トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇ 『夏ドラを斬る!---終了後番付---』(ビデオ選びの参考に!)

 ゴ:期待度・中盤・終了後の番付で、徐々にポイント上げて首位についた    のが『恋愛偏差値』。『ランチの女王』は安定した人気で2位を獲得。    一方、期待度から大幅にポイントを落とした2大“期待はずれ組”は    『愛なんていらねえよ、夏』(12P落ち)と『私立探偵 濱マイク』(7P    落ち)。個人的には、“親がガン(もしくは疑惑)もの”と“ジェイソン    おち”(詳細は各評を)があちこちの作品で目立ち、「生と死」の扱い方    を再考せよ!と強く言いたい夏クールであった。視聴率的にも平均20%    を超えるものがなく(『ランチの女王』が19.1%で最高)冴えなかった。    し、しか〜しっ!そんな中でもこの夏、素晴らしく輝いた作品群がある。    スペシャルドラマだ。読者からも、「機会があったらSPドラマも斬って    ほしい」「『北の国から』をぜひ取り上げて」といったご要望もあり、    今回は番外でSPドラマも取り上げた。ではスタッフたちの辛口トークへ!    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━            皆さんのドラマ評も掲示板で大募集!        今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!               ↓カキコミはこちらから!↓     http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=BZV01416    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                 ■『終了後番付!』■                  (18点満点)    ―――――――――――――――――――――――――――――――――      直前期待度&中盤番付からのランキング変動にもご注目ください。     → http://homepage2.nifty.com/dorama/2002/no29.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――       ・( )内数字は、中盤番付の順位&ポイントを示しています。       ・2つの矢印のうち、左側は順位の推移を、        右側はポイントの推移を表しています。             <※印は秋も続投の作品です>       ↑1(2)位『恋愛偏差値』(木10CX)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11(10)↑ ↑2(3)位『ランチの女王』(月9CX)……………☆☆☆☆☆☆☆☆8(8)↓ ↑2(6)位『怪談百物語』(火8CX)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆8(4)↑※ ↓3(1)位『私立探偵 濱マイク』(月10日テ)…☆☆☆☆☆5(12)↓ ↑4(9)位『ナースのお仕事4』(火9CX)…………☆☆☆☆☆▼4(1)↑ ↑4(4)位『サトラレ』(木9テ朝)…………………☆☆☆☆4(6)↓ ↓4(5)位『ダーク・エンジェル』(月8テ朝)……☆☆☆☆4(5)↓※ ↑5(8)位『利家とまつ』(日8NHK総合)…………☆☆☆3(2)↑※ ↓6(5)位『ツーハンマン』(金11:15テ朝)………☆☆☆▼2(5)↓ ↑6(7)位『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)………☆☆☆▼2(3)↓※ ↑6(10)位『ショムニ ファイナル』(水9CX)……☆☆2(0)↑ ↓6(5)位『天体観測』(火10CX)…………………☆☆2(5)↓ ↓7(4)位『太陽の季節』(日9TBS)………………☆☆▼▼0(6)↓                              ↑IN! ---------------------<運命のボーダーライン!?>---------------------                              ↓OUT! ↓8(7)位『マイリトルシェフ』(水10TBS)………▼▼☆-1(3)↓ ↑9(14)位『探偵家族』(土9日テ)…………………▼▼▼▼▼▼-6(-7)↑ ↑10(12)位『ぼくが地球を救う』(木10TBS)………▼▼▼▼▼▼▼▼☆-7(-4)↓ ↑10(13)位『こちら本池上署』(月8CX)……………▼▼▼▼▼▼▼▼☆-7(-6)↓ ↓11(11)位『東京庭付き一戸建て』(水10日テ)…▼▼▼▼▼▼▼▼-8(-2)↓ ↓12(10)位『愛なんていらねえよ、夏』(金10TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼-11(0)↓  ※尚、ここにエントリーされていないドラマがいくつかありますが、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜  ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 わ=わっち H=Happa お=おっと ●1位『恋愛偏差値』(木10CX)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11 ゴ:☆/これ、各章ごとの出来にかなり落差がありましたね。第一章は中谷の迫真   の演技と、こなれた脚本にブラボー!☆3つ、第二章は一転してストーリーも   ヒロインの常盤自身も精彩欠いて▼2つ、第三章は可もなく不可もなく±0。   差し引きして総合で☆ひとつ、と。 A:☆/ワタシも☆は第一章の「燃えつきるまで」に!一章の中谷美紀が良過ぎて   二章、三章と偏差値下降。常盤ちゃん、財前&柴咲コンビ冴えなかったっす。 お:☆☆☆/第一章「燃えつきるまで」に全ての☆を!二章三章は普通な感じで…。   第一章の中谷美紀の切羽詰まった状況が忘れられない。二章目は、あきまへん   でしたねー。常盤貴子も、ごろうちゃんも。三章目は、本も読んでいたので、   結末はわかってたんだが、柏原崇は、はまり役!白線流しから何年?すごくカッ   コよくなってしまって、それだけで見ていたような感じです。 P:☆☆/今期一番うなずかされたドラマ。みんなの言うように、やはり中谷美紀   主演の第一章がすごかったな。次の第二章が霞んじゃったもん。私は第三章も   捨てがたいな。ドラマ内でこのタイトルと同じ映画があったのには、おっ、と   思った。全部を通して見て、女の本音がズバズバと出ていたのがやはりこのド   ラマの勝因だね。 わ:☆☆/3作目はちょっとなぁという感じ。財前に年齢を感じたが柴咲の主演は   まだ先。私としては常盤&稲垣&ぐっさんの2作目がよかった。1クールオム   ニバスという形は流行りそう。月末に結末がきますから。 H:☆☆/よかったよかった3作とも。ストーリー展開は先が見えてるんだけど、   うまいもっていき方で、ついついのめり込んでしまった。オムニバス形式は簡   潔でイイワ。 ---------------------------------------------------------------------- ●2位『ランチの女王』(月9CX)☆☆☆☆☆☆☆☆8 P:☆☆/竹内結子バンザイ。かわいさとシャープさがほどよく混じった彼女の演   技、大好きです。兄弟でひとりの女の人を取り合うとなると、現実にはもっと   ドロドロしそうだけど、そうならなかったのは心優しい純三郎くんのおかげか   な?まゆげが立派な(笑)稔くんの、男気があるんだけど丁寧な言葉使いも良い   味を出してたなぁ。 H:☆☆☆/やっぱりね。竹内結子(しつこいようですが、大ファンです)の爽や   かさとグルメのマッチングで、みるみる数字(視聴率)も伸びたね。鍋島家の   イケテル兄弟もよかったんだろうけど。おかげで、オムライスがいつもより売   れたらしいし。 お:☆/おーこんな展開になるのか!とびっくりしたので、☆1つ!その割には、   ほのぼの感が生ぬるく続き、最後もやっちゃったね!って感じでした。月9な   のに!! A:☆/美形の兄弟がよってたかって物凄い恋愛バトルする対象が竹内結子?そん   なイイ女か?と思いつつ、ラストは予想に反してあの男と・・・・・。しかも   すご〜くヌルイ終わり方。なのに☆ついたのはキッチンマカロニのファンだっ   たから(笑)。結局食い気かよ。 ゴ:☆/私も、☆はうまそうな料理の「ゆげ」に(笑)。ところで前回の中盤番付で、   「なぜかわからないんだが、どんなドラマでも彼女(竹内)見てると私のカン   にさわる」と書いたコメントに意外にも複数の人から「同感」コメントが(笑)。   私だけがひねくれ者ってなわけじゃなかったようで…。彼女に対して生理的に   ダメな同性ってのがけっこういることがわかったのは、新鮮な発見でした。 ----------------------------------------------------------------------  ●3位『私立探偵 濱マイク』(月10日テ)☆☆☆☆☆5 P:☆/エゴ・ラッピンの曲に合わせたオープニングを見るだけで毎回満足してい   た私。あれだけでも充分、濱マイクを堪能できてた気がする。全体を通して好   きだったのは、第9話の中島哲也監督の「ミスター・ニッポン〜21世紀の男〜」   と浅野忠信が出た第10回「1分間700円」。 H:☆☆/フィルムの質感と映像の編集&加工テクだけ楽しみました。あとはファッ   ションくらいかな。 A:☆/徹頭徹尾意味不明(笑)。ある種のプロモだと思ってみてたけど、さすが   に眠くてキッツイ回もございました。でも12人の監督と豪華ゲストのコラボっ   ていう新しい試みは評価したい。内容的に非常に苦しいけど、この企画自体に   ☆ひとつ献上。 わ:±0/結局なんだっただろう…。映像は美しかったし毎回変わる脚本、ゲスト も斬新で面白かった。でもそれだけという感じ。ドラマから得るものがなく残 念。 お:±0/最後まで、眠らずに見れた事が無いのです、私…。何回もトライしたん   です。でも、寝ちゃうんです。なんででしょうか?? ゴ:☆/それは作り手の「自己満足ワールド」だったからです。最後まで打ち切り   にならなかったことが快挙!なくらい瀕死の視聴率だったわけだけど、そもそ   も鳴り物入りでプライムタイム(19時〜23時)に持ってきた編成自体が間違っ   てたって気がするね。我々はドラ“マニア”だから、そこそこ評価してるけど、   正直言ってあの内容じゃ一般ウケしません。固定客しか見ないドラマは、ゴー   ルデンも深夜枠でも取れる視聴率は一緒。だったら“深夜なのにスゴイのやっ   てる”って口コミで徐々に話題にしていく戦略の方が、少なくともパッケージ   (ビデオやDVD)の動きはよくなったはず。でも近所のTUTAYAを見る限りでは、   放送中から異例の発売をしたビデオも全然回転してないもん。キャスティング   とスタッフィングの快挙に、かろうじて☆ひとつ献上ってとこ。 ----------------------------------------------------------------------  ●4位『ナースのお仕事4』(火9CX)☆☆☆☆☆▼4 お:☆☆/最終回、巨人の優勝試合と重なって、始まりは10時半!!でも、次の日    の事なんか考えずに見たかいがありました!やはり、いずみちゃんはいい!中   だるみ時期もあったけど、納得の内容。観月ありさって、本当にいずみ役の時   かわいさを発揮していると思います。終わっちゃうのがさみしい。「帰ってき   たナースのお仕事」とかやってくれないかなー。 わ:☆☆/優勝決定の日、最初はいつ始まんねん!な気分からサヨナラ暴投と、こ   っちの方がドラマでした。スタート2時間30分遅れの最終回…。9時ごろ見る   からドタバタで面白いけど、半分寝ながら見たので記憶ナシ。でもいいドラマ   でした。「5」はないよね? P:☆/最終回の最終場面、あの場面こそがこのドラマをぎゅっと凝縮してたね。   朝倉&先輩というあの関係こそがこのドラマの骨子だもん。ドラマとして完成   したものを見ていても、現場のチームワークの良さがひしひしと伝わってきた。 A:±0/失速著しかった他のドラマと比べれば、平均的に面白くて安定してたか   も。次回はいずみ夫婦に赤ちゃんが!なんて展開になるんかなあ。 ゴ:▼/この『ナース〜』も『サトラレ』も、ともに親のガンを子供が手術する、   という設定だったし、『東京庭付き一戸建て』や『北の国から』にしても親が   ガン(かも?と本人が早とちり)など、似たような設定の続出にちょっと辟易。   でも似た設定でも『北の国から』は中畑(地井武男)の妻の末期ガンのエピソー   ドを織り込むことで「命」とか「生と死」について深く考えさせられ感動を与   えてくれた点で他とは一線を画していたけどね。 ----------------------------------------------------------------------   ●4位『サトラレ』(木9テ朝)☆☆☆☆4 お:☆☆/平均的に毎回おもしろくて、娯楽に最適なドラマでした。オダギリジョ   ーはいいですね。好青年役の白のオダギリジョーも、「天体観測」の黒のオダ   ギリジョーも!両方こなせる役者さんってなかなかいないですもんね! ゴ:☆/ドラマを掛け持ちしても、全然違うキャラを見事に演じ分けたオダギリ。   その「なりきり度」に☆献上。ストーリーも最後まで心温まるオチが用意され   ていてよかったですよ。まさに癒し系の代表作。 A:±0/サトラレ君が自分がサトラレだってことに気がついた最終回が一番面白   かったっす。 P:☆/サトラレ本人と、周りの人々のどちらが大変なのかなぁと、ニワトリが先   か卵が先か的なことを考えていたら思考がメビウスの輪に…。 ---------------------------------------------------------------------- ●6位『ツーハンマン』(金11:15テ朝)☆☆☆▼2 A:☆/結花(川原)が誠(中村)に惹かれはじめたあたりから、面白みが半減。   ついついチャンネルをCXの「メントレG」から変えられなくなっちゃった。で   も、前半草刈らに大いに楽しませてもらったので、☆ひとつ寄付。 お:±0/けっこうおもしろかったけど、後半は飽きちゃいました。あんまりにも   同じ展開なんで。 P:☆/「ラブ・フロム・ツーハンマン!!」っていうツーハンマンの台詞が気に入っ   ちゃった。この番組をきっかけに、通販番組界に革命が起こると楽しいんだけ   どなぁ。お昼にやってる通販番組はどれもこれも同じに見えるから、ツーハン   マンもどきが出たらインパクトがあって、一気に売上げが伸びると思うんだけ   どなぁ。 ゴ:±0/いや一部の通販番組には、このドラマ以上にインパクトあるものがある   よ。「ジャパネットたかた」の高田社長とか(笑)。ダチョウ倶楽部をはじめと   するB級タレントとのわざとらしいリアクション合戦は、もう白々しいとか滑稽   とか、そんなレベルをはるかに凌駕していて、不覚にも「お、おもしろいかも」   と見入っちゃうほど。特に、クサい演技に磨きがかかってるのは寺門ジモンね。  ●6位『ショムニ ファイナル』(水9CX)☆☆2 わ:☆☆/最後ぐらい「伊藤さん追悼」でもやってくれたらよかった。江角の言葉   には威厳がなくなった感じ。江角一人で暴走するシーンが多々見られたのが、   今までと違うところ。やはりメンバー+井上課長でショムニなのに…。右京さ   んの恋の行方などまだ語られていないところが多いので、ひょっとして「帰っ てきたショムニ」ありか? P:±0/まるで操られているかのような演技、これは見ていて愉快。警備員の沢   村一輝は他のドラマでは見せない演技をしてるし、高橋由美子も役に入り込ん   じゃってるじゃないですか。もう一回シリーズの最初から見てみたい気持ちが   してきちゃった。って、気づくの遅いか(笑) お:±0/うーん。お粗末でした。毎回見てきたから、もう限界だったんでしょう   か?私的に。大事な事言っているとは思うんだけど、千夏の言葉にカリスマ性   が無くなってしまった。さよならショムニ。 A:±0/ワタシも飽きた、コレ。「ショムニ アゲイン」は要らんです。 ゴ:±0/ワタシ、「ファイナル」スタート前から飽きてた。 ●6位『天体観測』(火10CX)☆☆2 わ:☆/友情っていいなぁと思ったときに中島美嘉の曲でげんなりさせられました。 BUMP OF CHICKENを主題歌に持ってきたほうがよかったと思うのに…。暗いと思 っていた小雪がそこそこよかったです。 P:☆/私の中ではドラマそのものより“バンプ”の曲のイメージの方が強かった   な。小西真奈美はこういう薄幸な役が似合わない?同性ながら、哀しみに沈む   顔が妙に色っぽいなぁ、と。 お:±0/最終失速ナンバーワン!暑い夏には暑すぎた。坂口憲二が成功し始めた   あたりから、なんだか、見るのが忍びなくなってしまうほどでした。目にいい   ドラマ(いい男づくし)も、やはり中身が必要なのです。 A:±0/要するにコレは「愛という名のもとに」のリメイクだったのね。チョロ   がジョー?違う?今更んなこと言うな?(笑) ゴ:±0/「ふぞろいの林檎たち」のリメイクとも言われている(苦笑)。 ---------------------------------------------------------------------- ●7位『太陽の季節』(日9TBS)☆☆▼▼0 お:☆/タッキーが走る、濡れる、脱ぐ〜!まるで彼のプロモーションビデオのよ   うで!でも、それを期待している自分がいる感じでした。野心旺盛なギラギラ   した役なのに、そのギラギラ感は感じなかったですね、残念ながら。 A:±0/そうそう、まさにこりゃあタッキーのプロモ。もっともっとダーティな   役に染まってくかと思いきや、いつまでたってもさわやかなタッキーに興味が   薄れてフェイドアウト。石原都知事もがっかり!? H:▼/あまりにタッキー様が美しすぎましたワ。もっと、あぶらたぎったギトギ   トアクトの方がイメージだったんだけどな〜。残念。 ゴ:±0/これってさ、原作と一緒なのって、登場人物の名前だけじゃん、結局。   あとはあまりに違いすぎて、このドラマの原作を『太陽の季節』って言ったら   叱られそうな気がするんですけど、特に知事あたりに(笑)。それにねえ、   今の時代においてもなお、南田洋子と長門裕之主演の映画『太陽の季節』の方   が、ずっと鮮烈で、はじけてると思いますよ。 P:☆/駅伝部のコーチ、どっかで見たことあるなぁと思ってたら…、映画『ピン   ポン』でアクマを演じてた人だよね。胸のつっかかりがとれて妙にすっきり。   英子は最後の最後まで健気だったなぁ。『真珠夫人』の瑠璃子といい、人を好   きになるのには信じることが一番ってことか。いろいろと話題になり、期待さ   れていた件の障子破りシーンに激怒した人は一体どれくらいいることやら…。 わ:▼/やはりツッこむべきは「障子破り」…何のために飲み会を断ったのか…。 細かいことですがあんなんできるもんなのでしょうか?家に和室がないのでで きないのですが(笑)。タッキーにはドロドロモノは無理と判明。ドラマと無関 係の主題歌もおかしかった(しかも売れなかった)し、期待はずれ。 ---------------------------------------------------------------------- ●8位『マイリトルシェフ』(水10TBS)▼▼☆-1 P:▼/何とな〜くまとまった感があるドラマ。瀬理の人柄のように、ほんわかと   温かい雰囲気はちゃんと伝わってきたけど、個人的にはもっと動きのあるもの   が良かったなぁ。 お:▼/これも後半飽きてしまったドラマの一つ。盛り上がりが無いドラマって、   後半見続けられない。 A:±0/表情が乏しく、セリフ回しの一本調子な矢田亜希子よろしく、Storyも   のっぺりしてて盛り上がりに欠けたね。何回も言うけど、あのコンパニオンみ   たいなコスチュームもいかんかった。 ゴ:±0/最終話に出て来た5つのスプーンのお料理、かわいかった。けど、この   ドラマ自体も、その料理と一緒で、お上品なんだけど、小粒すぎた。 ---------------------------------------------------------------------- ●9位『探偵家族』(土9日テ)▼▼▼▼▼▼-6 A:▼/タメになる探偵ワザもあったが、やはり半端なホームドラマ感が否めなか   ったっす。 H:▼/番組特製QUOカードをもらってしまったので、がんばって見なきゃと思   ったが、あまりの退屈な展開にリタイア。ゴメンナサイ。  ---------------------------------------------------------------------- ●10位『ぼくが地球を救う』(木10TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼☆-7 ゴ:☆/白いスーツを朱に染めながらぶっ倒れる哀川翔のお家芸を、お約束の様に   拝めて、ファンとしては満足です(笑)。それにしても、だいちゃん(哀川)   のボスは内閣総理大臣で、実は彼は政府のスパイだったってオチは、『木更津   キャッツアイ』の、“実はウッチー、スパイ”ってのと一緒じゃん>TBS。   ま、ウケたから許すけど(笑)。 A:▼▼/ウッチャンより哀川、哀川よりワン公・カリート君が救いって感じでし   た(笑)。 わ:▼▼/結局、このドラマは何よ?主題歌も売れそうで売れなかったけど変に頭 に残ってます…。 ●10位『こちら本池上署』(月8CX)▼▼▼▼▼▼▼▼☆-7 ゴ:☆/なんか皆、マイナス評価ばっかだけど、犯罪ものでありながら、文部省   推薦とかつきそうな内容で(笑)、ちゃんと見ると、けっこうジ〜ンと目頭に   くるんですよ。脇役の一人一人までしっかりとキャラが立ってて、今では、   続編まで期待している私さ(笑)。デビュー当時のジョシュ・ハートネット   みたいな高嶋のヘアスタイルはどうかと思いますけどね。 A:±0/私の両親はこのドラマの大ファン。夏休み実家に帰った時、『ダーク・   エンジェル』びいきのワタシといつも派手なチャンネル争いに。別室に行って   他のTV見ればいいのに居心地のいいリビングのTVはお互い譲れなくって。 ---------------------------------------------------------------------- ●11位『東京庭付き一戸建て』(水10日テ)▼▼▼▼▼▼▼▼-8 A:▼/9月前半にいつのまにか最終回になってたね。秋ドラもこんな姉妹おるか   い?ってキャスティングのドラマあったけど、こういう寄せ集め具沢山ってウ   ケル根拠があるから続くの?あっ、あったわ、『渡る世間・・・』(笑)。 ---------------------------------------------------------------------- ●12位『愛なんていらねえよ、夏』(金10TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼-11 お:▼▼/渡部篤朗のあの、くさい台詞回しと、こびた目つきの広末涼子に、生理   的に最後はチャンネルを替えてしまう程に…。 A:▼▼/酷評の嵐の中、それでもワタシは泣いたりしながら見ておったんだ。な   のに最終回のあのポヤーンとしたハッピーエンドは何だ!“再放送はいらねえ   よ” P:▼▼/目が見えるようになった亜子が成田空港でレイジを見つけるシーン。こ   のシーンにはじ〜んとしました。姿は見たことがなくても、醸し出す雰囲気で   その人がわかってしまうなんて、愛以外の何ものでもないじゃないですか。で   もでも、何故か今クールはTBS系と相性が悪い私。 ゴ:▼/レイジ(渡部)壮絶死!!…と見せてちゃっかり生きている、『太陽の季節』   のタツヤ、すわ水死か!!…と見せてしっかり生きている、『僕が地球を〜』の   だいちゃん、刺客に殺さる!!…と見せてやっぱり生きてる(全部TBS)。お主た   ちは“ジェイソン”ですか!?あまりに“ジェイソンおち”を頻発させると、   視聴者はしらけるし、なんか「命」遊んでるみたいで引くね。ちなみに、本家   「13日の金曜日」のジェイソンは、シリーズ最新作でついに宇宙を舞台に殺戮   開始!まったくお主はいつからエイリアンになったんじゃ〜!?>ジェイソン わ:▼▼/前クールはW杯、そして今回は連続ドラマやニュースに話題が流れ気味   で今回も没頭できるドラマなし。このままドラマは衰退してしまうのか…。        以降(新ドラ期待度)は別メール<No.2>へ続く   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  特┃別┃番┃外┃編┃ ◇『「北の国」他、SPドラマと昼ドラの部』  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●『北の国から記憶89〜98』『北の国から 2002遺言』(CX) ゴ:☆☆☆/なんか宮崎駿映画の実写版みたいな感じありますよね。“泥のついた   1万円札”とか“ラーメン屋で伊佐山店員をを叱る”とか、忘れられない名場   面は数あれど、このドラマってシリアスとコントの狭間で、視聴者をわしづか   みにする魅惑があるね。コント色の強かったシーンで印象的なのが、トド(唐十   郎)と純の海岸での“入浴バトル”と、病院の検査での“五郎恐怖のひととき”。   まったくこの親子は怯えさせると最高のリアクションするわけで(笑)。五郎   の「怯え顔」に魅せられた私としては、廃材博士として東京に招聘された五郎   が大困惑する『北の国から 東京出張』(笑)とか見てみたい。「クロコダイル   ダンディin NY」の世界?スローライフが叫ばれる今だからヒーローになれる   一家だろうに“遺言”で終わりなんて…。『北の国から 葬式』『北の国から    天国』『北の国から 蘇生』とか(←誰か止めよ)どんどんシリーズ復活した   りして。しないか。そもそも、「おいら、ガンかもしれない」って、生活習慣   病とは縁遠い超ヘルシーライフ送っていながら、心配性な!おまけにその胃痛   の原因が民間療法「梅のタネ」って…(笑)。これからも黒板家に会いたいよ〜。 P:±0/これまでちゃんと見たことがなかった『北の国から』。最後だというの   で観てみました。いやぁ、あまりにも邦衛氏が活躍するので正直びっくり。彼   に対していろいろな先入観がある私は(ナンシー関さんの著書を参考されたし)   彼の一挙手一投足に大喜び。あ、これって違った見方かも…(笑)。『北の国か   ら』フリークの知人が、純はどうしてあんなに女運が良いんだぁ〜、と嘆いて   いたっけ。 A:☆/今回は地井さんの号泣シーン見てワタシも号泣(涙)。翌週のドキュメン   タリーでもやってたけど、彼の実生活と“なかちゃん”の人生って微妙にオー   バーラップしてたのね(涙)。あと、ご存知“蛍”役の中嶋朋子の子供“快”   で登場の実息成志君も相当可愛かったね。21年を締めくくる最終シリーズとし   て、かなり盛り沢山な内容だったけど、場違いなパワーを撒き散らす唐十郎の   出番が多すぎて、黒板家の影が薄くなっちゃってたかも。最後にとことん見た   かったのは富良野での五郎親子の心の交流だったのにな。残念ながら散漫な感   じが否めず☆はひとつ。邦衛さんが達者なうちに成長した“快君”を題材にも   う1度やれないもんか。その時は、純の髪型、なんとかして下さい! お:☆☆/「泣かない!」と決意しながら見るんだけど、やっぱ、泣けるんですよ   ねー。快をかわいがる五郎に涙、遺書を書く五郎に涙。宮沢りえを思う五郎に   涙。快は蛍ちゃんの本当の息子なんだよねー。かわいすぎ。しかし、熱愛中と   はいえ、内田有紀はなんかしっくり来なかったと思ったのは、私だけ?  わ:☆☆☆/本放送前の2回のダイジェストでもうおなか一杯気分。でもあまりに もざっくり編集されてしまった部分もあったなぁ。本放送は最後という思いい れで見ると感動。最後の全出演者が流れるとこなどは…。ところでそのあと放 送のドキュメント版、関西では1時間に短縮。関○テ○ビさん、全部放送して くれ〜。 ---------------------------------------------------------------------- ●『よど号ハイジャック事件 122時間の真実』(日テレ) ゴ:☆☆/23.3%という異例の高視聴率もうなずける。北朝鮮問題が騒がしい今、   タイムリーなテーマでもあったし、ドキュメンタリー的なアプローチも、大人   が鑑賞しうるエンターテインメントとして成功。 お:☆☆/私はこのドラマでよど号ハイジャック事件の全貌を理解。父母に説明   してもらいながら、親子で見ました。北朝鮮問題が、あのドラマによって前   よりも理解できるように・・・。 ---------------------------------------------------------------------- ●『みのもんたの人生相談デカ おもいッきりテレビ殺人事件』(日テレ) ゴ:☆/最近の火サスの中では出色の出来。みのもんたの“顔の迫力”勝ち。   「え!?」とか「う〜ん」の後に、大げさに固まる得意のタメ技も連発。   そして犯人にまで説教するか、やっぱり。「お嬢さん、犯人はあなたですね」   って。しかし、意外と演技うまい!っつーか、普段からしてかなり芝居がかっ   てるから楽勝なのか。ぜったい第2弾とかやるね。                <この続きはNo.2の当コーナへ>  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━