トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『NYの中の“ニッポン”』TEXT by おっと 

  2001年9月11日、忘れもしない事件がNYだけでなく世界を激震。3年ぶりのNY   でもっとも目にしたものは、やはり星条旗!ワートレ(ワールドトレーディン   グセンタービル)跡地付近のロウアーマンハッタン・サウスストリートシーポー   トへ向かうFulton St.は特に目立った。ワートレの跡地は、専用のチケットを   購入すれば見学が出来るようになっていた。でも未だ、地下鉄Cortland駅は復   帰していないし、道を行き交う工事のトラックに、けたたましい消防車のサイ   レンなど、まだまだ生々しい。特にトリニティー教会前の行方不明被災者の顔   写真付きポートレートとそれを励ます言葉、おもちゃに花。グランドセントラ   ル駅構内にも被災者の為の掲示板。星条旗色の千羽鶴。富士銀行の被災者の写   真。自由の女神を見るための乗船前と、帰りのJFKでの厳しい手荷物検査(なん   とベルトまではずすハメに!)。星条旗色に彩られたエンパイアステートビル   (季節や行事で変わるらしいが、私がいた期間は毎日この色)。でもエネルギー   みなぎるNYは健在だ。                   ▼   マンハッタンは道路が碁盤の目のようになり、わかりやすいのでついついたく   さん歩いてしまう。歩くとお腹が空く。そこで、目にする看板にはあれ?日本   語が…。「東京」に「太田」に「松島」、「そばや」に「ぱんや」。おいおい!   私はNYに来たのよ!地図を片手にチェルシーからイーストビレッジ、グラマシー   を歩く私に声を掛けてきたおせっかいなタクシーの運転手は、私が日本人だと   わかるやいなや「イーストビレッジの3AV.の9丁目あたりに行け!」と言う。   行ってみると、サンライズマーケット(日本のスーパーマーケット)には見た   ことある商品がズラリ。お客様は日本人以外に多国籍にわたる。その横の「ぱ   んや」は小倉パンが人気で、青い目の外人さんが注文してた。「そばや」は開   店1時間前なのに5〜6人が並んでる。お煎餅屋さんのオーナーは日本人女性   で昨年オープン。茶器やお茶も並ぶ。レキシントンAV.30丁目にある「太田」や   39丁目の「東京」は昨年オープンで、「東京」のオーナーは長野県出身。ヘル   シーな日本料理は、特別なものでなくニューヨーカーの一般食になっているみ   たいだ。                   ▼   一方、ファッションといったら、まだまだ、SOHO。マンハッタンの家賃はここ   4年位で倍に上がったという。「SOHOは元気がない」と雑誌で読んでいたので   期待はしてなかったんだけど、入るだけで胸がときめく店があった!その名も   ご存じ日本人御用達ブランド「プラダ」。あの感動をどう伝えればいいんだろ   う?商品はビッグブランドだからよく目にする物なんだけど、店の建築が変わ   っている。一言で言えばローマのスペイン広場。地下に続く広い階段。そこに   はお客様が座り、商品が並ぶ。階段を下りきると部屋が何個かあり、整然と商   品が並ぶのだが、その並べ方すらデザインされている。部屋に入るだけで自分   までデザインされてしまうような空間(上手く表現できなくてごめんなさい)   もある。部屋と部屋の間にはインターネットのスペースがあり、世界のプラダ   を検索できる。日本への出店数って、世界1みたい。日本人ってプラダ好きだ   からなー。なんて思いながら東京を検索。画面のデザインには日本の「出会い   系」や「風俗情報」の雑誌の一部がコラージュされている。「ピー」って鳴っ   ちゃいそうな言葉がズラリ。こんなものまでデザインの要素なのね。この素敵   な空間ですら日本を感じた私でした。                    ※    ♪なんでもお茶の伊藤園さんも近々マンハッタンにお店をオープンするとか。     和&ZEN(禅)ブーム、オリエンタルブームのNY。日々新たな“ニッポン”     が登場しているようですね(ゴ)