トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『外籍新娘〜外国人花嫁はビッグビジネス!?』(後編)TEXT by れいちん@台北 

  ★前編の内容                    ▽   さて、後編では「外籍新娘」斡旋業者の広告内容をご紹介しよう。金額の単位   はすべて台湾元(1元は3.4〜5円)である。   まず、目に入って来るのは「広告は信頼の証」という太文字。騙し目的の悪質   業者ではありません、ということだ(実際、結婚斡旋詐欺は増加している)。    そして「結婚!ベトナム、中国、カンボジア」と続き、   ・A:ベトナム29.9万、中国19.9万、カンボジア31万。   ・B:費用は航空券(ベトナム往復、中国、カンボジアは片道)、花嫁來台航空券、     一回目の宿泊費、花嫁への結納金、結婚式、披露宴、ドレス、結婚証明書     発行費用を含む、とある。   さらにその下に「結婚の利点」とあって、   ・1)稼ぎが増える−月々2万、年24万の増収、   ・2)寝られる−女性を買う手間が省け、年間8万が浮く。   ・3)家事軽減−料理、洗濯、掃除等、年間12万相当の家事をしてくれる。   ・4)子供が作れる−子孫を残すのは偉大な行為です。   ・5)結婚すると良い事ばかりです!なぜあなたは結婚しないのですか?      どこか異常でもありますか?   と最後は脅迫しているみたいだ。それにしても、2)の年間8万元(約28万円)   が浮くというところ、妙に具体的で説得力があるとは言えないか。   さらに、ベトナム女性の良いところと中国女性の良いところも紹介されている。   が、ベトナム女性には13項目もの良いところがあるのに、中国女性の良いとこ   ろは5項目しかないのには笑ってしまった。台湾人も中国人も同胞ということ   で、身内には目が厳しくなるのかもしれない。                    ▽   このような広告を見ると花嫁は立派な商品だということが分かる。品定め、返   品、交換などもできると聞く。しかし、大多数の夫やその家族はお金と時間を   かけてやっと外国から迎え入れたお嫁さんをとても大切にしているようだ。私   が実際に親しく話したことのある「外籍新娘」はたった数人だけれど、皆それ   ぞれに幸せだと語ってくれた。また、彼女たちと話していて感じたのは「(契約   結婚した)自分の境遇を可哀想だとは思わない、もっと不幸な人をいっぱい見   て来た。こうやって自分が少し我慢することで実家に安定した仕送りをしてあ   げられることが嬉しい」という考え方を共通して持っているということである。   仕事上の些細なトラブルで家族に不平不満をぶつける私とは根本的に「幸せ」   と「不幸せ」に対する感覚が違うようだ。心から敬服して是非見習おうと反省   させられた次第である。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━               <編集長からもヒトコト>                    ☆     今回は、非常に興味深いシリーズレポでしたでしょう?     すぐお隣の国で上記のようなビジネスがしっかり成立していることが     少なからずショックというか複雑です。“他の人に比べたらまだマシ     だから…”、“自己犠牲の上の実家支援…”、といった花嫁側の心理     には個人的に考えさせられる部分もありますね〜。       ハッと気づけば、一昔前だったら「オジサン」と呼ばれていた世代に     なっていた…そんな「成り行きシングル族」が急増中の日本では、     上記のレポのような結婚への切実感はほとんどないのかもしれません。     “「一生独身」というほどの信念もなく、女性とも縁がないわけでは     ない。経済力もある。不安になることもあるが不満ではない。世間も     寛容になり「結婚しろ」と言われない”。日本では、そんなふうに、     “なんとなくシングル”で今まできちゃったという30代・40代男性     をターゲットにしたパートナー紹介ビジネス(出会い系ビジネス)に     大きな可能性があるような気がしますね(ゴ)。