トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『くるりにクラクラ』TEXT by Mizuki 

  「くるり」にはまっている。この前、30歳・独身・彼氏なしという同じ境遇の   友達と「このままでいいのか、私達」という話をしていた時も、「いいねん、   私、くるりと生きていくから」と思わず口走ってしまうほどの、はまりっぷり   である。とはいっても、彼らのことを知らない人もたくさんいらっしゃると思   うので説明すると、くるりは京都の立命館大学出身のロックバンドだ。ちなみ   に発音する時は「く」にアクセントをつける。ボーカル&ギター、ベース、ド   ラムの3人編成で98年に「東京」でデビューし、昨年の9月にギターが加入し   て4人となり、今年の8月にドラムがリストラされて3人に戻ったところだ。   このメンバー入れ替えは、モーニング娘。のように目新しさを追っているわけ   ではなく、あくまで音楽性を追及したゆえの結果だ。                    ▼   バンドの核となるのは、ボーカルの岸田君(黒髪に黒ぶち眼鏡といういかにも   学生風のルックスのため、どうしても“君”付けで呼んでしまう)で、作詞作   曲はおろか曲のプロデュース、プロモーションビデオの監督まで手がけるくる   りの頭脳ともいえる人だ。強烈な個性と才能を持ったフロントマンがいるバン   ドがよく陥るように、くるりも常に「岸田君とその他」となる危険性を孕んで   いる。でも、「バンド」であること、「バンドでしか作れない音」に対するこ   だわりは強く、「くるりでしか表現できない音楽」を作り続けている。   彼らの醍醐味は、なんといってもライブである。私も、ライブに足を運ぶまで   は「曲はカッコイイし気になるアーティスト」くらいの位置づけでしかなかっ   たのだが、ステージを見たら一瞬にして虜になってしまった。確かな演奏力と、   かなりいい味を出している岸田君のMC、そして何よりも彼らの魅力は「イエ   ーイ」などと客を煽らなくても、曲のグルーヴでバンドと客が一体化して盛り   上がっていくあの感じ。これは実際に会場に行かないとわからないが、一度体   験するとやみつきになる。大げさでなく「音楽ってすばらしい」って思える。                    ▼   彼らは、ツアーをしていても演奏する曲や曲順もそのライブ毎に違うし、本番   よりも長いと言われるリハーサル中にアレンジもドンドン変えるので、生き物   のようなステージを見せる。思いもよらないアレンジでシングル曲を演奏した   りすると「うわっ、そう来たか」と会場全体が一瞬どよめき、その後興奮に変   わる。これもライブでしか味わえない至福の瞬間だ。   先日、京都大学西部講堂という伝統はあるがクーラーがなく、最高気温が36度   を越すような猛暑の中では地獄とも言える会場でのライブを見た。会場は人で   あふれ、サウナのような状態で場内アナウンスでも「周りに倒れた人がいたら   助けてあげてください」と繰り返していた。メンバーも客も汗だくで、私もく   るりのライブじゃなかったら30秒も持たない状態だったが、演奏を聞いてる間   は暑さも忘れた。「あの夜をもう一度経験させてあげる」と言われたら、どん   なに暑くても喜んで行く。30女をここまで熱狂させるくるり、恐るべしである。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              <編集スタッフからヒトコト>     ♪私もくるり大好きです〜〜。     ライヴも何度か見ましたが、あの独特のグルーブは本当に体験して、     感じてください。としか言い様がないですよね。ちなみに私は「街」     の一曲で惚れ込みました。ライヴが一番!というアーティストはいい     ですよね。CDと同じ演奏じゃものたりない!ライヴとはよく言ったも     んです。躍動感があり、まさにナマもの!昨日と同じ味は保たれない     =1回こっきりだと思うからこそ、ついつい何度も足を運んじゃうん     ですよね〜(私にとって演劇もそうなんですが。笑)。     何かや誰かにハマりがちな私だけど、幸せだからよいっっ。(min)     ♪私もくるり、好きです。     岸田君のひょうひょうとしたところとか。京都男の味がありますよね。     それに、何といっても、私はメガネフェチなもので(笑)。(pooh76)             <さらに編集長からもヒトコト>     「30女を熱狂させるくるり」で思い出しましたが、芸能人に突然ハマ     る30代女性について、以前トレキャW版で、触れたことがありました。     打ちこむべき仕事もちゃんとあるというバリバリの30代キャリアウー     マンが、ある特定の俳優やアイドルにハマり、金と時間をつぎ込み出     すことから「バリキャリ追っかけ」なんて呼ばれてます。ちょうど昨     晩、山田太一脚本、薬師丸ひろ子主演で、この「バリキャリ追っかけ」     の姿を描いたSPドラマが放映されていました(本人役で出てたイーキン・     チェン、私もかなりファンなんですが、やっぱ彼はアクション映画の     中で観るに限るわ)。一説によると、バリキャリ達の共通点は、最も     アイドルなどにハマる思春期に自分を抑制してしまっていたため、経     済的&人間的に余裕の出てきた30代になってその反動が出る、ってこ     とらしいです。でもいくつになってからでも、夢中になれるものがあ     るって素敵なことじゃありませんか。うらやましくも思いますね。(ゴ)