トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』 〜2008年度ベスト編〜

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□
  
  ◇ はじめに ………………『ご挨拶』
   
  ◇ クロストーク……………『シネマ番付 2008年度ベスト編』
  
  ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(全56本)』
                              
  ◇ 海外発!シネマ情報……『「スラムドッグ$ミリオネア」(英国編)』
 
  ◇ トレキャ!・ブログ……『映画・テレビ/芸能・アイドル』
                最新シネレビューはこちらをチェック!

  ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在3種類のサービスを提供しています!
    
  ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!

  ◇ トレキャ!がコラボする外部サイト…こちらもよろしかったらぜひ!!

 
                  ◆◇◆
 
   近日配信の後編NO.2メールにて・『2008年度ワースト編』
                 ・『海外発!シネマ情報』をお届けします。


 ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆
  
  こんにちは! 編集長のGochy!です。
  
  この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!
  
  ↓81回米国アカデミー賞受賞結果
  http://www.wowow.co.jp/oscars/awards/81academyawards/nominees.html
  ↓32回日本アカデミー賞受賞結果
  http://www.japan-academy-prize.jp/
  ↓82回キネマ旬報映画ベスト10
  http://www.kinejun.com/tokubetsu/bestten.html

  と、国内外の一連の受賞作が発表されましたね。
  
  2008年度公開作品を対象にしたトレキャ!シネマ番付もお届けの時期。
  該当作品がちょうどレンタルされ始めた時期でもありますので、
  春のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。
  
    
 ━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■■■■■【楽天レンタル】 /宅配DVDレンタルが今なら無料■■■■■■
 24時間いつでもネットでDVDのレンタル予約がOK!送料無料でお届けします!
 ご希望の配送先までDVDをお届け!専用封筒でポスト投函の簡単返却!
  ■■■■■ 送料なし/返却期限なし/延滞料なし/入会金なし■■■■■
 http://click.j-a-net.jp/1328/244304/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

 
 
 ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆
 
    トレキャ編集部のシネマ・マニア4人&読者ゲスト1名の計5名が、
    お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
    2008年度公開シネマ(1月末〜12月末までに封切られた作品)を
    シビアにランキング。
       
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ↓ちなみに2007年度までのシネマ番付の結果はこちら↓  
       http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
              ■『ベスト番付!』■
                (15点満点) 
 
  ★下記リストのDVD(もしくは公式サイト)へのリンク一覧はこちらから
   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/2008-73cc.html


1位『おくりびと』……………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆14
2位『闇の子供たち』……………………………………………☆☆☆☆☆☆6
2位『ダークナイト』……………………………………………☆☆☆☆☆☆6
2位『ミスト』……………………………………………………☆☆☆☆☆☆6
3位『セックス・アンド・ザ・シティ』………………………☆☆☆☆☆5
3位『ラスト、コーション』……………………………………☆☆☆☆☆5
3位『アフタースクール』………………………………………☆☆☆☆☆5
3位『レッドクリフ Part I』…………………………………☆☆☆☆☆5
3位『バンテージ・ポイント』…………………………………☆☆☆☆☆5
4位『クローバーフィールド/HAKAISHA』……………………☆☆☆☆4
4位『ノーカントリー』…………………………………………☆☆☆☆4
4位『最高の人生の見つけ方』…………………………………☆☆☆☆4
5位『ザ・マジック・アワー』…………………………………☆☆☆☆▼3
5位『ラースと、その彼女』……………………………………☆☆☆3
5位『君のためなら千回でも』…………………………………☆☆☆3
5位『ダージリン急行』…………………………………………☆☆☆3
5位『シークレット・サンシャイン』…………………………☆☆☆3
5位『イントゥ・ザ・ワイルド』………………………………☆☆☆3
5位『マルタの優しい刺繍』……………………………………☆☆☆3
5位『相棒』………………………………………………………☆☆☆3
5位『20世紀少年 第1章』……………………………………☆☆☆3
5位『トウキョウソナタ』………………………………………☆☆☆3
5位『ホット・ファズ』…………………………………………☆☆☆3
6位『歩いても歩いても』………………………………………☆☆2
6位『ゲット スマート』………………………………………☆☆2
6位『クライマーズ・ハイ』……………………………………☆☆2
6位『ジュノ』……………………………………………………☆☆2
6位『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』☆☆2
6位『ペネロピ』…………………………………………………☆☆2
6位『ブタがいた教室』…………………………………………☆☆2
6位『風の外側』…………………………………………………☆☆2
6位『陰日向に咲く』……………………………………………☆☆2
6位『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』…☆☆2
6位『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』 ☆☆2
6位『つぐない』…………………………………………………☆☆2
6位『うた魂♪』…………………………………………………☆☆2
6位『ネコナデ』…………………………………………………☆☆2
6位『グーグーだって猫である』………………………………☆☆2
7位『ウォンテッド』……………………………………………☆☆▼1
7位『イーグル・アイ』…………………………………………☆☆▼1
7位『ファンジニ』………………………………………………☆1
7位『Mr.ビーン/カンヌで大迷惑』………………………☆1
7位『ライラの冒険/黄金の羅針盤』…………………………☆1
7位『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』…☆1
7位『ハンコック』………………………………………………☆1
7位『ランボー/最後の戦場』…………………………………☆1
7位『魔法にかけられて』………………………………………☆1
7位『デトロイト・メタル・シティ』…………………………☆1
7位『潜水服は蝶の夢をみる』…………………………………☆1
7位『世界で一番美しい夜』……………………………………☆1
 
                               ↑IN!
-------------------<ボーダーライン>-----------------------
                               ↓OUT!

“OUT!(ワースト)組”のランキングは
 近日配信予定のNO.2の“裏番付”でお楽しみ下さい!
                          

     
                 ◆◇◆


◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's  Talk! ━━━━━━━━━━━━◆

      ゴ=Gochy! A=ABBY よ=よっしー M=MARS 
          雲=読者ゲスト「雲谷斎」さん
  ─────────────────────────────────
      <読者ゲスト雲谷斎さんからトレキャ!読者へメッセージ>
   シネ番の読者の皆様こんにちは。わし、雲谷斎と申します。シネ番と
  ゴクラク映画感は、長いお付き合いさせてもろてます。兄弟仁義の盃を
  交わしてウン年になりますかねぇ……しみじみ。こてこて大阪弁のお笑い
  映画評という、ゆる〜い映画評メルマガを10年出し続けてますんや。
   ★よければ読者登録を:http://www.mag2.com/m/0000004656.html
  ─────────────────────────────────

 
ゴ:日本映画製作者連盟の集計によると2008年に上映した邦画の興行収入は前年
  から22.4%増え過去最高。中でも邦画興行収入トップは『崖の上のポニョ』
  の約155億円で、上位10作品中8作が東宝作品という“東宝一人勝ち”状態に。
  一方の洋画興収については、前年から23.9%ダウンで洋画トップは『インディ
  ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』で57億1000万円。
  2008年度映画興行も「邦高洋低」傾向が顕著でしたな。
  ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『スラムドッグ$ミリオネア』
  公式サイトURL→ http://slumdog.gyao.jp/
  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/or-971f.html
   
A:ここ数年ずっとワタシの年間ベスト1も邦画。昨年秋『おくりびと』に出会っ
  た時も「キタ〜っ!」と思った。笑えて泣けて見た後元気が出る、ワタシが理
  想とするそんな映画の要素がギッシリ詰まってたからね。良いものはイイ!だ
  からアカデミー賞受賞は必然だったんだよ、きっと。他にも大小邦画の逸品が
  次から次へと公開された2008年。自然と劇場に行く回数も増えましたぁ♪
  ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『ホノカアボーイ』
  公式サイトURL→ http://www.honokaa-boy.jp/
  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/or-971f.html

M:あんまりたくさん観れてなかったんですが、その割に当たりが多かったみたい
  です。みなさんのコメントも、期待してなかったのによかったってのが多いし、
  やっぱし映画は、素で観るほうが楽しめるんかもね。
  ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『チェンジリング』
  公式サイトURL→ http://www.changeling.jp/
  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/or-971f.html

よ:2008年もやはり『おくりびと』や『アフタースクール』などお気に入りの映画
  は邦画に。でもそんななかでもチョイチョイ洋画でもよい作品が多くなってき
  た気が。2009年は邦画も洋画も、もちろんその他の映画も大ヒットして、映画
  人口の底上げを期待してまっす。
  ※現在公開中orこれから公開のオススメ作品は『クローズZEROII』に期待!
  公式サイトURL→ http://www.cz2.jp/index.html 
  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/or-971f.html
   

 ----------------------------------------------------------------------

  ※下記作品へのコメントは☆をつけた者が全員しているわけではありません。 

    
●1位『おくりびと』……………………………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆14
 http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/2008-73cc.html
 ↑アマゾンの☆付けとレビューも読んでみる?

A:☆☆☆/まず、米アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます!山形
  庄内地方の美しい四季と優しいチェロの調べをバックに、様々なヒトの旅立ち
  (死)を見送る納棺師という仕事にスポットを当てた本編は、時にはユーモラ
  スにまた時には厳かに見るものを惹き込む。納棺の儀の際の本木君と山崎努の
  所作がとても美しく遺体への思い遣りにあふれていて見ていていつのまにか遺
  族の気持ちになってた。自分の愛するヒトもこんな風に見送りたい、そして自
  分もいつかあんな風に見送られたい。死を見つめながら、生きる喜びをおしえ
  られたような…、そんな記憶に残る傑作。オスカー特需か今劇場は平日朝から
  『おくりびと』目当てのヒトで大混雑してるけど、未見の方にはぜひオススメ!

雲:☆☆☆/いやぁ、なんちゅうか、まるで神職のように神々しい儀式で、様式化
  された一連の所作は、茶の湯や華道にも似た美しさがあるんや。わしは誤解を
  恐れずに言うと、カッコエエとさえ思たで。もうこれは神官やなぁ。聖なる神
  官や。いやぁ泣いた泣いた、これは泣ける名作でっせぇ。日陰の業種に名誉を
  与えた功績は大きいし、わしら見る者は心から浄化されてしまいますなぁ。

よ:☆☆/この映画を見ていたら亡き父の葬儀の時を思い出し、泣けて泣けて…。
  父の時も綺麗に化粧してもらったし、神業のような衣装替えを間近でみたおか
  げで「納棺士」という言葉は知らなかったけど、偏見はなく、むしろ感謝したっ
  け。だから、主人公の妻や友人がこの仕事をすごく嫌っていた前半はなんかす
  ごく違和感があったなぁ。でも世間ではそんな感じなのかな?でもアカデミー
  賞もとったし、納棺士の仕事も人気急上昇だというし、これで世間の偏見もな
  くなるのかも?!

M:☆☆/祝!アカデミー賞外国語映画賞受賞!これは明らかに題材の勝利。今ま
  でになかった仕事人にスポットを当てて、ハンサムなモッくんが演じたことで、
  さわやかな現代感覚が加わった。私としては、広末が女優としてもっと成長し
  てくれたらいいのになーと思う今日このごろ。彼女の白いパンティだけが目に
  焼きついた。  

ゴ:☆☆☆/このシネ番の〜2008上半期総括+新作レビュー〜(2008.9.30配信号)号
  で、オススメ新作映画として、複数のスタッフが「今年のベスト1かも」と絶
  賛しておりましたが、本当にベスト1となりましたねぇ。
  http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/02/post-4569.html
  この映画のアカデミー賞受賞をきっかけに、専門学校の葬祭コーディネーター
  養成コースへの資料請求数が前年比4割増だって。特に社会人からの資料請求
  が多いらしいけど、子供にやらせたいという親からの問い合わせも少なくない
  そう。手垢のついてない映像題材として、次なる隠れた仕事人を抱える専門業
  界さんは、エンタメ界にプレゼン活動したらいいんじゃないかしら?
   
 ----------------------------------------------------------------------

2位『闇の子供たち』……………………………………………☆☆☆☆☆☆6

ゴ:☆☆/近年稀に見る衝撃作でした。ドキュメンタリーのような圧倒的なリアル
  さは息を呑むほどで、演出も見事。原作の小説は映画よりもさらに容赦がなく、
  読みながら、あまりのむごさに声をあげて泣いてしまいましたが、映画では小
  説とはまた違うラストが用意され、それはそれで人の心の闇を深く考えさせら
  れるオチとして私は悪くはなかったと。ここに描かれている現実を知ったら
  “命の価値はみな等しい”など軽々しく言えなくなりますね。
 
A:☆☆/酷いのは承知の上で覚悟して見に行ったけれど、タイの子ども達への仕
  打ちがあまりにリアルで、どうしようもなく打ちのめされてしまいました。原
  作も手にとって見たけれど、今だに読みきれてません。これが現実?世界のど
  こかで今もあんなことが?ワタシが生きている世界は自分が思っているより遥
  かに狭くてヌルイんだってことを思い知らされる作品でした。
 
よ:☆☆/いやー、これを見てかなり衝撃を受けましたよ。もうタイに旅行は絶対
  行けない!!とまで思ったほど。いたいけな子供達の売春はもちろん許せなかっ
  たけど、臓器売買の実態にも驚いた。でも佐藤浩市演じる夫婦の立場に立つと、
  一概に買う方を責められなくて複雑な気持ちに。物語のラストは救いがあるよ
  うな、ないような…。でもこの映画に妻夫木クンや宮崎あおいみたいな旬の若
  手がでてくれたことはすごく立派だと思いますね。

 ----------------------------------------------------------------------

2位『ダークナイト』……………………………………………☆☆☆☆☆☆6

ゴ:☆☆☆/2005年『バットマン ビギンズ』の続編になる本作。独自のダークな
  世界観の中で描かれる善と悪…まるでコインの表裏のようなバッドマンとジョ
  ーカー。本作で完全に主演を食ってしまったヒース・レジャーの怪演が、もう
  二度と見られなくなってしまったことを思うと、彼の急逝は本当に残念。ゴー
  ドン警部補役のゲイリー・オールドマンにしても『ハンニバル』でのあの狂人
  役があまりに記憶に鮮明なため、この警部の善人顔の裏にどんなサイコな顔が
  隠れているのか?と最後まで疑い続けることが出来ました(笑)。
 
A:☆☆/ほんとにコレはバットマンじゃなく悪のカリスマ・ジョーカーしか印象
  に残ってないわ。映画の登場人物に過ぎないジョーカーがあんなにリアルに恐
  ろしく感じられたなんて!こんなのがいたらマジ大変だって見ててビビリ上が
  ったし。役者ヒース・レジャーの底力見たりって思った。ヒースの急逝により
  これが彼の遺作になってしまったことが本当に残念でならないね。

よ:☆/これは大人向けのスゴイ映画でしたね〜。真のヒーローって?善と悪の境
  目って?などかなり深い内容。主役はクリスチャン・ベールじゃなくって、完
  全にジョーカー役のヒースにもってかれてるし。脇役のハーベイ検事やゴード
  ン警部補の方が美味しいとこもってくし、主役が霞んでいたといえばそうなの
  だけど(苦笑)。でも主人公が超能力的な力を持つのではなく、ただの人間っ
  てところがいいですね。それゆえ人間の弱いところが強調されてるし。でもあ
  んな高い所から落ちて無事なのはやっぱり普通の人間じゃないけどね(笑)

 ----------------------------------------------------------------------

2位『ミスト』……………………………………………………☆☆☆☆☆☆6

雲:☆☆/昔、キングの初期の短編集で読んだがな、この映画の原作。どないなり
  ますんやろとヨン様をお迎えする空港のおばはんみたいに、ワクワクしながら
  読んだもんや。それがあんた、映画になったちゅうやないかい。これを観んと
  キミはいったい何を観るっちゅうねん。わし、近所のゴミ箱と野良犬けとばし
  て走っていったで。化けもんが霧の中に湧いてきた理由っちゅうのは古典的で、
  昔のSFで盛んに使われてた手や。最後の不条理がすごいので許したる。

ゴ:☆☆☆/『クロバーフィールド』『ハプニング』『地球が静止する日』と同様
  に、未知なる存在から人間が攻撃を受けるといったテーマの作品なのだが、中
  でもこの作品は人間心理の描写が頭抜けて素晴らしい。人の心…窮地に陥った
  ときの人間の精神状態こそが最も恐ろしきホラーであるということを突きつけ
  るリアルな作品。普通の父ちゃんがいきなりヒーローのごとく大活躍!とか、
  最後はお約束のように子供が希望の存在に!とか、そんな甘っちょろい予定調
  和的な期待を全て裏切りながら突きつけられる“これが現実”。つまりは、未
  知の化け物より、昨日まで一緒に過ごした「人間」が一番コワイってこってす。
 
A:☆/そうだねえ。ホントにこの世で一番怖いのは人間だってこと、コレを見て
  思い知らされたわねえ(ブルブル)。それにしてもあのラスト、後味の悪さで
  はきっと2008年のNO.1!体感したい方はDVDでどうぞ。
  
 ----------------------------------------------------------------------

3位『セックス・アンド・ザ・シティ』………………………☆☆☆☆☆5

A:☆/キャリー、サマンサ、シャーロット、ミランダ、SATCのヒロイン4人組が
  スクリーンにて再結集。TVシリースでは、一見夢のようにゴージャスでいて、
  その実甘いばかりじゃないそれぞれの人生を懸命に歩んでいる彼女達に何度も
  何度も励まされたっけ。アラフォーに差しかかった4人が直面する結婚の夢と
  現実とは?どんなにシビアな局面も友情があれば何とか乗り切れる!ほろ苦い
  失敗も人生のスパイスになる♪SATC大好きなあなた、映画版も必見です。

よ:☆☆/いつのまにかキャリー達もアラフォーになり、時の流れに感慨深くなる
  けれど、やっぱりそこはSATC。今までどおりファッションや男の話、そして女
  の友情が描かれていて、女子はいつまでも女子なんだよ〜ん!が満載で見てて
  元気になる映画ですね。女の友情も捨てたモンじゃないぞ!
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
3位『ラスト、コーション』……………………………………☆☆☆☆☆5

よ:☆☆/2008年の主演女優賞はこの映画のタン・ウェイに決まり!と思ったほど
  の見事な脱ぎっぷり。でも過激なシーンばかり強調されるけど、映画本編も緊
  張感の続くよい作品でした。トニーもしぶくてかっこよく、また惚れ直したわ〜。
  
M:☆☆/上半期の総評でも書いたけど、ベッドシーンの衝撃が最も強かった作品。
  でも、主演女優タン・ウェイはその後映画に出ていない。それがちょっと残念。

 ----------------------------------------------------------------------
 
3位『アフタースクール』………………………………………☆☆☆☆☆5

よ:☆☆☆/待ってました、内田けんじ監督!『運命じゃない人』で惚れてから次
  回作をどれだけ待ったことか。その期待を裏切らない作品ですよ。絶対だまさ
  れるよ、これは。劇場で思わず「えぇ!」ていう言葉を必死に飲み込んだんだ
  から。キャストもハマってたし、やっぱり内田監督の作品好きだなぁ

A:☆/そうそう!ワタシもこのSTORYのからくりにまんまと騙された一人です。
  そして同じく核心に触れて「えぇ!」と言いそうになりました(笑)。中盤か
  らヤバいクライムサスペンスになるかと思いきや、ラストはびっくり胸ホンワ
  カみたいな。未見の方のためコレ以上申し上げられませんが、中学時代の友達
  や思い出は一生モン!見た後そう感じ入った次第です。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
3位『レッドクリフ Part I』…………………………………☆☆☆☆☆5
 
ゴ:☆/しかし中国モノはスケールがでかくなるとみんな北京オリンピックの開会
  式の出し物みたいなスペクタクルになるのな(笑)。武将らの凄技の連打はひと
  つ間違えるとコントになりかねないあり得なさなのだが、そのあたりのさじ加
  減は、さすがジョン・ウー、ぎりぎりアート寄り(笑)。アクション以外の人間
  ドラマがもうちっと深いといんだけどね。

雲:☆/監督が手品のゼンジー北京みたいに、鳩飛ばしまくりのおっさんやさかい
  どうかいなぁという気もしたんや。相変わらず中国らしいやたらエキストラが
  ようけ出てくる、派手で有り得ん超人的な戦いでごわすなぁ。オールブラック
  スに、東海大仰星高校が挑むラグビーみたいなもんやがな。赤壁の戦いやるん
  かいなぁと思たら、出ました! 白鳩。バタバタと羽ばたいて、お前が主役か
  いみたいに飛びまくって「続く」やてぇ。
 
A:0/J・ウー監督お得意のスロモ映像に白いハトは健在ね。各キャラがこれで
  もかと言うほど(笑)際立っていて、原作未読のヒトにも十分楽しめたんじゃ
  ないかな。ワタシはと言うと高校の時勉強そっちのけで読破した原作をまたま
  た再読し始めました。が、年のせいか?次から次に出てくるキャラを記憶でき
  ずに行きつ戻りつ苦戦中。4月封切りのPart 2が待ち遠しいっす。

M:☆☆/三国志はあんまり知らないけど、何かすごく読みたくなった。金城武、
  アクションも少ないのに威厳あるメインの役でオトク。中村獅童、顔がむくん
  でる?

 ----------------------------------------------------------------------
 
3位『バンテージ・ポイント』…………………………………☆☆☆☆☆5

ゴ:☆☆☆/これはヤラれました。大統領暗殺の真相に迫るサスペンスで、8人の
  目撃者による8つの異なる視点を軸としたその斬新な構成と、緻密な脚本、緊
  張感みなぎる演出と編集。作品の構成そのものがまず驚愕要素なのだが、伏線
  が見事につながるラストまでの間に、「え"〜〜〜っっ!!」「まっじぃ〜〜〜!?」
  と思わず絶叫してしまう“驚愕の真実”が少なくとも2、3回は繰り出され、
  もう緊張の連続で“酸欠”になりそうでした。まあ細かいところで突っ込みど
  ころは満載なんですが、そんなことはどうでもいい!(笑)
  おまけにデニス・クエイド、フォレスト・ウィテカー、シガニー・ウィーバー、
  ウィリアム・ハートという渋〜い黄金クラスのスターキャストが勢ぞろい。
 
よ:☆☆/ある1つの出来事を視点を変えながら徐々に物語の核心にせまっていく。
  そうするうちに最初見せてた単純な事件が意外や意外!衝撃の事実が明らかに!
  こういう構成ものすごく好みです。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
4位『クローバーフィールド/HAKAISHA』……………………☆☆☆☆4

ゴ:☆☆/とある1本のテープに録画されている内容がとんでもないものだった…
  という、同タイプの趣向でオカルト的臨場感をアゲまくったヒット作に『ブレ
  ア・ウィッチ・プロジェクト』があるけど、本作の方は、古いテープにパニッ
  クの様子が上書き録画されているという設定のため、幸せだった過去とパニッ
  クに襲われている現在の落差をも絶妙に表現してみせた点でより巧妙。
 
雲:☆/うわぁ、この映画は好き嫌いがハッキリ出るやろなぁ。映像が揺れまくり
  で、隣のおっさんにゲェするガキもおるやろ。手持ちのビデオカメラで、怪物
  出現のNYを逃げまくりながら撮影したっちゅう設定や。あちこちのビルが壊
  されていきよるけど、北朝鮮が攻めてきたんとちゃう。もっとタチの悪いやつ
  がグワシグワシと暴れとりますんや。軍が来て銃撃しても、ミサイル打ち込ん
  でもあかん。どんな攻撃でも不死身や。上田馬之介かお前は。

A:0/超寝不足で見に行ったからハンディカメラ映像に酔っぱらうかなあと心配
  したけど、おバカな主人公ロブに失笑しつつも最後まで楽しめました。でも見
  ている途中、手持ちのポップコーンLサイズをポロっと落として足元ヒドイこ
  とに(笑)。びっくり仰天の量でジャリっジャリ。やっぱり酔ったのかもね。
  続編?も楽しみ。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
4位『ノーカントリー』…………………………………………☆☆☆☆4

よ:☆/とにかくハビエル・バルデムが怖い!怖すぎる!の一言につきる作品。

ゴ:☆☆/なにが凄いって、目的のためなら無関係な者も躊躇なく殺す感情の無い
  殺し屋が、若かりし頃の菅原洋一風ボブという妙に温かみのあるヘアスタイル
  だったというギャップだよね。
  (って、言ったら「今の若者に菅原洋一ってわからないですから!」って突っ
  込みが…悪かったね、古い人間で。イマドキのナウでヤングな若者は、上記の
  菅原洋一を「バナナマンの日村」に置き換えていただければイメージは伝わる
  かと…)
 
A:☆/そうそう♪この作品の特筆すべきは何といっても殺人マシーン・シガーを
  演じたハビエル・バルデム。異様なルックス、なんじゃこりゃの殺し屋七つ道
  具、しまいにゃ怖いのを通り越して笑えてきたからね。でもあの存在感今思い
  出しても鳥肌モン。コーエン(兄弟)監督の最高傑作かも。未見の方はDVDで
  ぜひ!
 
 ----------------------------------------------------------------------

4位『最高の人生の見つけ方』…………………………………☆☆☆☆4

雲:☆☆☆/お爺になった主演2人がええ具合に練れてきて、発酵チーズみたいな
  演技をしてくれよった。遊び人の大金持ちと、生真面目だけがとりえのキャラ
  設定もええ。死ぬまでにやっときたいリストを作って、世界中を旅しよるんや。
  ローソクの火が消えるとき、ジジジッいうて一瞬明かるぅなりますやろ? 
  あれですわ。爺ぃのジジジッや。最後の2つのリストが消されるときは泣ける
  でぇ。きちっとヒューマンなオチがついてるとこは最高やなぁ。

A:☆/生真面目→M・フリーマン、遊び人→J・ニコルソンっていうキャラの設
  定が大正解◎で見ていて楽しかった。でも一番印象深かったのは「棺桶リスト」。
  ワタシもやがて自分の死期を悟る時が来たら、遣り残したことをリストアップ
  してみようかな…。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『ザ・マジック・アワー』…………………………………☆☆☆☆▼3

よ:☆☆☆/三谷ワールド全開。前編笑いに徹してくれて、映画中ずーっと笑いっ
  ぱなしでしたわ。とりあえず笑いたかったらコレをみろ!て感じですね。しか
  し佐藤浩市は何やらせてもうまいなぁ。生で見ると顔がでかいけど(笑)
 
A:▼/公開前宣伝のため三谷監督が出演した番組なんと50本!!全編三谷氏の映
  画に対する愛情満載で、映画屋&役者バカ・佐藤浩市の面目躍如たる演技にも
  頭が下がったけれど、いろんなことやりすぎでしょ。好みはいろいろだけど、
  ワタシは胸焼けしちゃいましたぁ〜(苦笑)。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『ラースと、その彼女』……………………………………☆☆☆3
 
ゴ:☆☆☆/コレはまったく守備外だったんだが、友達に誘われて見に行ってみた
  ら、とんだ大穴(笑)。会社でも、家族にも「いい加減彼女でも作ったら」とい
  われ続けている一人大好き青年ラースが、これ以上、私生活に干渉されたくな
  いがためにネットで等身大のリアルドール(ロボットじゃないから動かないし
  しゃべらない)を購入、ガールフレンドとして周囲の人びとに紹介する。まず、
  大傑作だったのが、最初に紹介された兄夫婦の反応。いやあ、笑った。それは
  そうだろう。もちろん彼としては自分の変人ぶりを周囲にアピールすることで
  ほっといてもらおうとしているのだが、そんな彼を心配する周囲のまなざしが
  暖かすぎて笑える。もうどんだけ善人。ものすごいキモいことをしているラー
  スなのに、彼の周囲の人たちと同様に、見ているこちらも彼を愛さずにはいら
  れなくなる、ハートフルであり、コミカルでもあるキュートな一作。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『君のためなら千回でも』…………………………………☆☆☆3

M:☆☆☆/ハリウッドがアフガニスタンを描いた力作。幼なじみ同士だったお金
  持ちの息子と召使いの息子の友情が、差別や内戦で引き裂かれ、ふたりは離れ
  離れになり…というストーリー。子役は現地の子供の中から1カ月かけて探し
  たそうで、子供ならではの残酷さを名演技で見せる。
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『ダージリン急行』…………………………………………☆☆☆3

M:☆☆☆/父が死んで、集まった3人の兄弟がインドを列車で旅する、訳わかん
  ないロードムービー。いやもう、予想だにしない超ハチャメチャな展開で、何
  より色がきれい。あなたもきっと、インドに行きたくな〜る。何げに、ナタリ
  ー・ポートマンがちょい役なのもいい。上半期総評でも書いたけど、やっぱり
  これが今年のベスト1だぁ!!
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『シークレット・サンシャイン』…………………………☆☆☆3

M:☆☆☆/不作が続く韓国映画界で、さすがイ・チャンドン監督、どーんと深い 
  映画を作ってくれました。夫を事故で亡くし、夫の故郷に引っ越してきた母子。
  でも、幼い一人息子が誘拐されて殺され、残された若い母親はキリスト教に救
  いを求める…。救いを求めた後に待っている本当の試練。いやー、「赦し」っ
  て何なのかを考えさせられます。第60回カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞した
  主演のチョン・ドヨンの演技に共感。

 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『イントゥ・ザ・ワイルド』………………………………☆☆☆3

M:☆☆/先日、『ミルク』でアカデミー賞男優賞を受賞したショーン・ペンの監
  督映画。金持ちのボンボンが、持ってるお金を燃やし、高学歴も文明も捨てて、
  アラスカの荒野を一人旅。どこまで自分の力で生きれるかを試す。派遣村の人
  たちが見たらきっと怒る内容だけど、今後こういう人は出てくるかもしれない…。

A:☆/未見ですが、ショーン・ペンが監督したコレはイイ!と周囲の友人から超
  ススメられてる映画なんですよね。恵まれた境遇を捨てて一人旅に出、果てに
  行きついたアラスカの荒野で逝った実在する青年の軌跡とは?!DVDで早く見
  なくちゃ!
 
 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『マルタの優しい刺繍』……………………………………☆☆☆3

よ:☆☆/お爺ちゃんお婆ちゃんが活躍する話大好きなんです。その私の好みにピッ
  タリとハマった作品。いつまでも夢を追いかけていいというシンプルなメッセー
  ジが元気にしてくれる。

 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『相棒』………………………………………………………☆☆☆3

ゴ:☆☆☆/MY殿堂入りシリーズなんで(笑)。このシリーズの魅力は、登場人物の
  魅力的なキャラと、現実社会のリアルな問題意識と練り込まれた脚本なんです
  が、劇場版はさすがに力が入り、練りこまれ過ぎて、くどいほどのどんでん返
  し(笑)。それがファンにはまた、たまりません!?

 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『20世紀少年 第1章』……………………………………☆☆☆3
 
雲:☆☆/こういう遊び心満点の大人子供映画をやなぁ、いっさい手抜きをせんと
  作ってしまう根性が好きか嫌いかやな。ひとつ間違うと、めちゃくちゃ安っぽ
  い仕上がりになってしまうけど、おっさんら頑張りよったがな。誰や、おっさ
  んて?SF的なとこもあるけど、根っこにあるのは紙芝居のノリなんや。
  ノスタルジックな時代の少年に舞い戻って、わくわくドキドキしながら見たら
  ええねん。

ゴ:☆/これは原作読んでるか読んでないかでも、面白がり方に差がでるだろうね。
  ストーリーも、原作を未読だと、どうしても消化不良ぎみになるんじゃないか
  と思うけど、原作知ってると、キャスティングが“まんま”だし、記憶の中か
  らストーリーを無意識に補完もできるので、かなり出来のよい映像化作品とし
  て受け入れられる。

  ----------------------------------------------------------------------
 
5位『トウキョウソナタ』………………………………………☆☆☆3

雲:☆☆/家庭や家族の崩壊てなもんは、ちょっとしたことがきっかけでドミノ倒
  しみたいに家族内に連鎖してしまうんじゃねぇ。みなさんバレてまへんか? 
  あのヒミツ。一個ボタンを掛け間違ぉたら、もう全体がグチャグチャになって
  しもて、イーッとなってしまうんや。題名とは裏腹にけっこう落ちるだけ落ち
  てしもたれ的な自虐テーマやけど、俳優陣がええさかいにピリッとしとった。
  傑作やで、これは。身近な設定やけど、ここまでは有り得んやろぉと思わせる
  ワザが上手い。

A:☆/父親(香川照之)が会社でリストラされたのをきっかけにバラバラと脆く
  崩れていく家族の喪失と再生。この映画が封切られたのは昨年だけど今年に入
  って世の中はさらに『トウキョウソナタ』化しつつあるような…。でも人間ど
  んなに落ちたって希望はあるんだね。この映画のラスト、ピアノの美しい響き
  に救われたもん。

 ----------------------------------------------------------------------
 
5位『ホット・ファズ』…………………………………………☆☆☆3

雲:☆☆☆/ゴクラク読者から、この映画は死ぬほどオモシロイから、死ぬ気で見
  るようにっちゅうメールをもろた。読者の目は確かや。遊び心満載で、どっか
  シニカルで、アクション真似しのポリスストーリーやがな。嬉しい作りのイギ
  リス映画やなぁ。ロンドンのバリバリ警官がおるんやけど、出る釘は打たれて、
  ど田舎村に左遷されよる。ほいで、村中で戦争みたいな撃ち合いがはじまるん
  や。まぁ暑さを吹き飛ばしてくれる、痛快というのがぴったしの映画やった。
 
 ---------------------------------------------------------------------- 

 尚、
 残りの6位『歩いても歩いても』〜7位『世界で一番美しい夜』までの27作品も
 本来なら当ベスト号に掲載するべき作品なのですが、誌面ボリュームの関係上、
 近日配信のNO.2(ワースト編)の方にて掲載させていただきます。
 何卒、ご了承くださいませ。
   
  ┌───────────────────────────────┐
  |                               |
  | ちなみに2007年のベストは『ドリームガールズ』(☆12)でした! |
  |                               |
  |       ↓2007年度番付以前の結果はこちら↓       |
  |   http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html  |
  └───────────────────────────────┘ 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!
            ↓メール投稿はこちらまで↓
            < gotown@a2.mbn.or.jp >
  ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので
   匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編
   集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
    続く「ワースト番付」は後編メール<No.2>にて!(近日配信予定です)
 
  
 ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆
 
   
 ■シネマ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃週刊有料サービスでは、多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃
 ┃1本5行程のミニレポ式で毎週100〜200本、ひと月に600〜1000本を提供中!┃
 ┃好評な当サービスのお申込み&問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!

 ◆………………………………………………………………………………【全56本】
          〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜
          
  <各ネタの詳細については全て【Weeklyデータ版】にてご紹介済みデス>

             「○」印→ソフト系ネタ
             「◎」印→ハード系ネタ
             「△」印→注目番組ネタ
             「●」印→海外流行ネタ
       
○『シネマ新潮流』→新型SCと本格的3D実写映画に注目
○『シネコンの新ビジネス』→スポーツ、音楽ライヴなど映画以外のコンテンツ提供
○『邦高洋低』→2008年映画興行の顕著な傾向
○『2008年映画興行成績』→興収トップは「崖の上のポニョ」
○『第82回キネ旬ベストテン』→「おくりびと」&「ノーカントリー」が第1位に
○『「エンゼルパイ」×「天使と悪魔」』→「エンゼルパイ」と映画のタイアップ
○『ハッピー青空フェア』→映画「ハッピーフライト」のモチーフをメニューに
○『釣りバカ日誌19 塩むすび焼さけ唐揚セット』→映画とタイアップ
○『しあわせのかおり 幸福的馨香』→映画タイトルを商品名にした記念しょうゆ
○『「容疑者X」コラボフーズ』→映画にちなんで具も謎だらけのコラボフーズ
○『新作映画とのタイアップ宿泊プラン』→映画公開記念として宿泊プラン3種
○『鴨川ホルモーあぶらとり紙』→松竹×立命館大学の産学連携商品発売
○『往年のスター料理』→チャップリンなどが食べた料理をメインで提供
○『ドットアーツ マーベル』→スパイダーマンなど米マーベル社キャラを商品化
○『東京国際アニメフェア2009』→世界に広がる日本のアニメパワー、注目はコレ!
○『沖縄国際映画祭』→上吉本が開催、映ラインアップが決定
○『第21回東京国際映画祭』→世界12大国際映画祭の一つ、テーマにエコも
○『したまちコメディ映画祭』→浅草・上野で世界のコメディ映画を集めた映画祭
○『映画館月1回無料上映』→長野・茅野市が映画館貸し切り無料上映を実施
○『シネマ割引クーポン』→松竹が異例の規模で1000円鑑賞クーポン券を配布
○『CD付き映画パンフレット』→作中のバックミュージックCDをパンフに同梱
○『レッドクリフ販促』→映画業界初進出企業の映画新販促法
○『高校生以上1000円で映画鑑賞』→期間限定で高校生以上が1000円で映画鑑賞できる
○『「おくりびと」フィーバー』→劇場に行列、原作本増刷、ロケ地は観光客殺到
○『「おくりびと」波及効果続々』→死に装束の売り上げ倍増、納棺師を目指す人急増
○『映画カフェ』→駅のホームに映画カフェオープン
○『ゴージャス映画鑑賞部屋』→最高の環境と接待で映画を見る
○『絶叫オーディション』→優勝すれば映画に出演できる!?
○『太宰治&松本清張生誕100年』→小説の映画化、記念イベント、復刊など相次ぐ
○『西ジブリ』→アニメと自動車業界の活性化にも
○『日本映画大学』→日本映画学校が4年制大学へ移行。日本初の映画大学に
○『山本化学工業の未来型高速水着』→「アイアンマン」のパワードスーツをイメージ
○『ニッキー・ヒルトン』→妹ヒルトンの名前を冠した新ブランド発売
○『kitson』→ハリウッドセレブご用達LA発セレクトショップ初上陸
○『ロードショープロジェクト』→映画製作の仕組みを飲食業界に応用
◎『携帯電話抑止装置』→映画館やホールなどで着信を防ぐシステム
◎『FLO:Q(映画情報ウィジェット)』→デスクトップ上に最新の映画情報を配信
◎『サンウ&マイストーリー』→韓国の人気俳優クォン・サンウと競演できるCG技術
◎『ディスプレイ新技術』→3D映像のリアル化に拍車
◎『3D Vision For Geforce』→迫力ある映像が楽しめる眼鏡
◎『 PPV-DVD』→縮小するDVD市場で注目される新方式DVD
◎『エンタテインメントルーム』→100インチの大画面で映画鑑賞できるホテルルーム
◎『おくりぐるま』→光岡自動車がクラシック調外観の新型霊柩車発表
◎『次世代3D-AV』→ハリウッドで3D映画の製作が続々発表
●『ナリウッド』→西アフリカ・ナイジェリアの映画産業のこと
●『ポリウッド・ダンス』→人気がアメリカ全土に拡大
●『映画ロケ地としての古都マラッカ』→ハリウッドやボリウッドにアピール
●『チャン・ツィイー』→中国主要紙の選ぶ今年の「最も美しい中国人」
●『ヒュー・ジャックマン』→ピープルが選んだ2008年の最もセクシーな男性
●『世界一高所得の作家J・K・ローリング』→定資産は5億6000万ポンド
●『世界初、ビートルズ学誕生』→ビートルズを学問的に研究
△『アニメ・漫画の実写映画化続々』→ヤッターマン、DRAGONBALL、釣りキチ三平
△『スラムドッグ$ミリオネア』→米批評家協会、ゴールデングローブ、アカデミー賞制覇
△『ダークナイト 特別版』テーマは「闇」
△『鉄人28号』→押井守監督、初の舞台脚本・演出:産経 12/4
△『007/慰めの報酬』→「007」最新作が英国で興行収入記録を塗り替える大ヒット
 
  などなど。
 
 ┌───────────────────────────────────┐
  ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
 └───────────────────────────────────┘

 ◆…………………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌───────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
  └→『リビング葬』『直葬』『葬儀スタイルの多様化』等
  ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
  └→『戦国時代ブーム』『クラレちゃん』『ネット再放送』等40本!
  ○【語学力】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html
  └→ 『2008年度トレンド語学力テスト』特集等
 └───────────────────────────────────┘
    
  
 ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃◇『スラムドッグ$ミリオネア』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                              TEXT by Reiko

                 <英国編>

           
                 ◆◇◆◇◆

   当コーナーのコラム本文は
   おっかけ配信いたしますNo.2の方で掲載いたします!
   アカデミー賞8部門を受賞し大ヒット中の本作関連ニュースを中心とした
   舞台裏トリビア特集です。お楽しみにみ!
   
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】

  ・『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート』
  ・『SUMO-lah』<マレーシア編>
  ・『Dhoom2』<インド編>
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
 └───────────────────────────────────┘
 

 ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆
 
     ┌──────────────────────────┐
     │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │ 
     |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |
     |         ほぼ毎日更新中!         |
     └──────────────────────────┘ 
  ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html
  ・最新シネレビューはこちらをチェック!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/03/or-971f.html
  ◆カテゴリー<芸能・アイドル>ページはこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395472/index.html
  ◆最新更新情報はこちら!
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/

   ※左側のメニューバーには過去のシネマ番付のベスト10作をリストUP。
    アマゾンのレビューとトレキャ!のレビューを読み比べるのも一興。
 
  
 ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆
         
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃■□INandOUT!では下記の3つの有料サービスをご提供しております!□■┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ◎詳細は → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html
 
                  

 ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆
 
          こちらは無料!よろしかったらぜひ!!
         http://homepage2.nifty.com/oubo.html
     

   ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!
   └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
   ◆『ドラマ番付』春ドラ期待度番付配信待機!
   └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
   ◆『トレンド語学力』「2008年度トレンド用語おさらい号」配信!
   └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html 

 
 ◆◆◆◆◆◆…………トレキャ!がコラボする外部サイト…………◆◆◆◆◆◆
           

  ◇ソニーTV番組総合情報サイト『テレビ王国』http://tv.so-net.ne.jp/
   ・『新ドラを斬る!』 http://www.so-net.ne.jp/tv/banduke/bn_index.html
  ◇ライブドアニュース http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__4/category
  ◇恋愛ポータル『恋タメ!』 http://www.rentame.jp/
   ・『恋愛トレンド通信』 http://www.rentame.jp/ent/trend/
   ・『リアル恋愛レポート』  http://www.rentame.jp/adv/report/
   ・『恋愛結婚トレンド・キャッチ』http://www.motehimote.com/trend
  ◇就職ポータル『COBS』 http://cobs.jp/ 
   ・『目指せ!愛されMAN』 http://biz.mycom.co.jp/life/ideal/01.html
   ・『提案営業に学ぶ 恋愛〜』http://cobs.jp/skillup/rt/01.html


  ○―――――――――――――――――――――――――――――――――○