トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『メディアミックス in 「アナザヘブン」』Text by Gochy!

◆◆◆◆◆◆………… 試写室からトレンド・キャッチ! ………◆◆◆◆◆◆

  このコーナーでは、公開前の試写作品の中から、「きっと来る!」と思わ
  れる<キラリ☆ポイント>をピックアップしてレポートします。
  さて、今回の、<キラリ☆ポイント>は・・・・

  先月号の有料版「トレンド・キャッチ!DX」でも取り上げましたが、GW
  公開の『アナザヘヴン』(飯田譲治監督/脚本)は「メディア・コンプレッ
  クス」型の展開として、今後大きな注目を集めそう。

  映画+TV「アナザヘヴン〜eclipse〜」(テレ朝系木10時4/13〜、連ドラ
  との同時スタートは業界初の試み)+ビデオ(初回放映後わずか1週間とい
  う前代未聞のスピードで第1話以降をビデオ化。これも業界初の試み)+出
  版(文庫発売。10万部突破ベストセラー)+音楽(1年8ヶ月の沈黙を破った
  LUNA SEAのNEW SINGLE)+インターネット(TVドラマ版をOAの翌週月曜には
  インターネットで再放送。これも業界初)+ホラーアトラクション(4/22〜
  8/31まで、「ネオジオワールド東京ベイサイド」でヴァーチャル・リアリティ
  の世界で「アナザヘヴン」の恐怖を体感)。このようにてんこ盛りなメディア
  ミックス展開に、「アジア同時公開」というオマケまでつく。

  現時点ではまだ「初」がつくこれらの試みも、映画やドラマが新たなステージ
  に入った2000年からは、エンタテイメントのスタンダード戦略として定着して
  いきそうだ。特に再放送やビデオ化における「スピード化」は、映画との相乗
  効果は元より、1話ごとに様々な伏線がはりめぐらされるミステリーには特に
  待ち望まれていた対応だろう。人気ドラマのBBSに書き込まれる「○話を録画し
  ている方、ビデオ貸して下さい!」というコメントの多さを見れば、その潜在
  ニーズの大きさがわかるというものだ。

  さて、肝心の映画の中身は?
  先日、金八先生が「『悪』は誰の心にもある。皆の中にも、私の中にも」と3B
  の生徒たちに涙ながらに語っていたが、その「悪」が「意志」を持つとどうな
  るか?悪の意志=悪意はこの映画では、人に乗り移り憑依する。それをたたみ
  かけるようなスピーディな展開で飯田氏お得意の「脳みそ」(笑)にからめて
  見せていく・・・。

  私は「ホラー」っていうのは「笑い」と「恐怖」が表裏一体のところにある状
  態だと思っている。怖くて思わず笑っちゃう、笑った直後に寒くなる、みたい
  な。作品で観客を泣かせることは容易だけれど、怖がらせたり、笑わせたりす
  るのは至難の技よね。この作品には「笑い」と「恐怖」が両方あった。
  笑いといえば、猟奇的な世界にあってなお、笑いがとれる原田芳雄の刑事ぶり
  はアッパレです。あと、某ミステリー作家たちが、セリフつきでカメオ出演し
  ているのもファンにはたまらないサービスカット。まばたきしているうちに消
  えてしまうわずかなシーンなので、どうかお見逃しなく!

 ──────────────────────────────────
 ■データ『アナザヘブン』
 ──────────────────────────────────
 ●お話:人間の脳を料理して食べるという連続猟奇殺人事件が発生。現場に
     は女性の指紋とセックスの痕跡が。犯人はゴリラ並みの力で首をへ
     し折る怪力の持ち主らしい。検視医の助言を元に、早瀬(江口)と
     飛鷹(原田)両刑事は、この謎に満ちた事件の捜査を開始する…。
 ●監督:飯田譲治
 ●主演:江口洋介
 ●公開:2000年GW全国松竹系ロードショー!
 ●書籍:「アナザヘブン 」飯田譲治&梓河人著(角川ホラー文庫)
 ●音楽:主題歌「gravity」(LUNA SEA)3/29RELEASE、ユニバーサルビクター
     オリジナルサウンドトラック(岩代太郎)4/28RELEASE
 ●お得:秘密のホームページのパスワードカード付き前売チケット発売中!
 ●etc.:ネオジオワールド東京ベイサイドにて「アナザヘヴン〜Live〜」開催
     (4/22〜8/31)
 ──────────────────────────────────