トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口


  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃  ◇『ヤスミン・アーマド監督の描いた世界』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
                              TEXT by Reiko


                <マレーシア編>
         http://yasminthestoryteller.blogspot.com/ 
           (ヤスミン・アーマド監督のブログ)
				


                 ◆◇◆◇◆ 
 
  今回は、今年7月25日に脳溢血のため急逝したマレーシアの映画/テレビCM監督
  ヤスミン・アーマド(*注)さんを偲び、彼女が映像作品を通し描き続けた理
  想の世界について考察してみたいと思います。
  
  皆さんは人種や宗教、文化、社会階層の違いについて、どれくらい頻繁に考え
  ることがありますか?ご自身や親しい方が社会の少数派に属していない限り、
  ドキュメンタリーやニュース、書籍、あるいは海外で制作された「社会派」と
  呼ばれる映画やドラマに触れた時くらいかもしれませんね。

  マレーシアでは、今年4月に就任したナジブ・ラザク首相が「1Malaysia(1つ
  のマレーシア)」というコンセプトを掲げ、民族間の相互尊重と信頼に基づく
  国民の結束を呼び掛けています。旅行者の目には、多民族がさほど大きな紛争
  もなく共存しているマレーシアは、理想的な社会に映るかもしれません。でも
  現実には、政治家や聖職者、教師といった影響力を持つ人々の一部が人種/宗
  教対立を煽るような暴言を吐いて問題になることもありますし、私自身も、「
  借りたものを返さない」「自己中心」「交通マナーが守れない」といった、冷
  静に考えれば人種や宗教とは全く関係ない短所を持つ人達に続けて出会うと、
  つい「これだから○○人は…」と特定の人種を類型化してしまい、ハッとする
  こともあります。
  
  ヤスミン・アーマド監督は、マレーシア映画界に新風を送り込むと同時に海外
  でも高く評価された6本の映画作品と、独立記念日や各民族の祝祭日に向け、
  国営系石油会社ペトロナスが流すメッセージ広告を中心に、肌の色や宗教、社
  会的階層の違いを超えた友情や愛、異質の存在を受け入れ、社会的弱者や少数
  派に目を向け手を差し伸べる理解と寛容に満ちた社会を、彼女独自の手法で描
  き続けました。
 
  日本人と中国人の血を引くマレー系で英国留学帰り、配偶者も中国系というア
  ーマド監督が、人種間の愛や深い交流をテーマにした作品で脚光を浴びたこと
  を、快く思わない狭量な人達も少なからずおり、監督自身や作品に対する激し
  い憎悪や非難、妨害もあったと聞きます。どんなに大らかに見えても彼女も人
  間です。そうした非難に憤慨したり、心を痛めたりしていたはずですが、ヤス
  ミン・アーマド監督はその温かい手で身近な日常の一コマを掬い上げるような
  さりげなさで、自身の信じる理想の世界を提示し続けたのです。

  皆さんは、少しでも異質の存在や表現手法を「劣ったもの」と決め付け、憎ん
  だり、切り捨てる社会に生きたいですか?
  (以下、ライター追記に続く)
  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2009/09/post-9603.html

  *日本では「アハマド」と表記されていますが、発音はむしろ「アーマド」に
  近いので、本稿では後者で統一しました。   
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●【当コーナーで掲載した過去のコラム】
  
  ・『スラムドッグ$ミリオネア』<英国編>
  ・『第80回アカデミー賞授賞式鑑賞レポート』
  ・『SUMO-lah』<マレーシア編>
  ・『Dhoom2』<インド編>
  ・『風の前奏曲』<タイ編>  
  ・『トム・ヤン・クン!』<タイ編>
  ・『ダンス系映画3作品』<欧米編>

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★BN閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html#kaigai
 └───────────────────────────────────┘