トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『医療番付の功罪』 TEXT by Gochy!

  音楽情報サービスでお馴染みのオリコンが、医療関連情報の提供を手掛ける全   額出資子会社「オリコン・メディカル」を設立したことについては、トレキャ   のWeeklyデータ版の方でも注目のビジネスとして取り上げた。先月末に医療機   関に関する患者の満足度をランキングした本が出版され、ホームページでも一   部情報を公開している。医療機関による様々な不祥事や不適切な対応が社会問   題化する今、病院やドクターについて、(ヘンな癒着関係が一切ない)一般利用   者の生の評価を知りたいというニーズは確かに高いはずだ。その点では「消費   者待望のサービス」といっていい。現に書籍は相当売れていて場所によっては   入手困難な状態になっているようだ。その一方で、このサービスの登場後、と   んだ“とばっちり”を受けている患者も増えていることを無視してはいけない。                    ▽   日頃お世話になっている病院が今月に入ってから異常に混みだし「これまでこ   んなことなかった」というくらい待たされ、あげくに担当ドクターへの予約が、   1ヶ月以上も先(手術だと1年先)じゃないと取れなくなったと嘆く人が私の   まわりだけでも複数いる。「なんでかしら…」と隣で不思議がっている患者さ   んに、友人が「最近出版された本で、ここの先生、グッドドクターにランキン   グされたんですよ、そのせいだと思いますよ」と伝えると、「イヤねえ、それ   で対応がこんなに悪くなるんじゃ本末転倒じゃないの」。まったくその通り。   私自身、最近似たような体験をしたばかりなので、こうした「とばっちり患者」   は今後確実に増えるのではないかと思う。オリコン・メディカルでは評価項目   の中に「待ち時間」というのがある。グッド医療機関、グッド医師に選ばれた   ことで、逆に評価を落とす結果になるというのは皮肉な話だ。                    ▽   個人的な意見を言わせてもらえば、現状より患者数が増えることで医療サービ   スが低下してしまう医療機関は、ああした番付に載せるべきではないのではな   いか?いや、載せてもよいが、評価項目の中に「今より患者数が増えてもサー   ビスが落ちない体制が整っている」といった視点も必要なんじゃないだろうか?   本日、最終回を迎える人気ドラマ『Dr.コトー診療所』でも象徴的なシークエン   スがあった。神の手を持ち、人間性も魅力あふれるコトー先生は島民にとって   ナンバー1のグッドドクターだったのだ。ところが、緊急手術の必要な重体患   者が同時に2名運び込まれ(コトーの正しい判断で二人とも無事助かるのだが)、   処置を後回しにされた患者の家族と島民は、この件でコトーをバッドドクター   視し、島から追放しようとする。あの診療所の施設では後回しにされた患者関   係者が「放置された」と思ってしまうのもムリないのかもしれない。人間的に   も技術的にも非常に優れたドクターを抱えながら、組織体制や設備環境がマズ   イために印象が悪くなるということもあるだろう。医療関係の番付は難しい。