トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇ 『夏ドラを斬る!--終了後番付---』(ビデオ・DVD選びの参考に!)

  ゴ:中盤番付時に、今期の注目キーワードは“エロ&レトロ”、という話を     したが、キャラクター的には“優柔不断男 VS 強がり女”といった設定     が定番化してきており、少々、食傷ぎみの感がなきにしもあらず??     当終了後番付でトップ3をキープした作品群を見てみると、“まっすぐ     な懸命さ”や“勧善懲悪”といった、すがすがしいほど「わかりやすい」     作品が揃って並んだ。逆に、奇をてらったものや、小難しい内容、白黒     つけられないグレーゾーンをあえて狙ったような「ひねり系」は、期待     度番付時→中盤→終了後、と回を重ねるごとに、評価を落としている。     結局、この手のものは、最終回で“納得感のあるラスト”が見られなか     った場合、視聴者から“容赦ない減点”をくだされることになるわけだ。      もちろん、当ドラ番スタッフも容赦しませんわよ〜!(笑)                ■『終了後番付!』■                  (18点満点)    ―――――――――――――――――――――――――――――――――      直前期待度&中盤番付からのランキング変動にもご注目ください。     → http://homepage2.nifty.com/dorama/no42.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――     ・( )内数字は、中盤番付の順位&ポイントを示しています。     ・2つの矢印のうち、左側は順位の推移を、      右側はポイントの推移を表しています。     ・「※」印は次期も続投作。     ・< >書きの番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、      1クール3回の当番付に対応してない作品です。 →1(1)位『Dr.コトー診療所』(木10CX)………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12(9)↑ ↑1(3)位『ウォーターボーイズ』(火9CX)……☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12(7)↑ ↑2(3)位『特命係長 只野仁』(金11:15テ朝)☆☆☆☆☆☆☆☆☆9(7)↑ ↑3(6)位『菊次郎とさき』(木9テ朝)…………☆☆☆☆☆☆☆☆8(3)↑ ↓4(2)位『高原へいらっしゃい』(木10TBS)…☆☆☆☆☆☆6(8)↓ −−<番外『大奥』(火フジ8)…………………☆☆☆☆☆☆6(5)↑> −−<番外『冬のソナタ』(木10NHKBS2)………☆☆☆☆4(2)↑> →5(5)位『すいか』(土9日テ)…………………☆☆☆3(4)↓ ↑5(8)位『STAND UP!!』(金10TBS)……………☆☆☆3(1)↑ −−<番外『盲導犬クイールの一生』(月9NHK)☆☆☆3(3)→> ↑6(7)位『14ヶ月』(月10日テ)…………………☆☆▼1(3)↓ −−<番外『ブルーもしくはブルー』(月-木11NHK)☆1>                              ↑IN! ---------------------<運命のボーダーライン!?>---------------------                              ↓OUT! ↑7(8)位『こころ』(月〜土8:15NHK)…………±0(1)↓ ↑7(9)位『はぐれ刑事純情派』(水9テ朝)……±0(0)→ −−<番外『水戸黄門』(月8TBS)………………±0(1)↓> −−<番外『茂七の事件簿3』(金9NHK総合)……±0(0)→> ↓7(4)位『幸福の王子』(水10日テ)……………▼▼☆☆±0(5)↓ ↑7(10)位『クニミツの政』(火10CX)……………▼▼☆☆0(-1)↑ →8(8)位『元カレ』(日9TBS)…………………▼▼▼☆☆-1(0)↓ →9(12)位『武蔵』(日8NHK総合)…………………▼▼▼▼▼-5(-6)↑※ ↑10(11)位『ひと夏のパパへ』(水10TBS)………▼▼▼▼▼▼-6(-3)↓ ↑10(11)位『僕だけのマドンナ』(月9CX)………▼▼▼▼▼▼▼☆-6(-3)↓ ↑11(13)位『愛するために愛されたい』(木9TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼☆10(-7)↓  ※尚、ここにエントリーされていないドラマがいくつかありますが、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 わ=わっち H=Happa お=おっと H:失速、失速…。どれも「次回はどうなるのかしら?」のワクワク感がなく、チェ   ックも怠り気味な今クールでした。 P:“どうしたTBS?”と言いたくなる夏クールでしたね。同クールで3作品も打ち   切りになるなんて、一体誰が想像したことか…。かつてはドラマのTBSと言われ   ていた局なので、秋クールでは頑張ってもらいたいですね。 ゴ:う〜ん、でも私としては、今回はダメな作品ばかりじゃなくて、まれに見る?   (笑)秀作もいくつかあって(具体的には3作ほど)、そのお気に入り作品だけは、   毎週心待ちにして楽しみましたよ。そういう意味では、秀作と駄作の二極化が   激しかったクールと言えるのでは? お:私も今回は3つも“はまりドラマ”があり、ドラマニアとしては、かなりいい   クールでしたよ。気になるドラマもあったし…。 ゴ:では、さっそく主要作品ごとに振り返ってみようか。 ------------------------------------------------------------------- ●1位『Dr.コトー診療所』(木10CX)………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12 お:☆☆☆/なんだか最終回は、ニューシネマパラダイスのラストシーンを思い出   しました。和田さんの写真を見ながら、コトー先生と一緒に号泣。青い空、海、   志木那島最高です。富良野に続き、また、吉岡君は観光スポットを作ってしま   いました。人の恐ろしさ、そして、やさしさ、なんか、色々考えさせられまし   たね〜。何が大切なのか?を…。中盤でも書いたけど、時任三郎の息子剛洋役   の涼君は、私的に最高助演男優賞です!そして、続編ぜひやって欲しいです! ゴ:☆☆☆/毎回10時35分頃(笑)から必ず泣かされてしまったこのドラマ。特に   “あきおじ”逝くの回は、もう、ぼろんぼろんに大泣きしましたよ!今じゃ   「わらじ」って言葉を聞いただけで条件反射で涙がドバ〜ッ。私の耳元で「わ   らじ」って言うな!う〜っ、また、ウルウルしてきちゃったじゃないか〜! H:☆☆/ほんと最後まで泣けました。団結とか人情ものの苦手な私も泣けました。   島の子供たちがポイントになった話の流れ、でも泣けました。あぁ私も血の通っ   た人間だってことがわかって泣けました。 A:☆/コトー(吉岡)が追われるように島を去る終盤から、やっと気持ちが動き   出した(遅っ)。志木那島にコトーが戻ってくる最終回は涙、涙。求む!シリー   ズ化。 わ:☆☆/今月の「日本カメラ」の表紙がコトー先生でまたのほほんと映ってまし てドラマの余韻に浸れました(内容読んでないけど)。恋愛話もなくひたすら 医療とは…人間とは…にこだわった作品で、いいエンディングが見れたかと思   います。すっかり「南の人」になってしまって『北の国から』の復活が更に遠   くなりそうで残念…。でも続編希望。 P:☆/コトー先生はもちろん、柴咲コウ演じるかなり強気な看護師も良かったな。 ●1位『ウォーターボーイズ』(火9CX)……☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12 お:☆☆☆/友情バンザイ!!残暑厳しい9月の最終回は、涙々…。涙腺開きっぱ   なしでした。ターンして涙、パンツ燃えて涙。歳ですかね〜(笑)。あらゆる   困難を乗り越えて、男らしく成長していく勘九郎、ノリだけで生きてるんじゃ   ないぜタテノリ。森山君は、やっぱ、かっこよかった!プチデブ石塚君も、高   原さんも、生徒会長田中君も、どんどん日に焼けていってかっこよかったです。   青い春と書いて、青春!!と、改めて思うドラマでした。ちなみに、エンディ   ングで使われたプールは、どうも、私の故郷の中学のプールらしい。地元新聞   に取り上げられておりました。(へぇ〜) ゴ:☆☆☆/予想をはるかに超えた出来(まさか20分近くもあのすごいシンクロ演目   披露してくれるなんて思わなかったよ!)。もうお茶の間で私は、マジで拍手!   拍手!拍手!あのシンクロシーンは永久保存ものでしょう!最後の最後まで若   者らしい青春ドラマに彩られていて、いや、ほんっと、素敵な“一致団結障害   克服青春グラフィティー”(笑)だった。心から君達をいとおしく想うぞ! P:☆☆☆/回が進むにつれて、みんなこんがり焼けてだいぶ男前になりましたね。   やっぱり最後のシンクロ・シーンは良かったなぁ。見ているこっちまで熱くな   れたし。のどやかな風景、移動手段は自転車、携帯電話もあまり登場せず…と   いう“アナログ感”が彼らの頑張りを際立たせていたようにも思えるなぁ。 わ:☆/みんな色黒っ!と思ってしまいました。練習の成果も最後に出てたし、学   園ドラマのテイスト(恋愛とか)も、うまく散りばめられ映画ともまた違う印   象を受けました。なんか出演者が楽しく演じてるという感じがこちらにも伝わっ   てきてよかった。こちらも特番でスペシャル希望。来年の五輪のときにでも。 H:±0/なんだか肩肘張らずに楽しめた今クール唯一の作品。学園モノなのにネ、   自分がクラスにいるような妙な一体感が味わえちゃいました。(オイ、年を考   えろよ)。 A:☆☆/民放でこの夏一番楽しめたドラマかも。最終回のシンクロシーンには大   感動!5月から鍛錬してきたキャストの努力の賜物ね。夏休みに、お台場の冒   険王で見たウォーターボーイズショーも絶品だったよ。興奮して100円玉5枚   もおひねりブン投げてしまったわん(笑)。ちなみに千円札投げてる女もいて   びっくらこいた! ------------------------------------------------------------------- ●2位『特命係長 只野仁』(金11:15テ朝)……☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 ゴ:☆☆☆/いつも相棒に屋上で“お手入れ”させている自慢の“黒光りボディー”   を武器に、夜は“情報収集型SEX”と“なんちゃってブルースリー型悪党成敗”   に励む只野係長(高橋)。ベタな役作りが◎の極上のB級ドラマ(←ホメ言葉です)   でありました。最終回で1年3ヶ月の有休休暇に入った只野課長。ってことは   有休明けは再来年の冬クール(?)ですか?心より復帰お待ちしておりま〜す! P:☆☆/水戸黄門的なお決まりパターン(序盤で問題発生→終盤でメデタシとな   る)なのだけれど、なぜか面白いんだよなぁ。どこか抜けている後輩(永井大)   もいい味だしてるし。私、このドラマで高橋克典の魅力を再発見しました(笑)。 A:☆☆/原作のマンガより断然面白いよね、コレは。当初オイオイと思ってた只   野係長に高橋ってキャスティングも大成功だったしな。サラリーマンの皆さん   もこのドラマにいろんな意味でグッときたでしょ!?ワタシもシャツのボタン   ほとんど全開の高橋克典にグ・グッときました。続編が待ち遠しい! わ:☆☆/エロ度が徐々に上がってきて、それと真剣かコントか紙一重な脚本にも ハマり、深夜に(関西では1時間遅れ)コッソリ見てました。私は三浦理恵子   の 魅力を再発見しました(笑)      ------------------------------------------------------------------- ●3位『菊次郎とさき』(木9テ朝)…………☆☆☆☆☆☆☆☆8 お:☆☆/昭和の下町の温かさにじーん。北野一家にまつわる人達は、みんな、変   だけど温かい。陣内の菊次郎は、なんか作り物みたいだけど、見ている内に癖   になってしまい、「うん!うん!?」っと、うなって首を動かしている自分が、   恐かった…。最終回で、菊次郎とさきが、子供達がいなくなってから2人にな   る事を話をしているシーンは、夫婦の神髄を見た感じがして胸が熱くなりまし   た。 P:☆/陣内さん演じる菊次郎の無邪気さ(無鉄砲さ?)が文句なしに最高でした。   アットホームな家族の日々に、笑えて泣けたなぁ。 A:☆/息子とこのドラマを見ていたら、「このやかましいカアチャンはママそっ   くり!パパは違うけど。」と言われ、唖然とした(笑)。いいじゃない!ワタ   シもあんな風にゴタゴタしてもしんみりあったかい家庭が作りたかったんだか   ら。今後も“さき”をお手本に猛烈カアチャン道を邁進します(笑)。 ------------------------------------------------------------------- ●4位『高原へいらっしゃい』(木10TBS)…☆☆☆☆☆☆6 お:☆☆☆/W録画のビデオが欲しいと思った、今回の激戦区木10。最終回が重な   らなくて本当に良かった!!理想のホテルを作る為には、人が大切。あー、そ   んな職場で働いてみたいものです。みんなが良い物を作る為に、育くまれる信   頼だったり、友情だったり、そんな暖かい人間関係のあるホテルは、きっと、   見せかけだけ豪華なホテルに負けるはずは無いですよね。山の緑と、人に癒さ   れたドラマです。 H:☆/オリジナル版の記憶なく新鮮に見られたのがよかったのかな。大自然の中   で微妙に変化する人間心理とか楽しめて見応えありました。もちろんボーイ役   の平山広行は◎。 わ:☆/TBSの他の2つのドラマ同様視聴率が悪かったけど内容は悪くないと思った   けどなぁ。ただ後半急ぎすぎた感があるのと佐藤浩市が固すぎた(原作もこん   な感じ?)だったのがマイナス。2時間特番とかでもう一度みたい作品です。 ゴ:☆/そう、地味ではあったけどいいドラマだったと思うよ。視聴率が振るわず   打ち切りになってしまったのは、内容の良し悪しよりかは、対抗枠が今期ダン   トツ高視聴率の『Dr.コトー〜』(←唯一の20%突破作)だったという、編成上   の不運もデカイと思う。それぞれが、失いかけていた自分の中の「自信」を取   り戻していくというテーマは現代の応援歌的でよかった。ただね〜、個人的に   大ファンの佐藤浩市。どうも彼の“ホテルマン的笑顔”がファンとして馴染め   ないっていうか、そこはかとなく“似合わない感”が。きっと私は、あの方の   憂いを含んだ“笑わない顔”にこそ、色気を感じているのかもしれん…。 A:±0/27年前のオリジナルとは別物として見ればよかったのかなあ。舞台はあ   の八ヶ岳と同じ場所なのに、最後まで話がスベリっぱなしって気がして。数字   も超イマイチだったから早く終わっちゃったんだよね!?周囲の評価は何故か   高いが、当初の期待が大きかった分、ワタシの得点はちと辛いっす。 ●番外『大奥』(火フジ8)…………………☆☆☆☆☆☆6 A:☆☆/浅野ゆうこの瀧山は、ヨカッタ。ほんとにヤナ女で目が離せなかった。   このドラマの勝因です。 H:☆☆/いじめ役、いじめられる役とも何ともキャスティングがはまりまくって   たじゃ〜ありませんか。ホント総集編ではみんな解り合ってホッとしましたわ。 ゴ:☆☆/天章院さま(菅野美穂)の超ポジティブな台詞で締め括られた総集編まで   存分に堪能。「これからはどなたかのお世話になるのではなく、自分の力で自分   の人生を生きようと思うちょります。今の私にはもう支えはいりもなん」。   このセリフを、菅野美穂演ずるもう一人のヒロイン、海@『幸福の王子』も言え   ていたら、海の人生もさぞかし違っていただろうに…。 ------------------------------------------------------------------- ●番外『冬のソナタ』(木10NHKBS2)………☆☆☆☆4 P:☆☆☆/最初から最後まで失速することなく(私にとっては)ハイクオリティ   な作品でした。久方ぶりにどっぷり入ってしまったし(笑)。中盤番付では誤報   をしてしまったのですが、今回は本当に嬉しい情報があります。BS2で再放送が   正式に決定!!もう一度見たい方、是非見逃してしまった方は12/15〜の放送を   お楽しみに。もちろん、私も見ます(笑)。 ゴ:±0/NTT−BBでも今月の18日から、同社のブロードバンドサービス「BROBA」   で『冬のソナタ』の独占配信を始めましたね。 ------------------------------------------------------------------- ●5位『すいか』(土9日テ)…………………☆☆☆3 お:☆/癒されました。あのテンポに…。小林聡美を始め、キャスト全員のキャラ   クターが、本当にマッチしていて、くだらない事で悩み、喜び、悲しみ…。   本人にとっては、重大事なんだよね〜。そうやって、生きていく…。共感でき   ました。夏も終わるね…って、思いました。 P:±0/ハピネス三茶ってレトロ感たっぷりで妙にオシャレ。『STAND UP!!』の   商店街同様、庶民的なところが好感。 H:☆/女性にとっては起こる出来事も身近な感じがしてヨカッタ。4人の女性そ   れぞれの“自分発見”がテーマでね。そこで宇宙人的に顔を出したキョンキョ   ンもラストには人間味あふれて旅立ってって、めでたし、めでたし。 ●5位『STAND UP!!』(金10TBS)……………☆☆☆3 P:☆/口では大きいことをいっても、結局のところ心はピュアなカワイイ男の子   たちのお話でしたね。しょうちゃん(二宮くん)のへなちょこさが憎めなかっ   たです。ドラマはある意味“すあま”がキーワードだったような(笑)。BBQで   すあまを焼いていたのにはかなりウケたな。 わ:☆/バカバカしくて、でも最後のシメもよくていいドラマでした。結局心が STAND UPしたわけで、なんか終わるとき寂しかったです。それにしても、いす   ず先生の最後のTシャツはなぜモザイクよ!「中身はDVDを待て」って…。   一瞬チラッと映ったけど読めなかった…。 P:毎回Tシャツで楽しませてくれたいすず先生の部屋にはアヤシイTシャツがいっ   ぱーいありましたね(笑)。見逃した回がある人は是非ともレンタルしてチェッ   クを。かなりマニアックなプリントTシャツに抱腹絶倒間違いなし。 ゴ:±0/セリフの半分以上が独り言(もしくは心のつぶやき)で占められていた   文字通りのムッツリスケベ系エロコメだったが、演出のディテールにこだわる   のが持ち味の堤作品ならば、千絵の心と身体を踏みにじったあの“クズ男”に、   それなりの落とし前を(お得意の演出で)つけてほしかった。そういう細かいと   ころで視聴者は溜飲が下がったり、後味悪いままになったりするもんよ。せっ   かく正ちゃん(二宮)がソイツに怒りの鉄拳を下そうとしたのに「拙者」が代わ   りに頭で受けちゃうし(笑)。何か別の天罰を与えて欲しかったス。 ------------------------------------------------------------------- ●6位『14ヶ月』(月10日テ)…………………☆☆▼1 P:☆/姿形は変わっても、心で繋がっている…ピュアな愛だったなぁ。まだ原作   を読んでいないので、なるべく早いうちに読もうっと。ちなみに原作のタイト   ルは『Separation』です。そうそう、ドラマ版のこのタイトルで私は映画『9   ヶ月』を思い出しました。 お:±0/最終回見逃したんですけど、電車の中で「結局消えちゃったんだよね〜」   とギャルがしゃべっているのを聞きました。消えちゃったのか・・・。しかし、   子供の姿になっても、女として愛し続けられる物なのかな??人として愛して   いたから、乗り越えられたのかな? ゴ:☆/今クールはどのドラマの登場人物(女性)にもイマイチ深く感情移入できな   かった私だが、このドラマの美弥(酒井若菜)のキャラだけはすごく好感持てた   んだよなあ。おかけで、以前それほど好きじゃなかった若菜のファンに(笑)。   作品の方は後半突っ込みどころ満載で…(ふつー、4歳児の肉体が急に大人サイ   ズに変身したら、デビルマンのように衣服が破けるのが筋ってもんだろ。それ   とも何ですか?あの薬は身体と一緒に着てる服まで伸び縮みするんですかい?) ------------------------------------------------------------------- ●7位『幸福の王子』(水10日テ)……………▼▼☆☆±0 ゴ:±0/やることなすこと全てが裏目に出る「大不幸の王子」(ってか疫病神っ   ぽい気すら…)。そして彼(本木)の選択のとばっちりを受け「超絶不幸」のど   ん底におちる海(菅野)。その二人をより一層の地獄に導く「不幸の触媒」修   平(渡部)。この、ことごとく人生の選択間違ってきた二人の男のせいであんな   ことになってしまった海の最期を「安らかな死」と締めくくっている最終回に   はとうてい納得できましぇん!そんなわけで終了番では、一気に☆数を減点! A:▼/海(菅野)はなぜ逝ってしまったのか?最終回そこにたどりつくまでの不   幸、不幸また不幸の連続。点が線としてつながった瞬間、どっと疲れが。ラス   トはハッピーエンドというには、あまりに・・・・・ね? お:☆/不幸すぎて…。最終回、あれで、幸せになれたんでしょうか?なんとなく、   そう思えない…。あまりに不幸すぎて…。 P:☆/愛するがゆえに、どんどん不幸になっていく主人公たち。毎回終わり方が   妙に惨いというか悲しくて、ついつい次回が気になるドラマでしたね。ミスチ   ルの主題歌も、涙を誘ったなぁ。 ●7位『クニミツの政』(火10CX)……………▼▼☆☆±0 お:☆/ウォーターボーイズの並びで、ついつい見てしまううちに、結構見てしまい   ました。押尾君は、あーゆー強引な役は合いますね。正義は勝つ!って感じで。   ちょっと内容の浅さが気になりはしましたが・・・。 A:▼/押尾アレルギーを克服するべく、気を取り直して原作コミックを読んでみ   た。面白いじゃん!で、ドラマを見たら面白くないんだよ、コレが。 ●7位『こころ』(月〜土8:15NHK)…………±0 P:±0/終盤に近づき、こころが“きよかわ”の女将になりましたね。家族とい   う守るべきものがあると、あんなにも女は強くなれるんだなぁ。残暑厳しい9   月ですが、オープニングのポートレート(川内倫子氏による)に癒されてます。 ------------------------------------------------------------------- ●8位『元カレ』(日9TBS)…………………▼▼▼☆☆-1 A:▼/元カノと今カノ、2人の女の間をフラフラしている男のドラマ。もうその   設定からして、性に合わなかったんだな〜、こりゃ。 P:▼/結局は元サヤということで終了でしたね。私にとっては全体的に緩慢だっ   た気が…。恋愛に関して優柔不断というのは、相手を傷つけるので、するべか   らず。これが教訓ですかね。 お:▼/なんだか、なんなの!?って感じで、東次に頭に来たのは、千歳君(天野)   と私だけではないはず!しかしな〜、広末演じる真琴タイプの女性は、男性は   きっと好きだよね〜。 わ:☆☆/またも内山理名は残念な結果に…。途中からそんな結果になりそうと思 いつつ見てました。でも堂本剛のキャラがうまく生かされたいいドラマでした。 ゴ:±0/『元カレ』とか『昔の男』(脚本・内館牧子)とか、TBSはこの手のコン   セプトがお得意だが、タイトルの主体がいつも女側なのは、やはりコトを起こ   すきっかけが常に女側だからか?お次は『前ハズ(別れた夫)』とかどう?(笑)   そういえば、期待度番付の時にさんざん剛クンの“髪型”にツッコミ入れてた   私ですが、最後にダメ押しで言わせてください。耳の下のアレは何?モミアゲ   ですか?それともヒゲのそり残し?ま、まさか流行らせようという魂胆じゃ!?   (やめて〜!) ------------------------------------------------------------------- ●10位『ひと夏のパパへ』(水10TBS)………▼▼▼▼▼▼-6 わ:▼/気づけば最終回。最後、なんじゃい?という終わり方でした。結局何が言   いたかってん!と一人ツッコミ。上戸彩はまだ主演より助演のほうがいいなぁ。 A:▼/北村一輝に熱いパパ役はやはり……。もっと怪しい役の方がハマるよね、   彼は。てなわけで、秋ドラ『あなたの隣に誰かいる』の隣人・澤村役、期待し   てます!何でも実話がベースになってるコワイ系なんだって!? ゴ:▼▼/そうそう、『こたえてちょーだい』のコワイ隣人特集とかに寄せられる   投稿再現ドラマ並み(いや、あれ見てると、現実はドラマを超越していると思   いますねっ)のとんでも隣人続出?(って、すっかり「ひと夏のパパへ」はな   かったことにしている。ってか、言いたいことは中盤番付で言い切りました) ●10位『僕だけのマドンナ』(月9CX)………▼▼▼▼▼▼▼☆-6 P:▼▼/薄っぺらく感じたのは私だけ? お:▼/前回のドラ番の毒舌Gochy!さんとABBYさんのコメントを読んでから、「スル   ミって、やな女〜」っていう目で見てしまいました。そして、最後まで、どん   な過去があろうとも、それは変わらず。女の女に対する評価は厳しいのかも…。   ついでに“するみ”を“するめ”かよ!とも思ってしまいました。 ゴ:▼▼/前回、毒づいて「するみ、大キライ」宣言をした私、最終回では少しは   歩み寄れるだろうか?と思ったが甘かった。最後まで「冷やし中華食べたい!」   (翻訳すると“キョン、お前が買ってこい”の意)とか言ってるし。もう最初か   ら最後までほんとヤな女だったよ、するみさん。まあ、わがまま言ったりハタ   迷惑な行動で他人をふりまわすことで(意識的であろうがなかろうが)、自分へ   の関心度をはかろうとするあの手合いには、キョンみたいなM系は案外お似合   いかもですが。一見天然?と思えそうで、その実、無邪気を装う計算マコちゃ   んに違いない、という考えは今もって変わっておりません。 H:☆/するみがヤな女であればあるほど、それに振り回されるキョンがいとおし   くてねぇ。まっ、サザンの心地良い曲に押されて見てましたわ。 A:▼/長谷京はすごくキレイだけど、まだまだ主役張れるほどの女優じゃない。   なあんて、ヘアカットしてもらいながら、担当のお兄さんと夏ドラを熱く語っ   ていたら、『長谷京って、俺の同級生っすよ』と急に言われてびっくり。お兄   さんちはうちの近く。てなわけで、お兄さんに教えてもらって長谷京の実家付   近へ。急に長谷京に親近感(笑)。 ------------------------------------------------------------------- ●11位『愛するために愛されたい』(木9TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼☆-10 A:▼▼▼/まるで『世にも奇妙な物語』ね。一人タンゴの黒木は結局ゆっ、ゆう   れい!?いやあ、もう最終回にゃあビックラこいたっす。一体何を描きたかっ   たの?当代きっての人気者・坂口君のファンは、このドラマを見て「秋山〜っ」   なんて感涙したんだろうか?ワタシは口あんぐりだったわん。 H:☆/せっかくアノ奇妙さがやめられなくて見続けたのにね〜。もっと、最後は   “やってくれたわね”的な結末を待ってたのにもかかわらず、結局シャトルは   打ち上げ失敗で、玲子もアノ世へ帰って行ったって…普通過ぎる。まっ、毎週   欠かさず楽しんだって事で、☆。 お:▼▼/ある意味、このドラマの手中には、はまってしまいました。全部を見る   のはつらいけど、『菊次郎とさき』のCM中についテレビを回してしまう…。   すると、瞳がタンゴを踊っている…。気になって気になって仕方がないドラマ   では、ありました。 わ:▼▼/略して「愛愛」…おサルさんかよ。そんなドラマでした…。 ゴ:▼▼/↑笑った。もう中盤番付で全て言いたいことは言いましたので、これ以   上の悪口は慎みます(笑)。まあ、これについては打ち切りやむなしと思います。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━