トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口

『トレキャ!ドラマ番付』新ドラを斬る!--春ドラ序盤〜中盤番付---


 
前クールまでのバックナンバーはこちら!NBCラジオ「キラッとモーニング」の
 火曜「トレンド・キャッチ!」コーナー(5/8放送分)にて
 春ドラのトレンドと見所について解説しました!
 (こちらののポッドキャストコーナーからも視聴できます)


           <ランキング一覧>

●(1)位『鍵のかかった部屋』(月9CX)………………9P
●(2)位『リーガル・ハイ』(火9CX)……………………8P
●(3)位『Wの悲劇』(木9EX)…………………………6P 
●(3)位『カエルの王女さま』(木10CX)………………6P
●(4)位『もう一度君に、プロボーズ』(金10TBS)……5P
●(4)位『コドモ警察』(火24:55TBS)…………………5P
●(4)位『三毛猫ホームズの推理』(土9NTV)…………5P
●(5)位『37歳で医者になった僕〜略』(火10CX)……4P
●(5)位『平清盛』(日8NHK)……………………………4P
●(5)位『ATARU』(日9TBS)…………………………4P
●(6)位『ハンチョウ〜警視庁安積班』(月8TBS)……3P
●(6)位『クレオパトラな女たち』(水10NTV)…………3P
●(6)位『略〜代行女優業・マキ』(木23:58NTV)……3P
●(6)位『都市伝説の女』(金11EX)…………………3P
●(7)位『パパドル!』(木9TBS)……………………2P
●(7)位『D×Town』(金25時23分TX)………………2P
●(8)位『クローバー』(金24:12CX)…………………1P
●(8)位『家族のうた』(日9CX)……………………1P
●(8)位『クロヒョウ2〜略〜』(日24:50TBS)………1P
●(8)位『梅ちゃん先生』(月〜金朝NHK)……………1P

                      ↑IN!
─────────<微妙ライン!?>────────
                      ↓OUT!

●(9)位『スープカレー』(月26:04TBS)………………±0P
●(9)位『Answer〜警視庁検証捜査官』(水9EX)……0P
●(9)位『新・おみやさん』(木8EX)……………………0P
●(9)位『私立バカレア高校』(土24:50NTV)…………0P
●(9)位『ミューズの鏡』(土24:50〜NTV)……………0P
●(9)位『七人の敵がいる!〜略〜』(月金昼1:30CX)0P 
●(10)位『恋するメゾン。〜略〜』(金24:53CX)………-1P
●(10)位『未来日記-ANOTHR:WORLD-』(土11:10CX)-1P
●(10)位『放課後はミステリーとともに』(月24:20TBS)-1P
 
              ◇

     〜春ドラ序盤〜中盤番付トーク〜
 
   ゴ=Gochy! A=ABBY お=おっと ま=ままぷり 
      ラ=業界人の読者ゲスト「ラムさん」
  (プロットライター兼シナリオライターとして活躍中!)


ゴ:春の連ドラも、多くの作品が中盤に差しかかってきたわけだけど、
  現時点では、番付スタッフのコメントは、やや辛口だね。
  複数のスタッフから“そこそこ”という表現が出てきたけど、
  まさにそれが、今クールのキーワードって感じ?
   
A:今春のドラマは前クールが濃ゆかったせいか!?全体的に印象が
  薄いんです。
  2〜3話見た感じでは、次回が待ち遠しいほどのドラマが1つも
  ないんです。ヤバイね。
  
ラ:今クールのコメ、難しい〜!だって、みんなそこそこなんだもん。
  そこそこ面白いけど、そこそこつまらないという微妙な“そこそこ
  ドラマ”(笑)がこれだけ固まるのも、珍しいよね。
   
ま:この春ドラマは、残念なことに、これ!!と言えるドラマがない!
  久しぶりのジャニーズ一色なのですが、どれも、そこそこ面白いん
  だけど〜、な〜んか物足りない〜という感じ。
    
ラ:しかも、謎解き推理もののオンパレード。そして、リメイクもの三昧
  (苦笑)。各局、企画に悩んだ時の謎解きもの頼りなのか?
  
  その謎解きものなんだけど、ほぼ、警察の捜査の怠慢以外の何物
  でもなく、普通に捜査すればいいだけの事件だったりするから、アッ
  と驚く新事実の暴露や、発見、大どんでん返しもない普通の事件も
  のにしかなってない。
  そんな謎解き推理ものなんて見たいと思う? 思わないよね〜。
  でも、推理ものって好きだから、ついつい、見てはガッカリしちゃ
  うんだよね〜。あっ、それが手か?(笑)

ゴ:“謎解きバブル”ぎみの連ドラだけど、すでにバブルがハジケ始め
  ちゃってる感は否めない?現実社会では、不祥事続きで“警察”が
  アテにならない、そんな警察を凌駕する異能を持つ“素人探偵”の
  活躍で、リアルな社会現実から逃避行…ってことろにニーズがある
  のか?
  今季そんな“謎解き”モノと並行して花盛りなのが“ジャニーズ”!
  「嵐」押しの私にとっては、主演作品が2つもある!ただそれだけ
  で、この春は、至福のクールだったりするんですが…笑。
 
               ◇

お:今回は、ジャニーズ大活躍ですね。
  中でも『鍵のかかった部屋』は、初回から、スピード感といい、
  なんというか、「おっ」と思いました。
  佐藤浩市も戸田恵梨香もいいんですけど、大野君!いい!(笑)。
  これから、大野君演じる榎本の過去も出てきそうだし、これは継続
  で見ようと!
 
ゴ:私の好きな作家の原作小説を大好きなタレントが主演ということで、
  私的に今クール見逃し厳禁!な作品です。
  原作にはない佐藤浩市キャラが、残りの2人の暴走行動に、お茶の
  間目線のツッコミをコミカルに入れることで、非常に見事なバランス
  になってます。
  今後、徐々に、主人公榎本の“もうひとつの顔”が浮かびあがって
  くるに従い、早口で無表情な榎本像に新たに見え隠れするであろう、
  複雑で繊細な心理描写を、芸達者な大野智がどう見せてくれるか、
  非常に楽しみなのであります。 
  そして、毎回、メガネ男子大野くんの顔のアップと手元のアップを
  奮発してくれてありがとう! あ〜眼福、眼福(笑)。
  
ラ:『鍵のかかった部屋』は、佐藤浩市はなんとか弁護士に見えるけど
  戸田恵梨香に至っては、どう見ても刑事にしか見えないんですけど
  〜(笑)。これって弁護士である必要性ってあった?『ガリレオ』と
  被っちゃうから?(笑)。
  あの精巧な部屋の模型は毎回凄いって感心しながら見てるよ〜。
  このドラマで一番謎なのが、大野君演じるところの榎本がイヤフォ
  ンで聴いてるのが何なのか?知りたい〜。
  内容はもう、榎本もサヴァンなのか?と思う展開になっているしね。
 
ま:私も大野君のファンなのですが、たま〜に台詞が聞きづらい時があ
  るんですよね〜。私の歳のせいかもしれないけど(笑)。
  
お:同じジャニーズ枠で『ATARU』は、
  視聴率がいいという事で、録画してみましたが…
  裏の『家族のうた』が、大ズッコケ中だから?ですか?
  そんなに面白いかーー?と思いながら見てみました。
  
ま:設定が異色で、中居クン、久しぶりの連ドラ出演ということで期待
  していた『ATARU』も、設定をのぞけば、あとは、普通の刑事ドラ
  マとたいして変わんない感じ。
 
A:『ATARU』は今のところ様子見かなあ。
  サヴァン症候群でコミュニケーション能力には欠けるが、記憶力や
  洞察力は人並みはずれているATARUが刑事たち(栗山千明、北村
  一輝)と難事件を解決していくってSTORYにあまり新鮮味が感じられず。
  ATARUに扮する中居君を見てるとスマスマのコントみたいだなあっ
  て(笑)。中居くん、バラエティづいているからワタシの中でイメージが
  シリアスなドラマとかけ離れちゃってるんだね。
 
ゴ:この作品はね、きっと、これからが本番で面白くなるんだろうとは
  思うものの、その立ち上がりの遅さがアダになった気もしますね。
  だいたい、チョコザイを保護した後の蛯名(栗山千明)の対応ぶりが
  人として刑事として不適切すぎで(本来すべき行動をしてない)、
  あー、このドラマ、こんな繊細な題材を扱いながらこんな中途半端
  なことで大丈夫なんだろうか…とテンションダウン。病院に連れて
  行くとか身元調査なんてことは、もっと早い段階で真剣にやるよな、
  ふつう。いくらファンタジーでも、そういうリアリティは必要かと。
  
ラ:『ATARU』は、期待を裏切られた。サヴァン症候群という個性をつけ
  ただけで、刑事たちの捜査がずさん過ぎ!
  マスタードとケチャップを飲んだり、どん兵衛の食べ残しをスープと
  称するのは気持ちが悪くなる。食へのこだわりは他の表現ができ
  たのでは?
  これって、アメリカドラマの国家機密がインストールされちゃった
  『チャック』に似てるんだよね(苦笑)。
  主役は栗山千明だよね。しかも、チョコザイより、田中哲司のキャ
  ラの方が面白くて(笑)。チョコザイの役はもっと若い方がよかった
  んじゃないかな〜。せめて、25〜28才くらいか。
  そうそう、初回テレビで『パパはニュースキャスター』の再放送を
  見てるってシーンは裏番組へのあてつけか?(笑)
  
お:そんな裏の『家族のうた』は、1話目見て、なんか、どっかで…見
  た事ある展開だなー。あーよくあるよねー。なんて思ってたら、
  『パパはニュースキャスター』の盗作疑惑が!?なるふぉどー。
  って感じでしたが、2話目を見る事なく、視聴率3%台に協力して
  しまいました。
   
ラ:リメイクものの『家族のうた』は最初にミソついちゃって、シナリオや
  設定の直しのバタバタ感が、ドラマの内容に現れちゃって残念な
  結果に…オダジョーのミュージシャン姿はカッコいいし、挿入歌も、
  エンデングソングもいい感じなのに、残念だね。なんで、最初から
  リメイクの許可を得なかったのか、不思議でならない。
  
A:関ジャニの錦戸亮が劇中でも人気アイドル錦戸亮を演じる
  『パパドル!』。
  これもどこかで見たことある設定だなと思ったら、中山美穂が本人
  役で出演した『ママはアイドル!』が原案なんだね。
  アイドルが一般人と結婚したら?メンバーやファンにバレたら即引
  退って状況の中で錦戸君はどう奮闘していくのか?
  今後も楽しみです。
 
ま:『パパドル!』って、初回見たけど、ジャニーズ宣伝の番組かって
  感じで、やたら、他の番組とコラボしているのが、気に入らない!!
  それに『ママはアイドル!』の時は、ゴクミと中山美穂のバトルが
  面白かったけど、今回は、錦戸亮と川島海荷、異性同士だしね〜。
  そこんとこ、どう見せていくんだろう?
  
ゴ:私も「ひみつの嵐ちゃん」とのコラボにはテンションあがりましたが、
  正直、他の番組とのコラボは、もういいわ!という感じで(苦笑)。
  あまりやりすぎると、TBSの番宣特番でも見せられている気分に
  なるんで。この間なんて、関ジャニのバラエティが主でドラマがつ
  けたしみたいな特番もありましたが、あそこまでやると、もうワケ
  わからなくなる…。
    
ラ:ジャニーズ事務所が総動員で協力してるとこや、アイドルならでは
  の悩みやら、アイドル引退した城島くんの串揚げ屋は妙にリアルで
  笑ったけど、一話目でこのドラマの全てが見えてしまった感があっ
  たんだよね。今時、AKB以外で恋愛禁止のアイドルにリアルを感じ
  られないっていうのは、時代の流れなんじゃないかと思う。

ゴ:リメイクものでは今クール出色の出来だと思うのが『Wの悲劇』。
  武井咲、一人ニ役の難役を達者に演じ分けているし、薬師丸ひろ子
  版世代の私には、セリフのひとつひとつに映画へのオマージュも感
  じられて楽しい。
  いよいよあの名セリフ「私、おじいさまを殺してしまった〜っ!」
  の登場ですよ!(第3話)
  それにしても出演タレントたちが所属する事務所の縮図を見ている
  かのようなシビアな配役ですな…(苦笑)。
 
ラ:『Wの悲劇』は、意外や意外、本当にいい感じですな〜。武井咲の
  一人二役は、目元のメイクの助けもあるけど、よく演じ分けられて
  ると私も感心したよ〜。ただ、入れ替わりものとしては最初からう
  かつ過ぎな気がした。せめてテーブルマナーくらいは、付け焼刃で
  練習はしました!くらいの微妙な演技を食事シーンでは見せて欲し
  かったかな〜。劇中で流れる映画版のテーマ曲が懐かしい!

              ◇

ま:相葉ちゃん主演の『三毛猫ホームズの推理』は、
  相葉ちゃんの性格とダメキャラが上手くかみ合っていて面白いん
  だけど、マツコ・デラックスがもうちょっと面白いキャラだったら、
  よかったのにな〜。
   
ラ:『三毛猫ホームズ〜』はもう、猫、猫、猫!
  あの猫の可愛さは、私が過去に見たこのシリーズではダントツじゃ
  ないか?もうカワイ過ぎて、そこばっかり見てるんですけど(笑)。
  しかも、マツコとホームズが似て見えてくるから不思議〜。
  あのホームズ役のシュシュちゃんの表情はバツグンだね!
  推理自体はまあ、普通だから、もっとテンポが欲しいところだな。
 
ゴ:私は毎回、相葉ちゃんが失神して倒れる瞬間の表情ばっか見てんで
  すけど(笑)。なんかカワイくてビミョーに萌える…(ヘンタイか!)。
  
ラ:刑事ドラマでは、期待してた『Answer〜警視庁検証捜査官』が、
  女『相棒』版になれるかと思っていたんだけど、元の捜査がずさん
  過ぎ。

  『ハンチョウ』は、警視庁バージョンに原作を移してキャストも主
  役の佐々木蔵之助以外は一新しての再スタート。原作に近くなって
  いるような気がするが、時間帯的にそれが吉と出るか凶と出るかだ
  ね。キャストのバランスは前より良くなった気がするな。
     
A:あと、まあまあ気になってるドラマのひつとつが『リーガルハイ』。
  敏腕だけどどこかイっちゃってる弁護士・古美門に扮する堺雅人が
  面白い!新垣ちゃん扮するカタブツ弁護士・黛真知子とのセリフの
  応酬もテンポよくて、毎回見てて飽きません。

ラ:『リーガルハイ』は、堺雅人だけでよかったんじゃないか?
  ガッキーの役はいらないなぁ。これもイマイチテンポが悪い。

ゴ:テンポの良し悪しで評価分かれ? 
  厳密に言えば、セリフのテンポはよいが、
  ストーリー運びのテンポが悪い…ということか。
  私は、これぞ、堺雅人の真骨頂!と、彼のマシンガントークも、
  スピーディな展開(私は話のテンポもそんな悪くないと思う)も○です。
  ただ主人公のルックスが前クールの白戸修にしか見えない時が…笑。
   
ラ:そうそう。セリフのテンポはいいけど、ストーリーの運びのテンポが
  悪いんだよ〜。
  私的には、ガッキーの役の裁判シーンがどうもダメなんだなぁ〜。
  成長過程を描いてるんだろうけど、いらないキャラかな〜。
  堺雅人の突き抜けた裁判の足を引っ張るくらいのポジションなら
  いいんだけど、自分のクライアントの足を引っ張ってるからな〜(笑)
 
              ◇

A:『もう一度君に、プロポーズ』は久しぶりに琴線に触れた大人の恋
  愛ドラマ。派手さはないけれど和久井映見と竹野内豊、イイ感じな
  んだよなあ。ラストでもう一度、二人に真の愛情が戻るのか?
  しみじみするハッピーエンド期待してます。
 
ゴ:「記憶消失」モノというと、韓流のまんねり感をイメージしそうだけど
  (今後「難病」とか「異母兄弟」とか出てこないことを祈る!)、
  これは心理描写がとても丁寧、かつリアルに描かれているので
  登場人物の行動ひとつにも説得力はあるんだよなあ。
  地味な作品ながらも、メインの2人の繊細な演技も素晴らしいです。
   
お:『もう一度君に、プロポーズ』、うっかり見ちゃってます。竹野内
  豊が、かっこよすぎます。そして、切なすぎます。和久井映見にな
  りたいです。あんなに愛されたら、失神です(笑)

ラ:いつもながら安定感のある草なぎ君の
  『37歳で医者になった僕〜』も今後の展開に期待!
 
ゴ:これは番付スタッフによって星評価が分かれてましたが、
  今クールのジャーニーズドラマの中では、大野智と並び、
  確かな演技力が期待されている草なぎ剛のドラマだけに、
  期待を裏切らない、静かながらも確かな演技で、見応えを感じています。
   
ラ:日本版『glee』の『カエルの王女さま』も今後の展開に期待!

お:『カエルの王女さま』は、天海さんが好きなので、見続けてます。
  懐メロも、アラフォーの私には口ずさむ感じで心地よく…。
  酷評されている物を良く見ますが、結構私は好きです。
 
ま:『カエルの王女さま』の天海キャラも見飽きたな〜。
  コーラス場面は楽しくて面白いんだけど、天海の強気アネゴキャラ、
  個人的には、見飽ちゃいましたね。と思っていたのですが、
  大島優子がセンターになる回から、なんだか面白くなってきたぞ〜。
  来週はセクシー対決みたいだし、役の上だけど、彼女がどんどん
  自分の殻を破っていく過程は見てみたい気がする。
 
              ◇

A:今クールは今までずっとスルーしていた深夜枠もいくつかチェック
  してます。
  大泉洋率いるTEAM NACSの『スープカレー』、
  福君や望結ちゃんが刑事に扮する『コドモ警察』、
  都市伝説オタクの刑事(長澤まさみ)が事件に挑む『都市伝説の女』、
  この3本は面白い!V録しながら楽しんでます♪

ラ:確かに面白いのが、昔の『ちびっこギャング』や『チャコちゃん社長』
  をほうふつとさせる『コドモ警察』。
  これは、よくぞやってくれました!ってお腹を抱えて笑ったよ〜。
  色々なドラマのパロディもうまく効いていて、子供ならではの体質
  の変化やら、ツボにはまってしまった(笑)。預けられてる家族がワ
  ンパターンしか出て来ないけど、もういくつかの家庭を見てみたい
  ぞ(笑)

ゴ:子供を深夜に働かせるなんて!(別に深夜に撮影してるわけじゃない
  んだけどね)とか、深夜にまで幼い子役が働いてる姿を見たくない!
  とかスタート前にいろいろと批判も多かったようですが、
  “深夜に仕事で疲れた大人のお姉さん族を癒す!”という狙いは、
  我々には、ストライクだったようですな(笑)。
  ロレツもまわりきらない子供たちが
  『太陽にほえろ!』を演るギャップの極み。
  こう子役だけが揃ったドラマだと、人気度とは別に、本当に演技の
  上手い子役は誰かがよくわかるってもんで、
  デカ長の福くんよりも、毎回すげー!と注目しているのが、
  落としのナベさん役の鏑木海智くん。
  まさに定年間近のベテラン刑事そのもの!ちっちゃい体の向こうに
  『太陽にほえろ!』の“落としのヤマさん”(露口茂)の姿が透けて見
  えるようだわ!(笑)
   
ラ:『都市伝説の女』は、長澤まさみちゃんのスタイルの良さを前面に
  出して、気楽に見られるけど、事件が起きた事を喜んでるのはいか
  がなものか?そして、これもテンポ悪し!

  『たぶらかし〜』は、良くできてると思った。あの短い時間の中に
  しっかり、人間ドラマが描けているし、谷村美月も巨乳を隠さずに
  思いきった演技。芝居、うまいよね〜、彼女。地味ながらも、これ
  は面白いドラマに仕上がってると思ったな。三話目の向井理のサプ
  ライズ出演には笑った。

  『クローバー』も、流石『サイタマのラッパー』の入江悠監督だけ
  あって、楽しませてくれてる。

  あと、まったく期待してなかった『D×Town』。
  期待してなくて、ごめんなさい!D−Boysと映画監督とのコラボ作品。
  これは見ごたえがある。テレビのディレクターと映画監督の表現の
  違いがよく分かる作品に仕上がってる。映画の監督はセリフがない
  ところの間をしっかりと見せてくれるんだなぁと、再認識。初回が
  青山真治監督だったせいもあるのかもだが(笑)。今後も期待大!
  
  『クレオパトラな女たち』は、美容整形外科病院が舞台という、新
  しい設定。美容整形外科病院を舞台にしたアメリカドラマのシリー
  ズもあるけど、そちらはサスペンスの要素も入っているが、こちら
  はシンプルに、人間のドラマを描こうとしてるみたいだけど、それ
  ならばもっと美容整形を受ける側の内面的なドラマを見せて欲しい。
  今のところ、それがさらっと描かれ過ぎで物足りない。しかし、こ
  れ見てると、美容整形受けたくなる〜(笑)。院長が「顔は命」って
  言たびに、「人形は顔が命です」のCMを思い出してしまうのは私だ
  けだろうか?(笑)
   
  『未来日記-ANOTHR:WORLD-』は期待外れ。
  『GANTZ』『ライヤーゲーム』の変形ってとこなんだろうけど、
  まどろっこしくて、ハラハラしないのは致命的。

 
お:問題は『平清盛』です。
  ドラマ自体は好きですが、中井貴一が出なくなった途端、重みが半減。
  ヤバいぞ。このままでは。
  かなり好きなテイストだし、この感じが年配の方にはウケないのかも
  しれないけど、盛り返して欲しい感じです。

A:『平清盛』は相変わらず視聴率低迷してますが、ワタシの中の評価
  は全く変わってません。
  父・忠盛が没して、扮する中井貴一が抜けたのは確かに寂しいですが、
  平家の棟梁となった清盛(松ケン)が乱世をくぐり抜け、
  さらに大きくなっていくのはこれから!その姿を見守りたいと思います。

ま:棟梁になった回から、中井貴一さんっぽく、台詞回しも声低めにな
  って、なんだか貫禄もでてきたような…。でも、まだまだメインは、
  朝廷の話で、平家になってないんですよね〜。
  保元の乱までが長いわ。
                 ◇ 

ゴ:ドラマの楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!
  今回の言いたい放題の春ドラ番付、いかがでしたか?
  
  これは、あくまで序盤〜中盤での感想です。
  今後の展開次第では、この番付が大きく変動する可能性もあり。
  では、次回のドラマ番付で、またお目にかかりましょう!
  See You!


--------------------------------------------
メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」購読はこちらでチェック!