トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇ 『トレキャスタッフの書斎』

        本好きのトレキャスタッフ5名による          オススメ作品のBOOKレビューをお届けします!      ───────────────────────────────────   ◆『スキップ』(文庫版)              From pooh76の書斎     北村薫著/新潮社/743円   ───────────────────────────────────   本書エピローグにある言葉「昨日という日があったらしい。明日という日があ   るらしい。だが、わたしには今がある。」主人公・一ノ瀬真理子のこの台詞は   読後に痛いほど胸に染みてくる。文化祭の準備を終えて家に帰り、レコードを   BGMに目を閉じた17歳の真理子。目を覚ますと、そこは見知らぬ場所。真理子の   ことを「お母さん」と呼ぶ女子高生。そして、時を飛び越え42歳の桜木真理子   になっている自分に気づく。とまどいながらも懸命に17歳の心のままで日々を   過ごしていく42歳の真理子。読み進むにつれ、そんな彼女を応援せずにはいら   れない。突然奪われてしまった25年間というのは、あまりにも酷すぎ、何より   も切ないのは彼女が自分自身と向き合うところ。現実を受け入れることの難し   さ。結局は前に進むことでしかままならないのが現実。もしもあなたが突然25   年後の自分になったら、その事実を受け入れられますか?そのときには冒頭で   触れたあの言葉を思い出してみて下さい。   ───────────────────────────────────   ◆『おたんこナース』(全7巻)           From うさぎの書斎     佐々木倫子著/原案&取材・小林光恵/小学館/各530円    ───────────────────────────────────   私の本棚で一番多いのはマンガ。好きな作家さんのものは全作品そろえて、仕   事の合間の息抜きに読んでは空想の世界にボ〜と浸っています。息抜きという   か、煮詰まっての現実逃避とも言えるかな(笑)。でも意外と仕事の役に立つ   こともあるんです。トレキャで医療関係の記事を書く場合、病院を舞台のマン   ガを読むと雰囲気がつかめて親近感まで沸いたりする。原稿を書きながら思い   出し笑いするのは私ぐらいだろう。「おたんこナース」(全7巻、佐々木倫子   著、原案&取材・小林光恵、小学館、各530円)は、内科の新米看護婦が主人   公。看護の現場、医師とのコミニュケーション、患者の心理など重たいテーマ   を描きながらも、ホロリとしたり時には爆笑と読後がさわやか。泣かせどころ   と笑いのセンスが絶妙で、その構成力には脱帽。おりしも5/11から観月ありさ   主演の「ナースのお仕事ザ・ムービー」が東宝系劇場公開。なんで「おたんこ   ナース」をドラマ化・映画化しなかったのだろう。主演は小林聡美さん希望。   現場の看護婦さんたちにも喜んでいただけるはずなのに…。   ───────────────────────────────────   ◆『美人画報ハイパー』              From よっしーの書斎     安野モヨコ著/講談社/1300円   ───────────────────────────────────   普段はミステリーしか読まない私が、この本には興味が。それは漫画家、安野   モヨコが書いているエッセイだということと(実は私も漫画好き)、思いっき   り偏見だけど、漫画家と美人というのが今イチ結びつかなかったから。しかし   読み始めると、一気にその本に夢中。作者自身が使用した化粧品、エステ、な   どの使用感や効き目が作者の挿絵と共に書いてあったりして、とても面白い。   さらに冒頭の「自分をブスと思わなくする、それが美への第一歩」の1文では   「なるほど・・・」とうなっている私が。やはり何事も気持=意識は大事なの   だと認識。「意識が変わると顔も変わる」らしいし。しかし一番の驚きは、作   者の変わりよう!この本の‘1’に出てた写真とこのハイパーでは別人のよう   に美しく、それがまた説得力を感じさせ、早速明日から実行しよう!と読後、   すっかり洗脳された私の姿があったのでした・・・・。   ───────────────────────────────────   ◆『シュガーレス・ラブ』              From おっとの書斎    山本文緒/集英社文庫/457円   ───────────────────────────────────   読書歴は短く、本を読む時と読まない時の差が激しい私。この感情の起伏って   やはり生活の中のいろいろなストレスが原因。そんな「ストレス」を題材にし   たこの本。「ありふれた失恋が、些細なセクハラが、女たちを追いつめていく」   まるで、ホラーなキャッチフレーズ!でも、実は骨粗しょう症、アトピー性皮   膚炎、便秘に睡眠障害など10の病気とその背景にある物語なのです。日常の些   細な事が心のかすになって溜まって溜まって、細胞を蝕んでいく。ビタミン剤   のCMで「無理している自分がすごーく好き?」「○」っていうのがあるけど、   実はあれが一番に危険。人間はきっと、むずかしいと感じる事にどこか快感を   見いだしてしまうのかもしれません。でも、無理はだめです。だって、おいし   いという感覚がなくなるんですよ(by味覚障害=シュガーレス・ラブ)。こんな   感じで全10話。「人の振りみて我が振り直せ」と思って気軽に読んで、自分へ   の警告にするのもいいかも。。しかも、山本文緒って人の本には人を力づける   威力がある。心と体はつながっているのですよ。マジに。。   ───────────────────────────────────   ◆『ビジトレ!』(HTMLメルマガ)       From Gochy!の“受信箱”     http://www.melma.com/mag/67/m00061067/    (笑)↑   ───────────────────────────────────   書棚事情から書籍はほとんど買わないため、図書館の予約リクエスト制度をフ   ル活用中。ちなみに現在は宮部みゆき、藤森直子、村上龍の著作他、来月発売   予定の『仁義の墓場』(藤田五郎)など7冊ほど申請中だ。実は私、「ごくせん   (極道先生)」ならぬ「ごくへん(極道好きの編集長)」である(笑)。正確にいう   と、任侠、ノアール、アウトローに見られるダンディズムが好きなんだけど。   今、東映の実録任侠映画(仁義シリーズとか)のリメイクラッシュなのだが、   はじから観てたりするんだな、新作を(内緒だが哀川翔結構ファンです・笑)。   で、上記の本も今夏三池崇史監督のリメイクでロードショーされる映画の原作。   極道といえば、昭和20年代に渋谷を牛耳っていたインテリヤクザ集団「安藤組」   がつとに有名だが、ここまでくるとヤクザも一種の「起業家」。「¥マネーの   虎」などに登場する起業家たちと、どっか共通のニオイを感じるのは私だけだ   ろうか(あの虎たちが「組のもんです」と言っても全然違和感がない気が…笑)。   閉塞感に包まれた現代こそ、彼らのような個性にも注目したらおもしろいかも、   と起業家ウォッチングを始めた私である。そして、それをひとこま似顔絵アニ   メ付コラムとして連載しているのが『ビジトレ!』だ。アニメは当スタッフの   tomomが担当、もうそっくりなので大ウケである(似顔絵の上のボタンを押すと   ふきだしからセリフが流れ出す仕掛け)。ちなみに、9日配信予定の第2号は、   テレ東の番組から見つけたアダルトサイトの仕掛け人が素材である。似顔絵に   もモザイクをかけ、いかがわしさ満点の仕上がりに!?   よかったら購読してみて!って話なのである(なんだ、宣伝かよ!ってか・笑)   ───────────────────────────────────