トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『史上最恐のホラー映画専門プロダクションが放つ第1弾は「TATARI」
    キーワードは、“リメイク”“体感”“ギミック”』Text by Gochy!


◆◆◆◆◆◆………… 試写室からトレンド・キャッチ! ………◆◆◆◆◆◆

  このコーナーでは、公開前の試写作品の中から、「きっと来る!」と思わ
  れる<ドキリ☆ポイント>をピックアップしてレポートします。

  今回は、下記の「劇場から〜」のコーナーで、ジュリア・ロバーツの『エ
  リン・ブロコビッチ』をやることになった。じゃあ、こっちのコーナーで
  は、米国公開時3週間首位にいた『エリン〜』をあっけなく蹴落とした、
  『英雄の条件』(トミー・リー・ジョーンズ&サミュエル・L・ジャクソ
  ン主演)で対抗だ!と、いそいそと完成披露試写に出掛けたところ、やっ
  てなかった。なんで?・・・って、前日だったのである。や、やばい…。
  別に試写を見逃したのがヤバイんじゃない。試写なら来週もある。じゃ、
  何がショックというならば、曜日の感覚がズレてたために、私の今週、丸
  1日足りなくなった。「明日、仕事の原稿書けばOKね」と思っていた
  「明日」が実はなかったとくれば、これはもう血の気もひくホラー、まさ
  に『素人蓄膿手術大失敗』『海牛が顔に乗る』に、匹敵するくらいの恐ろ
  しさである。すっかり動揺してわけのわからないこと(わかる人にはわか
  る。わかった人はメールをください!笑)を口走っておりますが、そんな
  わけで、今回ご紹介する作品は、『英雄の条件』じゃなくて、ホラー映画
  についてです(笑)。
                  ▼
  でも、ただのホラーじゃありません。観客が上映中に恐怖でショック死す
  るかもって、観客全員に保険をかけ、劇場には看護婦が常に待機、クライ
  マックスでは全長3メートルもの骸骨が場内を舞い、特殊配線を施された
  観客席には微電流がビリ〜ッ!謎解きの前に飽きて帰る観客には、なんと
  全額返金をお約束…。こんな映画アリか?(笑)。あったら見たい。が、
  残念ながら50〜60年代にタイムスリップしなきゃこいつは見れない。実は
  コレ、当時、斬新なプロモーションと仕掛けで【ギミック(興味を惹きつ
  けるための新工夫)の帝王】と呼ばれていたウィリアム・キャッスルが、
  自分の作品を鑑賞する観客たちに仕掛けたイタズラの数々だ。いいよねえ、
  こういうノリ(笑)。そんなキャッスルの大ファンだった『マトリックス』
  のジョエル・シルバーと『フォレスト・ガンプ』のロバート・ゼメキスが
  共同で設立したのが、ホラー映画専門のプロダクション「ダークキャッス
  ル・エンタテインメント」。その記念すべき第一作が、キャッスルの58年
  作品「地獄へつづく部屋」をリメイクした『TATARI』というわけ。しかし
  この邦題なんとかならんか。原題『House on Haunted Hill』のままのが
  よくないか。だって、先に話題を呼んだお化け屋敷映画『ホーンティング』
  も、60年代ホラー映画のリメイクだったが、そのオリジナル作の邦題が、
  ズバリ『たたり』なんだもん(笑)。あ、もしかして狙ったの(笑)?
                  ▼
  ホラー映画に限ったことじゃなく、今ハリウッドは、実話モノと並んでリメ
  イクもの(『リプリー』『60セカンズ』『チャーリーズ・エンジェル』等々)
  が大ブーム。リスク回避傾向はどこも一緒。さて、本題『TATARI』で、私が
  一番ビビったのは、本筋に入る前、冒頭に出てくるアミューズメント・パー
  クの某アトラクションのシーン。コイツが、もう失神、失禁(笑)、絶命級
  の悪魔のアトラクションで、私は「1億円もらっても乗りたくない!」(笑)。
  肝心の本筋の方でも「あ〜、びっくりしたな〜、もう…」な、サウンドの連
  続。目をつぶってもムダですゼ、だんな(笑)。こうした「体感」要素はこ
  れからのホラーのキーワードでしょう。本作公開時には、キャッスルに負け
  ないような超絶な「ギミック」を仕掛けられたい。お願い、仕掛けて(笑)。
  世の中、デジタル化やバーチャル化が進めば進むほど、現場で体験できるラ
  イブなノリの「ギミック」に、もっと注目してもいいんじゃないかな。

  ところで、当時のキャッスル作品も是非見てみたい!と、ビデオ屋に駆け
  込んだが、やはり国内ではビデオ販売されておらず。しかし、彼のプロデュ
  ース作品なら、『ローズマリーの赤ちゃん』(ロマン・ポランスキー監督)
  などビデオ化されておりますので、未見の方は是非どうぞ。

 ──────────────────────────────────
 ■データ『TATARI』
 ──────────────────────────────────
 ●お話:過去におぞましい惨劇が起きた「呪われた館」に、5人の男女が招
     待される。そこで無事に一夜を過ごせたら1億円の賞金を進呈する
     と申し出る大富豪。そして、怪奇現象が次々と5人に襲いかかる恐
     怖の夜が始まった…。
 ●製作:ロバート・ゼメキス、ジョエル・シルバー
 ●監督:ウィリアム・マローン
 ●主演:ジェフリー・ラッシュ(「シャイン」でアカデミー主演男優賞)
 ●公開:松竹東急洋画系にて近日ロードショー!
 ──────────────────────────────────