トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > ドラマ
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口

『トレキャ!ドラマ番付』新ドラを斬る!--秋ドラ終盤番付---


 
前クールまでのバックナンバーはこちら!


 <「2013年秋ドラ終盤番付」ランキング一覧>
   (サブタイ略)  ※クールまたぎ作品

●(1)位『リーガルハイ』(水10CX)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10
●(1)位『クロコーチ』(金10TBS)……………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10
●(2)位『ごちそうさん』(月金朝NHK)………………☆☆☆☆☆☆☆☆☆9※
●(3)位『東京バンドワゴン』(土9NTV)………………☆☆☆☆☆☆6
●(4)位『海の上の診療所』(月9CX)………………☆☆☆☆☆5
●(4)位『八重の桜』(日8NHK)………………………☆☆☆☆☆5※
●(4)位『ドクターX』(木9EX)…………………………☆☆☆☆☆5
●(5)位『終電ごはん』(月深TX)……………………☆☆☆3
●(5)位『陰陽屋へようこそ』(火10CX)……………☆☆☆3
●(5)位『ガラスの家』』(火10NHK)…………………☆☆☆3
●(5)位『相棒 season12』(水9EX)…………………☆☆☆3
●(5)位『49』(土深NTV)……………………………☆☆☆3
●(5)位『天国の恋』(月金昼CX)……………………☆☆☆3※
●(5)位『太陽の罠』(土9NHK)………………………☆☆☆3
●(6)位『独身貴族』(木10CX)………………………☆☆☆▼2
●(7)位『実験刑事トトリ2』(土9NHK)………………☆☆▼1
●(7)位『変身インタビュアーの憂鬱』(月深TBS)…☆1
●(7)位『刑事のまなざし』(月8TBS)…………………☆1
●(7)位『夫のカノジョ』(木9TBS)……………………☆1
●(7)位『彼岸島』(木深TBS)…………………………☆1
●(7)位『都市伝説の女』(金11EX)……………………☆1


   ↑IN!
─────<微妙ライン!?>─────
                    ↓OUT!

●(8)位『ミス・パイロット』(火9CX)………………☆▼0
●(8)位『ダンダリン』(水10NTV)…………………☆▼0
●(8)位『あさきゆめみし』(木8NHK)………………☆▼0
●(8)位『科捜研の女』(木8EX)……………………0
●(8)位『ノーコン・キッド』(金深TX)………………0
●(8)位『潔子爛漫』(月金昼CX)…………………0
●(9)位『ハニー・トラップ』(土11CX)………………▼▼☆-1
●(10)位『ハクバノ王子サマ』(木深NTV)…………▼▼▼-3
●(10)位『殺しの女王蜂』(金深TX)…………………▼▼▼-3
●(10)位『東京トイボックス』(土深TX)………………▼▼▼▼-4
●(12)位『安堂ロイド』(日9TBS)……………………▼▼▼▼▼▼▼-7

              ◇

       〜秋ドラ終盤番付トーク〜
 
   ゴ=Gochy! A=ABBY お=おっと ま=ままぷり 
      ラ=業界人の読者ゲスト「ラムさん」
  (プロットライター兼シナリオライターとして活躍中!)
 
 
              ◆

ゴ:まず
  今クールのドラ番ランキングのTOP3はというと
  『リーガルハイ』『クロコーチ』(同順)
  『ごちそうさん』
  『東京バンドワゴン』
  という結果に。
  (ちなみにワースト1は、まさかのキムタクドラマ…)
 
ラ:今クールのドラマは、
  比較的バラエティに富んだラインナップだったけど、
  医者、刑事、弁護士、業界関係といった舞台のものは
  ドラマにしやすいせいか、毎クール必ずあるなぁ。
  それが、嫌ではないけれど、
  いずれそれにも飽きてしまいそうな気がするよ。

A:今回の秋ドラ、
  面白過ぎた前クール・夏ドラの印象が強過ぎて、
  ずっとなんだかな〜、ドラマに身が入らないまま
  終盤まできてしまいました。
  欠かさず見ているのは
  『リーガルハイ』と『クロコーチ』のたった2本。
    
ま:『あまちゃん』『半沢直樹』と爆発的ヒットが2本も出て、
  しかも流行語大賞まで取っちゃうほど派手だった夏ドラマに比べると、
  秋は地味に見えますね〜。
  そんな中でも、始まる前から『あまちゃん』超えは無理だろう
  と言われていた『ごちそうさん』が、
  意外にもヒットを飛ばしていて、
  朝ドラファンとしては嬉しい限りです。
  
A:NHKの朝ドラ『あまちゃん』の後の『ごちそうさん』はイイ感じ。
  食を題材にしたドラマって、やっぱり惹かれちゃう(笑)。
  主役の杏ちゃんもキュートで良いんだよなあ。  
 
ま:今秋は『陰陽屋へようこそ』『東京バンドワゴン』みたいに原作もあって、
  安心して見ていられるプチ娯楽作品を楽しみに見ています。
  どっちもジャニーズ出てますけど…。
  うわーっと盛り上がった夏ドラマのあとだけに、
  こじんまりとしたドラマを地味〜に見て、
  楽しみたいのかもしれません。
 
お:前回でドラマを見る習慣が戻ってきていて、結構見てます。
  でも、まー平均的ですけど、
  『水戸黄門』的な、終わり方は決まってるけどコミカルな3作品
  『リーガルハイ』『ドクターX』『海の上の診療所』
  には和んでます。

ラ:私が今回ハマッたドラマは
  『東京バンドワゴン』『クロコーチ』『終電ごはん』
  『リーガルハイ』『49』『陰陽屋へようこそ』
  そして、『ごちそうさん』

  逆にガッカリだったのが
  『安堂ロイド』『ダンダリン』『殺しの女王蜂』『独身貴族』
  ですわい。
   
               ◆

ラ:『ごちそうさん』は、
  “あまロス”だった私が、
  何気にそのまま新しく始まった朝ドラを見てたら、
  あ〜た、これ、面白いじゃないのさ!と、
  見始めてしまったドラマだよ。
  やっぱ、食をテーマにしたドラマはつい見ちゃうやね〜。
  そして、常に前向きなヒロインはいい。
  そして、そして、嫁をいびる小姑もたまらんね〜。
  いけずな事をして、その反応を変装してまで見に行くなんて、笑えるっ。
  食って深いやね〜。ちゃんと食べるって大事なことだなぁって再確認。
  そして前向きに頑張るっ人って素敵だ!
  『あまちゃん』で朝ドラに初めて目覚めた私をまた、
  朝ドラの世界へ引き込んでくれたドラマだぁね。
   
ま:『ごちそうさん』夫役の東出昌大、そして
  今はいけずな姉さん役・キムラ緑子さんに注目が集まるなど、
  始まってみれば、主役の杏よりも、
  脇の人に注目が集まっちゃいましたね〜。
  主役の杏も悪くはないんだけど、姉さんの意地悪っぷりがすごくて、
  どうしてもそっちに見入っちゃう。
  それに関西と関東の食文化の違いや風習が面白くて、
  毎回見ていて勉強になります。

ゴ:そうそう、関西では
  「おにぎり」の形にタブーがあるなんてことも、
  このドラマで初めて知りました。

ま:いけずなお姑さんがお嫁に行き、東京大震災が起こって、
  また、大きくドラマが変わるみたいで、これからどうなるんだろう?  
  ワクワクしています。

               ○
  
ま:『東京バンドワゴン』、
  最初、お父さん役が、玉置浩二ってわからなかったです。
  なんか外見がすごく変わっていて、びっくりしました。
  でも歌はさすがですね〜。
  セリフに聞きづらい箇所が多いのは仕方ないけど、
  歌でカバーしているから、許せる。
  脚本家が大森美香さんなので、
  毎回、食事シーンが出てくるんですよね。
  私が好きなドラマパターンなんですけど、
  視聴率は悪かったみたい・・・。
  残念。
  
ラ:視聴率こそ低いみたいだけど、
  これ、毎回心にジーンとくるセリフに癒されております。
  この家族、いい!
  毎回家族みんなで囲む食事風景にも何故か癒されているんだけど(笑)
  食を大事に描いているドラマはやっぱり、いいんだなぁこれが。
  毎回起きるドラブルにも、押しつけがましくなく、
  いい距離感で納めていく落とし所がまたいいんだなぁ。
  内容に合ったガナトの歌もよくて、
  歌にもジーンとして温かい気持ちになるだよ。
  あの古本屋とカフェが家のそばにあったらいいな。
  もちろん、あの家族付きじゃなきゃ意味ないけど(笑)

              ○

ゴ:今クールの刑事ドラマでは
  『相棒12』を大きく引き離して『クロコーチ』が番付首位に。
 
A:『クロコーチ』。
  45年前実際に起こった今だ未解決の3億円事件を
  独自の解釈で創作したこのドラマ、
  長瀬君扮する超不気味な黒河内刑事のキャラが
  めちゃくちゃ立ってて面白いんだよなあ。
  黒河内は正義の味方か?はたまた悪なのか?
  最終回を前にますますわからなくなってきてイイねイイね!
  どんなラストになるのか?今から楽しみで〜す♪
 
ラ:『クロコーチ』は今クール一番、先が気になるドラマだと思った。
  ちと終盤にきて意外性に欠けてきてはいるけど、
  原作とドラマが同時進行してるみたいだから、
  最終回はどうなるのかほんと、気になる〜。
 
  三億円事件自体本当に謎が多い事件だから
  様々な推理でドラマも数々作られてるから、
  まだ他のパターンでもできるよね。
  特定秘密保護法案に絡めても面白くなりそうだし(苦笑)
  『相棒』の右京さんがひょっこり顔出しても違和感ない感じだし。
  それにしても、長瀬くんはこの役、ぴったりだね〜。
  できれば、映画の『ルパン三世』のルパン役も
  長瀬くんにやってもらいたいくらいだったよ(笑)

ゴ:画面からはみ出るサイズ感で見せるドアップの連打。
  渡部篤郎は、非常に繊細に顔の筋肉を動かしてみせ
  長瀬智也は、一発どかん!なドヤ顔系の不気味笑顔と、
  表情の見せ方は正反対でありながら
  この二人の“顔芸”対決が
  それぞれのキャラのエキセントリックさを浮き彫りにし
  ドラマのミステリアスさも強調していて効果的だった。
   
お:『クロコーチ』も見続けてるけど、
  途中少し中だるみして録画がたまっている?!
  今、どんだけ殺されてるの!?

            ・
 
ラ:『相棒12』は
  まさかの、またひとりいなくなる〜。
  だったのね…
  まさか、三浦さんがいなくなるなんて…
  なにか、健康上の理由でもあったんだろうか?
  捜一トリオがコンビになってしまって、物足りないなぁ。
  今、丁度、右京さんが危惧していた
  特定秘密保護法案やら日本版NSCができてしまうから、
  ドラマでもずんずんと深くえぐって欲しいぞ!

ゴ:ほんと、あの方がレギュラーから消えてしまうとは
  しょっぱなからショッキングだった。

ラ:『都市伝説の女』は
  月山のキャラが、前回よりふてぶてしくなってなかったか〜?
  なんか、前回の方が内容も面白かったような気がしてしまい、
  あまり見なかったうちに終わってしまった(笑)

ゴ:今回の『都市伝説の女』、毎回、
  同クールの他のドラマのパロディーで、めっちゃ遊んでたよねー(笑)。
  『クロコーチ』『彼岸島』『ドクターX』などなどなど。
  特に、このドラマの登場人物たちがいきなり「ぎょい!」
  とか言い出した時にはほんと、笑ったわ〜。
 
             ○

A:『リーガルハイ』は
  昨年放映された人気ドラマの続編ですね。
  主役の堺雅人は『半沢直樹』から『リーガルハイ』へ、
  真逆なキャラを見事に演じ分けていて、
  役者としてのその振り幅の大きさにはマジ感心。
  けれどあの型破りなバンカー像が鮮烈過ぎて、
  キレッキレな弁護士キャラに今ひとつ入りこめないままなのねん。
  それでも『リーガルハイ』は今クールで一番面白いドラマだと思います。
  ただ、前半は頑張ってオンエアを見ていたけれど、
  後半は後からまとめて見ればいいやとV録がたまったまま。

ラ:これは、前回よりパワーアップ!
  古美門の長セリフも更にパワーアップ!
  全てがパワーアップ!
  手段を選ばないと言いながら、人間の本質をしっかり見抜いた
  弁護をしている古美門から離れられない黛の気持ち、分かるわ〜。
  しかし、古美門の年収がやたらと気になる私であります(笑)
  前回の時にはちと、気になっていたパロディも、
  今回は慣れたせいか気にならず笑えた。

お:『リーガルハイ』は前作未視聴なのですが、
  再放送では見たいですね。
  うまい事言っている人は信じちゃいけないっていう
  斜めな感じ好きですね。
  ほんと、半沢効果で見始めたけど、これは面白い!
  みんなキャラ濃くて、いいですね。明確!
  
              ○

A:なんなのコレ?ドラマはキムタクの『安堂ロイド』。
  あの『半沢直樹』の後続ドラマというのもあって、
  そんなに期待はしていなかったけれど初回から???、
  さっぱりわからない、ついていけないで速攻お手上げに。
  ガマンして見続けていれば何か変わったのかな?
   
ラ:それにしても『安堂ロイド』にはガッカリしたな〜。
  初回は結構、海外ドラマっぽくて期待してたんだけど、
  毎回の決め台詞『安堂麻陽が死ぬことは禁じられている』ってーのがうざくて。
  決め台詞がうざいって、致命的でもあるんだよね。
  CGでいくらお金をかけて、スターを出しても内容がこれじゃつまらんやね。
  これってアニメにしたら面白くなるかもしれないけど、
  ドラマにするには、回数が少ない分、
  シンプルでいながら複雑な意外性が求められるから難しいとは思うけど、
  やるならちゃんと時間かけて本を練ろうよね。

             ○

ラ:『陰陽屋へようこそ』は、
  ま〜ったく期待してなかったんだけど、
  ある意味、陰陽師はセラピスト的な役割を果たしていたのでは?
  という視点からリアルな心の問題を解決しつつ、
  科学では解明できない摩訶不思議な化けキツネまで登場する
  ファンタジーな世界は面白い。
  王子があんなに素敵スポットだとは知らなかったぜよ(笑)
  祥明はいったい何をしようとしてこの町にきたのか気になる。

ま:『陰陽屋へようこそ』は、一言で言えば、
  お久しぶりの面々、大集合ドラマ。
  久々に連ドラにレギュラーで出ている宮川一朗太や南野陽子、
  杉良太郎などなど、珍しい組み合わせに、懐かしいやら…。
  南野陽子もサービス精神を発揮して、
  かつての『スケバン刑事』のセリフを言うシーンがあったり…。
  懐かしくて、昔を思い出しながら、ドラマも楽しめる、
  そんな感じですね。

             ○

お:『独身貴族』も
  結構好きなんですよね。
  FNS歌謡祭でSMAPの歌初めて聞いたんですけど、
  「おされ」って題名なんですね。笑いました!
  確かにこのドラマ、オシャレ仕立てになっている!
  ちょっと昔の恋愛映画意識してて、
  でも、草なぎくんだから保っているのかもしれないけど、
  伊藤英明のあの感じも、ヒロイン北川景子もいい感じ!
  デヴィ婦人ですら、なんかシックリきてる気がしてしまう。
  最後、どうなるんだろう。
  どういうエンディングになるのか!?
  楽しみ。 
 
ラ:『独身貴族』は、業界ものだし面白そうだと思っていたけど、
  チープなシンデレラストーリーっぽくなってしまって、残念。

ゴ:今クールのラブストーリ群の中では、
  じめじめしていない「陽」のドラマがこれだとしたら
  対局にある、
  じめっとした「陰」のドラマは『ハクバノ王子様』か…
    
ラ:『ハクバノ王子様』
  オンエアーまで、ヒロインの顔を隠す必要あったか〜?
  優香が出るのを隠す意味が分からなかった。
  内容も、普通すぎてなんとも感想がないよ〜。
  二話くらいでリタイアしちゃったし。

ま:『天国の恋』『ガラスの家』は、
  ベッドシーンや禁断の恋が、女性誌の間で話題になっていましたが、
  ちょっと私にはお腹いっぱいだったかも。
  もうそういうのは、いいやって感じ。
  あ、でも、ちらっと見たけど、毬谷友子さんの怪演ぶりには、びっくりしました。
  いや〜、この方、相変わらず、ぶっ飛んでますね〜。

  『あさきゆめみし』は、
  前田敦子の滑舌の悪さで、いいドラマが台無しに。
  脇の人たちが熱い芝居をしている中、
  前田敦子だけが一人、クールで浮いている感じがして、
  初回と最終回だけ見て終わってしまいました。
   
             ○
 
お:『海の上の診療所』は、期待してなかったんですけど、
  うっかり見始めたら、
  あら、ものすごい軽い「寅さん?」登場な感じで、
  景色も綺麗だし、コータ先生アホだし、
  武井咲のヤンキー看護師役はハマッているし、
  藤原紀香も、意外といいし、
  あと鉄拳のエンディングは毎回録画視聴なのに見てウルウルくるし。
  なんて事無いストーリーだけど、結構好きです。

ラ:これって、寅さんの医者版ですか〜?(笑)
  なんだか、翔太くんって、
  最近出るドラマ間違ってるような気がするのは私だけ?
  
ゴ:私は、オチャメでキュートな3枚目キャラの翔太くんにゾッコンです。
  なので、ストーリーはともかく(苦笑)、
  このキャスティングはグッジョブじゃないかと。
  ただ、そうは言っても、この作品が、
  番付で『ドクターX』よりも上位にランクされたのは
  少々意外だったけど。
 
ま:私は最初、藤原紀香のわざとらしい大阪弁に
  ちょっとひいていたのですが、
  慣れたら、なんともなくなった(笑)。

             ・

お:『ドクターX』も、
  失敗しないので、安心して見てられる(笑)
  シンプルな大門さんの生き方に憧れたりもして…。
  信念をつらぬいてて、気持ちいいドラマです。

ラ:『ドクターX』面白いけど、なんだろ、
  予想通りで外れない分、ワクワクしないんだな〜。
  前回の方が面白かった。

             ○
 
ゴ:専門職女子系の作品は、どうっすかね。
  
ラ:『ダンダリン』は、
  ヒロインがうなるのがうっとおしい〜。
  朝の体操は体によさそうだね〜。それだけだな。

  『ミスパイロット』は
  結構好きで見とりやす。
  航空会社の宣伝ドラマっぽいけどね(笑)。
  ただ、もっとパイロットの訓練シーンを多くしてもよかったかも。
  チームの中の人間関係も、もっと描いてもよかったんじゃないかな。

             ○

ゴ:次に、深夜枠。
  今回は意外とバラエティに富んではいたが…。
 
ラ:『彼岸島』は、
  テンポをもっと早くしてくれると面白いんだけどね。
  ちとちんたらし過ぎ、
  すなわちあの状況において危機感があまり感じられない
  っていうのは、ホラーとして物足りないやね。

  『殺しの女王蜂』も、
  初回で全て出しきっちゃったみたいで、
  二話からは、陳腐な話にアクションにとすっかりパワーダウン。
  この手の話はクオリティをキープしないと
  残念なものになってしまうっていう例だやね。

  『ハニートラップ』は
  出演者がちゃんとしてるのに、もったいない。
  初回テンポが悪くて飽きちゃったよ。

ゴ:それに引き替え、深夜枠ではないが
  同じ産業スパイ系&特許マフィアについて描いている
  『太陽の罠』は、
  テンポがよい上、
   『ハニートラップ』にみる拷問シーンのような
  現実離れしたあざとさとは逆をいくリアリティで
  むしろ手に汗にぎる。

  いよいよ、(てか第2話で早々に)
  主人公が顔つきを変えて反撃に出てきたので
  (このテンポのよさがいいんだよな)
  今後の展開が非常に楽しみ。
 
ラ:『49』は、
  あの野島伸司脚本ってことで期待して見てるんだけど、期待通り面白い。
  入れ替わりものではなく、憑依ものってとこがミソ。
  だから、息子でありながら心は父親だけに、母親に欲情してしまう(笑)、
  その辺もリアルで面白い。
  言葉にしないと、どんどん心って、
  すれ違っていってしまうものだよね…やっぱり。
  49日が終わって、父の魂が旅立つ時
  それぞれ家族の心が繋がって、
  一歩踏み出せれば憑依しがいがあったってもんだろうけど、
  野島脚本、そう簡単なハッピーエンドじゃないこと
  を期待してしまう(笑)。

ゴ:この『49』にしろ、昼ドラ『天国の恋』にしろ、
  まだあどけないジャニーズの若手に
  “欲情”演技させてる点が、まず新鮮ですね。
  いろいろと門戸を開き始めましたね、ジャニーズも(笑)
   
  『終電ごはん』は
  もう、短く終わってしまって寂しかった〜。
  若林と姉役の佐藤仁美との掛け合いが最高だったし、
  毎回、あの時間から食べるには高カロリーな深夜ご飯が美味しそうだった〜。
  もっと長くやって欲しかったのに、
  なんであんなに短く終らせちゃったんだろ。
  私はあのドラマの復活を希望する!
 
             ○

お:『八重の桜』はここ数週間見逃せられない!
  毎回毎回、泣かされている。
  土曜の午後の再放送見る事が多いのですが、
  わりとジムで運動しながら見てるので、汗なのか!?涙なのか(笑)
  新島襄がいなくなる会津に帰る回は、ほんとヤバかった。
  戦争後のストーリーは、八重が再生していく物語のような気がする。
  いろんな意味で勇気づけられます。

ま:『八重の桜』は、
  京都に行ってから、八重の魅力はどこへやら。
  鉄砲を持たなくなった八重の魅力が全く描かれていないので、面白くない。
  反対に山本覚馬や新島襄のカッコイイところばかり目につくので、
  主役は誰だ〜って感じ。
  八重のハンサムウーマンっぷりをもっと前面に出して、
  ストーリーを描いていくもんだと思っていただけに、残念です。

  でも、最終回は良かったです。
  ちょっと飛ばし過ぎのところはあったけど、  
  (最近の大河ドラマの傾向ですかね。)
  ラストで、やっと八重らしさが出てきたって感じで。
  
  出来れば、在学中に、八重の生涯を勉強したかったな〜。
  ドラマを見て、いまさらながら、凄い学校に通っていたんだな〜と
  思いました。
  
A:なんだかんだ見続けて、年の瀬と共にもうゴール。
  このドラマのおかげで実家の母の故郷・福島にさらなる愛着が湧きました。
  ドラマの中の会津の人々の姿に
  大好きな叔父や叔母の面影が重なることが何回もありました。
  原発問題やそれに伴う避難生活など、
  まだまだ大変な日々を送る福島の皆さん、
  これからもずっと応援し続けます。
   
              ◇ 

ゴ:ドラマの楽しみ方も人それぞれ!十人十色の意見アリ!
  今回の言いたい放題の秋ドラ番付、いかがでしたか?
   
  これは、あくまで終盤時での感想です。
 
  では、次回のドラマ番付で、またお目にかかりましょう!
  See You!

--------------------------------------------
メルマガ「トレキャ!ドラマ番付」購読はこちらでチェック!