トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『密かにささやかれる夏のサプリ』TEXT by うさぎ 

  今年は平年以上に温暖な日が目立ち、百貨店はすでに夏物商戦の序盤戦に突入。   3月、桜の早咲きに始まり、4月5月と夏日を記録する日が多い。かと思った   ら、急に気温が下がるなどエルニーニョの気配が観測されているとか。今年は   冷夏ともっぱらの噂。気になるところだが、もっと気になるのが夏服。いや、   夏服を着た自分の姿なのだ。夏の薄着では、体のラインがどーやったって一目   瞭然。夏の定番のワンピースも今年は肩などを露出したタイプが主流だし、細   身シルエット、Vゾーンなど、女らしさが匂う着こなしが人気。キャミソール   などのインナーをトップで重ね着したり、わざと見せるためのガーターベルト   など、肌を露出するファッションも多くなるだろう。早めの夏の対策は…?                    ▼   答えは簡単、ダイエットするべし。健康のためには長期的なダイエット計画を   立てるほうがベストだが、それができるなら今ごろ慌ててないっすね。健康に   配慮して、無理をしない方法といえばサプリメントの活用がオススメ。近年の   健康志向を追い風にサプリメントは4000億円超の市場規模。ダイエットだけで   も700億円市場。薬局の棚にはあふれんばかりの商品がひしめき合っている状   態。今後も成長が見込める市場だから、製薬・飲料・美容メーカーの異業種が   入り乱れて次々に新製品を開発販売。昨年4月からの「保険機能食品」制度の   導入で、栄養成分の機能表示が義務づけられてからも商品パッケージには様々   なうたい文句が踊っている。なんだかどれも“効き目”ありそう。しかし医薬   品ではないので“痩せる”“効果”などの表示は禁止されているはずなのに?   安全性が高いサプリだが、国民生活センターには相談や苦情も多いとか。多種   多様のサプリ市場には落第製品も横行しているので気をつけよう。                    ▼   そこでサプリメントを扱う会社の研究員である友人に聞いてみた。今後ダイエ   ットのトレンドとなるサプリは?「とうがらし成分の“カプサイシン”は体の   基礎代謝の他に体温を0.5〜1.2度上げるので、運動前に摂取すると効果的。エ   ネルギー消費の大きい夏は特に“ミネラル+ビタミン”も重要。米食品医薬品   局(FDA)や厚生労働省も、日常にサプリ活用を勧めているほど」。脂肪燃焼効果   と栄養補給はダイエットのお約束よね。「最近、ミネラル学会が厚生労働省と   組んで動きが活発。“亜鉛&セレン+酵母”や体内成分“ヘム鉄(鉄分)”   “コエンザイムQ10(動脈をキレイにし免疫力UPする補酵素)”は要チェック。   人気のマイナスイオンは、森林浴と同じ効果を持つ“トルマリン”が有望株」。   …はぁ。学会、ヘム鉄?「ダイエットは精神面のケアが大事。ハーブティーを   飲んでリラ〜ックスが一番!」。茶ぁ〜飲むだけで痩せないかなあ。「(笑)   楽しいダイエットと言えば、果物も注目されているね。脂肪燃焼効果のグレー   プフルーツやラズベリー。あと、日本ではまだ発売されていないけど“アムラ   (熱帯に分布する落葉小樹木)”の果実はレモン400個分のビタミンがあるよ」。   アムラ成分を使用したサプリ製品はあるらしいので、薬局チェックに走ろう。   ★サプリメント購入前にチェックして正しい選択をしよう★   国民生活センター  http://www.kokusen.go.jp/   ビタミン・ミネラル百科  http://www.takeda.co.jp/healthcare/vitamin/