トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > トレンド・ギャップ!
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 4月23日読者&スタッフ通信

  ・Reiko)先週の「トレキャ!」171号にあった 『負け犬市場』に関するコメ      ント、全く同感。私はたまたま結婚してますが、シンガポールの単      身赴任時代にはショッピングは絶対、単独派でした。ある日「ハイ      ティー」(元英国植民地っぽいですね)のビュッフェで結構、有名      なホテルのレストランに入ろうとしたら、中年の女性フロアマネジ      ャーに「予約なしで、お一人様のご利用はお受けしてません」と断      られました。予約されていない空席がたくさんあるにもかかわらず。      今でも納得できません。      だって、一人で来た客なら、ぺちゃくちゃ、おしゃべりをしながら、      3時間の時間制限いっぱい居座って、何度も何度も食べ物を取りに      行く家族連れや、マダム達の集まりなんかより、ずっと品位もある      し、回転率もいいはずじゃないですか?「群れない」、かっこいい      男や「男前の」女の一人客がおいしそうに食事をし、スマートに立      ち去っていく、そんなホテルのカフェなら、プレステージも上がる      でしょう?      4つ星だか5つ星だか知らないけど「ハイティー」なんて、こじゃ      れた名前で、ちょっと有名になった料理を出して、いい気になって      るけど、センスも頭も悪いなと思いましたよ、ほんとに。  ・れいちん)最近、日本の若者がケータイ依存症だとか、友達から仲間外れに       されないことにすごく神経を使っているとか聞きますが、台湾は       そこまでひどくないだろう(もともと日本より個人主義だし、他人       は他人、自分は自分というスタンスが確立しているので)と思って       いたら、先日面白い話を聞いたんですよ。       近頃の台湾の若者の話し方が少しずつ変わって来ているというん       ですね。例えば「ねぇ、もうちょっと早く歩いてよ。遅れちゃう       じゃない」なんて言う時に「もしもう少し早く歩きたかったら、       私は構わないけど?」と言うんだそうです。逆説的に相手に急げ!       と伝えているわけですが、これも極度に相手を怒らせないように       しようと努めた結果なのかな、と。やはり、日本と台湾の若者事情       は似ているのでしょうか。私は子供がいないので、ハイティーンの       若者と触れ合う機会は少ないのですが、これからは少しずつ若い子       にも観察の目を向けてみよう、と思った次第です。