トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
  ◇ 『冬ドラを斬る!---終了後番付---』(ビデオ選びの参考に!)

  ゴ:『GOOD LUCK!!』平均視聴率30%超、最終回37%超!ドラマ低迷が叫ば     れる中、久々に景気のいい数字が出た今クール。このおかげで、TBSは     3月期のゴールデンタイム(平均15.1%)&プライムタイム(14.9%)、     共に視聴率TOPを獲得!(ちなみにゴールデン2位はNHK14.9%、プライ     ムは日テレの14.2%)。そしてこれを受けて、02年度ゴールデンタイム     年間視聴率でTBSは21年ぶりにフジを抜き、13年ぶりに民放第2位奪回!     これもひとえに『GOOD LUCK!!』様さま!?そんな視聴率ナンバー1ドラ     マが、当番付では終盤時でいきなりの評価落ち!?な、なにゆえ〜!?     どうやら『GOOD LUCK!!』よりも、もっと見るべきドラマがあった・・・     ということらしい。では、そのあたり、スタッフたちのクロストークを     じっくりとお楽しみください!     ※注)ゴールデンタイム→19時〜22時、プライムタイム→19時〜23時。      さらに数年前にフジが提唱した新区分にリラックスタイムというの      がある。テレビのメインターゲットである若者層は、実はゴールデ      ンやプライム帯よりも23時以降に視聴が集中していることから、帰      宅後に家族みんなでリラックスしてテレビを楽しめる時間帯として、      平日の20時〜24時、土日の10時〜24時をリラックスタイムとしたわ      けなのだが、なんかこれ、イマイチ定着してないような・・・。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━            皆さんのドラマ評も掲示板で大募集!        今回のスタッフのコメントに対する賛同、異論、大歓迎です!               ↓カキコミはこちらから!↓     http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=BZV01416    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                  ■『終了後番付!』■                  (18点満点)    ―――――――――――――――――――――――――――――――――      直前期待度&中盤番付からのランキング変動にもご注目ください。     → http://homepage2.nifty.com/dorama/2003/no35.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――       ・( )内数字は、中盤番付の順位&ポイントを示しています。       ・2つの矢印のうち、左側は順位の推移を、        右側はポイントの推移を表しています。 ↑1(3)位『僕の生きる道』(火10CX)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12(7)↑ ↓2(1)位『美女か野獣』(木10CX)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11(12)↓ ↑2(3)位『年下の男』(木10TBS)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11(7)↑ ↑3(6)位『HR』(水11CX)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8(4)↑ ↓4(3)位『いつもふたりで』(月9CX)…………☆☆☆☆☆☆☆7(7)→ ↑4(5)位『最後の弁護人』(水10日テ)…………☆☆☆☆☆☆☆7(5)↑ ↓5(2)位『GOOD LUCK!!』(日9TBS)……………☆☆☆☆☆5(11)↓ ↑5(6)位『スカイハイ』(金11:15テ朝)………☆☆☆☆☆5(4)↑ →6(6)位『熱烈的中華飯店』(水9CX)…………☆☆☆☆▼3(4)↓ →7(7)位『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)……☆☆2(2)→ ↑IN! ---------------------<運命のボーダーライン!?>---------------------                              ↓OUT! ↓8(4)位『高校教師』(金10TBS)………………☆☆☆▼▼▼±0(6)↓ ↑8(10)位『恋は戦い!』(木9テ朝)……………☆☆☆▼▼▼±0(-2)↑ →8(8)位『お義母さんといっしょ』(火9CX)…±0(1)↓ ↑8(9)位『人情とどけます』(金9NHK総合)……±0(0)→ ↓9(8)位『まんてん』(月〜土8:15NHK)………▼-1(1)↓ ↑10(11)位『よい子の味方〜』(土9日テ)………▼▼-2(-5)↑ ↓11(7)位『武蔵 MUSASHI』(日8NHK総合)………▼▼▼-3(2)↓ ↓12(10)位『メッセージ 〜』(月10日テ)………▼▼▼▼▼▼▼-7(-2)↓ ↓13(12)位『刑事★イチロー』(水10TBS)………▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9(-6)↓  ※尚、ここにエントリーされていないドラマがいくつかありますが、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 わ=わっち H=Happa お=おっと ---------------------------------------------------------------------- ●1位『僕の生きる道』(火10CX)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12 お:☆☆☆/水曜日は毎週目を腫らしての出勤。久々にこんなに泣けるドラマを見   ました。会社でドラマの話題が出たのも、このドラマが久々です。色々な時に   みんなが決めていく一つ一つの事柄に、全て意味があると感じるドラマでした。   コーラスの「野ばら」が聞こえるだけで、パブロフ犬のように涙がでるように   なってしまった、涙腺がめっきり弱くなってしまった私でした。 わ:☆☆☆/最初はどうなることかと思ったがここまで真剣にドラマに打ち込んで   る草なぎがよかった。ラスト「砂肝…」で眠るように亡くなったとき一緒に泣   きまくり。もう焼き鳥屋で砂肝を見るたびに思い出します。台詞回しや映像が   綺麗で高品質のドラマになったんでしょう。DVDも6月に発売。それまで番組   のページ( http://www.ktv.co.jp/good-die/ )でまた泣きます。 P:☆☆/最初は単調すぎるドラマだなぁと思って敬遠してたんだけれども、回を   重ねるごとに深みが感じられてすごく惹きつけられちゃった。中村センセイの、   残りの人生を一生懸命に生きる姿に胸が熱くなりましたね。言わずもがな、主   題歌の「世界にひとつだけの花」も素晴らしいです。 H:☆/余命一年を宣告された人が発する言葉一つ一つに、なんだか重みがあっ   て考えさせられましたわ。草なぎくんは、「世界にひ〜とつだけの花〜♪」と   SMAPで歌ってる時も倒れちゃうんじゃないかと思うほど、ハマってましたね。 A:☆/中盤の予告通り、終盤は涙、涙でした。食事制限して役作りに臨んだ剛君   に拍手。剛君同様、派手さはないけど、心に染み入る若き男性教師の短い一生   を描いた秀作でした!見逃した回があるからDVDリリースが待たれるわ。 ゴ:☆☆/中村先生(草なぎ)の苦しみを理解し、彼の生き方を優しく温かく、時   にシビアに見守り続けたドクター金田先生(小日向)の存在にも癒されました。 ---------------------------------------------------------------------- ●2位『美女か野獣』(木10CX)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11 H:☆☆☆/もう報道現場の臨場感たっぷりで、楽しんじゃいました。局の現場   にいた時は、“親の死に目にもあえない職場”だと言われたけど、このドラ   マじゃ、最後に“親の罪を暴く”ハメになるなんて・・・ね。キャスティン   グも、松嶋菜々子のP役はもちろん、キャスター、部長、報道記者、放送作   家、カメラマンって、どれもホントはまってて最高!デシタ。 わ:☆☆☆/回により話にムラがあったような気がしたけど全体的にはうまくまと まっていたような。ドラマでは松嶋−福山カップルばかり取り上げられていた が永井−深浦とか1話の主役鶴巻さん−白石カップルなど、さらっとカップル   になってるところもよかった。何よりメンバーのチームワークを見れた気分。 ゴ:☆☆☆/チームワークものはすぐカンドーしちゃうので、どうしても評価が甘   めに。しかも、私好みのラストだったし。始終ベッタリ甘あまモードより、あ   のくらい距離を置いた「遠恋」モードのが、絶対あの二人「らしい」しな。 P:☆/裏(「年下の男」)の誘惑を感じつつも、最後の最後までリアルタイムで   はこっちを見てました。チームワークが出てきて、番組も存続決定となり、め   でたしめでたし。鷹宮Pと洋海は遠恋?らしい仲にもなってましたね。たとえ   親子間であっても、師弟関係であっても、公私を混同しない鷹宮Pには頭が下   がりました。 お:☆/最初はおもしろかったんだけどなー。ちょっと後半飽きました。しかし、   福山はいつも同じキャラだな〜。チャラ男のくせに、心配症で頼りになるよう   な・・・。これも、ちょっと飽きたかも! A:±0/裏の『年下の男』があまりにリアル(?)でオモシロく、こちらをVで   見るとなんか絵空事に思えてならんかった。そのため低評価に。単独で見れば   絶対☆が付くドラマだったよね。   お:たしかに、私もV録で見てたから評価低いかも。裏番強すぎ・・。   ●2位『年下の男』(木10TBS)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆11 ゴ:☆☆☆/「他人ばかりが幸せになるのは理屈に合わない」(ど、どんな理屈?)   「ろくでもない女ほど幸せになる」(ろ、ろくでもないって言われても・・・)   「ろくに努力もしないで生きてる女を簡単に幸せにはしないわよ)(な、何様?)    <<<<コ、コ、コワイ…>>>(←お茶の間いっせいのつぶやき)   「コワイ…?なんで!?誰だって思ってるけど言わないだけでしょ。言ってる    私の方がぜんぜん怖くないわよ!」By梓(麻生)(←これぞ、内館の真骨頂!)   ところで。従来“サボテン女”といえばズボラ女を意味してましたが、このドラ   マではまったく新しい定義がされていた。いろんな意味で興味深い心理ホラー。 お:☆☆☆/麻生恐すぎです。本当に嫌な女に見えましたよね。稲森いずみの成長   を描きたかったのかもしれないが、麻生の恐ろしさに、すべてかき消されまし   た。女って恐い。あんただけが幸せになってたまるか〜(メラメラ)って、オ   ーラが出てて、たぶんこれはホラーです。最後はどうなったかなんて、もう忘   れる位、麻生さんに拍手! A:☆☆☆/面白かった〜!友人達とも毎週コレの話題で持ちきりだったし。内館   脚本の底力をみた気がしたな。星野や麻生のホラーな部分があんなに引き出せ   たなんてスゴイ!女って恐くて可哀想な生き物だなと痛感したもんね、あの2   人見てて。ただ、最終回にはなんか拍子抜けよ。一人くらい死んじゃうんじゃ   ないかってハラハラしてたのに、新聞のTV欄のタイトル通り「想像もしなかっ   たラスト」。ヤッツケみたいに、皆イイ子になってチャンチャンか。想像して   なかったぞ。あ〜、ワタシは何を期待してたんだろ、イヤな女ね(笑)。   H:±0/も〜、ここまで楽しませてくれたんだから、もっと最後は二転三転のど   んでん返しドロドロを期待してたのになぁ〜。あっけなく収まっちゃって。   ちょっとガッカリ。 P:☆/最終的には家族分解となったけれども、崩壊というよりは分解と言い表し   て良いよね。各人が希望を持ちつつのわかれ方だったから。挿入歌もすごくイ   ンパクトがありましたね。アフリカ系というか何と言うか(笑) ---------------------------------------------------------------------- ●3位『HR』(水11CX)………………………☆☆☆☆☆☆☆☆8 P:☆☆☆/今クールの私のイチバンはこれでした。終わってしまうのが、もう、   残念で残念で…。最終回のあとのホームルームで各役者さんの素の部分が見ら   れたのも良かったな。来年の大河は三谷+香取という同枠からすれば斬新な人   選。このHRチームからも何人か出てほしいなぁ。“日本版シット・コム大成   功!!”って言って良いよね?  お:☆☆/徐々に、このペースが心地良くなり、ついつい見てしまいました。登場   人物がヘンすぎなんだけど、あの30分一本勝負な感じには、あのくらいのどぎ   つさが、たまらないです。また、この手のドラマやってもらいたい。 A:☆/もう轟君達に会えなくなるのかと思うと、淋しい気持ちになった最終回。   『渡る世間〜』みたいに、何クールか間をおいて、また新学期が始まるといい   なあと思います。 ----------------------------------------------------------------------   ●4位『いつもふたりで』(月9CX)…………☆☆☆☆☆☆☆7 お:☆/「願えば叶うのよ!」という言葉は、今年の私のテーマ!別にドラマの影   響を受けたわけではないが、キーワードが同じになったということだけで、☆   一つ!正統派ラブストーリーでしたね。しかし、西村雅彦と長谷川京子とは、   思い切った設定だな〜。けっこうこういう危険なカップル多いのかな〜? H:☆☆/あ〜ハッピーエンドでよかった、よかった、の「ラブストーリーの王道」   を堪能しましたワ。さわやかカップルって意味じゃ、水野美紀を追って英会話の   AEONに通う坂口君の方が好きだけど・・・。 P:☆/いっつも美味しい料理を作ってくれる、あんな弟が欲しいです。毎回毎回   手の込んだものがテーブルに並んでて、すごくうらやまし〜。 A:±0/松たかこに対する興味が失せたのか、坂口君に以前からちっとも魅力を   感じてないからか、主演の2人に共鳴できぬまま終わってしまった感が・・。   えっ、トシのせい・笑? ●4位『最後の弁護人』(水10日テ)…………☆☆☆☆☆☆☆7 P:☆☆/最初はもの足りなく思えていた阿部氏演じる有働弁護人と須藤理彩の石   田良子の掛け合いが面白くてハマってしまいました。法廷での有働弁護人の真   実を追究する様も格好良かったな。 ゴ:☆☆/『美女か野獣』のヒロイン鷹宮の、報道ウーマンとしてのモットーが   「ただひとつの真実を追及すること」であったが、このドラマの主人公、有働   弁護士のモットーも「真実を明らかにすること」だった。私、この手のコンセ   プトが好きみたい(笑)。今って「真実」が見えにく時代だし…。最終話の、浅   野や大滝さんをからませたドンデン返しもまあ合格点。有働が鉄仮面のような   クールな面持ちで、ひたすら無駄なバカぜりふの連打するのもツボにはまった。   早くも続編を期待してます! ---------------------------------------------------------------------- ●5位『GOOD LUCK!!』(日9TBS)……………☆☆☆☆☆5 ゴ:☆☆/「衝撃の真実!」的仕掛けが何ひとつなく、イマドキ珍しいくらい素直   すぎるストーリー(笑)。あの高視聴率のワケは、キムタクうんぬんよりも、   脇も含めた達者な俳優陣で、毎週1話完結型で見せる「またひとつ大人になり   ました」的な展開に、とりあえず安心感と元気をもらった視聴者が多かったと   いうことなんじゃないか?不透明なご時世だけにね。あと、現実の業界現場で   は“ありえない”設定が、逆にドラマの中ではリアル感と共感を醸し出してた   気も。演出の巧みさか。   P:±0/終わってみると視聴率の良さが非常に際立ってるなぁ。何でも、日曜に   番組を見た人から、月〜水にかけて航空会社に問い合わせ電話が多かったとか。   今年の就職希望会社にはANAが間違いなくベスト3にランクインしそう。 わ:±0/キムタク的にも全日空的にもよかったかも。内容よりもキムタクがパイ   ロット、黒木瞳がアテンダントなフェチ部分を見てしまう。それよりも、最終   回前にシステムトラブルなんて起さないでくれよ〜、ANAさん。 A:☆/見れば見るほど内容は大したことないドラマだったよね。だから☆激減。   キャストあってのコスプレドラマだったけど、柴咲コウが扮した女性整備士は   カッコ良かったな。影響あって志願者増ってのも、うなずけるわ。 お:☆/キムタクのプロモーションビデオは、最後は傷だらけのヒーローにまで、   登り詰めましたね。そして、お約束の「キムタクキッス」。やってらんねーぜ。   ほんとに! H:☆/まっさか、ケガして立ち直る展開になるとは想像できなかったけど、結局   最後まで見続けちゃったわ。不思議。で、ユンソナはあの後・・・どうなる? ●5位『スカイハイ』(金11:15テ朝)………☆☆☆☆☆5 A:±0/これも、見れば見るほど☆が減っていたドラマ。人間の業の深さを思い   知ることしきりだったけれど、当初、神秘的存在だった門番・イズコが人間レ   ベルにしか見えなくなってきたラスト近くでは、ドラマへの興味も半減。最後   にワタシ的結論。「早く生まれ変わりたいから、ワタシはさっさと天国に行き   ます。」 ゴ:☆☆/霊視少年(笑)とその父(小倉久寛)のコンビが妙にほのぼのしていて、   救いになっていた。でも最終回を見ても、最後まで謎だったんですが、死者に   呪い殺された人間は、死後どうなるんですか?どんな選択が待ってるんですか? わ:☆/実は関西では1か月遅れで土曜4時という変な時間で放送中。それでまだ 見たことがない。最後は死ぬんですか…。 お:±0/最終回見逃してしまいました。釈ちゃんの死の原因を知りたかった。再   放送はあるのかな? ---------------------------------------------------------------------- ●6位『熱烈的中華飯店』(水9CX)…………☆☆☆☆▼3 A:☆/船上って設定の新しさ、料理の味わいのようにドンドン深く濃くなってい   く人間関係、そしてジャーンと登場する中華の逸品、結構楽しませてもらいま   した。コメディエンヌ・京香ってオツよね。芸域の広い女優さんです。 H:☆/客船内という閉所感あふれるロケーションと言えども、さすがは、天才・   大島ミチル様の音楽がガンガンひっぱってって、心地良い作品でしたっ。 P:☆/中華街でハチアワセするところで、皆がすごくかわいく感じてしまったの   は私だけじゃないハズ。 ゴ:☆/トレキャ的には番組発のレシピ本「熱烈中華飯店レシピ」、要チェック? ---------------------------------------------------------------------- ●7位『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)……☆☆2 ゴ:☆/このドラマが、子供の間で大人気!っていうの、よくわかるよ。だって、   騒動渦中の人物たちが、ピン子をはじめとする岡倉の5人の娘たちじゃなくて   その子供らの世代にも移っていて、結果、年寄りから子供までオール世代のハー   トをキャッチできる構成になってるんだもん。常に視聴率20%以上キープして   るワケはそのターゲットの広さ。おばけドラマの底ヂカラを感じます。ご立派! A:☆/『渡る世間も〜』も世代交代で、子どもにも人気かあ。どおりで、近頃夜   更かしになってきた息子が、ワタシの横で熱心に見ていたわね(笑)。 P:±0/いつ見ても“濃さ”が同じだなぁ、と。言ってみれば金太郎飴的なドラ   マってことなのかな。平穏無事な状態がかくも長続きしないのも、ある意味す   ごいけれども…。 ---------------------------------------------------------------------- ●8位『高校教師』(金10TBS)………………☆☆☆▼▼▼±0 P:☆/藤本先生殉職(この言葉はあっているのか…)。彼のキャラには人間味が   加わってましたよね。でもでも、レイプビデオがあんなに溜まっていたことに   は閉口。前作同様、最後は視聴者のご想像にお任せします的な終わり方だった   なぁ。全体を通して“ひとりじゃ生きられない”というメッセージを強く感じ   ました。 A:▼/終わってみると、オリジナル版から一人残っていたキャスト、京本(教師   ・藤本)の独壇場だったんだよね、結果的にコレは。後は何もかも▼3つ! わ:☆☆/途中から京本のドラマになってました。いろんな人の伏線が毎回ちょっ とずつしか動かず、結局最終回で「あとは視聴者が決めてね」と、いかにも「高   校教師」らしい終わりでした。なんか第3弾をしそうで恐いんですが…。☆は   2つでも、もう封印してほしいドラマです。 ゴ:±0/最後まで裏テーマ?の「実験」という言葉が空転していた作品でした。 お:▼▼/私的歴史に残る駄作でした。で?だから??と、つっこみたくなる感じ   で、気持ちの問題があまりにも浅すぎて、浅はかとしかいいようがありません。 ●8位『恋は戦い!』(木9テ朝)……………☆☆☆▼▼▼±0 お:☆/意外におもしろかったし、BGMもあの軽さにあってた感じ。あの3人娘はキ   ャラがしっかりしてて、よかったよかった! P:☆/ハナコの猪突猛進ぶりに“それはないだろ〜”と思いつつ楽しませてもら   いました。それにしても終わり方はちょっとばかりひどかったなぁ…。何ゆえ   に、ジャングルなのでせう。猛禽類との戦い!? A:▼/最終回のシャングルにはアキレた。最初から最後まで肌に合わないドラマ   でした。 ●8位『お義母さんといっしょ』(火9CX)…±0 お:±0/なんか、痛々しいまま、終わった感じ。 A:±0/だね・・。バイバイ、チーター。 ---------------------------------------------------------------------- ●9位『まんてん』(月〜土8:15NHK)………▼-1 A:▼/いやあ、ホントにつまらない朝ドラでした(何で見てたんだろ?)!なのに、   最終回まで見切ったワタシに拍手(笑)。比べて、BSで朝続けて再放送されて   いた『チョっちゃん』の面白かったこと!“これこそ朝ドラだわ”と思ったぞ。 ゴ:±0/ドラマを語る以前に、朝ドラがまともに見られないおのれの生活習慣を   なんとかしたい・・・。 ---------------------------------------------------------------------- ●10位『よい子の味方〜』(土9日テ)………▼▼-2 ゴ:▼/最終回、わざわざ拡大スペシャルにするほどのものでは・・・。 ---------------------------------------------------------------------- ●11位『武蔵 MUSASHI』(日8NHK総合)………▼▼▼-3 A:▼/近頃、武蔵(新之助)を見ていると、力み過ぎてて肩がこるんだもん。常   に大見得を切ってるみたいで(笑)。ファンにはたまらんのだろうけど。 ゴ:±0/窪塚版リメーク映画『魔界転生』では、長塚京三版宮本武蔵が登場。そ   の武蔵と柳生十兵衛(佐藤浩市)との対決シーンでは、見渡す限りのススキ野原   をダイナミックな俯瞰ショットでカメラが移動。思わず「おお〜!」と感嘆。   一瞬『サイン』かと思ったけどね(笑)。え?ドラマ?すでに視聴をドロップア   ウト状態です(笑)。 ---------------------------------------------------------------------- ●12位『メッセージ 〜』(月10日テ)………▼▼▼▼▼▼▼-7 わ:▼▼/期待した人にしたら「言葉じゃなくて全部に裏切られたよ」な気分でしょ   う。やはり打ち切り…。昨年の『ギンザの恋』のトラウマが再発。りょうの結   婚発表が1か月早かったら、最終回盛り上がったのに。どこまでも裏切られ…。 お:▼/打ち切りか〜・・・。やっぱね・・・。 H:▼/それぞれが持つ過去も、それぞれのキャストも・・・あまりに真っ暗すぎ   て。雑誌編集モノで興味もって見てたんだけど、早々にリタイア。ほんと、   こっちが裏切られた・・・。 A:▼/月曜日の日テレのこの枠は、ドラマによってほんとに浮き沈みが激しいよ   ね。キャストは手堅くって感じなのかな。 ---------------------------------------------------------------------- ●13位『刑事★イチロー』(水10TBS)………▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9      お:±0/何よりも題名が一番高価だったこのドラマ、一回くらい見ればよかった。   わ:▼▼▼/そんなドラマあった?イチローに権利料、主題歌はGLAYだったのに。 途中からパスしてました。   A:▼/話題ばかりが先行し、結局鳴かず飛ばずで終わってしまったねえ、コレ。   菊川もCMならまだしも、女優としてはそんなに光ってなかったし。 ----------------------------------------------------------------------