トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇ 『夏ドラを斬る!--中盤番付---』

  ゴ:今クール“も”、現在までに視聴率20%を超えたドラマは1つもなし!     ということで、全般的には低調な夏なのだが、そんな中でもフジの作品群     が比較的好調だ。20%台に王手がかかっているのが『Dr.コトー診療所』、     そして回を重ねるごとに視聴率をぐんぐん伸ばしている『ウォーターボイ     ーズ』も射程圏内に。     逆に、前クールでは上位を独占していたTBSが、今回はやや苦戦模様だ。     『元カレ』はそこそこ健闘中ながらも、期待度、中盤ともに当番付けで     ワーストに選出された『愛するために〜』については、豪家なキャストを     揃えながらコンセプト段階で視聴者がひいてしまった典型例かも。     ちなみに今期ドラマの注目キーワードはズバリ!“エロ&レトロ”(笑)。     エロ系では、TBSのコメディと、テレ朝のヒーローモノが同日に並んだが、     後者が今期の大穴として大暴れ中(同枠視聴率歴代1位!)で、要注目だ。     レトロ系では70年代や昭和30年代を舞台にした作品やリメイク作が健闘中!     それでは、さっそくスタッフトークに行ってみようか!                ■『中盤番付!』■                  (18点満点)     ―――――――――――――――――――――――――――――――――      ↓ 直前期待度からのランキング変動にもご注目ください。      http://homepage2.nifty.com/dorama/2003/no41.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――     ・( )内数字は、直前期待度番付の順位&ポイントを示しています。     ・2つの矢印のうち、左側は順位の推移を、      右側はポイントの推移を表しています。     ・「※」印は前期からの続投作です。     ・< >書きの番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、      1クール3回の当番付に対応してない作品です。 →1(1)位『Dr.コトー診療所』(木10CX)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9(9)→ →2(3)位『高原へいらっしゃい』(木10TBS)……☆☆☆☆☆☆☆☆8(7)↑ →3(1)位『ウォーターボーイズ』(火9CX)………☆☆☆☆☆☆☆7(9)↓ ↑3(13)位『特命係長 只野仁』(金11:15テ朝)…☆☆☆☆☆☆☆7(-4)↑ ↓4(2)位『幸福の王子』(水10日テ)………………☆☆☆☆☆5(8)↓ −−<番外『大奥』(火フジ8)……………………☆☆☆☆☆5 > →5(5)位『すいか』(土9日テ)……………………☆☆☆☆4(5)↓ ↓6(8)位『菊次郎とさき』(木9テ朝)……………☆☆☆3(3)→ ↑7(9)位『14ヶ月』(月10日テ)……………………☆☆☆3(2)→ −−<番外『盲導犬クイールの一生』(月9NHK)…☆☆☆3 > −−<番外『冬のソナタ』(木10NHKBS2)…………☆☆2 > ↑8(6)位『STAND UP!!』(金10TBS)………………☆☆☆▼▼1(4)↓ ↑8(10)位『こころ』(月〜土8:15NHK)……………☆1(1)→※   <番外『水戸黄門』(月8TBS)…………………☆1 > −−<番外『ブルーもしくはブルー』(月-木11NHK)☆1 >                              ↑IN! ---------------------<運命のボーダーライン!?>---------------------                              ↓OUT! ↑9(11)位『はぐれ刑事純情派』(水9テ朝)………0(0)→ ↑9(11)位『茂七の事件簿3』(金9NHK総合)………0(0)→ ↓9(4)位『元カレ』(日9TBS)……………………▼☆0(6)↓ →10(10)位『クニミツの政』(火10CX)………………▼▼☆-1(1)↓ ↓11(10)位『ひと夏のパパへ』(水10TBS)…………▼▼▼-3(1)↓ ↓11(7)位『僕だけのマドンナ』(月9CX)…………▼▼▼▼▼☆☆-3(4)↓ →12(12)位『武蔵』(日8NHK総合)……………………▼▼▼▼▼▼-6(-2)↓※ ↑13(14)位『愛するために愛されたい』(木9TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼☆☆-7(-5)↓  ※尚、ここにエントリーされていないドラマがいくつかありますが、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 わ=わっち H=Happa お=おっと -------------------------------------------------------------------    ●1位『Dr.コトー診療所』(木10CX)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 H:☆☆/泣けるね〜、コレ。離島という狭い空間で行き交う人間模様を、押し付   けがましくなく描いていて、ホッとしてジンとくる作品。しかし、医学の事は   詳しくないからわからないんだけど、あんな若造が一人で、それもあんな設備   でオペってできるものなん? お:☆☆/景色に癒されています。本当にきれい!不思議なくらい様々な事件が起   こるけど、一つ一つ誠実に自信をもって解決していくコトー先生は、素敵です。   コトー先生は吉岡君が適任!純君にさよなら?時任三郎の息子剛洋役の涼君は、   本当に心打たれる演技をしますね。毎回涙っす。 わ:☆/最初はやっぱ『北の国から離島編』として見てたけど彼って味のある役だ   なぁとしみじみ思う。なよっとしてるけどビシッと締めるので今後もドラマの   出演が続くかも。でも純のイメージが消えていくのもなんか寂しいなぁ。 A:±0/期待番付で1位だったのに期待通りにいかんもんだな。人によるとは思   うけど、ワタシは今イチ。同じ最果てでも南と北では人間違って見えるし。吉   岡君は断然北タイプか!?コトーってカタカナも吉岡君には合わんなあ。演じ   る真摯な医師像にも感動できそうでできないし。あっ、でもこれって『北の国   から』の純にこだわり続けてるワタシの単なる拒否反応?なら重症かも。 ゴ:☆☆☆/コレはぜひ、息の長いシリーズものに育ててほしいです!そうだなあ、   冬クールだったら新たな赴任地は北海道・富良野。そこに暮らす廃材のプロ、   (今では遺言状もプロ!)の黒板五郎が、今度こそマジに「おいら死ぬかもし   れない…」状態になって大騒動。果たしてコトー先生は五郎の命を救えるか!?   もちろん吉岡君は純君とコトー先生の一人二役(見分けるポイントは瞳孔のデ   カさです。コトー先生は熱血なのでいつも瞳孔開きぎみ)。内田有紀の記念す   べき結婚後初復帰作&夫婦共演で視聴率40%超え確実!…ありえないか〜(笑) ------------------------------------------------------------------- ●2位『高原へいらっしゃい』(木10TBS)……☆☆☆☆☆☆☆☆8 P:±0/気がついたけど、1位と2位って同枠ドラマじゃないですか。同枠ドラ   マで両方が揃って評価が高いって珍しいなぁ。・・・といいつつ、裏の裏の   『冬のソナタ』を観る私(笑)。 わ:☆☆/こっちをリアルタイムで見てます。 私の注目はお手伝いの大山のぶ代。   ピンチのときはなんか道具を出しそうで、ピンチ感が薄れます…。徐々にメン   バーの結束が堅くなり、みんなで様々なトラブルを回避していく様はイイ感じ。   あと映像もイイ。 お:☆/これも、景色が素敵!マイナスイオンをテレビから吸い取っているような、   爽快感が画面から広がります。かなり、配役のバランスがいい感じがして、安   心して癒されてます。 A:☆/期待とは裏腹にこれも微妙な感じ。オリジナル版の印象がワタシの中で強   過ぎて、ついついあのレトロな映像と比べちゃう。名作のリメイクってほんと   にむずかしいよね。面川に扮する佐藤浩市はイイだけに、後半も見守り続けよ   うと思ってますが・・・。 H:☆☆/幸か不幸か・・・オリジナル版の記憶がこれっぽっちもない私には、新   鮮で充分見応えあります。新鮮と言えば、ボーイ役の新人・平山広行さま。も   う彼の次回作出演が、楽しみですワ。 ゴ:☆☆/これは私の個人的な経験から琴線にふれてくる作品。八ヶ岳高原がMY故   郷だし、大学時代の夏休み長期アルバイトで、ドラマのキャスト同様、信州の   某ペンションの立ち上げ(まだ工事中)からオープン後ひと月くらいの間、オー   ナーやスタッフたちと住み込みして働いたことがあり、お客様をスムーズにお   迎えできるまで奮闘した日々などがドラマと重なるんだよ。当時は施設もサー   ビスも無駄にバブリーな時代だったから、八ヶ岳高原ホテルとは趣きは全然違っ   たけど。佐藤浩市みたいなステキな支配人もいなかったし(笑)。ただ、ホリケ   ンみたいなおとぼけキャラはやっぱりいたね〜。井川遙ポジションのお姉さん   もいた。スタッフリーダーが作家志望のお兄さんで、本をダンボールにいくつ   も持ってきてて、いつもノートになんか原稿を書いてたけど、ちゃんと作家デ   ビューできたのかなあ(遠い目)。などと、長々語ったけど、こういう記憶みた   いなものをどれだけ作品と視聴者とで共有できるかがヒットの鍵と思うわけ。 ------------------------------------------------------------------- ●3位『ウォーターボーイズ』(火9CX)………☆☆☆☆☆☆☆7 A:☆/練習場はないわ、部員は集まらないわで、なかなか勘九郎(山田)達のシ   ンクロも上達しないが・・・。学園祭まで残すところ1ヶ月、急転直下、本番   でどんな技を披露してくれるのか、今から楽しみっす。 お:☆☆/様々な障害で友情が一つづつ深まっていくこの感じ、高校最後の夏!   って感じで、心打たれます。勘九郎がどんどん頼もしく成長していく様が、   見て取れる。夏だよね〜!って、しみじみ感じるいいドラマです!もうちょ   っと暑い夏だったら、もっと盛り上がったかも!?他キャラも最高!! P:☆/CG処理をしていると思われるものの、すこんと抜けた空が気持ち良いなぁ。   些細な喧嘩や各々の葛藤を通して、5人の結束力が強まってきてます。さぁ、   あとは文化祭に向けてひた走るのみ!! ゴ:☆/学園祭のクライマックスシーンを今から想像しただけで、涙が出てきちゃ   って…(早すぎ?)。期待ハズレになるとイヤなのであまり勝手な想像しない   ように努力はしてるんですが、もう私の中で画が出来上がってしまっていて、   それはそれは感動のラストなのです(笑)。 ●3位『特命係長 只野仁』(金11:15テ朝)…☆☆☆☆☆☆☆7 ゴ:☆☆/期待度番付で☆つけてた私一人が、密かに品格疑われているんじゃ…と   思っていたら、なんだ結局、皆も好きなんじゃん!(笑)。女性に不快感を与え   えない?発情シーンとか、必然性のある?オッパイポロリ〜ンとか、演出側に   そうした意図や配慮があるのかはさっぱり??だが(笑)、ウチの女性陣も理屈   抜きに楽しんでるみたいだからオッケーでしょ(ってか、単にオヤジ化してる   だけ?)。意外にも?男女の心理をついた鋭いセリフも満載です!     P:☆/思いのほか面白くて結構見入ってます。合い間に入る効果音(♪ダバダバ・   ダバダバ・ダ〜ッ)とか、ものすごく時代を感じるものなんだけれども、何故   か妙にソソラレマス。金太郎カツノリは生理的にダメな私もこのドラマなら全   然平気。おじさんたちにもポロリ映像で人気があるんだよね。 お:±0/エロエロな感じで、いいんでないかい?三浦理恵子は、なんか、ほんと   うにエロい・・・。 わ:☆☆/エロという観点なら「もう一声」という感じかなぁ。毎週「脱ぎそうで   結局最後まで脱がない」女優の出演を見るたび「ま、今週も寸止めで…」と考   えちゃいます。内容よりもそこに充実を!(なに書いてるんやろ…) A:☆☆/期待番付での予想通り、▼▼から☆ふたつに!当初キワモノとして軽く   見ていたが、どっこい今クールの大穴になるかもね(笑)。高橋克典のダメ男   →ヤサ男への変身ぶりとか話題のお色気シーンとかつっこみどころ満載で毎回   楽しみ。第4話の川島なおみとの共演もネットリ濃かったよねえ(笑)。 ------------------------------------------------------------------- ●4位『幸福の王子』(水10日テ)………………☆☆☆☆☆5 A:☆/王子・周平(本木)に振りかかる不幸につぐ不幸。なんであんな火傷を?   なんで30代で髪が真っ白に?次々に明かされていく過去の不幸オンパレードに   毎回口あんぐり&涙。たび重なるすれ違いから周平とは幸せになれぬまま、ど   うして海ちゃんが死に至るのか?後半も目が離せない! P:☆/菅野美穂演じる海の強さが良いな。周平にはこれでもかこれでもか、とば   かりに次から次へと悲しいことが起こってるけど、最後まで救われないとなる   と悲しいなぁ…。表面とは裏腹に海のことが忘れられない良介(渡部篤朗)も、   ある意味可哀想でなりませんね。って今さら気づいたけど、主要登場人物みん   なが可哀想じゃないですか、このドラマ。 お:☆/良介の重たい思い、海の不幸人生。なんか、すべての歯車が狂うって、   恐ろしい。 ゴ:☆☆/毎回、その回のクライマックスシーンを冒頭でチラリズムしてから、そ   こまでの話を遡っていく“本編内予告”ともいえる手法については、あざとす   ぎ!と思いつつも、まんまと戦略にのせられ引き込まれてしまうのだった…。 ●番外『大奥』(火フジ8)…………………☆☆☆☆☆5 ゴ:☆☆/大奥とは女の牢獄。大奥とは女の運命の坩堝。大奥とは女の業の宿る   コワ〜イところ。大奥とは…やっぱりこの人、岸田今日子(笑)。ちゃんとゲ   スト出演してくれてうれしいよ〜!“大奥総取締”瀧山(浅野)の差配ぶりなど、   組織論的にも興味深い。こうしたキワモノ系に、あえて確かな演技力のある人   たちをキャスティングしたことで、極上のエンタテイメントになりました。ご   ひいきの北村一輝については『ひと夏のパパへ』項をご参照ください(笑)。 A:☆☆/野際VS浅野、コワイですねえ。これぞ大奥!キャスティングの妙ですね   え。なんか昔のオリジナル版も見たくなってきたぞ。ケーブルTVで探すかな。 P:±0/大奥…。女の園というものが苦手な私はこの番組を見るたび、女の闘い   に“ぞぞぞ〜っ”としてます。 ------------------------------------------------------------------- ●5位『すいか』(土9日テ)……………………☆☆☆☆4 H:☆/これ女性にはたまりませんね。年齢も性格もバラバラの4人の女性が登場   するんだけど、「あ〜、そうそう、それってあるよね〜」って共感できるしぐ   さや考え方がそれぞれにあって、うれしくなる。ま、顔ぶれも超個性派ばっか   だし。 お:☆/夏って感じ。なんか、むしむしする夏と、ぐるぐるする基子や絆の感じが、   いい感じに絡まり合って、これまた癒されるドラマです。市川実日子はかなり   癒し系。プチプチをひたすらつぶす事って、やりますよね〜・・・。 P:±0/ともさかりえはこういう“ひとり突っ込み”の役があっていると思う。   ------------------------------------------------------------------- ●6位『菊次郎とさき』(木9テ朝)……………☆☆☆3 お:☆/陣内の菊次郎役は、なかなかおもしろい!しかし、暖かいドラマだな〜。   昔の日本の暖かさみたいなものがじわじわ・・・。 ゴ:☆/「父さんはなあ、実は殿様なんだ!(殿様と)双子だったんだ!今の父さん   は世をしのぶ仮の姿だってことを、ゆめゆめ忘れてくれるなよ、たけし」   って、なににつけ、この調子の菊次郎。憎めません!(笑) A:☆/このテの人情ドタバタ劇はNHKのお家芸かもしれんが、民放版も安心して   楽しめる出来です。特にかあちゃん役の室井滋がイイ。ホロリとさせたり笑わ   せたり、お茶の間にこういうドラマは絶対必要よん。 ------------------------------------------------------------------- ●7位『14ヶ月』(月10日テ)……………………☆☆☆3 ゴ:☆☆/非現実的な設定ながらも、それぞれの立場の心理的な動きが非常にうま   く描かれていて共感度は高いです。ただ、皆、ヒロイン裕子の若返りのことに   気をとられすぎて、すでにどんどん子供化が進行しちゃっている孤独なナツキ=   千夏のことをほっとき過ぎじゃないのか?もっとちゃんと心配してやれよ〜! P:☆/そのナツキちゃんが神田氏に電話をするときの「あたしよ」ってセリフに   変な意味でドキッとしてしまう私…。うっかり1回見逃したら、高岡早紀が蒼   井優ちゃんになってしまっていた。あぁ、肝心な回を見逃しちゃった気がして   ならないです(涙)。どんどん若返ってゆく妻にとまどいを隠せない悟(中村   俊輔)…彼のメガネは不器用さを象徴してますね。神田(石黒賢)氏の意味深   なセリフ“裕子はこのままでいてほしい”も今後の展開のキーワードとなって   いる模様。 お:±0/わたしも、気づいたら高岡早紀が、いなくなってた。 ●番外『盲導犬クイールの一生』(月9NHK)…☆☆☆3 A:☆☆/沢口靖子の優しい語り口にのせて、淡々と静かに描かれたクイールの一   生。原作とあわせて、多くの子ども達に薦めたい秀作ドラマだったね。同じく   今NHKで再放送中の『大地の子』もお薦め。号泣確約っす。 ゴ:☆/視聴率も平均10%前後はキープしてたんじゃないかな。NHKにしてはいい数   字だよね。勢いに乗って、来年は松竹から崔 洋一監督で映画化も予定されてい   るらしい。先日、原作者の石黒謙吾氏と、雑誌の対談企画でご一緒させてもらっ   たのだが、さすが、お名刺も点字入り!そして今度の映画化ではドラマではかな   わなかった「カメオ出演」をひそかに狙っておられる模様?(笑)。映画版のキャ   ストも気になりますね〜!   ●番外『冬のソナタ』(木10NHKBS2)………………☆☆2 P:☆☆/記憶喪失、マフラー男、レストランやバーの中でも何故かコートは着た   まま、驚きのあまりにコーヒーカップをぶちまける…ほら、観たくなりません   (笑)?まぁ、前述したキーワードとはうって変わって、中身は非常に“純”な   ドラマです。主演のペ・ヨンジュンさんは別名「微笑みの貴公子」とも言わ   れるほどに、柔らかい笑顔の持ち主。地上波での放送を待望しているファンも   たくさんいるから、実現したら、うれしいですね〜。 ゴ:±0/近ツリからはこの「冬のソナタ」のロケ地をめぐるツアーも登場。8/27   に成田空港を出発し、ロケ地となった竜平や春川、ソウルの撮影現場を訪問。   韓国ドラマに詳しい雑誌編集者などが同行し現地でドラマ解説をしてくれると   いうマニアにはたまらない趣向。NHKによると地上波放送の具体的な時期等は   現時点では未定らしいが、待ち遠しいですな。 ------------------------------------------------------------------- ●8位『STAND UP!!』(金10TBS)………………☆☆☆▼▼1 お:☆/あほさ満載!結構、すっきりおもしろい。釈由美子は、なんかやっぱり   惹かれますね。 わ:☆/ただ高校生が大人になるドラマかと思いきや、恋愛論を語ったりとうまく   まとめられてる。「やりきれない」高校生をうまく演じてる感じ。でも鈴木杏   は未だに『青い鳥』の時のイメージだったので「太ったなぁ」と。平成の間下   このみになる日も近い…。 P:☆/単純に楽しんで観てます。映画『アメリカン・パイ』にも相通ずるところ   があるよるよね。かの映画はいつの間にか第3作『アメリカン・ウェディング』   まで出きていて、ちょうど今アメリカで話題になってる最中。日本でのこうい   う作品の場合、下品にならずにどこまで弾けられるかがポイントじゃないかな。 ゴ:▼/“恋愛セレブ”たちと“恋愛貧民(童貞くんチーム)”の「性体験格差」(笑)   が、滑稽なほど極端すぎて…(苦笑) Å:▼/関係ないけど、この夏コパトーンを顔面に塗り、見事かぶれたワタシ。夏   バテもピークで、このテのドラマについていけなくなりました(笑)。 ●8位『水戸黄門』(月8TBS)…………………☆1 ゴ:☆/日本旅行から「水戸黄門」1000回記念ツアー登場。「ゆったりと黄門様コー   ス」「新幹線で格さんコース」など登場人物にちなんだコースがあるようだが、   “印ろうの出し方講座”(笑)とか、これまたマニアにはたまらない企画も!ま   ずはこの話題性に☆ひとつ献上! ●番外『ブルーもしくはブルー』(月-木11NHK)……………☆1 お:±0/なんか、最後が「ちゃんちゃん」って感じでした。やっぱ、「もし…」   という事は人生には無いのかもしれませんね〜。 ------------------------------------------------------------------- ●9位『元カレ』(日9TBS)……………………☆▼0 わ:☆/昔の『ガッコの先生』にも通じる「気が弱くて人に優しい』キャラが出て   る。広末が冷たい女性を演じそれとの対比もあり、今後が楽しみッス。 お:±0/うーん。微妙。広末みたいなキャラの強気な女の子っているよな〜。   とか、本当に普通にありそうな感じ。しかし、あのデパートの業務用エレベー   ターはきれいすぎ・・・。 ------------------------------------------------------------------- ●10位『クニミツの政』(火10CX)………………▼▼☆-1 お:±0/子供達だけでなく、大人までが心を開いていく感じが、けっこう好き。 ------------------------------------------------------------------- ●11位『僕だけのマドンナ』(月9CX)…………▼▼▼▼▼☆☆-3 お:☆/タッキーって、本当にこうやって、女の人に尽くしてしまいそうな感じ   がします。ハマリ役!?長谷京も、やっぱ、かわいいし、緒方直人もかっこ   いいし、キャストが、このドラマはいいので、内容がどうあれ、☆一つ。 ゴ:▼▼/タッキー女に尽くす!っていうよりほとんどスルミの“パリシ”じゃん。   見ていてかなり不愉快!「スルミって、やな女〜」(外見はスベシャルかわい   いだけに・笑)ってのがこのドラマのヒロインへの私の印象。あのコドモオト   ナ、もしくは不思議ちゃんキャラを、カワイイと思う人もいるのかもだが、わ   しはキライだ、ああいうの。ま、ジャンルが「(精神的)SM」です(笑)っていう   んなら、それはそれでいいか、って感じだけど(笑)。 A:▼/なんかどこかで見た展開だよねえ、コレ。このドラマ不振時代にタッキー   とか長谷京とか人気キャストを並べればなんとかなるってもんでもないだろに。   あ〜、それにしても長谷京扮する“するみ”って何度聞いても“するめ”かよ   と思ってしまうんだが(笑)。 P:▼/月9、勢いが感じられませんね。だからなのか、今秋クールのドラマのヒ   ロインを一般公募にするんだってね。岡田脚本なのに、私にはまだ乗りきれて   ません。 わ:▼/ハセキョーよりも島谷ひとみの方がいいかなぁと思う今日この頃です。キャ ストこんだけ固めたのに、脚本もいいのにイマイチ活かしきれてないのは何で   なのか?月9「だけ」調子が悪いのが問題です。この枠も「トリビア」にして   高視聴率狙ってみるのもいいかも。 ●11位『ひと夏のパパへ』(水10TBS)…………▼▼▼-3 お:▼/北村一輝って、主役級なのかな?脇の方が彼の魅力が引き出されそうだけ   ど。やっぱ、上戸彩は、苦手みたい。私。 ゴ:▼/期待度番付の時に危惧したとおり、やっぱり「なんか違った」北村一輝。   なんといっても一輝さまは、『大奥』での“危ない流し目殿”、同じく『大奥』   での“フェロモンむんむん坊主”にこそ、その魅力が花開くのです(笑)。 ------------------------------------------------------------------- ●13位『愛するために愛されたい』(木9TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼☆☆-7 H:☆☆/“わかっちゃいるけど、やめられない”状態でクセになってしまったワ。   シェクスピア劇場みたいなセリフまわしに、笑わない坂口憲二、ニヤけた元J   リーガー武田修宏、タラコ唇が悩ましい菊川怜、そのサングラス全然似合って   ないヨと言いたい柳葉敏郎、体の硬い黒木瞳と、ほらね。見所いっぱいじゃな   い。アルマーニのスーツもいいぞ! わ:▼▼/初回、坂口憲二の裸ばっかり映っててチャンネル変えました。どこが宇   宙のドラマやねん。ある意味久しぶりのクサドラマに出会えて感激です。 A:▼/見ていて非常にこっ恥ずかしい!時には鳥肌が立ったり、すごい睡魔に襲   われたり、もうガマンならん!!。と思いつつ、また見てしまう。別な意味で   すごいドラマだ。 お:▼▼/きゃー、なんか恥ずかしい・・・って感じで顔を手で覆っているんだけ   ど、指の間からみちゃうみたいな感じ(笑)なんで、そこで躍るの?と、瞳に   突っ込みながらも、シャンパンが似合う瞳様にあやかってシャンペンをすすり   たくなる今日この頃。坂口、菊川、武田、もう棒読みすぎです。こんな成熟世   代にこのドラマはアリ??かなり古くさい・・・。  ゴ:▼▼/期待度番付からくどいようですが、黒木瞳のあの「ひとりタンゴ」は…。   このドラマで「瞳さまはもうおなかいっぱい」状態に。伊原剛志(ドクター)が   たまに画面に登場ると妙にほっとするのは、唯一パンピーな人?特有の“温も   り”があるからでしょうか。とにかく、やたら設定はゴージャスなのに、なん   か辛気臭いのよ〜、このドラマ。  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  次┃ク┃ー┃ル┃先┃取┃り┃  〜 10月度秋クール新ドラ速報 〜  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   秋クール新ドラの先取り情報を一部ピックアップしてご紹介いたしましょう。   ハマれそうなドラマ、ありそうですか? -------------------------------------------------------------------  ◆『タイトル未定』(月9CX)  男女8人の青春ストーリー。ヒロインは異例の一般公募! -------------------------------------------------------------------  ◆『ライオン先生』(月10日テ)  竹中直人がライオンのたてがみヘア(でもヅラ)を振り乱して熱血教師を熱演! -------------------------------------------------------------------  ◆『夢見る葡萄〜本を読む女〜』(月9:15NHK総合)  林真理子原作、菊川怜主演。昭和初期を舞台にした群像劇。 -------------------------------------------------------------------  ◆『夜桜お染』(火8CX)  時代劇枠。出演は、若村真由美、内藤剛志ほか。 -------------------------------------------------------------------  ◆『隣人(仮)』(火9CX)  夏川結衣、ユースケ・サンタマリア共演の家族をテーマにしたホラーサスペンス。 -------------------------------------------------------------------  ◆『タイトル未定』(火10CX)  飯島直子、深田恭子が対照的な姉妹を演じるラブストーリー。脚本、中園ミホ。 -------------------------------------------------------------------  ◆『相棒』(水9テ朝)  水谷豊、寺脇康文主演の人気刑事シリーズの最新版。 -------------------------------------------------------------------  ◆『共犯者』(水10日テ)  浅野温子、三上博史が13年ぶりに共演。大人のシリアス・ラブ・サスペンス。 -------------------------------------------------------------------  ◆『西部警察2003』(木8テ朝)  19年ぶりに連ドラ復活!出演は、渡哲也、舘ひろし他、お馴染みの「石原軍団」。 -------------------------------------------------------------------  ◆『トリック3』(木9テ朝)  待ってました!仲間由紀恵、阿部寛主演の人気シリーズ第3弾! -------------------------------------------------------------------  ◆『エ・アロール』(木9TBS)  原作、渡辺淳一、主演、豊川悦司。老人ホームを舞台にしたシルバー版ラブコメ。 -------------------------------------------------------------------  ◆『白い巨棟』(木10CX)  25年ぶりに名作復活。唐沢寿明主演で2クール放送予定。 -------------------------------------------------------------------  ◆『あした天気になあれ(仮)』(土9日テ)  観月ありさ主演。シングルマザーのサクセス・ストーリー! -------------------------------------------------------------------  ◆『帰ってきたロッカーのハナコさん』(月〜木11NHK総合)  ともさか主演シリーズの第2弾。OL幽霊ハナコさんが問題解決!