トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『トレンド指数』TEXT by Gochy! 

  トレキャ!のランキングを決めるポイント数を無料版では掲載していないので、   時々その仕組みについてお問い合わせをいただくことがあります。今日は簡単   にトレキャ!のトレンド指数(ポイント数)についてご説明いたしましょう。                     ▼   トレキャ!編集部では何本ものアンテナを立てています。そのアンテナの1本   1本が個々のリサーチスタッフに該当するわけですが、このアンテナスタッフ   たちから「あそこで見た(聞いた)この情報、なんかちょっとおもしろそうで   すよ。かなり気になります。要注目です!」って編集部に毎週クチコミされる   イメージですね。現在、リサーチスタッフの男女比は女性が圧倒的に多いので   すが、女性は特に、ウケそうなもの、話題になりそうなものに、“直感的に、   ピンと来る”(=アンテナ感度が高い。もちろん男性でも右脳と左脳のバラン   スが女性的な人はアンテナ感度が高い気がします)ことが多く、毎週たくさん   の有益な情報が集まってきます。その一部を抜粋してご紹介しているコーナー   が、下記の「ひとことレポ」になります。   そしてこのトレンドトピックスを毎週90本近くフォーム化してご希望のジャン   ル別に提供しているのが有料コンテンツの「Weeklyデータ版」になります。   コンテンツをご購読されているメディア関係者の中には、これを単なるトレン   ド情報のネタ探しという目的だけではなく、「今週は自社の媒体(雑誌・TV・   リリース)で扱ったどの情報に人々が関心を持ってくれたか?」を知るための   ひとつのモニターがわりとしても活用されているようです。   そしてより多くのスタッフが「ピン!と来た」ネタは一般的にも関心が高まる   情報であるわけなので「ピン!と来た」頻度数と、さらに今後の可能性の大小   を加味して数値化したものをランキングしているわけです。そして複数のネタ   を共通のテーマ(例えば下記の「トレンドランキング・ピックアップ!」内の   『夜と昼の間に…。』などがそれに相当します)を設定して、簡潔に解説して   いるのが、有料版「トレキャ!DX」なんですね。こちらはBtoB、BtoC系の   メルマガなどのコンテンツ企画や、コーナー制作の一助としてご活用していた   だいてるケースが多いです。特に「今度の特集はどんな企画にしようかな?」   という時に、DX版からテーマ候補とそのテーマに関する複数の資料源が入手で   きますので、あとは各トピックスの詳細をWeekly版でチェックされる、という   ダブル活用法をされている企業様が多いようですね。                     ▼   無料版で掲載している「第○位」というランキングは、そういう仕組みで掲載   しているものなのです。