トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『シルク・オーケストラって何?』TEXT by MARS 

  ソルトレークシティで行われた冬季オリンピックも終わり、一段落。モーグル   の里谷多英が銅メダルを授与される時のメダルセレモニーのステージ後方で、   サーカスのような芸術パフォーマンスがあったのをご記憶の方はいるだろうか。   米国で24日に行われる第74回アカデミー賞授賞式では、「サルティンバンコ」   で知られるサーカスカンパニー「シルク・ドゥ・ソレイユ」がステージパフォー   マンスを披露することが決まっている。最近はこのように、サーカスティック   な舞台演出をいろんな場面で目にするようになってきた。日本で「サーカス」   というとどうしても道化師とかジャグリング、空中ブランコ、猛獣遣い…とい   うイメージしか湧かないけれど、欧米ではサーカスはむしろ肉体表現のひとつ   としてとらえられ、フランスあたりでは体操教室感覚でサーカス教室に通う子   供も多いんだとか。サーカスは近年、ダンス、アクロバット、バレエ、パフォー   マンス、演劇など多くの要素を融合したアートとしての地位を確立している。                    ▼   その中で注目されるのは、クラシック音楽とアートサーカスを融合したステー   ジ「シルク・オーケストラ」。現在ワールドツアー中で、もうじき日本に初お   目見えする。今までありそうでなかったこの組み合わせ。しかもオーケストラ   は生オケで、世界各地の有名な交響楽団とコラボレートしている。3月15〜17   日、東京渋谷のBunkamuraオーチャードホールで、東京フィルハーモニー交響楽   団の演奏で行われるこのステージ。演じるのは、カナダ・ケベック州のサーカ   スカンパニー「シルク・エロワーズ」。シルク・ドゥ・ソレイユのステージに   も出演したアーティストらが出演(しかもみんなすごい美形だ!!)。NYで   修行を積んだ矢野光一さんという日本人ダンサーが、およそ90人集まったオー   ディションからたった2人選ばれて出演しているのも話題。「ワールドツアー   で回を重ねるごとに内容がどんどん充実度を増していて、日本に来る頃にはそ   れがマックスに達していると思います」と、サーカス初挑戦の彼。                    ▼   で、それはどんなステージなのかというと、先にストーリー紹介をば。一人の   バイオリニストが演奏中、妖精に出会い、未知の世界にいざなわれる。そこに   は鳥のように自由に空を舞う者や美しく踊る者たちがいて、自分も飛んでみた   いと憧れたバイオリニストは、同じように空を目指す…。ステージの印象をひ   とことで表現するとすれば、「空中で踊るバレエ」だろうか。これ以外にもハ   ンドバランスなどサーカスの見せ技をベースにしつつ、全体的に幻想的で躍動   感あふれる美しさを「魅せる」ステージになっている。写真でお見せできない   のが残念だけど、以下のHPで一度チェキラウトしてみると、全体像イメージ   が伝わるかも。チケットはS席が9000円、A席が7500円と、「う…、結構高い」   と一瞬思ってしまうが、「クラシックのコンサートとサルティンバンコのよう   なアートサーカスのステージが一度に観られてこの値段」と考えると、急にめっ   ちゃオトクな感じ。公式&関連HPは、    http://www.ntv.co.jp/shigeki/cirque2002/index.html    http://www.canadanet.or.jp/p_c/eloize.shtml#TOP    http://www.infini8.co.jp/