トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
           〜ルーカスは神なのだ   byみ。


 公開前から話題騒然、情報先行で幕開けた「スターウォーズ・エピソード1」
 であったが、ここでひとつ言っておきたい事がある。いくら話題だからって、
 予習もせずに見に行くな!オリジナル3部作、すなわちエピソード4・5・
 6があってこその作品であることを忘れてはならない。なぜならそれを踏まえ
 ているか、いないかで面白さが全く違ってしまうからだ。

 さて、肝心の本編についてだが、一言でいうなら“豪華”、これに尽きる。豪華
 なストーリー、豪華な衣装、豪華なアクション、豪華なCG・・・目と心にとっ
 ても贅沢なのだ。だから何回でも見てみたい。何回見たってボロなんて出てこな
 い、その代わりにこれでもか、これでもかという程の新しい発見が次々出てく
 る、そういう作品だ。

 決して子供だましのSFではない。人間の深淵に迫った奥深い神話であり、そ
 こに秘められたテーマは限りない。愛と憎悪、出会いと別れ、母と子、動と静、
 戦争と平和、夢と失望、そしてもちろん明と暗。全ての面で”rich”(濃厚
 とでも言おうか)な映画なのだ。1回見ただけではもったいな過ぎる。

  当然私に言わせれば全てが見所なのだが、これから見る人たちのために
 あえて幾つか具体的な見所を挙げておこう。

 まず中盤のポッドレース。賞金稼ぎのためにアナキン少年がポッドレーサーと
 して出場するウルトラハイテクゴーカートレースみたいなものなのだが、そのス
 リル!迫力!臨場感!ぜひともディズニーランドで“新スターツアーズ”として
 実用化してもらいたい。私は元々黙って映画を見ていられない性質なのだが、
 みんなよくあれを静かに黙って鑑賞していられるものだ。TVの報道ではコスプ
 レや館内ウェーブなど楽しそうな模様が放映されていたが、ごく一部の映画
 館、日程のもので、一般的には普通の格好で静かに見ている観客ばかりであ
 る。日本の映画館は静寂過ぎる!もっと声出して本気で楽しもうよ!

 そして終盤のライト・セイバーを使ったジェダイ(善の騎士)とシス(悪の騎士)
 の対決。さすが黒澤監督の大ファン、ルーカス監督チャンバラ好きだね?日
 本のチャンバラに西洋剣術の優雅さを掛け合わせたようなこの決闘シーン、
 迫力を殺さないためにスタントマンを使わず俳優本人たちが演じている。見
 事だ!!寸分の狂いもない3人の動きは最早芸術の域に達している。これ
 も静かに見てちゃだめね。

 アメリカでも日本でも“”期待外れ”等々、酷評が聞かれるようであるが、
 それはリアルタイムで続編の公開を待ち続けた世代から発せられたものとは思え
 ない。今の世の中、我慢が足りない!「エピソード1」についての評価も、今後
 続く「エピソード2・3」への前哨戦であることを踏まえて下してもらいたいも
 のだ。全篇に張り巡らされた伏線の嵐、話の先を知っているのに、まだまだ途中
 をつなげない。次の作品が出来上がるまでは、各自が独自のストーリーを作り、
 好きなキャスティングで想像上の映画をプロデュースして待つ。
 こんな楽しみ方のできる映画が一体他のどこにあると言うのだ?
                   ┏━━━┓
 言うまでもないが、総合的な評価は★★★★★(5星満点!)で ┃IN!┃
                   ┗━━━┛
 オリジナル3部作を愛さないものは見に行くな!愛するものは1度で終えるな!

──────────────────────────────────
 ■データ※『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
──────────────────────────────────
 ●お話:第1作「スターウォーズ」から遡ること30年。アミダラ女王の治
     める星、ナブーがダース・シディアスの差し金で突然の経済封鎖を
      受ける。事態を解決すべく、元老院から2人のジェダイ騎士が派遣
     された。
 ●監督:ジョージ・ルーカス
 ●出演:リーアム・ニーソン,ユアン・マクレガー,ナタリー・ポートマン他
 ●公開:7月10日〜日本劇場他全国東宝洋画系で公開中
 ●記録:興行収入が公開初日から2日間で約14億9千万円に達し、オープ
     ニングの日本新記録。観客動員数も過去最高の約91万3千万人。
     これまでは『ロスト・ワールド』の約12億5千万円が最高だった。