トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『ほぼ日とジブリとSKIPと…』TEXT by うさぎ 

  前々から読者投稿がおもしろいと熟読していたメールマガジン「ほぼ日デリバ   リー版」(糸井重里さんが主宰するHP「ほぼ日刊イトイ新聞」のMM版)。   11/1シネマスィッチ銀座にて“ほぼ日刊イトイ新聞主催「映画『ダーク・ブル   ー』を夜中に観る会」”なるイベントが開催された。運良く抽選に当たったが、   チケットは当選ハガキ1枚につき1名。会場に集まったのは見知らぬ同士だが、   同じメルマガを購読する気が合うかもしれない仲間かも。整理番号順に会場に   入ると後ろの席から埋まっていく。これも読者カラーか?内容は、『映画「ダ   ークブルー」上映』〜『真夜中のトークバトル(糸井さんとスタジオジブリ鈴   木敏夫プロデューサー)』〜『映画「コーリャ 愛のプラハ」上映』。合間に   30分ずつの休憩があり、ロビーにて糸井さんの企画するSKIP(永田農法のユニ   クロから生まれた野菜とくだもののブランド)の販売があった。ジャージー牛   の牛乳、バナナ、トマトジュースなど、味は濃い目で甘かった。黙々とバナナ   を食べる人々や喫煙所に群がりモクモクとタバコを吸う人々…。金曜深夜だか   ら、そりゃ徹夜はキツイって。                    ▼   肝心の映画「ダークブルー」は、早い話がチェコの自由空軍たち飛行機乗りの   物語(by鈴木氏)。戦闘機のシーンは、本物と記録フィルムを合成処理したと   かで迫力満点。飛行機が好きな人なら一見の価値あるかも。愛と友情に関して   は主人公たちの気持ちの展開についていけず、悩んでいるうちに眠る機会を失   った私。しかし犬はかわいかった。2本目の映画「コーリャ 愛のプラハ」も   同監督作品。96年アカデミー賞外国語映画賞や第9回東京国際映画祭グランプ   リなどの受賞作。子役はかわいかったが、何故真夜中にこの映画を見ているの   だ?>私。自問自答する“観る会”なのか?唯一、会場が沸いたのが糸井さん   とジブリ鈴木さんによる脱線しまくりの「トークバトル」。ネットでもストリ   ーミング中継されていたので、世界に向けてオフレコ話を公開したことになる。   ジブリとNPO、「北の国から」は日本人の聖書だ発言(by 糸井氏)、ディズニ   ーアニメへの不満など、妙な説得力があって場内爆笑。                    ▼   トークバトルで鈴木氏がジブリ次回作の企画を話し出したときは、場内がシン   と聞き耳を立てた。原作はイギリス女性作家による児童文学で、空想絵画が流   行した19世紀末のヨーロッパが舞台。主人公は女の子で、科学と魔法、戦争の   匂いが要素とか。ここで両氏が、最近の映画界は時代物を描いた作品が多いが、   何故だろう?と。糸井氏は今の不自由さをみんなが感じているからではと解釈。   話は発展して鈴木氏が宮崎監督のお弁当の秘密を。アルミの弁当箱に2食分の   ごはんをギュウギュウに詰めて、昼に箸で半分に割り食べて残りは夜の分とか。   25年間変わらず続けていて、揺るぎない信念が発想の原点だろうと。糸井氏も   食の大切さにこだわり、おいしい米を作るために田んぼを購入する予定がある   と語る。食を素材として売るには何かと考えSKIPを展開中らしい(渋谷マーク   シティ内の露店を見たことあるが、関心を持つ人がいないのか閑古状態だった)。   帰宅後、さっそく煮込んだSKIPかぼちゃはホクホクして甘く味わい深かった。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━               <編集長からもヒトコト>    そもそもこの『ダーク・ブルー』という作品は、スタジオジブリの洋画初    出資作品なんですよ。そこでジブリの宣伝担当(笑)?糸井さんもからんで    のコラボ企画だったわけですね。私はこの夏、一足先にこの映画の試写を    観ていたのですが、思い出すだけでカッとなってしまう(笑)シーンもいく    つかありましたね。ちなみに配給は、あの『アメリ』をヒットさせたアル    バトロスさんです。で、早くも気になるのがジブリ次回作。タイトルは、    『はるるの動く城(仮)』だそうですけど、なんとなく“魔女の宅急便+天    空の城ラピュタ”みたいな?、まるで“女児版ハリポタ”みたいな?(笑)。    それからSKIPについては、個人的には、関心を持つ人がいない、のじゃな    くて、売り方の問題なのじゃないかなあ…とも思っています。それにして    も、ウチのスタッフには“ほぼ日”ファンが多いですねえ。かくゆう私も、    「ほぼ日手帳」は、初日にしっかり注文しちゃってましたが〜・笑(ゴ)