ●7位『傷だらけの男たち』…………………………………………☆1  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/2007_79ee.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる? ゴ:☆/本作や『ラスト・コーション』など、最近、トニー・レオンが、ヒーロー   的な役ではない、ひとクセふたクセある演技で魅せてくれて、ファンとしては   嬉しい限り。       ----------------------------------------------------------------------    ●7位『迷子の警察音楽隊』…………………………………………☆1    A:0/90年代のイスラエル。音楽交流のためにエジプトからやってきた警察音楽   隊が目的地を間違えて途方にくれるが、現地のカフェの女主人ディナに助けら   れる・・・。国や宗教を超えて音楽を間にはさんで結ばれるヒトとヒトの心の   機微、しんみりいい映画だったんだけどテンポがあまりにゆっくり過ぎて後半   は爆睡。DVDで再挑戦だわ。   よ:☆/名古屋ではやっと上映が始まった本作。また未見ですが期待度で☆1つ。  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『マリと子犬の物語』…………………………………………☆1    A:☆/3年前の新潟中越地震で壊滅的状況になった山古志村。全村避難した村に   取り残された犬の親子が後に救助されたニュースは知っていたけど、こんなに   苛酷だったとは!?彩役の佐々木真緒ちゃんの迫真の演技に号泣。16日間瓦礫   の中で3匹の子犬を守り通した母犬マリを演じたワンちゃんもスゴイね。ラス   トボロボロになって彩の前に現れたマリを観て、もう涙止まりませんでした。  ----------------------------------------------------------------------    ●7位『サウスバウンド』……………………………………………☆1    A:☆/間違っていることは間違っている、そう片っ端から“ナンセンス!”と論   破する元過激派の父・一郎と母・さくらをトヨエツ&天海祐希が大熱演。子ど   も達を東京から八重山まで連れていって、しまいにゃ夫婦2人でふけちゃうし   ねえ。そんなこと到底真似できないから観てて気持ちヨカッタ。奥田英朗の原   作もいいけど映画も◎。     ----------------------------------------------------------------------    ●7位『ヒートアイランド』…………………………………………☆1    よ:☆/下半期、思いがけずなかなかよかったで賞がコレ。今をときめく若手俳優   達がたくさんでてて、中でも城田優はハマり役だった。でもなによりも結構脚   本がよかったのよ。奪った3億円の行方がどうなっていくか結構ハラハラした   し楽しめた映画だったですよ。勢いで原作にまで走りました。     ----------------------------------------------------------------------    ●7位『シッコ』………………………………………………………☆1    ゴ:☆/今回はムーアのお家芸?のアポなし取材が無くてちょっと残念だったけど、   国民よりも獄中テロリストの方が手厚い医療を受けているとか、仇敵キューバ   なら米国人でも手厚い看護受けられ治療費もタダ!といった実態をあばいて、   皮肉たっぷりにアピールするあたりは、いかにもムーアらしい。    A:0/アメリカは医療費が半端じゃないほど高額!って噂は聞いてたけど、これ   ほど弱者に冷たい社会だなんてオドロキだった。遊びに行くのはいいけど、暮   らすのはムリかも。ところで、観た後ずっと気になってるのはマイケル・ムー   ア監督の洗濯物があの後どうなったのか?ってこと(笑)。未見の方には何の   ことやらですが・・・。    ----------------------------------------------------------------------    ●7位『自虐の詩』……………………………………………………☆☆▼1     A:☆/初っ端から阿部ちゃん卓袱台ひっくり返すこと5回。お昼時に本編観てた   から、4000円の寿司が宙を舞った時はマジおなかが鳴ったからね(笑)。ロン   毛の阿部ちゃん、パンチの阿部ちゃん、霊安室で泥酔したままボリボリ股ぐら   掻き毟る阿部ちゃん、ファンにはたまらないシーンの連続でございました。幸   薄い女を演じたら今日本で右に出る者はない中谷美紀と阿部ちゃん2人の純愛   にほだされコッテコテの大阪ワールドに腹を抱えた大満足の2時間だったわ♪ よ:▼/私はこの主人公の中谷美紀の役がどうしても好きになれず、見ててツラカ   ッタです。    ----------------------------------------------------------------------    ●7位『ミッドナイトイーグル』……………………………………☆☆▼1    雲:☆☆/やっぱり原作に忠実に作ったらオモロイっちゅう見本や。力のない監督   や脚本屋がいらんことすなっちゅうねん。ハリウッド映画っぽい作りやけど、   予算は百均やから迫力はない。ツッコミどころもようけあってオモロかった。   こら、北朝鮮の特殊部隊のヤツら、お前ら団体で入国して、おまけに自動小銃   やロケット砲までどないして関空の税関を通ったんや。北アルプスに落ちた飛   行機の残骸の中が、なんで温そうやねん。話の完成度は高いので許したるけど。   A:0/大沢たかおと玉木宏が極寒の山でスゴク頑張ってたのに、ヒロイン竹内結   子のどこかふざけたトーンが勘にさわり観てていらついた。でもって±0。 M:▼/未見ですが、山好きの夫が観てきて、「行かんかったらよかった」と言っ   てました。途中からのストーリー展開に無理があるように、私も思ってた。       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       以上、ベスト番付の残りの作品レビューでした!       では引き続きましてワースト番付をお届けです!  ----------------------------------------------------------------------      ●1位『魍魎の匣』……………………………………………………▼▼▼▼-4  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/2007_79ee.html  ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?   A:▼/原作は未読なんですが、京極版フランケンシュタインですか?コレは。手   足を切断されて、なお息のある少女のシーンとか首だけで生存している男(ク   ドカン)とかマジビビりました。本来主役の京極堂(堤)の活躍とか印象に残   るんでしょうが、今となってはミロのヴィーナスみたいなラストの映像しか思   い出せません(震)。   P:▼▼/『姑獲鳥の夏』に続き、原作ファンとしてがっかり。ものすごくSFチッ   クな仕上がりになってましたね。映画を観てがっかりされた方、原作のほうを   読んでみてくださいね。ちょっと分厚いけど、世界感がまるっきり違いますか   ら。    ----------------------------------------------------------------------   ●1位『ナンバー23』…………………………………………………▼▼▼▼-4    P:▼/ごくごく簡単にいうならば、トリツカレオトコのお話、です。   M:▼▼▼/どうしたジム・キャリー。うざい演技だったら、もっと違う演じ方が   あったはず。ところで先日、宝くじに何度も当たるおっちゃんの取材をしたん   ですが、彼も、数字にこだわっとりましたで。なんでも足したり、引いたり、   掛けたり、割ったりして、24になるのがええんだそーで、「ナンバー24男」や   わね。    ----------------------------------------------------------------------   ●2位『トランスフォーマー』………………………………………▼▼▼-3   A:▼/騒々しいだけのロボット戦隊映画に、なんと家族3人プロパーで観に行っ   ちゃいました。終わった後「コレがオススメ映画っすか?」などと我が家の男   どもに嘲笑され、くさった。この映画のオリジナルって息子が小さい頃テレ東   でやってたあの番組ね。オモチャをイヤと言うほど買わされたっけ〜(笑)。   P:▼/先行の日のレイトショーで観に行ったら満員御礼の人気でした。周りを見   ると40代くらいの人が多く、あとは若い男の子ばっかり。自分は小さいころに   アニメで見ていた記憶があるんですけど、「トランスフォーマーってこんなに   コミカルだったっけ?」と思いましたね。スピルバーグの秘蔵っ子・シャイア・   ラブーフ(『コンスタンティン』でキアヌ・リーブスの弟子をやってた子)の   主演デビュー作でもありました。 雲:▼/最初のトランスフォーマーのカナ文字のタイトル出たとき、ごっつ安もん   臭ぉてイヤな予感はしたんや。エイリアンもんもネタ切れて、とうとうロボッ   ト出してきたけど、扱い方がスベっとるんとちゃうけ?機械油の匂いがするエ   イリアンちゅうのはまったく共感できんわい。ロボコン命の兄ちゃんにはオモ   ロイやろけど、わしにはマンガやった。わし、ガソリンの切れたロボットみた   いに、この映画で固まってしもた。    ----------------------------------------------------------------------   ●2位『カタコンベ』…………………………………………………▼▼▼-3   M:▼▼▼/ひたすら自己チューな登場人物ばかりで、疲れてしまう映画。ロック   スターのPINKが出るというから、かなり期待したのにな。彼女が一番アウトやっ   たね。それと、閉所恐怖症の人は観るべからず!    ----------------------------------------------------------------------   ●2位『エクスクロス 魔境伝説』…………………………………▼▼▼   雲:▼▼▼/コスプレ女と足を引きず怪しさばればれの宿の番頭が出てきた途端、   わしゃこの映画を捨てた。旅人の足を切るため、押し寄せてくる村人らは全員   腱を切ってて、まともに歩けんくせに、お前ら逃げるクルマを全力疾走かい。   北京まで走っていけ。悪コスプレ姉ちゃんは、火だるまになって爆発までした   のに、なんで不死身やねん。こんなもんホラーやない。低級コメディや。 ゴ:0/私はコレ、原作とはまた違ったテイストのB級カルトに仕上がっていて結   構ウケました〜。ある意味、爽快? バカバカしいほどエキセントリックな人々   のバトルぶりにあきれ果て、携帯越しに声だけ出演していたキーパーソン(な   んとその声は、ジャック・バウワー!笑)が、最後の最後で、謎に包まれてい   たその姿を現したときのショーゲキ(笑激)といったら!ソコだけでも一見の価   値あり?? その顔でその声!? シネ史上に残る“珍”吹き替えです!(笑)       ----------------------------------------------------------------------   ●3位『長江哀歌』……………………………………………………▼▼▼☆-2   雲:▼▼▼/なんじゃいこのデレーンダラーンと間延びし尽くした、パンツのゴム   ゆるゆる演出は。16年ぶりに水没する町へ嫁と娘に合うために出てきた小汚い   おっさんが小汚いとこへ泊り込んで、解体作業しながら再会をジトッと待つだ   けっちゅう、死にほど退屈な「芸術映画」だす。好意的に汲み取ったら、ゼニ   ゼニゼニの世の中に変貌する中国の腐った人心を、長江の悠久の流れと対比さ   せて嘆いている……とも取れるんや。賞取るほどの感動なんかどこにもない。    ----------------------------------------------------------------------   ●3位『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』………………………▼▼-2   A:▼/「何で全編セリフが英語なの?」そんなことあんまり深く考えずに観れば、   キャストもセットもストーリーもゴチャゴチャ盛りだくさんで楽しいかもよ。   さしずめ隠し芸大会紅白戦って感じだったもんね。Q・タランティーノも出て   ますし。エンドロールの♪ジャンゴぉ〜♪ってサブちゃんの唄にもシビレた。   けど観た後どっと疲れたから▼。もう1回観てとお金を積まれてもムリだわ。     ----------------------------------------------------------------------   ●3位『ブレイブ ワン』……………………………………………▼▼-2   A:▼/「あなたは許せますか?彼女の“選択”」う〜ん、ワタシはビミョウです。   フィアンセを失い、自らも傷ついた主人公エリカ(ジョディ・フォスター)の   痛みは理解できるけれど、目には目をと報復に走るのには・・・反対かも。意   外だったのは本編ラストにマーサー刑事(テレンス・ハワード)のとった行動。   彼は警官であることよりエリカの親友であることを“選択”したわけね。さあ   皆さんご一緒に「どんだけ〜」! ゴ:▼/ジョディがこのヒロイン役を引き受けたの、ちょっと意外な気も。“闘う   女”モノは得意だけど、この役は倫理的にビミョウだもんなあ。でも、実際の   法では、犯した罪の重さや、罪に無自覚な悪党にふさわしいだけの罰?を与え   られているか?と問うた場合、「不平等」で納得しがたい状況があるのも事実。   「必殺仕事人」みたいに、被害者の無念を晴らしてほしいと思う被害者や遺族   の気持ちもわからないではない。もし、自分や自分の大切な人が同じような目   に遭わされたら…って思うとね。「善」だけが「正義」じゃないかもってね。   刑事役のテレンス・ハワードとえいば、リチャード・ギアと競演している『ハ   ンティング・パーティ』( www.huntingparty.jp/ GW公開)で、とてもチャーミ   ングなジャーナリスト(報道カメラマン)を演じていて、すっかりファンになっ   てしまった。      ----------------------------------------------------------------------   ●3位『恋空』…………………………………………………………▼▼-2   P:▼/今流行りの“ケータイ小説”の映画化。何でも実話が元になったお話しだ   そうですが、レイプ・妊娠・流産・彼の死…と、主人公の美嘉は高校から大学   にかけてものすごい経験をしてますよね。電車の中とかで女子高校生が「『恋   空』みたいな恋がしたい」とか話してるのを聞いたことがあるんですけど、そ   れはただ純愛をしたいというだけなのかどうなのか気になりました。だって、   ねぇ。かくいう私はご察しの通り、冷めた目でこの作品を観てました。    よ:▼/えっこれって純愛映画だったの?!ていうか、昼ドラ+韓ドラ=この映画っ   て感じがしたんですが・・・。こんな波乱万丈な人生を10代で送ちゃったら残   りの人生がさぞつまらなく感じるのでは?とおばちゃんは思うのですよ。     ----------------------------------------------------------------------   ●3位『茶々/天涯の貴妃』…………………………………………▼▼-2   P:▼▼/元タカラジェンヌの和央ようかさん、立ち姿はきれいなんだけど、肝心   の演技のほうが…。まぁ、時代劇が苦手な自分がいうのも何なのですが。  ----------------------------------------------------------------------   ●3位『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』…▼▼-2   A:▼/ムチャ増毛して若返ったニコラス・ケージの人気シリーズ第2弾ね。お宝   探しのためにバッキンガム宮殿(英)からホワイトハウスへ。はたまた必要と   あらば合衆国大統領も誘拐しちゃって、ホントに何でもアリな展開に失笑。ア   メリカ人にはたまらん内容だろうが、ワタシ的には前作同様B級映画以外の何   ものでもなかったわ。   P:▼/『インディ・ジョーンズ』をあまり知らない私ですが、この映画って現代   版インディみたいな感じなのでは、と思っちゃいました。しかし、ニコケイは   目がきらきらしてますよね。目だけ観たら子供みたい(笑)。    ----------------------------------------------------------------------   ●3位『インベージョン』……………………………………………▼▼-2   A:▼/我が子を助けるためなら愛する男性も撃っちゃう強〜いママをニコール・   キッドマンが力演。彼女かなり激烈なカーアクションも頑張ってこなしてます。   ☆をあげたいところだけど、ストーリーがキモ過ぎてダメだわ、コレ。未知の   ウィルス感染者のゲロンパを顔に浴びたり飲んだりして眠りに落ちると、また   また感染しちゃう設定がいやん。人類にとって非常に都合のいいユル〜いラス   トにもがっかりよ。    ----------------------------------------------------------------------   ●4位『ウィッカーマン』……………………………………………▼-1 ゴ:▼/主人公(ニコラス・ケイジ)的に、あんなラストでいいんでしょーか!?   いや、マズいでしょう!(笑) 本作やら、上の『ナショナル・トレジャー』や   ら、最近、すっかりB級づいてるニコラスですが、   新作『NEXT』( http://next-movie.gyao.jp/ GW公開)ではハゲ全開(笑)で奮闘   してます!やっぱヘタな増毛など姑息なマネするとロクなことないってことで   しょーか(笑)        ----------------------------------------------------------------------   ●4位『クワイエットルームにようこそ』…………………………▼-1   A:▼/松尾スズキ監督作品だもの、そりゃあ期待して観ましたよ。でも当日体調   不良だったのか寝不足だったのか超退屈だったのか、中盤から爆睡・・・。主   役の内田有紀ちゃんがゲロンパまみれになって精神病院女子閉鎖病棟に搬送さ   れ、大竹しのぶ扮する過食症オバさんや蒼井優ちゃん扮する拒食症の劇ヤセ少   女なんかと出会って・・・、そこらへんからわからなくなって、起きたら有紀   ちゃんもうすぐ退院みたいな。プロパー払ってこれは悲スィ。DVDで再挑戦ね。    P:0/オーバードースで精神病院の閉鎖病棟送りにされた明日香の14日間の物語。   閉鎖病棟送りになっちゃうと、送られた理由がどうであれ、その人の言い分は   信じてもらえない事実にぞぞぞっとしました。目が覚めて自分が5点拘束とか   されていたらびっくりしますよね、しかも、真っ白い部屋でなんて。明日香が   同棲相手(クドカン)のおしりを触って「落ち着く〜」と言っていたシーンは   何だか和みました(笑)。     ----------------------------------------------------------------------   ●4位『Little DJ/小さな恋の物語』 ……………………………▼-1   M:▼/主人公の神木隆之介クン、少しは成長したけど、やっぱし子役の青臭さが   鼻につく。相手役の福田麻由子ちゃんも、普通のいい子ちゃんで、こんな映画   に出るのはもったいない。     ----------------------------------------------------------------------   ●4位『やじきた道中 てれすこ』…………………………………▼-1   A:▼/観に行った劇場は巣鴨系団体でいっぱいだった。本編中おちゃらける勘三   郎を観ては笑い、奇声を上げる柄本明を観ては笑っているじいちゃん、ばあち   ゃん達についていけず、ワタシは終始退屈していつのまにか熟睡。花魁キョン   ×2が作りモノの指をいじってるところまでは覚えてるけど、目が覚めた時に   はラストの大井川のシーン。ところで“てれすこ”って?  ----------------------------------------------------------------------   ●4位『アイ・アム・レジェンド』…………………………………▼-1   雲:▼/B級のくせに、思くそ背伸びしてカッコよう見せようとしてる映画や。   これはホラーなんか、近未来もんなんか、アクションなんかどやっちゅうねん。   ええのは展示空母の上から、無人のニューヨークにゴルフ打ちっ放しする象徴   的なシーンだけや。後はゾンビとバイオハザードの化けもんがオワオワ出てく   るだけや。お前ら太陽の光に弱いとか、暗闇に生きてるとか、馬鹿力が出ると   かワンパターンやのぉ。もうそんなんアキたで、わしら。 P:0/前半後半とわけられる作品ですね、これは。予告編で見せているのは“前   半”部分で、他に人の見当たらないNYの街でウィル・スミスと愛犬のサムが暮   らしているという内容。後半はウィルスが問題になってくるんですけど『バイ   オハザード』とちょっと被る感じでしたね、公開時期も近かったし。前半部だ   けだったら☆だったけど、後半部とあわせるとプラスマイナスゼロでした。 A:0/地球上、自分以外みんな怪物。想像を絶する恐怖と孤独だよね。唯一の友   愛犬サムを喪うシーンには泣けた!    ----------------------------------------------------------------------   ●4位『サイボーグでも大丈夫』……………………………………▼-1   M:▼/『JSA』をはじめ、『復讐者に憐れみを』『親切なクムジャさん』『オー   ルド・ボーイ』の復讐3部作など、これまで、パク・チャヌク監督が作った映   画はどれも好きだったのに、この映画はダメだった。大人のおとぎ話って監督   は言ってたけど、私には、ティム・バートンの真似にしか見えなかった。イム・    スジョンの顔もひたすら怖いし。  ----------------------------------------------------------------------   ●5位『グッド・シェパード』………………………………………☆▼0   A:☆/国のために恋人も妻も息子の愛も失うCIA創設者エドワード・ウィルソンを   M・デイモンが力演。嘘と秘密にまみれた彼の半生を名優ロバート・デ・ニー   ロがドライなタッチで描ききった秀作ね。 M:▼/なんでかなあ、こんだけ大物が出てるっちゅうのに、さっぱり印象に残っ   てない。アンジェリーナ・ジョリーに至っては、全くの添え物で、他のキャス   トで行くべきではなかったかと。  ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ヘアスプレー』………………………………………………☆▼0   A:▼/ヒロイン・トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)も可愛かったけど、パ   パ役のクリストファー・ウォーケンの方がチャーミングだったな。ブーブーク   ッションを敷き詰めて寝るシーン、笑った。対して特殊メイクでビッグママに   変身したジョン・トラボルタには目がテン。どう観たってキモかったはアレは。 よ:☆/この映画をキッカケにぽっちゃりブームが起きるかと思ったらぜんぜんブー   ムにならなかったワ〜。残念・笑    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『怪談』…………………………………………………………☆▼0   雲:☆/目腫れ女は黒木瞳やし、出てくる女優陣もなかなかのなかなかや。ほやさ   かいに、呪怨みたいに隣のおっさんの頭しばいたろかと思うほど怖いことない。   ホレられた女の祟り……わし、こっちの方がコワイ。いっちゃん怖い映像は、   累が淵の橋を追ってくるお師匠はんの足音と隙間から覗く目やった。貞子の監   督も、美しい怪談をば、うまいこと文芸作品的に仕上げよったもんや。 A:▼/中田秀夫監督作品てことでかなりなインパクトを期待してたんだけど、あ   んまり怖くなくて退屈なメロドラマだったなあ。ただ菊之助は美しかった。で   もそれだけぇ〜。    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『パーフェクト・ストレンジャー』…………………………☆▼0   P:▼/最後の最後まで犯人が誰かわからない、と謳ってましたが、確かにああい   う展開だとは。もうちょっとひねりがあるものだと思ってました。しかし、ハ   ル・ベリーってもうけっこう良い御年なのですね。なのにあのスタイル、すご   い。彼女然り、ニコール・キッドマン然り、妊婦さんになってもきれいな人は   きれいなんだなぁ、と思う今日この頃です。   よ:0/「ラスト7分、アナタは絶対騙される」て言われると、人間そう簡単には   騙されません。という訳でネタが分かってしまったので、面白さ半減。予告で   こう言うのは無駄にハードルあげてる気がするので、やめたほうがいいと思う   んですが。   雲:☆/ラスト7分、あなたは絶対に騙されるっちゅう、犯人は誰にもわかりまへ   んでぇとぬかす宣伝文句やけど、その宣伝文句で、わし犯人の予想ついてしも   たで。読者のみなさん、これからはわしのことを金田一雲谷斎と呼んでくださ   れ。推理サスペンスとしては、まあまあ楽しめると思いますなぁ。テンポも悪   いことない。そやけどこの映画、一流の匂いがせんのはなんでやろ。最後のト   リックに気がいってしもて、そこへ導くのがみんな段取りに見えたからやろか。   ゴ:0/「最後までわからない」「絶対騙される」って煽られた時点で、「そこま   で言うなら、犯人はアレしかないだろ」って逆に想像ついちゃうんですよ、確   かに。で、その逆読み、深読みをも、覆してくれるんならともかく、思いっき   きり深読みどおりなんですけど〜!(苦笑)       ----------------------------------------------------------------------   ●5位『オーシャンズ13』……………………………………………0   A:0/印象に残ってるのは媚薬ギルロイと付け鼻M・デイモンだけ(笑)。ハリ   ウッドオールスターズのイカサマ祭、今度はもしかして『オーシャンズ14』?    ゴ:0/内輪メンバーに女っ気が無かったところだけがよかった13。14になっても、   女人禁制にしてね!(笑)     ----------------------------------------------------------------------   ●5位『幸せのレシピ』………………………………………………0   A:0/気持ちを完全武装してシェフとして生きるシングル女性ケイトをキャサリ   ーン・ゼタ=ジョーンズが好演。美しさがウリの彼女も、アップになるとお肌   のキメが少々荒くて、なんだか年齢を感じてしまったわ(苦笑)。劇中ケイト   のセラピストが彼女にしたアドバイスは「自分のレシピがベストなんだよ」。   なるほど。  ----------------------------------------------------------------------   ●5位『象の背中』……………………………………………………0   M:0/主人公の役所広司が余命わずかと宣告されて、妻や愛人や、会いたい人に   会って大切な時間を過ごすという映画。観た夫いわく、「ええなー。妻が愛人   に『お世話になりました』って言うねんで。たいした男やんなあ…」。ほーぅ。   そんで?    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ディスタービア』……………………………………………0   P:0/覗きが趣味だなんて、ハシタナイんですけど、この作品はそれがキーワー   ド。自宅謹慎となった主人公が家で何もすることがなくなって、退屈しのぎに   回りの家を覗くことに興味を持ちはじめて…。とにもかくにも、家の中から出   ちゃいけない、なんて健全な高校生には無理な話ですよね。そうそう、私には   隠されていた死体が“ムンクの叫び”みたいに見えたんですけど、周りの人曰   くそうは見えなかった、と。みなさん、チェックしてみてくださいね。 よ:0/これも思いがけずよかったで賞です。のぞきはいけません!でもやってし   まう。そしたら思いがけない物まで見てしまった!てな感じで。隣人役の人が、   レクター博士バリになんか恐かったです。  ----------------------------------------------------------------------   ●5位『椿三十郎(2007)』…………………………………………0   P:0/松山ケンイチくんをはじめとする9人の若侍のおどおどした演技が楽しかっ   たです。松山ケンイチくんは役柄によって本当にがらっと変わりますね。    ----------------------------------------------------------------------   ●5位『ベオウルフ/呪われし勇者』………………………………0   P:0/パフォーマンス・キャプチャーなる最新技術を使って作られた次世代映像   最新デジタルアニメーション映画。こう言葉にするとまどろっこしいのですが、   一度観てみれば納得できると思います。この作品での見所というと、勇者ベオ   ウルフ(レイ・ウィンストン)のモザイク入り股間、アンジェリーナ・ジョリ   ーのシルエットのきれいさ。前者は怪物グレンテルとの戦いのときのシーンな   のですが、あまりにも不自然なので失笑しちゃいましたよ。  ----------------------------------------------------------------------              そ・ん・な・わ・け・で      ┌───────────────────────────────┐   |   上半期&下半期通して、最も番付で▼をたくさん獲得した  |   |トレキャ的2006年度ワーストシネマ・オブ・ザ・イヤーはこれだ! |   |                               |   |  ●『バブルへGO!!』『蒼き狼』『魍魎の匣』『ナンバー23』  |   |         上記4作同点▼▼▼▼−4          |   |http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2007/09/2007_2520.html|   |                               |   |  (ちなみに2006年のワーストは『ゲド戦記』(▼14)でした!) |   |                               |   |       ↓2007下半期番付以前の結果はこちら↓      |   |   http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  |   └───────────────────────────────┘    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!             ↓メール投稿はこちらまで↓             < gotown@a2.mbn.or.jp >   ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので    匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編    集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ゴ:さて、今回の言いたい放題のシネマ番付<下半期>、いかがでしたか?   映画の楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!   では次回、2008年上半期の番付にて、またお会いいたしましょう。   See You!         ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆        ■シネマ関連ビジネス情報  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃  ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃  ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!  ◆………………………………………………………………………………【全65本】           〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜              <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>           「○」印→ソフト系ネタ           「◎」印→ハード系ネタ           「●」印→海外流行ネタ           「△」印→注目作品ネタ   メルマガ誌面に入りきらなかったため下記計65本の詳細はブログに掲載!                 ↓   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/from2007_0085.html  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘  ◆…………………………………………………………………………………【姉妹誌】    姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!    ┌───────────────────────────────────┐   ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai   └→『カラダトレーナー』『リムジンパーティ』『墓場鬼太郎』等   ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   └→『ケーキーズ』『パッツン前髪/おかっぱフォルム』『鬼ごっこ』等   ○【マーケ】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html   └→ 『ギャル(略)語』特集等  └───────────────────────────────────┘     ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート(後編)』   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko          三大スタイルはマーメイド、トーガ、エンパイア!                  ◆◇◆◇◆   今年のアカデミー賞授賞式で目を引いたのが赤いドレス。米国のティーンージ   ャーに絶大な人気を誇るというマイリー・サイラスの若さ溢れる真紅から、役   を演じていなくても「女王」の気品と貫禄が滲み出るへレン・ミレンのワイン   レッドまで、世代も体型も異なる女優達が様々な赤を着こなしていた。中でも   ドラマチックという点でダントツだったのが、スーパーモデル(今や、猫も杓   子もこう呼ばれるようだが、本来は、この人くらいの世界的知名度や存在感を   持つモデルを言うのではないか)、ハイジ・クラムの着たジョン・ガリアーノ   の真紅のドレス。これは、授賞式後、心臓疾患を持つ女性を支援するためのチ   ャリティ・オークションに寄付されるという点でも話題を集めた。また、『プ   ラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイは、今年主流を占めたトーガ(古代ロー   マの外衣)風のワンショルダー、その肩から胸元までを飾るバラ、流れるよう   なドレープ- - -の全てが美しく調和した深紅のドレスで、脚光を浴びていた。   一方…、「今年はノミネートされておらず、……」(↓全文を読む)   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/80_a572.html                     ◆   ※前編「アウトサイダー達が輝いた年」   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/80_6a17.html   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】   ・『SUMO-lah』<マレーシア編>   ・『Dhoom2』<インド編>   ・『風の前奏曲』<タイ編>     ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>   ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>  ┌───────────────────────────────────┐   ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  └───────────────────────────────────┘    ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆        ┌──────────────────────────┐      │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │       |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |      |         ほぼ毎日更新中!         |      └──────────────────────────┘    ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html   ・最新シネレビューはこちらをチェック!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/or_971f.html   ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html   ◆最新更新情報はこちら!   └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/    ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。     アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。    ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html                       ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆             こちらは無料!よろしかったらぜひ!!          http://homepage2.nifty.com/oubo.html          ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!    └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html    ◆『ドラマ番付』終了後番付配信待機!    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ◆『トレキャ☆マーケ』』「ギャル(略)語特集号」配信!    └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html     ◆◆◆◆◆◆…………トレキャ!がコラボする外部サイト…………◆◆◆◆◆◆               ◇ソニーTV番組総合情報サイト『テレビ王国』www.so-net.ne.jp/tv/    ・『新ドラを斬る!』 http://www.so-net.ne.jp/tv/banduke/bn_index.html    ・『トレンドスコープ』 http://www.so-net.ne.jp/tv/research/     ・『業界オフレコトーク』(終了)   ◇ライブドアニュース http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__4/category    ・モテ非モテ  http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__87/vender     http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2681205/detail     http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2732807/detail?rd   ◇就職ポータル『COBS』 http://cobs.jp/     ・『目指せ!愛されMAN』 http://biz.mycom.co.jp/life/ideal/01.html    ・『提案営業に学ぶ 恋愛〜』http://cobs.jp/skillup/rt/01.html   ◇恋愛ポータル『モテ非モテドットコム』 http://www.motehimote.com/    ・『社会トレンドと女ゴコロ』http://www.motehimote.com/section4/index.html    ・『映画に学ぶモテの法則!』 http://www.motehimote.com/movie/m_01.html   ◇恋愛ポータル『恋タメ!』 http://www.rentame.jp/    ・『リアル恋愛レポート』  http://www.rentame.jp/r_mote34.php   ◇『味千マガジン』 http://www.aji1000.co.jp/   ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○