トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート(前編)』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                              TEXT by Reiko
				



                 <米国編>

            「アウトサイダー達が輝いた年」

                 ◆◇◆◇◆


  「80」というキリのよい開催回数の割りに華やかさに欠けた今年のアカデミー
  賞授賞式。その第一の理由は、昨年11月5日に始まった脚本家組合のストライ
  キだろう。インターネット配信の2次使用料を最大の焦点とする組合と映画会
  社/テレビ局側の交渉が決裂し、ストが決行されたことで、ゴールデングロー
  ブ賞授賞式は中止に追い込まれ、オスカー(アカデミー賞の愛称)の授賞式開
  催も危ぶまれていたのだ。そんな「ハリウッドの危機」に輝いたのが、主演、
  助演の各男優/女優賞を獲得した4人の外国人俳優ら「アウトサイダー達」で
  ある。また、作曲賞(『つぐない』のダリオ・マリアネッリ)と美術賞(『ス
  ウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』のダンテ・フェレッティ)
  を手にしたのはイタリア人だったし、本命視されていたディズニーの『魔法に
  かけられて』を退けて歌曲賞を獲得したのはアイルランド映画『ONCE ダブリン
  の街角で』の「Falling Slowly」だった(個人的には、末恐ろしいような11歳
  の少女をフィーチャーしたゴスペル「Raise It Up」(『August Rush』)が良
  かったが...)。

  だが、何も外国人ばかりがアウトサイダーとは限らない…(↓全文を読む)
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2008/03/80_6a17.html


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】

  ・『SUMO-lah』<マレーシア編>
  ・『Dhoom2』<インド編>
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>