トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『外籍新娘〜外国人花嫁はビッグビジネス!?』(前編)TEXT by れいちん@台北 

  台湾で使われる「外籍新娘」とは外国人花嫁という意味だが、私のような日本   人が台湾人と結婚した場合は「日本太太」、つまり日本人の奥さんと呼ばれる   だけで「外籍新娘」とは言われない。でも私の働くオフィスビルに派遣されて   くる清掃員の女の子達はまさにその「外籍新娘」である。つまり東南アジアや   中国などの貧困地区から斡旋業者を通じて契約結婚のために台湾へ来た女性た   ちのことだ。彼女たちは皆とても若く、一様にすごく痩せていて、表情も多少   おどおどした感じがする。しかし非常に従順で仕事も一生懸命だし、努力家が   多い。私は何人かのベトナム籍清掃員と仲良くなったのだが、残念ながら、皆   あっという間に妊娠して次々と辞めていってしまった。なかなか妊娠しない場   合は夫側が業者に別の花嫁と取り替えろと迫る場合もあるらしい。                    ▽   では「外籍新娘」を娶る男性とはどんな人なのか?まず多いのは農家の後継ぎ   である。働き手としても仕事の後継者を作るという目的のためにも長男であれ   ばお嫁さんをもらうのは必須だが、最近は農家へ嫁ごうという若い台湾女性が   減っているらしい。台湾大地震の震源地として有名になった南投縣は農業が盛   んな地域だが、近年結婚した50組のカップルのうち1組以上が「外籍新娘」を   お嫁さんにしているといい、この比率は国内最高である。次に考えられるのは、   台湾に多くいる退役軍人と言われる人たち。年齢的には70歳前後で、多くは中   国に妻子を残して台湾へ内戦を逃れて来た人だ。最後は障害のある男性も含め   たいわゆる「異性運のない」男性だ。台北では農家の後継ぎ問題よりもこちら   の方が深刻なのである。どこの国にもあまり女性受けしない男性はいると思う。   容貌が冴えない、体型が悪い、学歴が低いなどが主な理由だろうか?私の働く   会社の警備員はとても若くて可愛い「外籍新娘」をもらったが、そのことを知っ   た同僚の男性は「あぁ、あのチビでデブで色黒で中卒のアイツかぁ」と妙に納   得していた。                    ▽   ところで、藁にもすがる気持ちでお嫁さんが欲しい台湾男性と、本当の恋を諦   めてでも実家のためにお金が欲しい外国人女性を結びつけるキューピッド役を   担うのがいわゆる斡旋業者である。実際にどれくらいの契約金を払うと外国人   花嫁を迎えることができるのだろうか? 手元に斡旋業者の広告があるので、   次回はその内容を抜粋してみたい。(後編へつづく)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              <編集長からもヒトコト>                    ☆     このレポを読んで、ニコール・キッドマン主演の映画『バースディ・     ガール』を思い出した。銀行に勤める独身のイギリス人男性がインター     ネットでロシア人花嫁をオーダーするのだが、とんでもない事件に巻     き込まれるというサスペンス。インターネットで花嫁を注文する「メー     ル・オーダー・ブライド」ビジネスは、現実にいろんな事件が起きて     いるそうだが、日本でも関連犯罪の増加で「出会い系ビジネス」のあ     り方が問われている。ただ、まじめに男女の出会いをサポートしてほ     しい、というニーズはけして少なくないので、この手のビジネスの今     後にはとても興味がある。次回、レポの後編では、品定め、返品、交     換など、花嫁が完全に「商品」として扱われている実態、逆に異常に     大切にされるケースなどをご紹介予定です。お楽しみに!(ゴ)