トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』 〜2011年ベスト&ワースト+新作レビュー〜

 ■□■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
    『トレキャ!シネマ番付』 〜2011年ベスト&ワースト+新作レビュー〜
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■□■
               http://homepage2.nifty.com/
 
╋━━━━━━━━■『トレキャ!』シリーズの無料メルマガ■━━━━━━━━╋
┃                                    ┃
┃            ★印が、今お読みの号です!           ┃
┃ ────────────────────────────────── ┃
┃☆『トレンド・キャッチ!』/トレキャ本拠誌!ほぼ月1回発行       ┃
┃☆『トレキャ!プチ』携帯版/ほぼ月1回発行               ┃
┃☆『ドラマ番付〜新ドラを斬る!〜』/1クール3回(期待度・中盤・終了後)┃
┃★『シネマ番付〜ベスト&ワースト〜』/年2回(上半期・下半期)+more  ┃
┃☆『トレキャ!・トレンド語学力』/不定期(シンドローム・キャッチ!)  ┃
┃☆『テーマ特集号外orお知らせ号外』/不定期 (各誌共通)        ┃
┃ ────────────────────────────────── ┃
┃※各誌購読登録はこちら→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html ┃
┃          ※それぞれ別に購読登録が必要です!         ┃
┃                                    ┃
┃   ●トレキャ!は、まぐまぐの『殿堂入りメールマガジン』です。    ┃
┃   ●トレキャ!は、めろんぱんの『歴代オススメ!誌』です。      ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋ 


               。.。o○o。.。 

 □■□■□………………………… 目 次 ……………………………□■□■□
  
  ◇ はじめに ………………『ご挨拶 by MARS』
   
  ◇ クロストーク……………・『シネマ番付 2011年度』
               ├「ベスト編総括」
               └「ワースト編総括」
               ・『2012年新作レビュー』
   
  ◇ 最新シネ・ビズ情報……『シネマ関連トレンド☆フラッシュ!(休み)』
                                 
  ◇ 海外発!シネマ情報……『Hafalan Shalat Delisa』(インドネシア編)
 
  ◇ トレキャ!・ブログ……・「2012年冬ドラ終盤番付」
               ・「住まいにも“カスタマイズ”の波」
               ・「無人ビジネス&自販機ビジネス」
               ・「ソーシャル企業活動活発化!
                 ファン投票開発品続々」
   
  ◇ 各種有料サービスのご案内… 現在2種類のサービスを提供しています!
    
  ◇ 各種姉妹誌のご案内………… こちらは無料!よろしかったらぜひ!!
    
 
 ◆◆◆◆◆◆…………………… は じ め に …………………◆◆◆◆◆◆
  
  こんにちは! 今号の編集担当のMARSです。

  この号からご購読された読者の皆様、はじめまして!

  上半期(9月)と下半期(3月)、年2回お届けしているトレキャ!シネマ番付。
  上半期では、上期(1月〜6月)公開作を対象にした総括と新作レビューを、
  下半期では、年間(1月〜12月)公開作を対象にした年間ランキングを
  ベスト&ワースト別にお届けしております。
  
  本日お届けしますのは、下半期編の年間ランキングと新作レビュー。
  今回はいつもよりも簡易版のスタイルとなりますが
  2011年度公開作品を対象にしたトレキャ!シネマ番付をお届けします。 

  今回のReikoの海外シネマ・コラムは
  インドネシア映画『Hafalan Shalat Delisa』をPickup。
  アジアは今、どこも急発展中。映画界もとってもアツいんです。

                   ◇
  
  東日本大震災から1年が過ぎましたが、
  被災地では日常を取り戻すにはまだまだ課題が多すぎて、
  本当に長い道のりであると、心よりお見舞い申し上げます。

  映画界にも、この大震災をテーマとして、
  あるいはモチーフとして、取り上げる監督も出ています。
  悲惨さや苦しみの向こうに見出すべき光を、みな手探りで必死に探している、
  そういえるかもしれません。

  映画を含むエンタテインメントやアートは、
  人が生きていくに必要な”衣食住”の順番から言えば、
  ずっと後ろにあるものですが、でも、
  なくてはならないものでもあると思います。

  スクリーンに描かれる世界を通じて、ひととき疲れやつらさを忘れたり、
  胸を躍らせたり焦がしたり、異次元へ旅したり…。
  ほんの数時間に込められた計り知れない力を信じて、
  今号をお贈りさせていただきます。

  さてさて、直近で発表された国内外の映画賞の結果は以下のとおりです。
 
  
  ↓・第84回米国アカデミー賞受賞結果
  http://oscar.go.com/

  ↓・第31回ゴールデンラズベリー賞=ラジー賞(最新年度版は4/1発表)
  http://www.razzies.com/history/11winners.asp

  ↓・第35回日本アカデミー賞受賞結果
  http://www.japan-academy-prize.jp/

  ↓・第85回キネマ旬報映画ベスト10
  http://www.kinejun.com/kinejun/85/tabid/250/Default.aspx

  ↓・映画館大賞2011(最新年度版は3/31発表)
  http://www.eigakanshugi.com/eigakantaisho/

  ↓・「映画芸術」選出2011年日本映画ベストテン&ワーストテン
  http://eigageijutsu.com/article/247402683.html

                 ◆

  対象作品の多くがレンタルされ始めた時期でもありますので、
  春のビデオ鑑賞のお供に、トレキャ!のシネ番、ぜひご活用くださいませ。
  それでは、「シネ番2011年度ベスト&ワースト」と新作レビューを
  ゆっくりとご堪能くださいませ。

   
 ◆◆◆◆◆◆……………………… クロストーク …………………◆◆◆◆◆◆
 
   トレキャ編集部のシネマ・マニア3人が、
   お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点で、
   その年に封切られた作品を5作品ずつ、シビアにランキング。
   
    今号は簡易版スタイルにより3名9点満点での採点です。
    
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ↓ちなみに2011年度までのシネマ番付の結果はこちら↓  
       http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ■『シネマ番付!』■
                (9点満点) 
 
 1位『冷たい熱帯魚』……………………………………☆☆☆☆☆☆☆7
 1位『恋の罪』……………………………………………☆☆☆☆☆☆☆7
 2位『英国王のスピーチ』………………………………☆☆☆☆☆☆6
 2位『モテキ』……………………………………………☆☆☆☆☆☆6
 3位『八日目の蝉』………………………………………☆☆☆☆4
 3位『探偵はBARにいる』 ………………………………☆☆☆☆4
 3位『奇跡』………………………………………………☆☆☆☆4 
 3位『アジョシ』…………………………………………☆☆☆☆4 
 4位『大鹿村騒動記』……………………………………☆☆☆3
 4位『ブラックスワン』…………………………………☆☆☆3
 4位『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』…………☆☆☆3
 4位『アリス・クリードの失踪』………………………☆☆☆3
 4位『トゥルー・グリット』……………………………☆☆☆3
 4位『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』…………☆☆☆3
 4位『SUPER8』……………………………………………☆☆☆☆▼3
 5位『ホームランが聞こえた夏』………………………☆☆2
 5位『ヒアアフター』……………………………………☆☆2
 6位『キッズ・オールライト』…………………………☆1
 6位『永遠の僕たち』……………………………………☆1
 6位『インモータルズ-神々の戦い-』…………………☆1
 6位『悪魔を見た』………………………………………☆1
 6位『ファイナル・デッドブリッジ』…………………☆1
                               ↑IN!
-------------------<ボーダーライン>-----------------------
                               ↓OUT!
 7位『ゴーストライター』………………………………☆▼0
 7位『私だけのハッピー・エンディング』……………☆▼0
 8位『ツリー・オブ・ライフ』…………………………▼-1
 8位『僕と妻の1778の物語』……………………………▼-1
 9位『アンチクライスト』………………………………▼▼▼-3
 10位『白夜行』……………………………………………▼▼▼▼-4
 11位『ハウスメイド』……………………………………▼▼▼▼▼-5


                 ◆◇◆


 ◆━━━━━━━━━━━━━━ Let's Talk! ━━━━━━━━━━━━◆

               ゴ=Gochy! A=ABBY M=MARS 
           
                  ◆◇◆

          2011年度ベスト&ワースト別総括コメント
                   と
          2012年新作レビューをお届けします。

  ─────────────────────────────────
            <2011年度ベスト編総評>
  ─────────────────────────────────
  
A:3/11大震災にみまわれた2011年は日本にとって大きな試練の年でした。1年経
  った今でも被災地の完全なる復興への道はまだまだ遠く、被災者の方々の試練
  は続いています。原発の放射能、余震など、いつも何がしか不安が付きまとう
  日常の中で改めて気づかされたこと…、それは、エンタメの効用です。震災後
  に見た数々の映画に心がどれほど鼓舞され励まされたことか!!元々大好きだっ
  た映画は私にとってさらにかけがえのないモノになりました。

  そんな印象深い2011年ラインナップの中で、あえてベストを挙げるなら、洋画
  では『英国王のスピーチ』。
  コレは、現エリザベス女王の父ジョージ6世をモデルに、幼少時から悩まされ
  てきた吃音を王が言語聴覚士の友情と王妃の愛情に支えられながら、矯正→克
  服した日々が描かれています。ジョージ6世に扮したコリン・ファースの繊細
  かつ気品ある名演には脱帽。王と言えども1人のヒト。悩み苦しみながら困難
  を乗り越えていったジョージ6世の姿から沢山の勇気をもらいました。
  
  邦画では、良くも悪くも気持ちが波立って、変な汗出まくり見た後グッタリだ
  った(笑)、園子温監督の『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』。2本とも90年代に実
  際起こった「埼玉愛犬家殺人事件」と「東電OL殺人事件」をモチーフに、人間
  の欲望と闇を徹底的にエロくグロく描いて魅せた問題作です。

  それぞれの作品で善良な主人公を底無しの闇に引き摺りこんでいく極悪人を演
  じたでんでんと冨樫真、この2人の怪演は忘れたくても忘れられません。今後
  の活躍もメチャ期待してます。

  最後にもうひとつベストに挙げたいのは名優・原田芳雄氏の遺作となった『大
  鹿村騒動記』。長野県大鹿村に伝わる村民のための村民による歌舞伎、そこに
  関わる男と女の悲喜劇は、なんだか全編可笑しくてあったかくて…、芳雄さん
  の体温が伝わってくる逸品でした。大好きな役者さんがまた1人逝ってしまっ
  た。寂しいです(涙)。

  <MYおススメ作>
  ・『英国王のスピーチ』 http://kingsspeech.gaga.ne.jp/ 
  ・『冷たい熱帯魚』 http://www.coldfish.jp/index.html
  ・『恋の罪』 http://www.koi-tumi.com/index.html 
  ・『大鹿村騒動記』 http://ohshika-movie.com/


ゴ:邦画で、ダントツの異彩を放っていたのが、園子温監督の『冷たい熱帯魚』と
  『恋の罪』。エロ・グロ・ホラー・コメディ…とキワモノ混合テイストの中で、
  見事に時代性を切り取ってみせる手腕は見事。世間を震撼させた愛犬家殺人事
  件をモチーフにした『冷たい熱帯魚』では、主人公がサイコキラーのインチキ
  投資話にのみ込まれ身動きが取れなくなっていく様が、自称霊能者の女にマイ
  ンドコントロールされる女芸人のもうひとつの姿だったかもしれない…などと
  極端な思いをはせながら見てみると、その滑稽さと恐ろしさが改めてリアルに
  迫ってくる。いわゆる「東電OL殺人事件」をモチーフにした『恋の罪』も、し
  かり。とにかくテーマ選びがコワいほど“時代のツボ”で、かつ、演出が突き
  抜けているのが園子温作品の凄さ。
   
  洋画では、キッズたちが力を合わせてトラブルに立ち向かい、壁を乗り越えて
  いく『SUPER8』と『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』。個人的にチームワー
  クものには弱い(単純に感動しやすい)のだが、『SUPER8』には「自分も中学生
  の時に、こんなふうに仲間たちと映画製作したかった…」と憧れさえも抱いて
  しまう上に、スピルバーグ作品だけに『E.T.』と『スタンド・バイ・ミー』を
  足して2で割ったような仲間たちとのスリリングなストーリーに仕上がっている。
  そして、ついにハリーたちも子の親となって完結した「ハリ・ポタ」シリーズ。
  こちらの仲間たちとのスリリングな物語も、シリーズ通して、理屈ぬきに楽し
  ませてもらいました。ありがとう。
  
  <MYおススメ作>
  ・『冷たい熱帯魚』 http://www.coldfish.jp/index.html
  ・『恋の罪』 http://www.koi-tumi.com/index.html 
  ・『SUPER8』 http://www.super8-movie.jp/
  ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
    http://wwws.warnerbros.co.jp/hp7b/index.html


M:ABBYさん、ゴ編集長ともに大絶賛の園子温監督の話題の2作『冷たい熱帯魚』
  と『恋の罪』を見逃してしまったバカタレなわたくし。ですが、同監督の『愛
  のむきだし』(2008年)と、『ヒミズ』(2012年)を観て、「こんな、どエラ
  イ(どエロイ?)監督がいるなんて」と驚愕したため、2作を見逃したことを
  懺悔して、星をつけさせていただきました。

  ちなみに『愛のむきだし』は、実在だった盗撮のプロが、新興宗教に入った妹
  を奪還したという実話をベースに脚色されていて、何と4時間ほどにもわたる
  作品にもかかわらず、全く目が離せない異色作。ダンスユニットAAA(トリプル
  A)の西島隆弘が盗撮魔を屈託なく演じていて、満島ひかりや安藤サクラ(奥
  田瑛二の次女)が、妖怪のごとく怪演。ビデオで必見ですよう〜。

  話がちょい横に逸れましたが、今期私のベストは、上半期でも紹介した是枝裕
  和監督の『奇跡』。子どもながら天才役者といえる漫才コンビ「まえだまえだ」
  のふたりの演技がすばらしい。ふたりは、NHK大河ドラマ『平清盛』でも子ども
  時代を演じて光ってた。将来がほんとに楽しみ!!

  大根仁監督の『モテキ』も、上半期の新作コーナーで紹介したけど、かなり楽
  しい映画だったなあ。東京のクラブで開催された「モテキナイト」に行きたかっ
  たな〜。森山未來のダンスは生で観てみたい。ちなみに彼のお母さんがダンス
  スタジオを出身地の神戸に持ってて、姪っ子がそこでダンス習ってます。

  一昨年の釜山国際映画祭で観た『アジョシ』もやっぱオススメ。2010年韓国で
  最も興業収入を稼いだヒット作。ウォンビンの肉体美は、そりゃー、もう…。
  出演作の中では珍しく、アクションがキレまくってて、最もカッコイイといえ
  る映画だった。でも、後半部の闘いのシーンでちょっとエグい演出も。やっぱ
  り韓国映画の残虐性は、たとえ幼い少女が主人公でも手を抜かない。ちなみに
  主演で天才子役のキム・セロンちゃんは、去年の釜山国際映画祭に出品された
  『バービー』という作品に出ていて、映画祭には何と3姉妹で参加。これまた、
  シリアスで残酷で、超恐い話なのです。

  <MYおススメ作>
  ・『冷たい熱帯魚』 http://www.coldfish.jp/index.html
  ・『恋の罪』 http://www.koi-tumi.com/index.html 
  ・『奇跡』 http://kiseki.gaga.ne.jp/
  ・『モテキ』 http://www.moteki-movie.jp/index.html
  ・『アジョシ』 http://ajussi2011.jp/pc/ 

  ─────────────────────────────────
            <2011年度ワースト編総評>
  ─────────────────────────────────

A:2011年2大キワモノ作品と言えば、園子温監督の『冷たい熱帯魚』とラース・
  フォン・トリアー監督の『アンチクライスト』ですね(笑)。同じキワモノでも
  ワタシ的に非常に後味の悪かったのは後者です。冒頭のモノクロシーンの映像
  美には息を飲んだけど、その後のあまりに過激な描写、そしてラストにグッタ
  リ(汗)。ある夫婦が不慮の事故で一人息子を亡くし、そこから始まる苦悩の日
  々をキリスト教のアダムとイブの原罪になぞらえて…という、かなり宗教色の
  強い内容なんですが、STORYより妻役のシャルロット・ゲンズブールの怪演ば
  かりが印象に残ってます。女の奥底に潜む魔性を炙り出し、最期にはそれを成
  敗しておしまいって、トリアー監督はなんか女性全般に恨みでもあるんでしょ
  うか!?今でも脳裏にヘンデルのアリアとエピローグの残像が残っててモヤモヤ。
  
  <MY残念作>
   ・『アンチクライスト』 http://www.antichrist.jp/


ゴ:あのラストシーンさえなければ、むしろベスト作品群の方に入れたかったのが
  『ゴーストライター』。コトの真相が明らかになるまでの伏線のはり方、心理
  描写、いずれも見事で、ミステリーとして秀逸な作品だったと思う。なのに、
  あのラストが、私にはどうしても受け入れがたく、あのラストの一点で、ベス
  トからワーストに。それだけインパクトが強いラストなので、逆にそこを評価
  する人も多いと思うんだけど、オチ的に私の好みじゃなかったんで。
     
  <MY残念作>
  ・『ゴーストライター』 http://ghost-writer.jp/
  
 
M:そうなんですよねー。最初から最後までおもしろくない映画より、途中までお
  もしろくて、最後が納得できない映画のほうが、悔しい思いを引きずってしま
  うもの。私も、数年前まで「おおっ、韓国映画ってスゴイぞ」と思える秀作が
  韓国映画に多かっただけに、観る前から韓国映画への期待値が高すぎて、観終
  わった後、つい点が辛くなりがち。で、『ハウスメイド』は、いつも体を張る
  女優、チョン・ドヨンが主演だからかなり期待。たしかに、体は惜しげもなく
  見せて女優魂全開だったけど、最初に家政婦になる経緯や、最後の復讐の手段
  が不可解で、消化不良だった。可愛がっていた幼い子どもに視覚的な恐怖の思
  い出を植えつけることが、最大の復讐なのかもしれないけれど、もうひと工夫
  凝らして、たとえば数年後を描くとか、納得のいくエンディングを見せてほし
  かった。1960年の衝撃作『下女』のリメイクで、それを観て比較したくなった。

  <MY残念作>
  ・『ハウスメイド』 http://housemaid.gaga.ne.jp/
  
  ─────────────────────────────────
   

 ◆━━━━━━━━━━━━ オススメ新作レビュー ━━━━━━━━━━◆

  ─────────────────────────────────
         <現在公開中orこれから公開のオススメ作品>
  ─────────────────────────────────
   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2012/03/or-9d07.html
        
A:今年度の米・アカデミー賞主演女優賞を獲得した大御所メリル・ストリープの
  最新作。英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの政治家としての栄光と
  挫折、そしてその後、夫に先立たれ、認知症を患い、家庭人としての自分は仕
  事優先で家族を犠牲にしてこなかったか?と自責しながら過ごす80代の孤独の
  日々が描かれています。政治という男社会の中心にありつつもスーツにブラウ
  ス、パールで装い、決して女性らしさを失わなかった一方で、在職中は笑みも
  涙も決して見せなかったというサッチャー首相。政治家を退いた後の現在の
  彼女の老後がこうも寂しいものだったとは!?自分の信念のままに仕事に打ち
  込みながら妻として母親として孤軍奮闘した人生、それは何も特別なものでは
  なく、この作品に触れることによって、サッチャー氏を一人の女性として非常
  に身近に感じました。メリル・ストリープの好演が光る本作、オススメです♪
  
  ・『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
     http://ironlady.gaga.ne.jp/ (公開中)


ゴ:邦画では、森田芳光監督の遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』(3/24公
  開)。松山ケンイチと瑛太のダブル主演!それだけでも、とりあえず見とけや!
  (笑)って感じですが、しかも、このとんがった2人が、こんなにもほのぼの系
  でいいの!?ってところが、また新鮮な、鉄道マニアの2人が出会って繰り広げら
  れる心がほっとり癒されるロードムービー。登場人物たちが全員、特急の名前っ
  ていう、いかにも鉄オタ映画ならでのこだわりぶりですが、もちろん“鉄っちゃ
  ん”じゃなくても、充分、笑い、涙し、爽快な気分になれるコメディです。  
 
  洋画では、ジョージ・クルーニー監督の『スーパー・チューズデー 正義を売っ
  た日』(3/31公開)。クルーニー監督&出演の政治サスペンス!それだけで、と
  りあえず見とけや!(笑)って感じですが、2012年は、米大統領選がリアルに進
  行中でもあり、さすがクルーニー、社会のタブーに切り込む手腕は本作でも健
  在。ラストも当然スッキリというよりは、いろいろ考えさせられる深いオチと
  なっております。

  ・『僕達急行 A列車で行こう』 http://boku9.jp/index.html (3/24公開)
  ・『スーパー・チューズデー 正義を売った日』
    http://supertuesday-movie.com/ (3/31公開)   


M:新作オススメ作品は、ベスト映画コメントにも書いた園子温監督の新作『ヒミ
  ズ』。東日本大震災の被災地を最初に出し、親に愛されない中学生の絶望と希
  望を描いた話題作。現代の日本にこういう中学生は多いのかもと思わされた。
  主演の二階堂ふみは、宮崎あおいに似たタイプ。染谷将太は、最近docomoのCM
  にも出演している注目株。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』でも、かな
  りいい味だしてた。生きることへの執念や思春期独特の爆発的なエネルギーが
  ほとばしる秀演。

  ヤマザキマリの大ヒットコミックを原作にした『テルマエ・ロマエ』は、ゲラ
  ゲラ笑える楽しい映画。古代ローマ人で浴場の設計者が現代の日本にタイムト
  リップし、銭湯や温泉文化に影響されるというストーリー。主演の阿部寛が古
  代ローマ人を演じ、鍛えた体を披露。北村一輝、宍戸開、市村正親など顔が濃
  ゆーい俳優陣をローマ人に仕立て、ラテン語(日本語字幕)から日本語のセリ
  フになっても違和感が全くないから、これまた笑える。

  同じく純粋に膝を叩いて笑って楽しめるのが『ロボジー』。『ウォーターボー
  イズ』『スウィングガールズ』の矢口史靖監督作品で、最新ロボットを開発す
  るはずが間に合わず、じいさんが入ったロボットで急場を凌ごうとするが…と
  いうコメディ。とぼけたじいさんを演じるのは、なんとミッキー・カーチス。
  五十嵐信次郎という俳優名で出演していて、ステテコ姿でよれたじいさんにな
  りきっている。プレスシートはロボットのお面つき。遊びゴコロ満載で嬉しく
  なっちゃった!

  ・『ヒミズ』 http://himizu.gaga.ne.jp/(公開中)
  ・『テルマエ・ロマエ』 http://thermae-romae.jp/ (4/28公開)
  ・『ロボジー』 http://www.robo-g.jp/(公開中)

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!
            ↓メール投稿はこちらまで↓
            < gotown@a2.mbn.or.jp >
  ※いただいたメールは誌面上でご紹介させていただくことがありますので
   匿名希望orペンネーム等もご明記ください。誌面の都合上、投稿文を編
   集させていただく場合もございますので、ご了承くださいませ。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  
 ◆◆◆◆◆◆………………………シネ・ビズ情報………………………◆◆◆◆◆◆
   
 ■シネマ関連ビジネス情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シ┃ネ┃・┃ビ┃ズ┃ ◇トレキャ!Weekly有料版のデータベースより抜粋
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃有料データサービスでは多彩なトレンド・トピックスをご希望のテーマ別に┃
 ┃ひと月に400〜800本を提供中!  問合わせはこちら→ gotown@a2.mbn.or.jp┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      最近のWeeklyデータの中から、シネマ関連ネタをPICK UP!
  ※各トピックの詳細はWeeklyリサーチ版(有料サービス)でご紹介済みデス。

 ◆………………………………………………………………………………【全 本】
          〜シネマ関連トレンド☆フラッシュ!〜
          
 
             「◎」印→サービス関連
             「○」印→作品・商品関連
             「△」印→人物ネタ
             「●」印→海外流行ネタ


              (今回はお休みです)


 ※各トピックの詳細はWeeklyリサーチ版(有料サービス)でご紹介済みデス。

 ┌───────────────────────────────────┐
  ★過去ネタ閲覧→ http://homepage2.nifty.com/cinema/cine1.html
 └───────────────────────────────────┘
  
★ドラマ関連トレンド☆フラッシュはこちらでチェック!
└→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2012/01/from2012--9e4c.html
     http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
          

 ◆………………………………………………………………………………【姉妹誌】
   姉妹誌で掲載の「トレンド卵 ひとことレポート」も要チェック!
 
 ┌───────────────────────────────────┐
  ○【本拠誌】→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
  └→『スマホ用手袋』『EVOLG』『SureTouch!』『着せ替えセンサジャケット』等
  ○【ドラ番】→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
  └→『ロンドン五輪商戦』『Kポップカバーダンス』『アニキ☆マフラー』等
  ○【トレンド語学力】→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html
  └→『街コン』『フレネミー』『ハイタッチ会』『イケダン』等
 └───────────────────────────────────┘

 ◆◆◆◆◆◆……………………海外発!シネマ情報……………………◆◆◆◆◆◆
  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  海┃外┃発┃コ┃ラ┃ム┃  ◇『Hafalan Shalat Delisa』
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 

 ◆◆◆◆◆◆……………… トレキャ!・ブログ …………………◆◆◆◆◆◆
 
     ┌──────────────────────────┐
     │   トレキャ!・ブログ (トレキャ!裏編集部)   │ 
     |   http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/   |
     |         ほぼ毎日更新中!         |
     └──────────────────────────┘ 

   ◆カテゴリー<流行・トレンド>ページはこちら!
   └ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat1632977/index.html
     ・『住まいにも“カスタマイズ”の波』
     ・『無人ビジネス&自販機ビジネス』
     ・『ソーシャル企業活動活発化!ファン投票開発品続々』
      ほか。      
   ◆カテゴリー<映画・テレビ>ページはこちら!
   └ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat395467/index.html
     ・『2012年冬ドラ終盤番付』ほか
   ◆「2011年上半期トレンド語学力テスト」
   └ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/cat2205939/index.html
      
    ◇最新更新情報はこちら!
    └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/

  
 
 ◆◆◆◆◆◆………………各種有料サービスのご案内………………◆◆◆◆◆◆
         
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃■□INandOUT!では下記の2つの有料サービスをご提供しております!□■┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ◎詳細は   → http://homepage2.nifty.com/yuryo.html
       

 ◆◆◆◆◆◆………………… 各種姉妹誌のご案内 ………………◆◆◆◆◆◆
 
          こちらは無料!よろしかったらぜひ!!     
         http://homepage2.nifty.com/oubo.html
 
   ◆『トレンド・キャッチ!』シリーズ本拠誌!なにはおいてもコレは必読!
   └→ http://homepage2.nifty.com/oubo.html#hontai
   ◆『ドラマ番付』春ドラ番付待機!
   └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html
   ◆『トレンド語学力』「2011年上半期トレンド語学力テスト」配信!
   └→ http://homepage2.nifty.com/market/mark.html