トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』 〜2012年トレキャ!シネマ番付ベスト&ワースト〜

 2012年度(1月〜12月)に公開された作品を対象に
 トレキャ編集部のシネママニア3人が、
 お気に入り度☆3つまで、つまらん度を▼3つまでの持ち点でランキング。
 ひとり持ち点3点で、9点満点となっています。

 紹介作品の多くがレンタルされている時期ですので、
 ゴールデンウィークや余暇のDVD鑑賞の参考にぜひ!

                   ◆
     
          <トレキャ!シネマ番付ランキング>


1位『ふがいない僕は空を見た』 …………………………☆☆☆☆☆☆☆7
2位『アルゴ』………………………………………………☆☆☆☆☆☆6
2位『鍵泥棒のメソッド』』 …………………………………☆☆☆☆☆☆6
3位『サニー 永遠の仲間たち』 …………………………☆☆☆☆☆5
4位『おおかみこどもの雨と雪』 …………………………☆☆☆☆4
4位『ドラゴン・タトゥの女』 ………………………………☆☆☆☆4
4位『レ・ミゼラブル』  ……………………………………☆☆☆☆4
5位『ワンドゥギ』   ………………………………………☆☆☆3
5位『ぱいかじ南海作戦』 ………………………………☆☆☆3
5位『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』…☆☆☆3
5位『桐島、部活やめるってよ』 …………………………☆☆☆3
6位『アコースティック』 …………………………………☆☆2
7位『ミッドナイト・イン・パリ』 ……………………………☆1

                               ↑IN!
-------------------<ボーダーライン>-----------------------
                               ↓OUT!

8位『希望の国』…………………………………………☆▼0
9位『その夜の侍』………………………………………☆☆▼▼▼-1
9位『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 ………▼-1
9位『ダーク・シャドー』 …………………………………▼-1
9位『大奥〜永遠〜右衛門佐・綱吉篇』 ………………▼-1
9位『ロック・オブ・エイジズ』 ……………………………▼-1
10位『莫逆家族 バクギャクファミーリア』………………▼▼▼☆-2
10位『ただ君だけ』………………………………………▼▼-2
11位『愛と誠』……………………………………………▼▼▼-3
12位『メランコリア』………………………………………▼▼▼▼▼▼▼-7

                   ◆

          <2012年度ベスト編 総評コメント>

           A=ABBY M=MARS ゴ=Gochy!
 
A:2012年、記憶に残ったイチオシ邦画は
  まず『ヒミズ』。
  園子温監督作品ではおなじみのウマい面々を脇に、
  主役の中学生少年少女を
  染谷将太と二階堂ふみが大熱演。

  周囲の大人に虐げられて、どんなに絶望的な状況にあっても、
  この世にたった一人だけ自分を愛してくれるヒトがいたら、
  希望を持ってこの先も生きていけるんだ!!
  そんな原作コミックとは少し違うラストに
  園監督の大震災後の日本への思いを感じたなあ。

  もう一本邦画からオススメするなら
  『鍵泥棒のメソッド』。
  『アフタースクール』の内田けんじ監督だもの、
  堺くんや香川さんが競演してるんだもの、
  面白くないわけないよね(笑)。

  売れない役者(堺)と記憶喪失の殺し屋(香川)と
  婚活中の女性編集長(広末)が織り成す
  ラブコメディなんだけど、
  めくるめく物語の展開に全編笑ったり、驚いたり、
  そしてラストの胸ドキューんのトキメキにホロっとしたり。

  適材適所のキャストに一本とられましたね♪
  残暑がメチャ長引いた昨夏、
  疲れた心とカラダに元気をくれた作品でした。

  続いてオススメ洋画は
  『ドラゴン・タトゥーの女』。
  本家スウェーデン版『ミレニアム』3部作の
  第1作のハリウッドバージョンなんだけど、
  ワタシはこちらの方が断然好き。
  多少大味だった本国版をデビッド・フィンチャー監督が
  その手腕でさらに洗練させ、別物に仕上げてたわ。

  主役のミカエル&リスベットに扮する
  ダニエル・クレイグとルーニー・マーラもいいんだな。
  今後もぜひこのキャストで
  第2作3作と続けていってほしい!

  そして2013年アカデミー作品賞、他に輝いた
  『アルゴ』。
  イランで実際に起こった
  アメリカ大使館人質事件を描いたサスペンスドラマなんだけど、
  アメリカ本国での前半はなんだか軽妙だったのに、
  舞台がイランに移ってからの緊迫感がハンパなく、
  ラスト、人質を乗せた航空機がイラン領空を出るまで、
  心臓バックバク!
  エンドロール見ながら安堵と感動の涙止まらずでした。

  監督としても役者としても、
  ベン・アフレックを見る目が変わった逸品。
  未見の方はDVDでぜひ!

  <MYおススメ作>
  ・『ヒミズ』 http://himizu.gaga.ne.jp/
  ・『ドラゴン・タトゥーの女』 
http://bd-dvd.sonypictures.jp/dragontattoo/   
  ・『鍵泥棒のメソッド』 http://kagidoro.com/
  ・『アルゴ』 http://wwws.warnerbros.co.jp/argo
 


ゴ:私の中で、2012年は、久々に洋画が復活した年だった。

  やはり『アルゴ』。
  これはもう、作品そのものというより、
  これが“実話”であるということがもう、
  “ハリウッドって、ハンパねえ〜”という。
  ちょっと、日本では考えられない発想と決断と勇気だよね。

  たぶん、実話だと知らされてなかったら、
  こんな荒唐無稽な人質救出プラン、 
  映画の企画としてもリアリティなさすぎで却下でしょ!
  
  それゆえに、政府の情報開示後に、
  このネタを映画化する権利を取って
  よくぞ立派なエンタメ映画にしてくれました!
  そこだけで3つ☆クラス。
  まさにハリウッドの真骨頂!
   
  そしてもひとつは『レ・ミゼラブル』。 
  監督は『英国王のスピーチ』のトム・フーパーで、
  本作もイギリス映画ならでのは気品に満ちた作品。
  
  仏の文豪による超有名な大河小説を原作に
  世界中で舞台ミュージカルとして上演されている作品だけに
  ストーリーは先の先までわかっているにもかかわらず、
  役者たちの、魂から歌いあげるような圧倒的な演技に、
  始めから終わりまで涙がダダ漏れ・・・
  見終わった後には、
  体の隅々まで浄化されたような崇高な心境に至るという、
  まさに神がかった作品だった。

  日本でミュージカル映画というと、
  どこか失笑の対象になるようなコミカルなものという
  先入観を持たれてしまうが、
  本作の役者たちのように
  舞台同様に演技の現場(ライブ)で同時収録できるだけの
  歌と演技に技量のある役者がいないから仕方ないことなのかも。 

  うっかりミュージカルっぽいことをしたらしたで
  『愛と誠』(三池監督)みたいな、
  突っ込みどころ満載のキワモノ作品が出来てしまうという…
  (あれはあれで、メチャクチャぶりが逆に面白いけど…笑)

  <MYおススメ作>
  ・『レ・ミゼラブル』 http://lesmiserables-movie.jp/
  ・『アルゴ』 http://wwws.warnerbros.co.jp/argo/
  (番外 『愛と誠』 http://aiandmakoto.jp/index2.html )
 


 M:釜山国際映画祭に行くようになって、約10年。
  そこで観た映画で、「おおっ!」と思ったものが、
  日本でかなり公開されるようになってきた。

  『アコースティック』は、
  CNBLUEや2AMのメンバーが、俳優として出演。
  初々しくも
  独自の空気を醸しだしたオムニバス映画で、
  とってもさわやか。

  同じく韓国映画『ワンドゥギ』は、
  DVDで観たら、
  まー!
  これがもう大当たり!
  すんごいおもしろかった。

  韓国って、貧乏、障害、外国人、
  親のない子などへの差別が露骨な社会で、
  映画を観るたびうんざりするのだけれど、
  この映画では、
  それを逆手に取ったユニークな教師が登場。

  教師役のキム・ユンソクと、
  主人公の高校生役のユ・アインのかけあいは、
  目を離さずにちゃんと観ないと、
  その可笑しさを見逃してしまう。
  脚本、
  本当に秀逸。

  邦画『ふがいない僕は空を見た』も、
  父のいない男子高校生が、
  悶々と生きていくさまを描いた秀作で、
  アニメコスプレに狂う若い主婦と
  深い仲になってしまう…という、
  シュールで現代的な設定。

  出演者それぞれの個性と、セリフが光っていた。
  必見ですっ!!

  <MYおススメ作>
  ・『アコースティック』 http://acoustic-movie.com/
  ・『ワンドゥギ』 http://www.cjent.jp/wdk/
  ・『ふがいない僕は空を見た』 http://www.fugainaiboku.com/

   
 
続いて、ワースト編の総評コメント!

          <2012年度ワースト編 総評コメント>

           A=ABBY M=MARS ゴ=Gochy!


A:2012年見ていて辛くてたまらなかった映画は
  まず『メランコリア』。
  そうです(笑)、
  またもやラース・フォン・トリアー監督!

  全編を暗示するプロローグの映像美は
  筆舌に尽くせないほど圧巻で素晴らしかったけれど、
  その後はもう眠くて眠くて。

  トリアー的終末観は
  ワタシにはあまりに退廃的で甘美でZZZZ。
  オススメはできないけれど、
  ヨカッタらDVDでお試しあれ。

  そして、傑作なのか凡作なのか
  よくわからなかったのが、
  園子温監督の『希望の国』。

  大震災後のある地方都市を舞台に、
  監督自ら徹底的に被災地を取材して
  作ったというこの作品は、
  実際にあった信じ難いエピソードの連続。

  でもなんか見るもの全てが胸に響いてこなくて
  最後まで不完全燃焼のまま。
  見る前はかなり期待していたのに
  何でなんだろう?

  園監督のいつものカラーと全く違って
  淡々としていたからかな。
  見るヒトによって感じ方は様々なのかもね。
  
  <MY残念作>
  ・『メランコリア』 http://melancholia.jp/ 
  ・『希望の国』 http://www.kibounokuni.jp/


  
M:『莫逆家族 バクギャクファミーリア』は、
  チュートリアルの徳井義実が好きなので、
  絶対観たかった映画。

  …でも。。。
  あまりに無駄な暴力シーンの連発と、
  「俺たちは家族」という
  とってつけたような臭い友情メッセージが、
  全然心に響かなかった。

  不良映画って、
  あんまり説教くさいとおもしろくないもんだね。

  阿部サダヲたち出演者も全然元ヤンキーぽくないし、
  倍賞美津子も生かされてないし。
  唯一、ブランキー・ジェット・シティのドラマーだった
  ミュージシャン、中村達也の凄みには
  目を見張った。

  『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』も同様に、
  あまりに残虐なシーンがあって
  少し気持ち悪かった。

  サダム・フセインの息子が
  どんなに非人間的で卑劣な男だったか、
  そしてその影武者を演じることになった男が、
  どれほど苦しんだかというジレンマを描いたもので、
  ドミニク・クーパーという若手俳優が、
  見事に一人二役を演じた。

  映画で描く暴力って、それなりに
  観客がついてくるように演出しないと、
  ただエグイだけになっちゃうね。

  <MY残念作>
  ・『莫逆家族 バクギャクファミーリア』 http://bakugyaku.com/
  ・『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』 
http://devilsdouble.gaga.ne.jp/
 


ゴ:未見につき、あえて番付対象作品としては
  エントリーしなかったものの
  そもそも見る気にもなれなかった、
  というか、
  お金あげるから!といわれても絶対ムリ!
  という、
  今後も強い意志を持って見ないであろう作品が
  『ムカデ人間』シリーズ。

  2012年も続編が公開されたようだけど、
  もう、私、ガチで生理的にムリ。

  相当エグいスプラッターものやエログロものでも、
  食わず嫌いせずに見るとき見る!というスタンスの私も
  これだけは、どーして開くことができない扉だった…。
  もう想像しただけでダメェ〜!  
    
  <MY残念作>
  ・番外『ムカデ人間2』 http://mukade-ningen.com/mukade2/