トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇ 『春ドラを斬る!---終了後番付---』(でも今回はナンシーさんを追悼)

 ゴ:いつもこのコーナーでは、クールごとの視聴率分析をしたり、キーワー    ドで全体を総括したりとかしているんだが、今回は、過日急逝されてし    まったナンシー関さんについて書くことにした。私はナンシーさんのコ    ラムが大好きで、自分がたまにコメントさせてもらっていた週刊誌でも、    毎週出版社から見本誌が手元に届くと決まって一番最初に読むのが彼女    のページだった。以前、私がこのメルマガで言及したNHK「奇跡の詩人」    疑惑についても同様の主張をされていたので、その後の彼女のツッコミ    を楽しみにしていただけに残念だ。ワイドショーの追悼番組などでは、    彫られた人たちが当人に会って話をしたいと言っても絶対会ってもらえ    なかったと言っていたが(特に小倉とか前忠ね)、そう言われて律義に    ほいほい相手に会っていたら…、(この続きはNo.2の当コーナで!)                   ※    というわけで、さっそくスタッフたちの辛口トークへ。    ああやっぱりね、キムタクドラマ、1位→5位→11位と、激しく急落!                ■『終了後番付!』■                  (18点満点)    ―――――――――――――――――――――――――――――――――      直前期待度&中盤番付からのランキング変動にもご注目ください。     → http://homepage2.nifty.com/dorama/2002/no27.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――       ・( )内数字は、中盤番付の順位&ポイントを示しています。       ・2つの矢印のうち、左側は順位の推移を、        右側はポイントの推移を表しています。 →1(1)位『ビッグマネー!』(木10CX)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9(8)↑ →2(2)位『天国への階段』(月10日テ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆8(7)↑ ↑3(6)位『ごくせん』(水10日テ)…………………☆☆☆☆☆☆▼5(3)↑ ↑3(4)位『ウエディングプランナー』(水9CX)……☆☆☆☆☆☆▼5(5)→ ↑3(4)位『ゴールデンボウル』(土9日テ)…………☆☆☆☆☆5(5)→ ↑4(8)位『春ランマン』(火10CX)…………………☆☆☆☆☆☆▼▼4(1)↑ ↑4(5)位『私の青空2002』(月9:15NHK)……………☆☆☆☆4(4)→ ↑4(5)位『真夜中は別の顔』(月〜木11NHK)………☆☆☆☆4(4)→ ↓5(3)位『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)…………☆☆2(6)↓ →6(6)位『利家とまつ』(日8NHK総合)……………☆☆☆3(-3)↑ ↓7(6)位『夢のカリフォルニア』(金10TBS)………☆☆▼1(3)↓                              ↑IN! -------------------<運命のボーダーライン!?>-----------------------                              ↓OUT! ↑8(9)位『しあわせのシッポ』(木10TBS)…………(0)→  ↓9(7)位『First Love』(水10TBS)…………………▼▼▼☆−2(2)↓ ↓9(7)位『眠れぬ夜を抱いて』(木9テ朝)…………▼▼▼☆−2(2)↓ ↑9(11)位『九龍で会いましょう』(金11:15テ朝)…▼▼−2(-2)→ →10(10)位『整形美人。』(火99CX)…………………▼▼▼▼▼☆−4(0)↓ ↓11(4)位『空から降る一億の星』(月9CX)…………▼▼▼▼▼▼▼☆−6(5)↓ ↓12(10)位『ヨイショの男』(日9TBS)…………▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼☆☆-8(0)↓   ※尚、ここにエントリーされていないドラマがいくつかありますが、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 わ=わっち H=Happa お=おっと ゴ:昼ドラ枠はドラ番の評価対象外であるのだが、前回の中盤番付で“今期の大穴   は『真珠夫人』”と申し上げたとおり、視聴率の方も、昼ドラ枠としては異例   の好成績を獲得。ヒロインがセリフで異常な回数「あたくし」を連発するので、   私は密かに「あたくし夫人」と呼んでいた(笑)とか、処女=きれいな身体、っ   ていう価値観って今時…、とかツッコミどころはてんこ盛りだが、あのジェッ   トコースター感覚とキワモノぶりはハマると抜けられない中毒性があった。 H:ほんと、やってくれましたねっ。次から次に起こるとんでもないハプニングに   目が離せなかった昼ドラ。まったく、とんでもないにもホドがあるんだから。   それでもテーマは純愛。何年も経てやっと結ばれたのが、最終週なんて笑っち   ゃう。いや、笑っちゃいけない。自分がガンだと知って、その気になった瑠璃   子〜。そこは泣くべきところか。 ゴ:この番組の成功で人気急上昇の“直也さん”こと、葛山信吾(ジュノンボーイ、   But10年以上前)のプロデュース兼主演公演を先日観させてもらったが、ワンマ   ンショーに陥ることなく、登場人物一人一人のキャラが立ったおもしろい舞台   だった。観客の反応も「あんたらWカップの韓国サポーターか!?」と思うほど   の盛り上がり。公演後には出身校の校歌まで歌ってみせ、ファンのハートをさ   らにゲット(笑)。実はこの舞台の脚本家が私の友人で、当「ドラ番」での好評   ぶりを彼に伝えてくれたらしく、そしたら「精神的にも大変なドラマだっただ   けに喜んでいた」そうだ。確かに、寝てる顔に鬼妻から花瓶の水をぶっかけら   れたり(あれ心から同情したわ〜)、各種拷問の連続だったもんな〜(笑)。 H:妻(人妻りりぃ〜!)が夕食に出したおかずが、タワシだったことも…(笑)。        ●1位『ビッグマネー!』(木10CX):☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 P:☆/終盤のまつば銀行を潰しにかかる件(くだり)は、迫力があって面白かっ   た。温和なイメージの小日向さんが怖い口調でしゃべるのを見れただけでも私   的には満足だなぁ。こういう意外性は見てて新鮮だもんね。期待番付で、私も   株について勉強する!!と言ったんだけど、それは相成らず…。 ゴ:☆☆/そのまつば崩し(←違うこと想像しないように)の展開に、大いに興奮! H:☆☆☆/やぁ〜ラスト3週あたりで、私の中では今クールNo.1に輝いた!いよ   いよまつば銀行に一撃って時の、あの静と動の演出のスバラシさ。キャスティ   ングもスバラシィ〜。じわじわ視聴率も上がってきたのがわかるわぁ。 お:☆/長瀬智也は、こういう熱い役、合う!銀行の危機管理体制なんか、ちょっ   と金融業界の勉強になりましたね。なるほどって感じで。 A:☆/テンポもまずまずで、最終回までなんとか視聴継続できました。が、最後   に印象が残ったのは、やはり泰造。今回の長瀬君は泰造に迫力負けしてたね。 わ:☆/泰造もだけど植木等のキャラも光った。ドラマはテンポがあってよかった   が、主題歌だけが全く異質。発売当初は話題になったのだが…。 ●2位『天国への階段』(月10日テ):☆☆☆☆☆☆☆☆8 H:☆☆☆/こんなジメッとしたドラマって一般にはウケないの?私的にはオトナ   のドラマで大満足。さすが長期間のロケを敢行しただけあって、映画のような   つくりでゆったり見れたし、津川雅彦の妙演も光ったな!ツェッペリンの“天   国への階段”も懐かしかったし、満足、満足。ただ結末が原作とは違ってて、   ちょっとビックリ。 A:☆/主役の佐藤浩市と忠実な側近・加藤雅也にしてヤラレたミス&ミセスは少   なくなかったはず。彼らの原作を凌ぐ存在感にはいつもドキドキ。プロの役者   の安定した芝居で、お茶の間の視聴者が大船に乗ったつもりで見ていられた今   クール唯一の民放ドラマかと。 お:☆/大人なドラマでしたねー。やはり、昭和のドラマを彷彿させられっぱなし   でした。佐藤浩市は、なんてかっこいいんだろうか!本上まなみは、つらかっ   たな。あの大御所だらけのドラマでは。古手川祐子や風間杜夫。うーん、やは   りうまかったなー。 ゴ:☆☆☆/佐藤浩市ファンの私にしたら、もうこりゃ永久保存版だって。最終回   の沖縄のシーン、あれは佐藤浩市のイメージビデオですか?ってなくらいのキ   ラキラショットの連続。まるでアイドル(笑)。「未央さんをありがとう。いい   子に育ってる」って亜木子(古手川)に告げるシーンには泣けたなあ。空には天   国への階段(空にかかる光の帯ね)。骨太のドラマを堪能させていただきました。 ●3位『ごくせん』(水10日テ):☆☆☆☆☆☆▼5 ゴ:☆/途中で打ち切りになるドラマはあるが、好評につき1話追加されてしまう   ドラマなんて今までになかったのでは?なんか腰を据えてじっくり見るタイプ   のドラマより、こういう単純でわかりやすいものがウケる傾向が今期は(視聴   率的には特に)顕著だった気がするね。 P:☆/『春ランマン』のあかねと同じく、ヤンクミの思い込み系“ひとりごと”   が面白かった。仲間由紀恵は『トリック』の山田奈緒子といい、今回のヤンク   ミといい、見事なハマリ役が続いてるね。刑事役のジョビジョバ・坂田さんも   毎回登場の度に、やってくれましたね(笑)。 あの、昔の刑事ドラマ風の出立ち   からしてやってくれてたか(笑)。 わ:☆☆☆/いいドラマだなぁと最後まで見てた。最終回泣いた。1時間のなかで   メリハリがあって自然と入り込めた。最後まで仲間由紀恵にはスゴミを感じな   かったが、時々入る金八チックな話がホロリとさせた。1年以内に『続・ごく   せん』があるとみた。 H:▼/どうも私には、あの美しく線の細い仲間由紀恵が、この役にはしっくりこ   なかったなぁ〜。怒鳴っても暴れても、お嬢にしか見えないもん。 A:☆/仲間由紀恵が岩下志麻レベルの迫力タンカを切れたなら、もちっと視聴率   上がっただろうに。でも印象が薄〜い他作に比べれば大健闘!松潤も、前より   大人っぽくてよかったよ。口元しまってきました。 ●3位『ウエディングプランナー』(水9CX):☆☆☆☆☆☆▼5 P:☆☆/私の今クール1番はこれ。幸せがたっぷり詰まってるんだもん。で、ケ   ミストリーの主題歌もこれまた感動を盛り上げてくれてた。一番ぐっときたの   が、最終回で純ちゃん(阿部寛)が美咲(木村佳乃)にプロポーズするシーン。   トオルの父親役の古賀廣太郎さんには『恋ノチカラ』の楠木文具の社長役や、   某プロバイタのCMなどでもその声の艶やかさに注目してたんだけど、今回でま   すます気になる度がUP(笑)。 お:☆☆/ユースケやったー!情けない男は、あなたしかいません。前クールの酷   評ドラマ(銀○の恋)のかっこいい役は、もうやってはいけませーん。加奈子   の息子、かわいいね。色白で!見とれてしまいました。ちょっと気になったの   は、この会社の人々のファッション。それ、行き過ぎじゃん??って感じの服   が多くて浮いているように見えたのは私だけでしょうか?? ゴ:▼/あまりに極端に意地を張り合う二人に、私はちょっと辟易。最終回、ユー   スケが飯島の強情、わがままぶりに向かって「もう、うんざりなんだよ!」っ   て言っていたが、見てるこっちが、うんざりなんだってば。まったく「犬も食   わない」ような意地の張り合い延々と見せられて、じれったいことこの上ない。   プロポーズしたユースケに飯島いわく「それをいうのに、どうしてそんなに時   間がかかるわけ!」って、あのな、それ、お茶の間のこのわしのセリフだって。  A:±0/いつからかケミストリーの主題歌だけしか印象に残らなくなってきて。   フェイドアウトしてしまいました。 ●3位『ゴールデンボウル』(土9日テ):☆☆☆☆☆5 お:☆/金城武、やっぱりかっこいいわ!黒木瞳、やっぱりかわいい!みんなの棒   読みな台詞の言い回しが、なかなか、このドラマの味になっていました。画面   の色調もちょっとレトロな感じになっていませんでした?レトロなかっこよさ   がありましたねー。 A:☆/しかめっ面で、滑舌悪いメロドラマのヒーローより、本作の金城君はずっ   とチャーミングで◎でした。相手役・黒木瞳との相性もよかったね。最終回で   はぬいぐるみなんか着ちゃって(脱いだら頭ボサボサ)、アンパンマンにまで   芸域を拡大する黒木の貪欲さには脱帽です! P:☆/これもある意味純愛だった気がする。ボーリング対決の合間の芥川と瞳の   何気ない会話も、私には何だか心地良かったな。まぁ、タイトルが光り輝いて   いたから、合格点あげます(笑) H:±0/今クールの中で、異質な存在だった作品。あの2人のキャラで純愛はな   いだろって。でもそこが変に心地よかったりしたのは、ナゼ? わ:☆/野島ドラマは音楽がやはりいいなぁ。ボウリング=ポールアンカの曲とい   う図式を作った功績は大きい。でも鶴光や出川とか、そんなに必要か〜という   出演者も多かった気も。  ●4位『春ランマン』(火10CX):☆☆☆☆☆☆▼▼4 お:☆☆/星3個に近い星2つーー!いやー、おもしろかった。こうなると思って   いたけど、想像通りの展開だけど、でも、テンポもあり、お笑いもあり、お涙   もあり、満足です。あかね(ともさか)が恋をしたあたりからちょっとテンポ   が落ちちゃったけど、「劇的なお別れをしたいー!」とか、「あほか!」とい   う、つっこみを笑顔で入れている自分があかね現象化(独り言王)していて、   また一人つっこみをしてしまいました。脇も固かったねー。濃かったけど!! P:☆☆/テンポが良くて、見飽きることなかったな。ともさか演じるあかねの、   うじうじしてるんだけども決心の良い“ひとりごと”がすごく好きだった。   最終回でポールって誰?とか思ったけど、最後まで見て納得。そうだったの   か(笑)って。あと、押尾学が部屋着として着てたオレンジのパンツ。あれを   見るたびに、私は消防士さんを思い浮かべてしまってました(笑)。 わ:☆/ともさかの新しい一面を見れてよかった。しかし宮迫は出るたびに味をつ   けていってる。今後も期待大です。 A:±0/案外、周りのウケがよかった本作。先日、プレミアか何かで記者から、   反町に間違われてた(笑)押尾学を避けてしまったんだが、もしかして面白か   ったの?しまった! H:±0/勢いがあって元気が出る良い作品デシタ。うちのトマトも育ってるぞ〜。                ●4位『私の青空2002』(月9:15NHK):☆☆☆☆4 A:☆☆/最後は低空飛行で無難に落ちついちゃったけど、キャストの個人芸がと   っても光る佳作でした。ヘタな民放見るよりずっと面白かった。シリーズ化を   切望!ドンドンでかくなってく太陽にまた会いたいっす。 P:☆/太陽くんって良くできた子供だね。できすぎててちょっと怖い気もするけ   ども。複雑な環境でも、あぁいうできた子に育つとは現代の同じような家庭事   情からするとうらやましい限りなんだろなぁ。 ●7位『夢のカリフォルニア』(金10TBS):☆☆▼1 P:☆/これは主役の3人よりも終(堂本剛)の家族が光ってた気がする。余さん、   岸部さん、それにクドカン。不思議な取り合わせなんだけど、妙に温かさを醸   し出してて。確かにこれだと、終があんなに優しい訳がわかるよね。その終く   んの就職活動中に感じるあの何とも言えない気持ちも、私(途中でドロップア   ウトした経験アリ)にはすごく共感できた。 わ:☆/暗い、地味と思ってたけど結構自分探しのヒントも出てた。ドラマのBBSが   盛り上がってる番組ほど視聴率が低いというのも、TBSの法則になりつつある。   「サバイバー」みたいに(笑)。 A:±0/なんか暗かったよね、コレ。主題歌もピンとこないし。あっ、内容に共   感できんのは世代のギャップが原因か?があ〜ん!! ●8位『しあわせのシッポ』(木10TBS):±0 わ:±0/印象薄いな〜。家族について考えるというのはよかったが暗くもなく明   るくもなく普通すぎ。小泉孝太郎は大丈夫か?9月に主演するそうですが…。 A:±0/『渡る世間〜』終わると、ついついチャンネルをCXに変えちゃってたん   だよなあ。 お:±0/だって、裏が『ビックマネー』だもんね。 H:ハ〜イ、見てませ〜ん。 ●9位『First Love』(水10TBS):▼▼▼☆-2 P:±0/見る前はこの“低温多湿ドラマ”に期待で胸が膨らんでたのに、回を追   うごとにその気持ちはどこへやら…。和久井映見が悪役になりきれてなくて、   単なるわがまま止まりだったのが原因?とも思う今日この頃。やはり彼女には   真っ直ぐな役が向いてるよね。某ヨイショの吾郎ちゃん同様、違和感を覚えさ   せる配役はご法度です。 A:▼/和久井が不穏だった中盤まで、いいぞお!いいぞおって感じだったのに、   飛び降りて生きかえっちゃったあたりから、ズッコケ(笑)。あんな半端なキ   レイごとで終わると知ってたら、水曜22時は『ごくせん』1本に絞ったのにぃ。 お:±0/思ったより、どろどろ度が少なくて残念。 ゴ:▼/あれで、めでたしになるとは思えないんだよ〜。あの場合、男は最後まで   「どちらも選ばない」という道を選ぶしかないのではないかなあ??? ●9位『眠れぬ夜を抱いて』(木9テ朝):▼▼▼☆-2 P:☆/これは地味だけど、良い作品だったと思うよ。このドラマは一人の女性を   巡る悲劇とも言えるね。終盤に向けてどんどん真実が明らかになっていくとこ   ろはひとつひとつの謎が繋がっていって、見てて“ほほぅ”と感動。 A:▼/中盤までは、ドキドキ上出来サスペンスしてたのに、いきなり謎を明かし   過ぎだって〜の。謎解きに膨らんだ胸がペチャンコに。興味も半減、コレもフ   ェイドアウト! お:±0/途中まで面白かったんだけどなー。途中から、テンポが下がってしまっ   た感じ。結局は、そうなのね、って終わり方でした。 H:±0/最初っから最後まで、重かったね〜。さすがは野沢作品。結局は夫婦の   愛ってどうよ?だったんでしょ。それにしても、重かったなぁ〜。 ゴ:▼/このサスペンスを「夫婦愛」で料理しようとした時点で無理があったと思   うんだけど。ただ本編とは裏腹に『R-17』(中谷美紀がスクールカウンセラーを   演じた)チームの手によるWEB(裏サイト)は異常な盛り上がりを見せていた模様。 ●9位『九龍で会いましょう』(金11:15テ朝):▼▼-2 P:±0/最後はものすごくドラマチックな展開だったね。純粋に恋するってああ   いうことなんだなぁ、と。結局は不倫はダメってことですね。 お:±0/見忘れた時にも、ランチのネタになるので、ストーリーがわかりました。   でも、内容よりも、もっぱら「隆一の目」についての感想でしたが。。。話題   沸騰! A:±0/本作が縁でK・RとI・Yは今アツアツらしいな。って、そりゃ河村隆   一と石田ゆり子かい??(某ワイドショーのイニシャルトークより) わ:±0/婚約直前だった和太鼓の人と破局したそう。ということは…。 ゴ:▼/あんなにゆり子と濃厚なキスをしまくっていた伊原剛志の立場は?(笑) ●10位『整形美人。』(火99CX):▼▼▼▼▼☆-4 お:☆/この主人公は米倉しか、想像できない感じでしたね。浮世離れした設定だ   ったのに、うまくいったなーって感じ。家族が味があって、ちょっと暖か家族   物語って見方もできました。 A:▼/米倉は大味すぎる。“女優など目論まずに、モデルやってればよかったの   に”と思うのはワタシだけかしら? P:▼/(・・・小さく挙手・・・。) ●11位『空から降る一億の星』(月9CX):▼▼▼▼▼▼▼☆-6 わ:±0/4月のあの「期待」はなんだったのか!まず出演者ありきのドラマ作り   の結果と思う。最終回も「はぁ?」という感じで見終わった後状況が飲み込め   なかった。さんまがドラマについていろんな番組で語ってるのが空しく聞こえ   ます。 P:▼/見終わった後に残る、何とも形容しがたい気持ち。このストーリー展開は   いかがなものなんでしょう?私にとってもようわからん展開で、あまり(とい   うかほとんど)惹かれるところがなかった。人がたくさん死んではったなぁ、   というのが率直な感想。 A:▼▼▼/キムタクファンが見捨てなかったからか、視聴率的にはまずまず健闘   したようだが、内容はまるで×だったよなあ。ストーリーの点と点がてんでん   バラバラで、なんかわかったようなわからなかったような。北川脚本だから面   白いってのはウソだよねえ、絶対。不慣れなサスペンスだからコケたのか? ゴ:▼/わかったようなわからんようなといえばセリフもそう。「一度抱きしめた   心は、もう1人では生きて行けない」とか文学されても…。北川さんのセリフ   ってもっと単純でわかりやすくて心に響くのが魅力なのに。ストーリーにして   も、まずあのラストありきで、そこに着地させるためにいろいろいじってきた   感じ。だから観てるこちらの方が微妙に展開の先を予想できちゃって「おさら   い」してるような感覚だった。サスペンスにしては意外性や驚きに欠けた感が。  A:極めつけはラストのさんまのソロシーン。あんなに長回しで、情けない泣きっ   面見せないでよん。思わずもらい泣きするどころか、さぶくなってチャンネル   変えちゃったわん。ナンシー関さん健在なら、あのさんまをどんな風にやっつ   けただろうか? ゴ:▼/私、さんまについては、演技うんぬんの前に、毎回うどんの食べ方の汚い   のが気になっちゃってさあ。うどん関係(笑)の飛沫とびまくり(歯が出てるか   らか・笑)。そいで、そのうどんシーン、もうしつこいくらい出てくるし(笑)。 お:▼/期待が強すぎただけに、結果はこれに…。「水10」って番組で、ココリコ   田中がこのドラマのキムタクの真似してて、めちゃくちゃ面白かった!これこ   れ!これでは笑えるんだけど、実際のドラマはね…。深津ちゃんも、生かしき   れてなかったなー。さんまである必要も感じなかったし。 H:☆/ラブサスペンスって言ったって、ラブもサスペンスも中途半端で気持ち悪   かった〜。あっ!という意外性を期待してたんだけど残念。唯一、あっ!と思っ   たのは、完ちゃん(さんま)ちに日本代表のユニフォームがあったこと。それ   でもストーリー展開は、毎回“なんだか一大事”なBGMに助けられてたんじゃ? ●12位『ヨイショの男』(日9TBS):▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼☆☆-8 P:▼▼/うひゃぁ〜、何なんだろう、この違和感…と考えていたら、わかった。   媚びを売る、という行為が私苦手なんですよ。するのも、見るのも。だから、   このドラマには悪いんですけど、▼をふたつばかり。 A:▼▼/ヨイショ男に違和感ていうか、悪寒がしたんだな。だから▼2つ。 わ:▼▼▼/ロシア戦の日の、4.2%という視聴率がこの番組の縁起を悪さを物語っ   てます。主題歌は聞いてる私たちのほうが恥ずかしかった。稲垣さんの復帰は   まだ遠い…。 ゴ:▼▼▼/「この男が後の日本経済を救うことに」って、くどいくらい言うもんだ   から、さて、いったいどんな大物に!?という興味だけで、最終回を観たのに…。   な、なめてるのか?視聴者をっ。 お:±0/途中、「どうしたもんか?」と思ったけど、日曜日の夜には、あの位が   いいのかも。なんとなく、見てしまいました。 H:☆☆/これって賛否両論、ヨカッタ派、よくなかった派にはっきり分かれた作品   よね。サラリーマンとかOLさんには結構ウケてたみたいで、話題にもなってたよ   うだけど。私はもちろんヨカッタ派。ホント、日曜の夜に見るにはぴったりのサ   ラリーマンドタバタ劇で、ヨイショの仕方は極端だけど、人との接し方とかで教   えられるところも多かったし。両沢フリークの私は、当然◎!


  以降(新ドラ期待度)は別メール<No.2>へ続く ・・・