トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『「豚」に魅せられた女性達』 TEXT by 夢瀧 樹 

  普段何気なく私達が食している「豚」。国や宗教によっては神聖なものと崇め   られている「豚」も、わが国日本では「家畜」ならまだいいほうで、「畜生」   に例えられることさえある。その認識の差は、泥などで身体を洗う「豚」の行   為からきているといわれる。つまり、神聖なものとする国々では、普段そこに   暮らす人々が入浴する習慣がないため「豚」は崇められ、一方、日本では入浴   の習慣は当たり前のもので、泥で身体を洗うなど汚れるだけだという感覚から、   「豚」への扱いも違っているというわけだ。                   ▽   そんな「豚」くんだが、宮崎駿監督作品「紅の豚」では主役に抜擢されるほど   大事にされており、宮崎監督にとっても「豚」は気になる存在だという。この   ジブリの例に限らず、最近は、キャラクター、雑貨、テレビCMなど様々な分   野で「豚」の起用が増えている。「ミニブタ」と呼ばれる豚も登場し、ペット   としても女性を中心に人気だ。                   ▽   さらには「豚」好きの女性が集まり、「豚」好きのためのNPO「FPカンパニー」   ( http://popup7.tok2.com/home2/fpcompany/ )まで発足された。   事務局は豚飼育の専門家、豚の雑貨店経営者など「豚」に関連した職業の女性   たち。発足パーティーも4月に行われ、「豚」好きだけにとどまらず、活動の   輪が広がっている。「豚」のネットワークをつくること、イベントを開くこと   などが主な活動内容だ。これからもさらに「豚」ブームが加熱されればいいと   思うのはブタ仲間(?)の私だけであろうか。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━               <編集長からもヒトコト>                    ☆    美肌効果で女性に人気の「豚肉専門店」や「豚足料理」、変り種スイーツ    として登場した「黒豚アイス」、ワインを餌として育てられた高品質ブラ    ンド豚「ワイントン」などなど、“豚ネタ”はトレキャ!のWeekly有料版    でも、常連さん(笑)。牛肉問題以降、飲食の世界でも「豚」は人気の食    材になっています(ゴ)。