トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『愛知万博に行こう!』From NAGOYA TEXT by よっしー 

  後500日ほどで21世紀初の万博が愛知県で行われることはご存知だろうか?   国内では大阪万博(1970年)以来、35年ぶりだ。地元名古屋でも最近になって   万博関連のニュースも増えて来たり、万博キャラクターを街中でも頻繁にみか   けるようになってきて、徐々に盛りあがりをみせてきている。   まず今回の愛知万博「愛・地球博」のテーマは「自然の叡智」。人間と自然の   共存だ。なので、出店するパビリオンは宇宙や自然などをテーマにした物が多   い模様。メインパビリオンは「グローバル・ハウス」。約1万年前に絶滅した   マンモスの完全な姿での展示が行われる予定。実現すれば世界初の快挙だ。他、   政府館や、民間パビリオンの概要も決まり、着々と建設工事が行われている。   中でも私のお薦めは名古屋市出店のパビリオン。なんと藤井フミヤがプロデュー   ス。ファンとしては期待が高まる。テーマは「光」「風」「水」で直径36メー   トルの球形をした「世界最大の万華鏡」だそう。なんだかよくわからないけど   すごそうだ(笑)。さらに、万博テーマ曲はYOSHIKIがプロデュース。キャラク   ターマスコット「モリゾー&キッコロ」のデザインはあの‘アランジアロンゾ’   が手がけている。これだけでもかなり豪華なメンバーである。   さて、今回の万博は21世紀初の万博とあって、やはり最先端の技術もスゴイ。   会場は長久手会場と瀬戸会場と2つの会場になるのだが、それを結ぶ移動手段   の1つにIMTS(インテリジェント・マルチモード・トランジット・システム)   というシステムが使われる。これは連結されていない三台のバスが、コンピュー   ター制御で専用道路を自動運行する無人バスだ。燃料は環境に優しい圧縮天然   ガスが使用される。更に国内で初めて実用化される磁気浮上式リニアモーター   カー(HSST)など、最先端の乗り物も目白押し。   また入場券は、世界初のICチップが組み込まれた入場券になる。会場の安全管   理などに使われる予定だとか。この万博の入場券だが、第一期発売の前売り券   が只今発売中。来年3/31までなら当日券の20%OFFで購入可能である。第二期、   第三期とどんどん割引率は悪くなるので、早めの購入がお得だ。万博入場券で   は初のインターネットからの購入も可能である。   先々週末には瀬戸市で万博500日前祭りが開催されたり、先週末11/15には豊田   市でもイベントが行われた。来年7/30にはフミヤがイベントを行うなど、各種   イベントが続々と待機。残り約500日を前にして、これから益々盛りあがりをみ   せる万博に期待だ。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              <編集長からもヒトコト>     33年前の大阪万博については、当時社員旅行で万博に行った私の父が     その頃趣味にしていた8ミリで撮影してきた無声映像を、子供の頃に     自宅の壁をスクリーンにして繰り返し見て記憶しているといった状況     ですが、「太陽の塔」とかアメリカ館の「月の石」などが印象に残っ     ています。「人類の進歩と調和」をテーマに、入場者数は延べ約6420     万人(1日の最高は83万人)。この記録は未だに破られていないそう。     果たして名古屋万博で、記録更新となるでしょうか??     そういえばビデオ全盛の現在ですが、昨今のレトロブームの中、私や     私の親世代の間で8ミリへの人気が復活するかもしれませんね。(ゴ)