トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
◇『キダムの舞台裏をお教えしましょう』
Text by MARS

2月7日から東京の原宿・新ビッグトップで行われている、『キダム』というサーカスショーをご存じ?そうそう、あの、モーニング娘。が宣伝しているやつです。えっ、もう行った?それとも、まだ観てない?チケットがS席で1万1500円と結構はるから、行くのも勇気がいるよね。これを演じているのは、カナダのモントリオールからやってきた、シルク・ドゥ・ソレイユというサーカスカンパニー。前回の『サルティンバンコ2000』で、日本でもようやく名前は知られてきたところ。連日のチケットの売上は上々で、東京はとりあえず5月5日まで。名古屋が5月21日〜7月6日、大阪が7月19日〜8月31日、福岡が10月22日〜12月7日という今のところの予定。そこで、前回の『サルティンバンコ』と今回の『キダム』はどう違うか?私MARSは、プレミアと初日の2度、すでに観て参りましたんで、アドバイスや情報をお教えしましょう。今からでも絶対役に立つはず!!
まず、『サルティンバンコ』が元気いっぱいの明るいポップなサーカスだったのに対し、今回の『キダム』は演劇的なアプローチ。忙しい両親にかまってもらえない少女が、首のない大男に誘われ見知らぬ世界へと迷い込む…という、ストーリー。空中での演技がかなり多いので、真っ正面の前の席よりも、後ろ斜めや横の席からから観るのがおすすめ。5500円のA席でも十分に見えます。
今回の日本公演でデビューした日本人、田口師永(のりひさ)さんが『スキッピング・ロープ』という演目で活躍中。フィナーレで「のりさ〜ん」と呼んでみるといいかも。また大阪公演からは、京都に1歳から在住していた元モデルの17歳のアメリカ人、エイサ・クビアックさんがデビューの予定。シルク・ドゥ・ソレイユと契約するのって、オリンピックに出るのと同じくらい、いや、それ以上に熾烈な競争率で、彼女は今、ヨーロッパで懸命にトレーニング中なのだ〜。
そんなこんなの舞台裏は、最近発売された本『アートサーカス サーカスを超えた魔力』(西元まり著・光文社新書)を読むと、詳しく書かれてるよ。現地モントリオールなどで著者が長年取材、インタビューしてまとめたもので、日本ではシルク・ドゥ・ソレイユに関する本としては、第1冊目。現地でのトレーニング内容や周辺のサーカス学校、カンパニー事情もユニーク。キダム関係者もこの本の情報をかなり参考にしてるそうな…。6月7日からは松任谷由実の『シャングリラ2』も始まるし、CMやMV、映画、ステージでもアートサーカス的な演出はますます増えているし、これからエンターテインメントの世界はもっともっと、アートサーカスを取り入れていくはず。最後に、シルク・ドゥ・ソレイユの最新情報をひとつ。7月31日から、ラスベガスのホテルNYNYで、『ズーマニティ』という18歳以上限定のショーが始まる!年齢制限付きのアートサーカスショー、これはちょっとゾクゾクしない?


<編集長からもヒトコト>
上記レポに出てくる「アートサーカス」という言葉は、文中でも紹介されている『アートサーカス サーカスを超えた魔力』の著者、西元まりさんがネーミングしたサーカスのジャンルです。私がシルク・ドゥ・ソレイユの公演を初めて観たのは、かれこれ10年以上も前のこと。当時仕事でお付き合いのあった「ぴあ」の営業マンに絶賛オススメ(笑)されて行った『ファシナシオン』というショーでした。単なるアクロバットでもないし、従来のサーカスとも違う。今まで見たことないショーに、「なんじゃこりゃ!」っていうくらいの感動と衝撃の連続。思わず鳥肌が立つ、って感じでしょうか?一緒に行った友人も想像を超えた内容だったと大興奮でした。

この時の公演を大阪で見て、すっかりその世界に魅せられてしまったのが、西元さんで、日本のライターとしては初めて「アートサーカス」の世界に肉迫した貴重なドキュメント本をまとめられました。華やかなショービズの裏側をスリリングに綴られています。またビジュアルも豊富でショーを観たことがない人もイメージしやすい内容になっているのでおすすめです。映画をはじめCG技術を使えばどんなことでも出来てしまう時代ですが、GWの後半は、生身の肉体による表現力の素晴らしさを堪能してみるのはいかがでしょうか?私は18禁の『ズーマニティ』が気になってたまりません(ゴ)