トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
                                                                             

 
 連┃載┃コ┃ラ┃ム┃◇「イケメン図鑑」(3)<ライダー 編>
 ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             TEXT by ままぷり

                   ◆  これまでずっと、ジャニーズ系を紹介してきたので、今回は、戦隊系を紹介した  いと思います。それもまだ誰も目をつけていない、とびっきりの新人さんです。    戦隊系・仮面ライダー出身の俳優さん達が、一部では「戦士俳優」と呼ばれてい  るのをご存知でしたか?世の中に「イケメン」という言葉を流行らせたのも、そ  んな「戦士俳優」さんたちにキャーキャー言っているおばさん達の存在がきっか  けでした。『仮面ライダークウガ』に出演していたオダギリジョーさんや『仮面  ライダーアギト』に出演していた賀集クン、要潤クン達。今、ドラマで大活躍し  ている人たちばかりですよね。  というわけで、次世代イケメン君を青田買いしたかったら、やっぱり、戦隊系、  仮面ライダー番組に注目しなくちゃいけません。    1月29日から放送が始まった『仮面ライダーカブト』に出演しているのは水嶋ヒ  ロくんと佐藤祐基クン。2人とも、1984年生まれの弱冠22歳。  ここで、注目すべきは2人のプロフィール。水嶋ヒロくんのドラマデビューは、  あの人気番組『ごくせん』(パート2の方です)。奇しくも佐藤祐基くんも同じ  ドラマ『ごくせん』デビュー組です。    『ごくせん』というのは、不思議な番組で、最初の『ごくせん』(パート1)3-D  組生徒役からも、たくさんの戦士俳優達が生まれました。  森本亮治(『仮面ライダー剣』)、載寧龍二(『特捜戦隊デカレンジャー』)、  冨田翔(『爆竜戦隊アバレンジャー』)、泉政行(『仮面ライダー555』)…、  ざっと書きあげてみても、これだけの人数。また、4話のみの出演でしたが、  半田健人クンも実は『ごくせん』デビュー組です。    パート2に出演していた中でも、すでに活躍している子がいます。三浦涼介ク  ンは現在『セイザーX』(←最近、テレビ東京が新しく作ったヒーロー番組)に  出演中。中村優一くんは、『仮面ライダー響鬼』に出演していました。  というわけで、『ごくせん』って、実は明日の戦士俳優の宝庫だったんですね。     さて、『仮面ライダーカブト』で「天道総司」役を演じている水嶋ヒロくん。  彼の役は、役名どおり「世界は自分を中心に回っている」と思っている嫌な奴。  そんな役柄のせいでしょうか、どことなく雰囲気が『花より男子』で道明寺司  役を演じた時の松本潤クンに似ています。『仮面ライダーカブト』では、毎回、  作務衣を着て、料理をする姿を披露しているのですが、地味な作務衣を着ても、  この人はかっこいい!! モデル並みの容姿と、力強い目の輝きが印象的です。  彼はきっと、ブレイクすると思いますよ。    佐藤祐基クンは、ある組織の見習い隊員「加賀美新」役。彼は『1リットルの涙』  で麻生君のお兄さん役を演じていました。なんといっても、彼は背が高い!!身  長が178センチあるんですよ。下からのショットだと、背の高さが目立ちます。  でも、背は高いけれど、顔はお坊ちゃま系なんですよね。そんな顔と身体のギャ  ップが、今の彼の持ち味。    2人とも、ドラマ経験があるので、演技力はばっちり。カメラ慣れもしている  し、あとは知名度だけです。『仮面ライダーカブト』に出演することで、ぐー  んと認知度が上がってくれるといいですけどね。  でも、『仮面ライダー』に出た後、昼ドラマ出演というコースだけは、たどっ  て欲しくないです。
   ●【当コーナーで掲載した最近のコラム】    └→ http://homepage2.nifty.com/dorama/dorama.html   ・『「錦戸亮」編』                <イケメン図鑑(2)>   ・『「KAT-TUN・赤亀」編』             <イケメン図鑑(1)>   ・『比ドラマ史上初!投票でラストを決定!』   <海外テレビ事情(14)>   ・『韓国ドラマ史に残る骨太超大作「許浚」』   <海外テレビ事情(13)>   ・『CMスキップにどう対処するか?』       <海外テレビ事情(12)>     ほか、     過去の全バックナンバーも上記サイトでお読みいただけます。