トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『オープン・ハウス(前編)』From ASIA TEXT by Reiko 

  世界各地でイスラム教徒過激派による自爆テロが頻発している。イラク復興へ   の道は混迷し、イスラム圏内部にも亀裂が広がる中、今度は日本人外交官2人   が襲撃・殺害される事件が起きた。一般の日本人にとってはますます遠い存在   になっていくかのようなイスラム。   一方、多民族国家マレーシアでは民族や宗教を異にする人々がそれぞれの持つ   晴れの日を共に祝う、世界に誇る習慣がある。それが「オープン・ハウス」。   文字通り、門を開いて、友人・知人はもちろん、しばしば旅行者までも歓迎す   るのだ。マレーシア人の寛容さ、ホスピタリティを象徴する「オープン・ハウ   ス」の中から、今回はハリ・ラヤと呼ばれるイスラム正月の様子をご紹介する。                    ▽   まず、ハリ・ラヤを迎える前には約1ヵ月のラマダン(断食月)がある。これ   は日の出から日没まで飲食物の摂取はおろか、喫煙も水浴びもしてはならない   というもの。もちろん妊娠中の女性や幼い子供、老人、病人は例外とされる。   この時期、日の出前に食事を摂らなければならないイスラム教徒は寝不足と空   腹で昼間は元気がない。いつもは朝昼に混雑する飲食店も人影まばら。時折、   警官がパトロールして、食事をしている不審な客に人種や宗教を訊いている。   一方、この国に活気が出てくるのは夕方近く。断食明けに食べる軽食やお菓子   を売る屋台がずらっと並び、一般の飲食店やホテル、ファストフード店なども   この期間限定のメニューを提供する。屋台の多くはこの時期だけの出店で、「   三ちゃん経営」だ。自家製ケーキやマレーシア名物カリーパフ(カレーを大型   の餃子状パイ皮に包んで揚げたもの)は、非イスラム教徒にも人気で、もちろ   ん屋台のオーナーにとっては、ハリ・ラヤを迎えるための資金源となる。                    ▽   同様に裁縫の得意な女性もこの時期は大忙しだ。イスラム教徒の大多数は毎年、   ハリ・ラヤを新しい服で迎えるため、注文も家族単位でバンバン入ってくる。   一方、男性や子供も家の大掃除、ペンキの塗り替え、庭の芝刈りや手入れとす   ることは山ほどある。ハリ・ラヤ直前になると、玄関や窓をライトアップする。   昼間は普通の家やアパートなのに、夜になると派手な光が点滅する家があちこ   ちに現れて、ビックリする外国人も多い。こうなると、もうお祭り気分を抑え   られないのが子供達だ。夜になると花火をしたり、それにあき足らず自家製の   爆竹を鳴らしたり。爆竹は危ないから一応禁止令が出ているのだが、これも毎   年恒例で指や顔に火傷を負った男の子の写真が新聞に載る。そうこうするうち   に、ラマダンが終わりに近づき、最終的にはイスラム教の学者が月を観て、   「明日をハリ・ラヤとする」旨を宣言する。       (後編へ続く)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              <編集長からもヒトコト>        日本では、今回特別なお正月を迎えることになるであろう        自衛隊員とその家族も多いことでしょうね。        イラク派兵についての賛否が連日議論されている今、        ぜひ読んでいただきたいコラムです。        次回「後編」は、読んでいるだけで幸せな気分になれる        「おいしいメニュー」満載の内容でお届けします。        お楽しみに!(ゴ)