トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

 連┃載┃コ┃ラ┃ム┃◇「イケメン図鑑」(1)<KAT-TUN・赤亀 編>
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             TEXT by ままぷり

   はじめまして。イケメン大好き!フリーライターのままぷりです。ここでは、ま  まぷりがビビッと惚れたイケメン達を紹介していきますね。    一口に「イケメン」と言っても、大別すると2つに分けることができると思いま  す。1つはジャニーズ系、もう一つはジュノン系。ジャニーズ系は皆さん、おわ  かりでしょうが、ジャニーズ事務所所属の若いアイドル達のこと。一方のジュノ  ン系というのは、雑誌『JUNON』が毎年開催している「ジュノン・スーパーボーイ  ・コンテスト」の出身者たち。後者の人達は、何故か最近、戦隊ヒーローものの  俳優になってからメジャーデビューする人が多いですね。ここでは、ジャニーズ  系もジュノン系も、まんべんなく紹介していきたいと思っておりますので、皆さ  んよろしくお願いします。                  ◆◇◆◇◆    第1回目は、今、テレビや雑誌でその顔を見ない日は殆どないんじゃないかしら。  「KAT-TUN」メンバーである、赤西仁君と、亀梨和也君。通称“赤亀”の二人。  まずは、2人が所属しているグループ「KAT-TUN」の説明から。「KAT-TUN」とは、  メンバーの苗字の頭文字をつなげた言葉であり、「カートゥーン(cartoon)」や  「勝つ運」という意味ともかけているそうです。2001年NHK『ポップジャム』の司  会を務める堂本光一君の専属バックユニットとして結成され、今年で結成4年目。  「セクシー」「癒される」と、ジャニーズでは珍しく大人の女性に人気。この人  気に火をつけたのが、赤亀の2人でした。  続いて2人の簡単なプロフィールをご紹介。  赤西仁君。1984年7月4日生まれ、蟹座のO型。東京都出身。ドラマデビューは、  『Xmasなんて大嫌い』(日本テレビ)。  亀梨和也君。1986年2月23日生まれ、魚座のB型。東京都出身。ドラマデビュー  は『3年B組金八先生 第5シリーズ』(毎日放送)。  2人の存在が世間に認知されたのは、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ)。私が当  時、この2人を見た感想は「ホストみたい」でした。前髪は長くて、うっとうし  そう。顔は面長で、色も白く、眉毛は細く整えられている。ジャニーズさんも随  分、趣味がかわったなあ、と思いましたよ。  でも、ままぷりがイケメン先取り情報として、いつもチェックしている、『仮面  ライダー剣』。このドラマの主人公を演じていた椿隆之君も、ホスト系の顔をし  ていたので、最近の子はみんなこんな感じなのかしらね、と思いましたが・・・。    ところが、この後、赤西君が一人で出演したドラマ『anego』(日本テレビ)で、  彼の顔は大人びた雰囲気の中にも、少年のかわいらしさがかいま見える可愛い顔  に激変化。同時に、このドラマで赤西君は凄くかっこいいと評判になり、人気も  急上昇。  その間、一人取り残された亀梨君。でも、彼だって負けてはいません。何たって、  あの金八先生に出ていたんだもの、演技力はばっちりよ。それを証明してくれた  のが、この間放送された『金田一少年の事件簿』(日本テレビ)。普段はおちゃら  けているけれど、事件解決時にはビシッと決める役をばっちし演じていましたね。  ちなみに、亀梨君が金八先生のドラマに出演していた時は、まだ黒髪のゲジゲジ  眉毛で目つきがものすごく悪かったそうです(この時も不良役だったそう)。そし  て、秋ドラマ『野ブタ。をプロデュース』に主演。このドラマでは、久し振りに  制服姿を披露。でも、年齢的にも制服を着るのは、これが最後かもしれませんね。                    ▽    ☆当コラムについて、ライターの追記をブログにUP。  └→ http://inandout.cocolog-nifty.com/trend/2005/10/kattun__388b.html
   ●【当コーナーで掲載した最近のコラム】    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html     ・『CMスキップにどう対処するか?』            <アジア編>   ・『性同一性障害のモスリム少年のドラマ「Sutun」』  <マレーシア編>   ・『Desperate Housewives』&『HiHi PUFFY AMIYUMI』     <米国編>   ・『ごめんね、愛してる』&『新・若草物語』         <韓国編>   ・『日本軍政下の新嘉坡とマラヤを描いた大河「和平的代償」』 <亜 編>   ・『ゴージャスなネイチャー系 「クロコダイル・ハンター」』 <豪州編>   ・『日曜の夜に観たいビタミンドラマ 「ギルモア・ガールズ」』<米国編>   ・『「リアリティ」&「メイクオーバー」』(05/27)      <米国編>   ・『武侠小説の古典を壮大なスケールで描いた話題作』(01/06) <中国編>   ・『韓国ドラマ「守護天使」』(10/14)            <韓国編>   ・『アフリカで3000万人が夢中のリアリティショー』(10/5) <アフリカ編>