トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
  ◇『連ドラを斬る!--春ドラ(終了後)番付---』

             ■『終了後番付!』■                  (18点満点)         ―――――――――――――――――――――――――――――――――      ↓ 中盤番付からのランキング変動にもご注目ください。      http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html    ―――――――――――――――――――――――――――――――――     ・( )内数字は、中盤番付の順位&ポイントを示しています。     ・「※」印は前期からの続投作です。     ・番外タイトルは、スタート時期や連載期間が変則的で、      1クール3回の当番付に対応してない作品及びBS、昼ドラ。     ・順位は相対評価のため、作品評価ポイントは上がっているのに      ランキング自体が下がること(またはその逆)もあります。 1(1)位『離婚弁護士』(木10CX)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10(12)↓ 2(2)位『光とともに…』(水10日テ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9(8)↑ 3(番外)『冬のソナタ』(土11NHK総合)……………☆☆☆☆☆☆☆7(7)→ 4(4)位『アットホーム・ダッド』(火10CX)……☆☆☆☆☆☆6(6)→ 5(2)位『オレンジデイズ』(日9TBS)……………☆☆☆☆☆5(8)↓ 5(2)位『仔犬のワルツ』(土9日テ)………………☆☆☆☆☆5(8)↓ 6(番外)『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)………☆☆☆3(4)↓ 7(5)位『電池が切れるまで』(木9テ朝)………☆☆2(5)↓ 7(番外)『新選組!』(日8NHK総合)………………☆☆2(1)↑ 8(8)位『霊感バスガイド事件簿』(金11:15テ朝)☆☆▼1(0)↑ 8(7)位『御宿かわせみ〜第二章』(金9NHK総合)☆1(1)→ 8(番外)『農家のヨメになりたい』(月9NHK)……☆1(0)↑                              ↑IN! ---------------------<運命のボーダーライン!?>---------------------                              ↓OUT! 9(8)位『新・科捜研の女』(木8テ朝)…………0(0)→ 9(番外)『オールイン 運命の愛』(木10NHKBS2)0(0)→ 9(8)位『銭形平次』(月7テ朝)…………………0(0)→ 9(番外)『水戸黄門』(月8TBS)……………………0(0)→ 9(番外)『もっと恋セヨ乙女』(月-木11NHK)……0(0)→ 9(8)位『はみだし刑事情熱系』(水9テ朝)……0(0)→ 10(番外)『天花』(月〜土8:15NHK)…………………▼-1(0)↓ 10(8)位『新しい風』(木10TBS)……………………▼-1(0)↓ 11(8)位『ホームドラマ!』(金10TBS)……………▼▼▼☆-2(0)↓ 12(8)位『愛し君へ』(月9CX)……………………▼▼▼▼▼-5(0)↓ 12(9)位『ワンダフルライフ』(火9CX)…………▼▼▼▼▼-5(-4)↓  ※尚、ここにエントリーされていないドラマがあったとしたら、それは   いい意味でも悪い意味でも全スタッフの興味の対象外だったということで。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Let’s talk! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ゴ=Gochy! A=ABBY P=pooh76 お=おっと マ=マリ         ラ=業界人の読者ゲスト「ラムさん」      (プロットライター兼シナリオライターとして活躍中!) ゴ:中盤時にトップに躍り出た『離婚弁護士』が最後まで首位をキープ。2位の   『光とともに…』は、期待度から終了時まで順調にポイントをUPできた唯一   の作品。逆に回を追うごと転落の一途となったのが『愛し君へ』『ワンダフ   ルライフ』『ホームドラマ』。大穴『仔犬のワルツ』は最後までそこそこ健   闘した模様。さて、それではさっそく、個々の作品評へ行ってみようか。 -------------------------------------------------------------------- ●1位『離婚弁護士』(木10CX)…………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10 マ:☆☆/笑いあり、問題意識あり。満足感も後味の良さもピカイチ!高キャリア   女性を持ち上げすぎず、落としすぎず、次はどうなるんだろう?って楽しませ   てくれました。もっとバリバリ離婚問題ばっかりやるのかと思っていたんです   が、ここもバランスが良かったように思います。 ラ:☆☆/なんだか、どんよりしたこのご時世に、とことん闘う女ここにあり!   ってな弁護士に勇気付けられ、明日への活力を貰えるドラマでござんした。最   後まで、何があっても投げ出さない。そんな、女気に背中を押され日々過ごし   ておりやんした。 ゴ:☆☆☆/べらんめえ調で「あん?セクハラで泣いてる女一人救うことできない   で、ど〜のツラ下げて弁護士なんて言ってんのお!?」←シ、シビレタ〜(笑) P:☆/天海さんの男気、いや、気風の良さが見ていて爽快やったなぁ。女が同性   として憧れるタイプのキャリアウーマンですね。毎回ひとつの事件を小気味良   く解決していくのもテンポが良く感じられたな。 お:☆/最後まで、心意気のいいストーリーですっきりしました。かなり3の線の   天海さんの魅力に好感触!!こんな弁護士さんいたら、本当に人気殺到ですよ   ね! A:☆/天海祐希の男前な魅力が満載で、非常に◎なドラマでした♪長身同志、並   ぶと見映えする蔵之助とは夏ドラでも共演だね。コレを機に、しばらく姉さん   はドラマで引っ張りダコになるだろ。新ドラも期待してまっせ! -------------------------------------------------------------------- ●2位『光とともに…』(水10日テ)……………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9 P:☆/ドラマ自体ちゃかすところなく、見る側としても背筋をしゃんとして見ら   れたドラマ。自分にはとんと無頓着で中性的魅力のあった里緒先生、ドラマの   キーパーソンでしたね。全体的に合格点なんですけど、ただ、最後の最後(片   桐はいりが先生として赴任してきたところ)はオチだったのか悩んじゃう(笑) A:☆☆/里緒先生(小林)は光君と共に親(篠原)育てもしてくれたんだと。だ   から理想の先生がいなくなって、まるでワカランチンの新任(片桐)が来ても、   この先ヤマありタニありでも、あの親子はもうなんとかやっていけるって、そ   れを暗示するオチだったとワタシは思うのであります。あ〜っ、よく泣いた! お:☆☆/私も良く泣きました!そして、結構考えました。しかし、そういうオチ   だったのですね。最終回、野球で撮影時間繰り下がったために、ビデオ取り損   ねたのです。この時期の宿命ですな・・・。でも、良い終わり方みたいで良か   った良かった。 マ:☆☆/オチのつけどころがすごく良かった。単なるハッピーエンドではなく光   くんもママもパパも、里緒先生も、同僚の先生も、お友達も、みーんな成長し   ましたもんね。里緒先生の、熱いけどサバサバしているところは理想だなぁ。   あと、武田真治が結構、いい味出していて好きでした。個人的には校長先生が   一番好きだったので、それだけがショック…。 ラ:☆/実際問題としては、もっとシビアなんだろうなと思いながら、最終回を迎   え、新しい先生の片桐はいりが、私たちではないか?と考えさせられた。ドラ   マや話題になっているうちは、そこに目が行くんだけど、時が過ぎると忘れて   しまう……だからこそ、こういうドラマは続けて行くべきだなって思いました。 ゴ:☆/単なるメデタシ終わりではなく、いろんなことを考えさせたオチではある   が、続編SPへの布石という感じがアリアリな気も…。。 -------------------------------------------------------------------- ●3(番外)『冬のソナタ』(土11NHK総合)……………☆☆☆☆☆☆☆7 P:☆☆/とうとうペ・ヨンジュン(自分、ヨン様という呼び名はあまり好きじゃ   ないので)日本のCM界にも出てきましたね。ドラマの方は終盤に向けて加速し   てます。ミニョンの母親カン・ミヒさんのオーバーリアクションぶりにも注目   してくださいね。 A:☆/「オフコォ〜ス!」ってヤツね。あたしゃ、ドラマが折り返しまできてよ   うやく視聴開始。ただの食わず嫌いだったみたい(笑)。ミニョンさんはチュ   っ、お〜っといけない(汗)。スゴイ展開じゃないの。もう最後まで観届けるし   かないわね(笑)。 お:☆/私もびっくりましたよ。オフコースには(笑)しかし、他のドラマ批評な   んかには、この「冬ソナフィーバー」にかけた批評が出回ってますね。純愛ブ   ーム到来だの、日本ドラマに飽き足りた人の反乱だとか・・・。 マ:±0/最近では「ユジンは許せない」っていう『アンチ冬ソナ』がよく聞かれ   るようになりましたね。「許せない」って、そういうストーリーなんだから   許してやれってば(笑)。 ラ:±0/どうも、ぺは苦手だな……。 ゴ:☆☆☆/「加トちゃん、ペ! ヨンジュン」←このダジャレ、「ダジャレ ヌー   ヴォー」の石黒謙吾さんに、ほめられたアルよ〜(笑)。   詳しくは明日配信のメルマガ『トレンド・キャッチ!』を読んでね! -------------------------------------------------------------------- ●4位『アットホーム・ダッド』(火10CX)……☆☆☆☆☆☆6 P:☆/阿部氏の主夫ぶりが板についてきたところで終わりとなるのは惜しい…。   そう思っていたら、秋に特番があるみたいじゃないですか(嬉)。今クールの中   で唯一、最終回後が気になるドラマでした。 マ:☆/当初のコミカルな面白さは中盤から薄れましたが、ほんのりジーンとした   り、ほんのりあったかい気持ちになれたり、よかったんじゃないでしょうか。   阿部氏の子供聞き分け良すぎだろ、というのと川島なお美の素顔が気になる…   というのはともかく、特番が楽しみ。ところで私の彼、これを見て「主夫にな   りたいんだけど…」って言ってきたんですがこれはえーと、将来がどうのこう   のっていうアノ申し出ッ!?影響力あるドラマだったようです(笑) A:☆/旦那に主夫をやらせて、外で思いきり働きたいとは思う。けど、うちの中   しっちゃかめっちゃかになるなら今のままでいいわ。コレ観てて、そう思った。 ラ:±0/男だろうが、女だろうが、やれる方が、家事でも働くでもやりゃいいじゃ   ん!居心地良けりゃ、いいじゃん!と、なんだか、醒めてしまい、途中で捨て、   最終回も見逃してしまいましたが、見逃してもいいや。って思っちゃいまし   たー。 -------------------------------------------------------------------- ●5位『オレンジデイズ』(日9TBS)……………☆☆☆☆☆5 お:☆☆/純粋に甘酸っぱい青春ラブストーリーにかなり入り込んじゃいました。   ミスチルの主題歌も、かなり良かったです。ただ、途中離れてドイツへ行って   しまうあたりの描き方には、少々不安が残りましたが。もう少し、二人の心の   動きを丁寧に描いてほしかったかも。 マ:±0/主題歌はよかったし、ラストもまあまあだと思うんですが無星。予定調   和が多すぎたところと「心を開ききれない沙絵」のエピソードがしつこすぎて   飽きちゃいました。見えない部分で語って、その分ほかのエピソードを加えて、   ストーリーに厚みを出したらもっとハマれたかも。といいつつ結局全部見たの   で、魅力はあったんだろうな。ちょっとは青春を追体験できたし…でも白石美   帆は最後まで大学生に見えなかった。あとオープニングでいつも酔った。 P:☆/ドラマの終盤でくるりの『バラの花』が流れたとき、北川さんは『ジョゼ   と虎と魚たち』を頭に脚本を書いているなぁと思いましたね。両作品を比べざ   るを得ない設定というのもあるのですが…。ぇ?私ですか?ジョゼのほうが好   きですね、個人的には。こちらは最後がハッピーエンドだったので、それに☆   贈呈。 A:☆/そうね、『ジョゼ〜』とは比べようもない(笑)。途中、どこかで観たよ   うな設定や展開にチョイうんざりしちゃったのよん。が、ラストの「櫂、行っ   てらっしゃい」って沙絵の声にジーン。妻夫木君同様ウルウルしちゃったから、   思い直して☆ひとつ献上。 ラ:☆/そうそう、『ジョゼ〜』似っていうのは、他のメディアでも取り上げられ   てたね。でも、やっぱ、な〜んだか『愛しているといってくれ』から抜けきれ   ない感の方が強うござんした。ただ、手話の字幕がいい感じだったのと、なん   だかな〜と思いながらも、観てしまったので、☆ひとつあげちゃいました。関   係ないけど、オレンジレンジといい、柴咲コウといい、柳楽君、市原隼人等々、   今、事務所の時代は「スターダスト」に吹いているなぁ…と感じる今日この頃。 ●5位『仔犬のワルツ』(土9日テ)………………☆☆☆☆☆5 マ:☆☆/「先が読めない度」も「ありえない度」も、今クールぶっちぎり1位。   虚構と現実の狭間で、毎週お腹いっぱいになりましたヨ。キャストの選択も秀   逸で、どの人もいい演技してました。ここ最近、ドラマで熱いのは旬の人より   もリバイバルな人が熱いです!(このドラマでは特に岡本健一とルミ子がよかっ   たです)。非現実的なんだけど、現実(世間、欲、他人など)とのバランスを   ギリギリで保っているところが野島ワールドの魅力の1つでもあると思ってい   のに、あまりにも!なオカルトは「なんてうそ臭い話なんだー!」って(笑) ラ:☆/なんだ、かんだ言いながら、あの大映ノリについつい、引き込まれちまい   ましたが、本家大映ドラマには及ばなかったのが、ちと残念。最後に教会に火   を放ったのは、いったい誰?西島君?と、疑問がいくつも残ってしまいました。   そんな事、どうでもいいや!って思えるところまで行かなかったなぁ。  -------------------------------------------------------------------- ●6(番外)『渡る世間は鬼ばかり』(木9TBS)………☆☆☆3 A:☆/五月の娘・愛の友達以上恋人未満のジョウダイ君。五月と喋る時なぜ震え   てるんだ?口元ワナワナしてて、気になる。しっかりせぇ〜! ゴ:☆/五月(泉ピン子)の46回目の誕生日。それは、史上最悪のバースデーの幕開   け…って、五月って46才の設定なの?? いやあ、やっぱり人って、苦労する   とふけるんですね〜。 ラ:±0/橋田さんと、泉ピン子が似てるように見えるのは私だけか?泉ピン子が   出ているだけで、どんなドラマも観たくなくなる私と同じくらい、ピン子ファン   がいるんだろうな……生理的に受け付けない女優だ。 -------------------------------------------------------------------- ●7位『電池が切れるまで』(木9テ朝)………☆☆2 A:☆/オンエア中は泣きのツボを押さえられっぱなし。観た後へこんじゃうから   疲れてる日はV録したり、裏のとんねるず観たり・・・。健康体であることを   当然のように思ってる日常、そうじゃない子ども達のことを目をそらさずに観   続けるのはとってもつらかったけれど、息子と一緒に色々話し合いながら視聴   できる◎なドラマでした。 ●7(番外)『新選組!』(日8NHK総合)………………☆☆2 お:☆/どんどん、男らしく大人らしくなっていく出演者達。顔つきが変わってき   ましたよ。今後新撰組の代名詞「池田屋事件」など放映される模様。結構楽し   み。 ゴ:☆/そうなの!いよいよ「池田屋事件」のくだりにさしかかるので、超久々   (っていうか初回以来?)見てみたら、いやあビックリ! 皆、明らかに変化   している!成長している!それぞれの演技もいい感じだよ、いい感じ!もうク   ライマックスが俄然楽しみになってきました〜。 --------------------------------------------------------------------   ●8位『霊感バスガイド事件簿』(金11:15テ朝)☆☆▼1 A:☆/「感じちゃった♪」とのたまう菊川怜に鳥肌が立った方も多かろうと思う。   が、中盤でも書いたけど、なんか妙なモノが映っちゃったり、オカルトっぽく   てそれなりに面白かったよなあとワタシは思うので〜す。 マ:☆/1話1話、何も考えずに楽しめるドラマだと思いました。今週はメイン、   今週はライス…と、仰々しいコース料理のような薄い続き物と比べると、   これは「レバニラ炒め定食 味噌汁・サラダつき!」ってな感じで楽しめまし   た。週後半はこういうのがいいわね、疲れてるから…。 ラ:±0/菊川怜、女優は辞めたほうがいいでしょう、やっぱり。 ●8位『御宿かわせみ〜第二章』(金9NHK総合)☆1 A:☆/昔の真野響子と比べても、高島“るい”はかなりヨイね。すっかり板につ   いてきた感じ、橋之介との息もピッタリ。図書館で予約してやっと順番がきた   『十三歳の仲人』、面白かったっス。 ●8(番外)『農家のヨメになりたい』(月9NHK)……☆1 A:☆/映画『下妻物語』を観て以来、深キョンが気になってならないワタシです。   何かの番組で人気の占い師に、今後の人生で一番気になっていることを占って   あげるからと言われた深キョン、「この先もおばけは見ないですみますか?」   って、アホか(笑)。でもカワイイ!実際、深キョンに農家の嫁は絶対つとま   らんと思ったが、畑で頑張ってたね。 マ:±0/私も『下妻物語』を観て、プチ深キョンブームが来ています(笑)   なんてったって自称「マリー・アントワネットの生まれ変わり」ですから。   でも『下妻』にしろ『農家』にしろ、確実に好感度上げてると思う。これから   もお姫様の動向には注目です。 -------------------------------------------------------------------- ●9(番外)『オールイン 運命の愛』(木10NHKBS2)0 P:±0/イ・ビョンホンの吹替え(高橋和也)にもの申す。これは『美しき日々』   のときから思っていたのですが、彼の声・イメージとあまり合わない気がする   んですよね…(あくまで個人的に)。韓国つながりの話題をひとつ。映画『ブ   ラザーフッド』観てきましたが、おすぎさんも言っているようにラストのたた   みかけがすごかったです、はい。 A:±0/このドラマはまだ観てないけど、『ブラザー〜』は、ワタシも苦手を克   服しに劇場へ。戦闘シーンにはクラクラ〜、でもヨカッタ。終盤、常軌を逸し   たチャンの目が白目になっててドン引いたけど、泣けた。オススメよん! -------------------------------------------------------------------- ●10(番外)『天花』(月〜土8:15NHK)…………………▼-1 P:▼/あちこちでちらほらと耳にする、天花の演技はどうなんだ?議論。修行僧   役の平山さんが頭を丸めたのはすごいな、と。ぁ、話題それてますがどうぞお   気になさらず。 -------------------------------------------------------------------- ●11位『ホームドラマ!』(金10TBS)……………▼▼▼☆-2 マ:▼/遺された家族の厳しい現実のようなエピソードも描かれていたけど、全体   を観終わった後の感想は、ただただ違和感。キレイなおハナシでした…てな感   じです。家族や死に関する物語って、描くのは想像を絶する大変さだと思いま   す。でも「最近死ぬ話多いよねー」で済まされない描写をしてほしい。脚本の   岡田さん、『若者のすべて』を観た世代として、次に期待してます! ラ:☆/なんだか、色々迷いながらライターは書いて、結局最後まで迷いっぱなし   で、書き終えたような印象があるんだけど、どうなんだろうか?テーマ的には   面白いと思ったんだけど、観ている方も迷いっぱなしになってしまった。あの、   最後に出てきた校舎、火事で全焼しちゃって残念…。 A:▼/冒頭の衝撃的なバス事故から一転、日本での遺族の共同生活には非常に違   和感を感じて。ヌルくて正視してられないって感じだったなあ。関係ないけど、   先日の堂本剛の『〜正直しんどい』観た人いる?深キョンと横浜七夕デート編。   アレ解説してた剛君の髪型、どうなってんの!?って風情だったよね(笑)。 -------------------------------------------------------------------- ●12位『愛し君へ』(月9CX)……………………▼▼▼▼▼-5 P:▼/印象に残ったのは森山直太郎の主題歌だけ。厳しく言ったら、そうなので   すが、あまり惹かれることのない月9でした。どうしてやろ? A:▼/キャストに今をときめく若手がズラーっ。なのに印象に残ってるのは熱い   オヤジ・泉谷だけ。なんか味がまるでない極薄スープに、タバスコかけてごま   かしながら飲んだ、そんな感じ(ウぅ〜)。 マ:▼▼/泉谷しげるには相当泣かされました!ほかはさっぱり。うすーいストー   リーに辟易。最近嫌悪感を抱いていた「本⇒映画⇒ドラマ」などメディアによる   “物語の消費”に、いっそう嫌気がさしました。あ、『セカチュー』は漫画も   出てるんですよね…こっちはどうでしょう。偏見なしに観るよう注意します。 ●12位『ワンダフルライフ』(火9CX)…………▼▼▼▼▼-5 A:±0/産休中の菜々子夫人は、ほとんどCMだけの露出なのに人気は不動どころ   かアップ!?だのに反町はパッとせんな。今度は時代劇なんかどうだろね? ラ:▼▼/反町はもう、パス。芝居下手だわ、オーラも無い。時代劇は下手がもっ   と目立つだよ〜ん。ズラかぶったら、もっと貧弱になるしね。 P:▼/焼肉。このひとことにつきますね、このドラマ。 マ:▼/ほんと肉々しいドラマでしたね〜。中途半端にコミカルなのがちょっと痛   かった。そして、反町は最後まで野球選手ではなく“反町”でした。時代劇で   すか。『スキャンダル』で別人のようになったヨン様くらい、別の顔を見せて   くれたら彼のこと、見直すかも(笑)。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ====================================================================   週刊有料サービス【Weeklyデータ版】<バックナンバー>号よりデータ抜粋 ====================================================================             <「視聴トレンド」プチ特集!>  ◆………………………………………………………………………………【その他】        テレビ関連トレンド☆フラッシュ!(その1:国内編)    ○『水曜どうでしょう』→地方局製作の人気番組、異例のキー局放送へ!  ○『F電』→フジテレビ、駅構内の電車型カフェで宣伝広告!  ○『番組で式場宣伝』→実際のカップル登場  ○『離婚モノ』→ドラマでは離婚ラッシュ!?その理由は?  ○『ニッチな習い事』→ドラマの影響もあって韓国語や手話も人気!  ○『湯気師』→CMやドラマで、食べ物や温泉などから出る湯気を作り出す職業!  ○『ザ クイズ ショウ』→クイズ番組の回答者気分が味わえるクイズゲーム!  ○『ベラベラアプリ』→人気番組の1コーナーがアプリに!  ○『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』→あの名作がRPGドラマに!  ○『T-t★rec(ティートレック)』→テレビ欄と携帯電話でDVD録画予約!  ○『W録(ダブロク)』→裏番組を同時に録画できるDVDレコーダー!  ○『TV情報双方向サービス』→TV番組情報をEメールで送信可能にするシステム  ○『DIMORA(ディモーラ)』→携帯やPCから番組検索・録画予約ができるサービス  ※上記記事の詳細はここ最近のトレキャ!Weekly版(有料)にて掲載済み。  ◆◆◆◆◆◆………………………海外テレビ情報………………………◆◆◆◆◆◆    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  特┃別┃コ┃ラ┃ム┃ ◇ 日曜の夜に観たい、ビタミン・ドラマ(前)  ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                TEXT by Reiko                 <アメリカ編>               『ギルモア・ガールズ』                  ◆◇◆◇◆  米国東部のれっきとしたギルモア家の一人娘で、頭も切れるし、気さくな美人な  のに、高校時代に妊娠・出産し、母親の夢を粉々に打ち砕いたローレライと、しっ  かり者の高校生に育った娘のローリーが主人公。友達みたいな母と子がコネティ  カットの小さな町のかなり変わった住民たちやローレライの両親に囲まれ、どう  成長していくか?という、お話。米国では、先頃4シーズン目が終了、9月には  新シーズンが始まる人気ドラマ。  これまでローレライ役のローレン・グラハムがゴールデン・グローブ賞にノミネー  トされたのを始め、作品自体も高い評価を得ているコメディですが、ある日本人  (おそらく男性)のサイトでは「当り障りのないホームドラマ。今まであまりな  かった母と子という女性同士の関係に目をつけたところが勝因か?フェミニズム  の視点から評価されているのだろう」という趣旨のコメント。  いや、本当にいろんな見方があるんですね〜。驚きました。私にとっては、これ  ほど「〜イズム」みたいなものと掛け離れた、いい意味での脱力系、にもかかわ  らず、ほのぼの、じんわり元気になれるドラマって、あまりなかったもんで。  でも、主人公の2人だけじゃなく、母子の関係がテーマなのは確か。例えば、ロー  レライと母親のエミリー、ローリーの親友で韓国系のレーンとその母親(この母  子役は日系女優が演じている)。母親の方は「娘に良かれ」と思って、干渉した  り制限する。その結果、娘は…。でも私は、家の中でもシャネルスーツにハイヒー  ル、考え方も超スノッブなエミリーさえもなぜか憎めない。「やっぱり親子はい  くつになっても、お互いに認め合えたら、いいよね〜」と思えてくる。(続く)  ♪後編はファッションチェック!&町おこしの担当者は必見の内容をお届け!  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━