トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『児童誘拐対策サービス』 TEXT by Gochy! 

  PHPさんからの依頼で「今年下半期のヒットを占う」的な雑誌の対談企画に参加   させていただいた際にも、今後注目すべき商品・サービスのひとつとしてあげ   たのが、児童向けの護身アイテム。その背景には、若い女性のみならず児童を   もターゲットにした誘拐、監禁、レイプといった性犯罪の表面化がある。当編   集部のスタッフにも小学生の子供を持つ母親が何人かいるが、学区周辺で不審   者が出没しているそうで防犯ブザーは必須とのこと(←巻末コーナーご参照を)。   そこで今回は、児童誘拐対策関連商品をいくつかご紹介したい。                    ▽   11月にカバンメーカーの協和から発売される防犯性能強化型ランドセルは、肩   ベルトに、鳴り出すと容易に止められない防犯ブザーの紐が付く。またイトー   ヨーカ堂では、春に警報ブザーを付属した女児向けのスカートとカプリパンツ   を発売し話題を呼んだが、身の回り品でも光る傘や光る靴など安全対策商品を   展開している。タクシーが防犯に一役買っているケースもある。大田原署では   管内のタクシー会社(塩原タクシーと山和タクシー、計92台)を「あんしん家」   (子ども110番の家)に指定、道路などで、子供が助けを求めてきたり、犯罪   の状況を把握すれば、タクシー車内に児童を保護、事業所や警察署に連絡する。   乗客がいても断った上で被害防止を優先するそうだ。                    ▽   しかし、日本以上に深刻な児童誘拐事件が多い海外では、さらに進んでいる。   例えば、台湾では子供の安全のために小型GPS測位機を持たせたいという親が   急増、SOSのボタンを押せば警備会社にすぐ連絡が届き居場所が分かる機器が   来年発売予定だ。子供向け(お年寄り、ボケ老人用もアリ)で、時計型、ネッ   クレス型、携帯電話型と、形状や種類も豊富で、誤差も5〜10メートルとかな   り正確とか(4万円前後の見込み)。メキシコでは「ベリチップ」という皮膚   下に埋め込むタイプのIDチップを使った児童誘拐対策サービスが登場。捜査対   象地域にチップの読み取り装置を設置すれば、子供を発見できるというものだ   が、プライバシー侵害で問題視する声もあるようだ。この手の商品が完璧でな   い点として、防犯ブザーのようなものは犯人を逆上させる恐れがあるし、追尾   機能モノは犯人が物理的にそれを取り除いてしまえばアウトという面がある。   とにかく何かと課題も多い分野だが、間違いなくニーズの高い市場だと思う。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              <編集長からもうヒトコト>    上記コラムはWeeklyデータ版のトピックスを元に執筆しておりますので    Weekly有料サービスのユーザー様は、そちらで個々のデータもご参照さ    れると、より参考になるかと思います(ゴ)。