トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
  ◇ 『冬ドラを斬る!--終了後番付--』

               ■『終了後番付!』■                  (18点満点)    ―――――――――――――――――――――――――――――――――      ↓ 中盤番付からのランキング変動にもご注目ください。      http://homepage2.nifty.com/dorama/2004/0228.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――     ・( )内数字は、中盤番付の順位&ポイントを示しています。     ・「※」印は前期からの続投作です。     ・番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、      1クール3回の当番付に対応してない作品及びBS、昼ドラ。     ・順位は相対評価のため、作品評価ポイントは上がっているのに      ランキング自体が下がること(またはその逆)もあります。 1(1)位『白い巨塔』(木10CX)…………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆15(15)→ 2(2)位『僕と彼女と彼女の生きる道』(火10CX)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12(8)↑ 3(3)位『砂の器』(日9TBS)……………………☆☆☆☆☆☆☆7(7)→ 4(3)位『エースをねらえ!』(木9テ朝)………☆☆☆☆☆☆6(7)↓ 4(4)位『ほんとにあった怖い話』(土7CX)……☆☆☆☆☆☆6(5)↓ 5(5)位『乱歩R』(月10日テ)……………………☆☆☆☆☆5(4)↑ 6(5)位『新選組!』(日8NHK総合)………………☆☆2(4)↓※ 6(7)位『ファイアーボーイズ』(火9CX)………☆☆2(1)↑ 6(7)位『てるてる家族』(月〜土8:15NHK)……☆☆2(1)↑ 7(7)位『昨日の友は今日の敵?』(月9NHK)…☆1(1)→   番外『美しき日々』(木10NHKBS2)……………☆1(1)→                              ↑IN! ---------------------<運命のボーダーライン!?>---------------------                              ↓OUT! 8(7)位『こちら本池上署』(月8TBS)…………0(1)↓ 8(8)位『八丁堀の七人』(月7テ朝)……………0(0)→ 8(8)位『警視庁鑑識班2004』(水10日テ)………0(0)→ 8(8)位『はんなり菊太郎2』(金9NHK総合)……0(0)→ 8(8)位『相棒』(水9テ朝)………………………0(0)→ 8(9)位『異議あり!女弁護士〜』(木8テ朝)…0(-1)↑ 8(6)位『スカイハイ2』(金11:15テ朝)………▼☆0(2)↓ 8(10)位『ドールハウス』(木10TBS)……………▼▼☆☆0(-3)↑ 9(8)位『ミニモニ。でブレーメン〜』(土7N教)▼-1(0)↓ 10(9)位『彼女が死んじゃった。』(土9日テ)…▼▼-2(-1)↓ 11(6)位『プライド』(月9CX)……………………▼▼▼-3(2)↓ 12(11)位『サラリーマン金太郎4』(木9TBS)…▼▼▼▼▼▼-6(-4)↓ 13(11)位『奥様は魔女』(金10TBS)………………▼▼▼▼▼▼▼-7(-4)↓ 14(12)位『それは、突然、嵐のように』(水10TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9(-6)↓  ※尚、ここにエントリーされていないドラマがあったとしたら、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 わ=わっち H=Happa お=おっと ゴ:直前期待度→中盤→終了後と回を追うごとに評価を落とし、最終下げ幅‐12   ポイントで今期最大の「期待ハズレ作」の烙印を押された『プライド』。   高視聴率(今期平均1位)とは裏腹に、当番付では「月9」「キムタク」とい   うブランド力に蔭りを感じさせる結果に!?   一方、トップのワン、ツー、スリーは、丁寧に作られた社会派ドラマ3作が   並んだ。直前からラストまで不動の高評価をキープし見事に期待に応えた形。   また、期待度ワーストだった『それは、突然〜』については、これまた最後   まで不動のワーストぶりで、我がドラ番スタッフたちの、作品に対するある   種の臭覚の確かさに脱帽!…と自画自賛(笑)。 -------------------------------------------------------------------- ●1位『白い巨塔』(木10CX)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆15 A:☆☆☆/第2部はすべてうっちゃらかしてオンエアにかじりつき!最終回後の   特別編も含めて面白かった〜。痛ましい医療事故が相次ぐ現代、こんなに考え   させられるリメイク版はなかったよね。原作も読破。26年前の田宮二郎のオリ   ジナル版ももう一度見たいんだけど、どこのレンタルショップも貸し出し中な   のよん!あ〜一刻も早く見たいっす。 P:☆☆/昨今に珍しい大作だったなぁ。骨太で重厚。最初はその高慢さからあま   り感情移入できなかった財前氏にも、最後の最後にはいたく胸を揺さぶられて   しまいました。医療に精通している人は、自分が病魔に襲われたときにその症   状や進み具合がわかってしまうのが良くもあり悪くもあるのですね。 お:☆☆/財前は、誰よりも自分と人の間の関係をきちんと見つめられる人だった   のかもしれませんね〜、本当は!最終回は、そんな部分が強調されていた気が   します。もう一つ、私が書いておかなければならない事は・・・、やはり黒木   瞳は素晴らしかった!こんなにはまっている役はなかったです。「お金になら   ない涙は流さない主義なのに・・・」あの台詞、忘れません。 ゴ:☆☆☆/「ガン治療の第一線にいる者が、自らのガンを早期発見できず、ガン   により死することを恥じる」という財前の無念の死が描かれた最終回、視聴率   は田宮超え(32.1%)だったとか。そうそう、6月OA予定の『ビーバップハイス   クール』の製作発表での陣内孝則の発言。『白い巨塔』を見ながらカミさんい   わく「貴方も、もう少し年がいってたらこの役バッチリだったのにね」と。   唐沢寿明と自分の年を比べて「?」となってると「鵜飼学長の役よ!」って。   カミさん、ナイス!(笑)。 H:☆☆☆/ハマりにハマったキャスティング、妥協しない演出などなど、何をとっ   てもパーフェクトな作品(と、毎回言ってますが)に拍手です。 わ:☆☆/終わっていると分かっていながらも木曜日10時にチャンネルを今後もあ わせしまいそうな予感です。単なる医療ドラマの域を越えた人間ドキュメント に感動しました。でもこれがリメイクということは、昔のドラマは本当にいい 作品が多かったんでしょうなぁ。今は…。 -------------------------------------------------------------------- ●2位『僕と彼女と彼女の生きる道』(火10CX)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆12 A:☆☆/最終回は、大好評につき凛ちゃんの「はいっ!」シーンてんこもりだっ   たね(笑)。離婚は夫婦にとっても子どもにとっても大きな痛手には違いない   んだろうけど、一緒にいて不幸なら新しくそれぞれやり直した方が家族みんな   幸せになれるのかも?この日本版『クレイマー、クレイマー』を通してみて、   そう思えました。 P:☆☆/私も凛ちゃんの「はいっ!」好きでした。彼女の、徹朗との別れのシー   ンで新幹線の窓からちょこんと顔を出しているところとか、母親の加奈子と暮   らすようになってうっかり「おとうさん」と言ってしまうところとか、もうウ   ルウル。映画『ホテルビーナス』も観たけれども、草なぎくんの演技はSMAPイ   チって言って過言じゃないよね?『黄泉がえり』然り。 H:☆☆/ほんと凛ちゃんは天才子役!あの瞳に見つけられると、もう何でもして   あげるって感じ。しかし最終回前には、あらゆるCXの番組に出まくってました   ねぇ。ハキハキ答えている凛ちゃんの姿が印象的でしたワ。 お:☆☆/想像通り、良かったです。徹朗が変わっていく事、周りが変わっていく   事、色々な事を受け止めていく事、そらさない事が一番大切だと思わされまし   た。やっぱり、生きていく道は自分で決めなくてはならないけど、生きる道は、   一人で歩いているんではないって事ですね。この「生きる道シリーズ」の空気   感が本当に好きでした。 わ:☆☆/少し最終回は「?」でしたが「生きる道」を見つけるためのヒントが隠   されていた、いいドラマだったと思う。やはり草なぎの演技力には脱帽ですわ。   主題歌も華を添えていました。名作。 ゴ:☆☆/にんじんグラッセだけで、あれだけお茶の間を泣かせるドラマが、いま   だかつてあっただろうか?(笑) -------------------------------------------------------------------- ●3位『砂の器』(日9TBS)……………………☆☆☆☆☆☆☆7 A:☆☆/「村八分」→父が村民を大量殺人→で、父が死刑囚に!っていうのがド   ラマ版の核心部分になってたわけやね。リメイク部分はそんなに違和感なく見   れたんだけどやはり映画版とは違うなあ。映画版がラストの「宿命」コンサー   トに向けて一気に盛り上がったのに対し、こちらは今西刑事(渡辺謙)が和賀   =犯人と確信するところで既に山場を過ぎてしまったような感が。肝心の和賀   のコンサートシーン、中居君のピアノの芝居なんだかなあ(笑)。手元映しち   ゃダメよん。なんか盛り下がったし。 お:±0/しっかり見てないと、わからない感じで・・・。ABBYのコメントに感   謝です。そういう事か〜。今更ですみません。日曜夜に重い気分のドラマは、   結構つらいですね。 H:☆☆/ほんと、大作なのはわかるけど日曜の夜には重過ぎますわ。画面も暗い   し、月曜の朝を爽快には迎えられない感じ。でも最終回の原田芳雄の演技は真   に迫って壮絶でしたっ。 ゴ:☆☆/なんか途中から「八つ墓村」が入ってなかった?(笑)。それにしても、   あんだけ長い時間(←放浪シーンの回想)、ずっとせりふなしで音楽だけで見せ   たドラマって例がないのでは?台詞以上に「宿命」の音楽が雄弁に語ってたシー   ンだったかもしれんが。 ●3位『エースをねらえ!』(木9テ朝)………☆☆☆☆☆☆6 A:☆/キャストのみんな、デカしたぞ!って感じで☆ひとつ献上。中でも“よく   なりきりましたで賞”は宗方コーチに扮した内野聖陽様にぜひ。一刻も早くそ   の髪切りたかったでしょう? お:☆☆/では、なりきり助演女優賞には、お蝶夫人役の松本莉緒って感じで〜(笑)   お蝶夫人のテニスフォームには、なんか気品を感じましたもの。マンガ版では   蝶が舞ってましたからね!奇しくも最終回で涙してしまった私は、一体何者で   しょう。本当に今クールの「大穴」でした! ゴ:☆/なんでも原作の山本鈴美香先生が住んでる山梨まで、毎週スタッフがOA前   にビデオを届けて作品のチェックしてもらってたんだってね。先生にダメ出し   されないように、みんな必死でなりきったわけだね(笑)。 P:±0/宗方コーチは自宅でのくつろぎ着が和服。渋いわ(笑)。そんなコーチと   ひろみの関係も良いものでしたね。信頼できる人(コーチはもちろん、上司、   先輩などいわゆる“師”という人)がいるっていうのは立派な心の支えになり   ますからね。4月になって学校のクラブやサークルの勧誘でもテニスをはじめ   る人が増えそうな予感。 わ:☆☆/昔の大映ドラマみたくバカ真剣にやってくれたのがよかった。続編が見   たいなぁ。 -------------------------------------------------------------------- ●4位『ほんとにあった怖い話』(土7CX)……☆☆☆☆☆☆6 A:☆/あ〜っ、たったの1クールで終わっちゃったねえ。「ほん怖クラブ」を毎   回楽しみにしていたのでなんか淋しいっす。いつかまた再開してほしい! お:☆/私も結構残念。吾郎さんと子供たちのほんわかした感じが、あの恐い話の   中でいい味だしてて良かったし。自分が小学生の頃、本当にこういうの好きだっ   た事を毎回思い出して、またこの歳でも楽しめた番組でした。 ゴ:☆/恐怖と笑いは紙一重ってことで、「ほん怖クラブ」のみんなが怖がってる   ときの顔が、かなり笑えたんですが・・・(笑)。 -------------------------------------------------------------------- ●5位『乱歩R』(月10日テ)……………………☆☆☆☆☆5   P:☆☆/最後まで堪能させていただきました。乱歩作品を良く1時間にまとめきっ   たな(中には意味を省きすぎているものもありましたが、それはご愛嬌)とい   うのが率直な感想。私は特に「人間椅子」「暗黒星」「地獄の道化師」の3編   がお気に入り。「暗黒星」と「地獄の…」は犯人の心の哀しみがやるせなかっ   たな。最終回で情報通なユキさんの正体が明かされれば、☆3つの満点だった   のに、惜しい(笑)。 ゴ:☆☆/明智(藤井隆)のオカマ走りが、耽美&淫靡な乱歩ワールドに水をさす   ことがままありましたが(笑)、全体的には大人テイストで私好みの作品でした。        ●5位『新選組!』(日8NHK総合)………………☆☆2   お:☆/ちょっと最近見れてません。でも、今クールこそ大河制覇を目指す私です。   若手ががんばっていてさわやかな感じが結構いい感じ。    -------------------------------------------------------------------- ●6位『ファイアーボーイズ』(火9CX)………☆☆2 P:☆/はじめから終りまで一貫して、あきらめないことの大切さを物語っていま   したね。成長譚ドラマとして楽しめたな。 ●6位『てるてる家族』(月〜土8:15NHK)……☆☆2 わ:☆/結果的に視聴率は悪かったようですがカップラーメンのプチブームや主題   歌など結構よかったような。どことなく見終わっときすがすがしい気分になっ   て、朝ドラとしては個人的に当たりかと。でも続編はないよなぁ…。 A:☆/あ〜、面白かった!この朝ドラはほんとに大当たりだったよね。キャスト   のノーテンキな明るさ、絶品でした。 -------------------------------------------------------------------- ●7位『昨日の友は今日の敵?』(月9NHK)…☆1 A:☆/中盤でも書いたけど、コメディエンヌ・温子は底抜けにかわゆい!こうい   う路線で今後も行ってほしいっす。 ●番外『美しき日々』(木10NHKBS2)……………☆1 P:☆/このドラマ放映時に本国・韓国でも話題になっていた、お兄ちゃんと弟どっ   ちが好きか?私はお兄ちゃん派です。見た目、佇まいはいたってクール、でも   一歩内に入り込むとあたたかい。良いですよね、そういう人。ドラマ終盤の話   題の中心だったヨンスの白血病で、最終的に彼女に骨髄を提供するのが日本人   だったのも日本の韓国ドラマ好きには日韓交流を感じられてうれしいことかも。 --------------------------------------------------------------------   ●8位『ドールハウス』(木10TBS)………………▼▼☆☆0 ゴ:☆/水野美紀がキャスティングされなかったことは悔やまれますが、たまには   こういう、異常にわかりやすい「単純系ドラマ」も楽しいかな、と。 -------------------------------------------------------------------- ●10位『彼女が死んじゃった。』(土9日テ)……▼▼-2 わ:▼/初回なぜか視聴率がよかったのに急に下がって本当に「死んじゃった」に なってしまいました。長瀬の演技力はよかったと思うけどなぁ。でもストーリー に無理ありすぎ。 -------------------------------------------------------------------- ●11位『プライド』(月9CX)……………………▼▼▼-3 A:▼/ドラマ的に上出来だったんだろうと思うが、こういう駆け引きメインの恋   愛モノって生理的に受け付けないのだ。「メイビー」にもいい加減ウンザリし   ていたが、ラストにキムタクの口から出た「マスト・ビー」にはおったまげた。   もう頭にきたっ(笑)。で、▼に転落。 P:±0/マ、マスト・ビー…。「メイビー」よりも確かなわけですか(笑)。私に   はこのドラマを見ていて発覚した事実があります。知人曰く、どうやら私はキ   ムタクドラマ拒否性らしい。え?みなさん既におわかりでした?ま、度を越え   た気の強さに弱いだけです(ってフォローにもなってなかったりして…)。反   対に望むべくは気の強い役の竹内結子かな。   お:▼/最終回、恥ずかしかったです〜。もう、本当に、苦々笑いって感じ。市川   染吾郎も恥ずかしい現代に本当にいるのかい?的なキザさ爆発。もちろんキム   タクもですが…。最終回の交差点のシーンを偶然撮影している所に遭遇したん   ですが、あんなに交通規制かけて撮影して、一瞬しか映らない&あんな町中(表   参道)でやらなくてもいいんじゃない!?って感じの編集のされ方で…。ドラマ   撮影って大変だ…。あら、ドラマの感想になってないですね。 H:±0/でも、数字が良かったのはなんでだろね。ハズカシ物見たさかいな?   私は、なんてったって竹内結子マニアですからチェックし続けましたけどね! ゴ:▼/いやあ、数字が良かったのは、他(裏枠)に、積極的に見たい番組がないか   ら惰性で見てたっていうことだったりして??スポ根としてもラブドラとして   も中途半端な内容で、「氷の女神」もだから何?って感じで、最後までピンと   来ない作品だった。 わ:±0/結局キムタクのプロモに3ヶ月お付き合いした感じでした。カッコいい けどここまで続くと…。見てて恥ずかしくなってました。更にクイーンのあの 曲を聴いても恥ずかしさが…。ところであのアイスホッケー事件の顛末はどう なったん? -------------------------------------------------------------------- ●12位『サラリーマン金太郎4』(木9TBS)……▼▼▼▼▼▼-6 ゴ:▼▼/成長するどころか、ますます先祖返りして(笑)、血の気ばかりが多くなっ   てる金太郎とその仲間たち。シリーズ追うごとに魅力減少傾向に。。 A:▼/やっぱりワタシには到底無理なドラマだったわ。先々、コレってまだまだ   続くの? -------------------------------------------------------------------- ●13位『奥様は魔女』(金10TBS)…………………▼▼▼▼▼▼▼-7  A:▼▼/ワタシの大好きなオリジナル版には遠く及ばず!でございます。魔女マ   マ・夏木マリとかイイ味出してるなあってとこもあったんだけどね。 -------------------------------------------------------------------- ●14位『それは、突然、嵐のように』(水10TBS)▼▼▼▼▼▼▼▼▼-9 A:▼▼/江角マキコにゃ年下によろめく主婦は不向きかと。そういう女性らしい   たおやかさが今ひとつ感じられないんだな〜。関係ないけど、国保関連の彼女   の会見を見て、自分の保険が心配になっちゃった人多いんじゃない?ワタシも   急ぎ調べてホッとしました。 お:▼/確かに、何もかもがミスキャストな感じと違和感満載な感じがたまりませ   んでした。 ゴ:▼▼/年齢にかかわらず登場人物の精神構造が全体に幼すぎる感じて、退屈し   まくり。ただ、ドラマにドキドキスパイスを与えてくれた“裏切りのユリコさ   ん”登場シーンだけは、やけにワクワクしてしまいました(笑)。 わ:▼▼/江角自身が「嵐のように」批判に晒されてましたね。彼女のドラマ出演   もしばらくなくなりそうな予感。ドラマの設定が現実から飛びすぎていたので   受け入れられなかったんでしょうなぁ〜。   私自身可もなく不可もなくなドラマ(ポイント±0)が最近異常に増えてしまっ   たのが残念。ツッコミがいのあるドラマでもいいので飲み会を断って、ビデオ   を撮りだめして見れるドラマが希望ですわ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆◆◆◆◆◆……………… トレンド・ギャップ! …………………◆◆◆◆◆◆               〜ドラ番出張所!〜  本店『トレンド・キャッチ!』ではお馴染み!  巻末 “トレギャ”コーナーの「ドラマ番付」バージョン!     国内外にいるトレキャ!スタッフ向けに配信している     「読者&スタッフ通信」という“社内報”(笑)があるんです。     読者メールやスタッフたちの日々の雑談などを編集したものなのですが、     ネタのヒントになったり、交流が深まったりと、内輪でも大好評!     そこで、一部を抜粋して、こちらでもご紹介いたします。     文字通り「読者&スタッフ通信」コーナーとして楽しんで下さいね。                   ◆◇◆  ・Reiko)前回の中盤番付で私が一番ウケたのは、『ほん怖』でのGochy!さんの     “そこまでわかるなら生霊の住所までわかるだろう。なんとかしてやれ”      です。コレ、ウケ狙いではなく、本当にこう思ってらっしゃるんじゃない      かと思うんですが、そこがまた、お人柄を感じさせて、よろしいかと。  ・Gochy!)いや、いや、そんな上等なもんじゃなくて(笑)、      細木数子の特番もだが、この手はツッコまずにはおられないのです。      ヒトの人生に「ダメ出し」連発する数子!(←面白いんだけどさ・笑)      誰か数子にダメ出ししてやれ(笑)。  ・あまり)(前回の中盤番付で関連コメントありましたが)『プライド』効果で、       アイホ人気は上がっているそうですよ。       雑誌で読んだんだと思うんですが、昨年までに比べて試合時の入場者数       が既に1.3倍くらいになってるとか。       得をしたのは“クイーン”だけではなかったらしいです(笑)  ・Gochy!)トレキャ!W版でもアイホねたレポしましたが       長野五輪ですら生中継してもらえなかったマイナー競技のアイホ、       ドラマに便乗してファンに俳優と同じユニホームを着せて記念撮影させ       たり入場料1500円を女性は500円にしたりと必死みたいです(笑)。       「クイーン」ブームはドラマ効果だけじゃなくて、70年代の黄金期に       洋楽ロックを聞いた30代後半〜50代の情熱と、日本人の琴線に触れるメ       ロディラインも一因なんだとか。