トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『エリザベス』
     〜“光栄ある孤立”を守った栄光の女王 byみ。


 今回は、女性ファンを中心に様々なトレンド現象を起こしている『エリ
 ザベス』をチェック!エリザベス人形¥315,000で落札!?エリザベス・
 コスチュームで記念写真を撮るフォトサービスが、「ああいうドレスを
 着てみたい!」という女性の変身願望を満たす形で人気を集め、エリザ
 ベスご愛用の香水「ワイルドローズ」も売れているとか。女性週刊誌で
 は池田理代子原案、原作、脚本のマンガが大反響。そもそもガーデニン
 グを中心に、日本女性の間でイギリスに対する憧れがあったところへ、
 強く変貌していく女の姿を、歴史考証、人間造詣もしっかりと描きあげ
 たこの作品が登場し、日本の女性が熱狂するのもわかる気がする。
 公開期間残りわずかとなった現在も尚、ヒートアップしているこの映画。
 当スタッフが、その劇場で盛り上がりぶりも含めてレポートします。
 意外にも(?)男性陣にもお薦めらしいぞ!

 −*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

 今年のアカデミー賞で、「恋に落ちたシェイクスピア」と並んで作品賞にノミ
 ネートされていたもう一つのコスチュームものが、この「エリザベス」。
 この2作品、出演している俳優も何人かダブっていたりして、本当にどちらが
 どちらか紛らわしかった!

 ところが実際に見てみると、一方の「恋に落ちた・・」とは全く対照的。あちら
 はバリバリのラブ・ロマンスだったが、こちらにはラブなんて言葉は必要ない。
 権力と陰謀と策略と政治。まっことハードボイルドな大河ドラマなのだ。

 私が見に行った映画館は、最近続々とオープンしている郊外型のアメリカンス
 タイル・シネマ。毎週水曜日はレディースデイ¥1,000、21:00以降の回はレイト
 ショー¥1,200といったサービスも充実している。そのレディースデーだったせい
 もあるだろうが、女性にものすごい人気!1日4回あった上映のうち3回は完
 売、残りの1回もほとんど(女性で)満員だった。

 しかし!女性をテーマにした女性のための映画と思われがちだが、そのつもりで
 見に行くとがっかりするかもしれない。「恋に落ちた・・」は、ハリウッドが撮
 った“イギリス風”の映画だが、こちらは正統派。あんな誰もが愛するように作
 られた映画とはちょいと違う。あっちが鉄腕アトムなら、こっちはブラックジャ
 ックってところか(古過ぎる?)。
 一見、男性は尻込みしたくなる映画だが、男性にもお薦め。内容的にはむしろ男
 性の方が楽しめるかもしれない。だって一言で言うなら、まさに女性版「ゴッド
 ファーザー」。裏切り者は抹殺する!!

 もちろん女性にこそ嬉しい部分だってある。特に衣装。すんごい豪華!さすが
 女王、格が違う!「SW エピソード1」のアミダラ女王にだって張る!
 そしてこれは個人的な楽しみとも言えるが、「恋に落ちた・・」でシェイクスピ
 アを、「エリザベス」では女王の愛人ロバート卿を演じているジョセフ・ファイ
 ンズがいい!!彼を見られるだけでも女性観客には十分な楽しみ(でしょ?)。
 「ドーベルマン」のヴァンサン・カッセルがお好きな方、彼も出ていますよ。

 −*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

 総合的には「大作」、しかし娯楽大作ではない。よって万人受けはしないと思
 う。但しあなたがハード・ボイルド好きか歴史好きなら、必ずや気に入る映画。
 もちろんコスチューム映画好きの人も見損ねる事なきよう。あなたが秋のロマン
 スに酔いたいなら「ノッティングヒルの恋人」に、娯楽大作を見たいなら「マト
 リックス」に向かえ!
               ┏━━━┓
    総合的な評価は5星満点中、★★★★で ┃IN!┃
               ┗━━━┛

──────────────────────────────────
 ■データ※『エリザベス』
──────────────────────────────────
 ●お話:16世紀、プロテスタントであったエリザベスが女王に即位し、
     カトリック勢力の陰謀をかいくぐりながら邪魔者を排除して、名実
     ともに女王としての実権を握るまでを描いた歴史サスペンス。
     フランスやスペイン、ローマ法王までも絡んだ政略抗争が凄まじい!!
     ●監督:シェカール・カプール
 ●出演:ケイト・ブランシェット、ジョセフ・ファインズ
 ●公開:全国東宝洋画系で超ヒット公開中
 ●書籍:ノベライゼーション(新潮文庫)
 ●お得:ワーナー・マイカル・シネマズでは、BIG3スペシャルと題したサービス
     を実施している。毎月1日はファーストデー¥1,000、毎週水曜日は
     レディースデー¥1,000、夜9時以降上映の全ての作品はレイトショー
     ¥1,200。他にも60歳以上¥1,000のシニア割引を実施している映画
     館も多い。
 ●おまけ:カクテル「クイーン・エリザベス」レシピ
     ◆ドライ・ジン「クイーン・エリザベス」 2/4
     ◆コアントロー 1/4
     ◆レモン・ジュース 1/4
     ◆アニゼット 1dash
     シェークして、カクテル・グラスに注ぐ。
    http://www.yomiuri.co.jp/elizabeth/new/new.html