トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『オースティン・パワーズ:デラックス』
     〜OYAJI・ギャグ  in some movies  byゴ。


 レギュラー配信の『トレンド・キャッチ!』Vol.12(7月−C)号でも
 触れたのだが、今「おバカ」なノリがブームである。
 これは現代の「癒し」ブームと根っこが一緒だ、と思っている。
 不景気やリストラで、6割の人がストレスを感じる現代、「癒し」や
 「安らぎ」を求めるのと同感覚で、ノーテンキでナンセンスな「おバカ」
 テイストがウケているんじゃないだろうか。
 もう、哲学的なテーマや難解ストーリー、お涙頂戴感動モノなど、ズシリ
 と重みのあるものを鑑賞するには「ちょっと私たちお疲れぎみなんです!」
 ということだろう。
           ▽
 では、その<ナンセンスな笑い>の「キー」になっているものは何か?
 というと、それは『OYAJI・ギャグ』じゃないか?と私は思う。
 ちなみに、
 <いい年こいて><時代遅れなフレーズで><笑いをとろうとする>けど
 <ちょっと和む>・・・
 というのが、私の「オヤジギャグ」の定義なのだが、現代はまさに
 「オヤジギャグ・ルネッサンス」と言っていい(ウソかも)。
           ▽
 代表的な作品といえば、やはり『オースティン・パワーズ:デラックス』※1。
 『スターウォーズ/エピソード1』を一位の座から引きずりおろし、
 「20世紀最期のおバカ映画」のキャッチコピーに恥じない立派なバカぶり
 であるが、ストーリーのアホさ加減はもとより、いい年の英国諜報部員が

   【シャグ(性交を指す直球フレーズ),シャガデリック!】
   【グル〜ヴィ〜(超イケテル)】
   【ベイベェ〜(ベイビー)】

 と、レイト・シックスティーズの流行語をいまどき大連発しているという、
 コテコテのオヤジギャグぶりが、日本でのこの映画のヒットを約束してい
 るようなものである(ホントか)。
           ▽
 ところで、実は意外なところで「オヤジギャグ」を炸裂させていたのが、
 『'99夏東映アニメフェア』※2。
 問題の作品は、3本立ての1本なのだが、残りの2本が「リカちゃん」&
 「ミクロマン」(+ふろく:けんたろうお兄さんと一緒に「だんご3兄弟」
 を歌おう!!)だったので、4人しかいない試写室で、もうワナワナしっ
 ぱなしの私だったのだが、3本目の米TVアニメのCG映像版『ビースト
 ウォーズ』は、それなりに大人の鑑賞に耐える・・・というか、
 実はけっこうオモシロかった(笑)。何が?って、オヤジギャグが(笑)。
 あまりにおバカなギャグが続々と繰り出させるので、途中から暗闇の中で
 メモをとり始めた私であったが、明るくなって見てみると文字に文字が重
 なり、判読できたのは次の1本だけである。

      【な〜るヘソのゴマら〜油!】

   う〜ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・(冷汗)

   お耳直しに、最近出会った、出色のオヤジギャグを一本!

    【ミッチィもサッチィもどうにもブルドック♪】

   あ・・・・・・・・スミマセン。次号はまじめにやります・・。


──────────────────────────────────
 ■データ※1『オースティン・パワーズ:デラックス』
──────────────────────────────────
 ●お話:世界征服を企むドクター・イーブルと究極の英国諜報部員オーステ
    ィン・パワーズの因縁の大ボケ合戦の第2弾!
    (第1弾は好評ビデオレンタル中!)
 ●監督:ジェイ・ローチ
 ●主演:マイク・マイヤーズ(一人3役!)
 ●公開:丸の内プラゼールほか全国松竹洋画系で9月公開予定
 ●書籍:シナリオ・フォトブック(角川書店より8月下旬刊行予定)
 ●お得:映画業界で初めての試み「早割り前売鑑賞券」の発売が、東京、大阪、
     福岡、名古屋、札幌、神戸、京都などの各劇場で開始。
     通常、一般1,800円、学生1,500円の当日料金を、前売りに限り
     1,000円均一にするという画期的なもの。最大で44%の割り引き。
──────────────────────────────────
 ■データ※2『'99夏東映アニメフェア』
──────────────────────────────────
 ●お話:「ビーストウォーズ」「リカちゃん」「ミクロマン」
     の3本立て(各30分)にふろく(5分)つき。
 ●公開:7/31〜丸の内東映他東映邦画系公開