トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『アミレス/土鍋ごはん』TEXT by Gochy! 

  ◆その1)「アミレス(アミューズメントレストラン)」   トレキャ!でも、何度かレポートしてます“監獄レストラン”や“忍者レスト   ラン”(レポ→ http://homepage2.nifty.com/repo/repo1.html )   は、創作料理にアトラクションを加えたアミューズメントレストランとして、   今、若い人達にとても人気があります。   中でもかなり笑えるのが、江戸の吉原遊郭をテーマにした六本木の「遊郭ダイ   ニング性(SAGA)」。着物・花魁・障子・お膳など「和」の要素を現代風にアレ   ンジした雰囲気と料理が浮世絵ムードたっぷり!ってことで有料版では何度も   ご紹介してきていたのですが、ウリである「花魁が男性客を障子の部屋に誘い、   影絵で一夜の交わりを繰り広げるショー」っていうのが、一度見たらもういい   です!(笑)って内容で(毎月ガラリと内容が変わるのであればまた別ですが)、   “寿命は長くて3年”といわれるアミレスの運命を強く感じさせるモノでした。   実はこの影絵ショー、私は、男性客が花魁の帯を解き「あ〜れ〜」とくるくる   回る花魁の図(笑)っていうのを勝手に想像してワクワクしてたんですが、実際   は“空気式女体人形”(ストレートに書くのがはばかられ・笑)の愛好家がそこ   にいたなら「これは許し難い人形虐待だ!」とクレームが来るんじゃないかと   思われるようなイタい(笑)内容でした(ちょっとイメージできましたか?でき   ないか。ってか、別の意味で行きたくなってる人いませんか?笑)。お料理は   結構おいしいのですが「あのショーであのお値段はちょっと高すぎ!」が正直   な感想。だって、そこには「芸」というものが、ぜんぜんないんですもの。                    ▼   ◆その2)「土鍋ごはん」   お料理そのものの流行でいくと、今は「土鍋ごはん」の人気が急上昇中。この   土鍋で炊いたご飯が売り物の和食レストランが、あちこちに登場しています。   上記「SAGA」でも1日数食の限定メニューとして土鍋飯があり、我々もだし汁   でサラサラっとお茶漬け風にいただきましたが、いけました。オススメ品です。   エスビー食品も、つい先日、土鍋で炊いたご飯を売り物にした和食レストラン   「デザイナーズ ダイニング&バー HIDORI(ヒドリ)」(銀座)を開店した   ばかり。ここは山形県庄内産の米と全国の旬の食材を使ったメニューで…って   なことは有料版でもご紹介しましたが、先日私が出かけたのは、大人向けに大   リニューアルされた新宿マイシティー7・8Fの注目の食空間「SHUN/KAN」に   にある『彩箸(さいはし)』。ここも土鍋ごはんと旬菜をウリにしています。       予約は既にいっぱいで出来なかったので、開店直後の時間を狙って入りました。   コース料理を頼んだんですが、自家製豆腐はとてもおいしかったですね。ただ、   鳥の手羽はいただけませんでした。ゴムみたいに堅かったです。同伴者は全部   食べずに残してました。私は食い意地がはってるのでマズくても基本的にたい   らげますが(笑)。そしてお目当ての土鍋ごはん。コースでは「だいこん飯」   (なんか「おしん」を思い出しちゃいますね〜。わからない人もいるかな?)。   土鍋で炊いたご飯独特の歯ごたえがあって、これは、おいしかったですね。   しっかりおかわりまでしちゃいました。   大皿をおしゃれに使った盛り付けのセンスはいいんですが、メニューによって   味にアタリハズレがあるのが難かなあ。でも、お値段はそこそこリーズナブル。   今度は銀座のお店で、土鍋ごはんを食べてみたいです。