トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > シネマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
   ◇ 『トレキャ!シネマ番付』 〜トレキャ!シネマ番付2014上半期総括(MARS編)〜

M:今年のアカデミー賞の話題を一気にさらったのが
  『それでも夜は明ける』。

  ルピタ・ニョンゴのアカデミー賞助演女優賞のスピーチはよかった。
  映画の中での彼女は、もう本当に痛々しくって、
  リアルすぎて観ているのがつらかったほど。
  この作品は、映画化までにものすごく時間がかかっただけに、
  ブラッド・ピットはじめ
  関係者の思いもひとしおだった。

  痛々しいといえば、邦画2本。
  『私の男』と、『渇き。』。

  過剰な暴力描写や血の描写が、ちょっと引いてしまったけど、
  親子に流れる同じ血のDNAをうまく描いていた。
  呼び合う何か、みたいな。ギリシャ神話っぽいかな。
  
  そんな中、ものすごーいスターをずらっと揃えて
  軽妙なコメディにしてしまったのが、『ラスト・ベガス』。

  ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、
  マイケル・ダグラス、ケビン・クラインというおやじたちが
  同窓会っぽくベガスに集まるというストーリーで
  いくつになっても男ってバカだけどかわいいねと思える傑作。
  ベガスの良さもよく出てたなあ。笑いました。
  
  拾い物だったのが、『マダム・イン・ニューヨーク』。

  インドで大女優のシュリデヴィ、んまー、きれい!!!
  彼女に恋心を抱くローラン役のメーディ・ネブーと言う男優もかっこいい。
  『きっと、うまくいく』のように、インド映画は最近すごくいい感じです。