トップページへ
IN&OUTについて ご意見・お問合せ 広告掲載について
トップページ > きっと来る
トレキャ編集部ブログ
Google
トップページ
トレンドランキング
ランキング一覧
ニューウェーブ
エンタテイメント
ネット&デジタル
ビジネス・経営
ファッション
生活
その他
ドラマ
シネマ
トレンド記事
きっと来る
トレンド語学力
体験レポ
トレンド・ギャップ!
メールマガジン
無料メルマガ
有料コンテンツ
マスコミ掲載履歴
バックナンバー
クライアント様入口
 ◇『台北ゲイ事情(前編)』From ASIA TEXT by れいちん

  不況だと言われて数年経つ台湾で、唯一成長しているのがキッズ関連のビジネ   スとゲイビジネスだと言われているのをご存知ですか。キッズ関連ビジネスは   なんとなく納得できるとして、「ゲイビジネスって?」と思った私。聞くとこ   ろによると、ここ数年、台湾ではゲイ雑誌が続々刊行されたり、ゲイスポット   がどんどんオープンしたりと、ゲイ業界が賑やかなのだそうです。   そう言われれば、某航空会社が去年採用した新卒社員の半数はゲイだったとか、   ゲイのホームパーティが警察に摘発された、と言ったニュースもよく聞かれる   ようになりました。台湾では美容・ファッション業界以外にも旅行、ホテル、   銀行、ITなどの業界にゲイが多いのだそう。私はIT業界で働いているのですが   「へぇ、知らなかったぁ」と軽いカルチャーショック状態。極めつけは台湾名   物(?)のヤクザにも非常にゲイが多いという話。警備員・ボディガードなどの   業界にもゲイ仲間は多いんだそうです。                    ▽   私には今までゲイの友達はいなかったのですが、あらためて尋ねてみると、会   社の同僚にも個人的にゲイと知り合いだと言う人が大勢いました。でも、「イ   ンタビューしたいんだけどゲイのお友達を紹介して」と10人以上に頼んでも、   「知らない人にゲイだと言って会うのは抵抗がある」と断られるケースが多く、   最終的には2人のゲイ男性にやっとインタビューできることになりました。   一人目は28歳のアポン。美術系の学校を出て、そのまま学校の職員として働い   ている彼。大学時代にはクラスの男子学生18人のうち16人がゲイという環境で   勉強をしていたそう。男性教師にもゲイが多く、授業中に教授と学生の間で交   わされる冗談もゲイ関連のものがほとんど。女性の教授に至っては「あなたた   ちゲイは社会に出てから苦労するから」とテストの点を底上げしてくれていた   というから驚き。ティーンの頃から、ゲイがストレートより多い環境にいたせ   いか、今でも自分がゲイだということを特別だと思えないと言います。                    ▽   ニ人目は35歳のトニー。若い頃は歌手として芸能界にいたという彼は、現在は   美容師をしています。「最近、ゲイ業界で流行っていることは?」と聞くと、   サウナと温泉との答えが。特にゲイ専門とうたっていなくても男性サウナはゲ   イが集まって大繁盛しているそう。また、某台北の温泉スポットには人目をは   ばからず大騒ぎするゲイが大勢出没しているとか。   それ以外にも台北の某24時間営業の書店では、深夜12時以降、一夜のお相手を   探すゲイ達がたむろする様子が見られるそう。「台湾と諸外国のゲイ業界の違   いは?」と聞くと「ゲイが完全に商売のターゲットとして認知されていること   かな」との答えが。「ラブホテルに男性同士で入ってもいいし、サウナや温泉   やホテルなどゲイ同士と分かる男性二人が利用しようとしてもほとんど断られ   ることはないよ。とにかくお金が儲かれば、ゲイでもストレートでもどちらも   大切なお客様という考え方が台湾の一般的な経営者の考え方だからね」と。                               (後編へと続く)   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━               <編集長からもヒトコト>     台湾といえば、去年の秋頃、同性愛者も法に従って家庭を築いたり子供     を養子にすることができるという人権法が草案されたのではなかったか?     同性愛者同士の結婚は、オランダやベルギーでは認められているが、ア     ジアでは承認国がないため、コレがアジア初の『同性愛法案』になるか!     と話題になった気がしたが…(その後どうなったんだろ)。ちなみに、私     の10年来の知り合いであるゲイの男性は、パートナーの男性とは養子縁     組をして“家族”となっている。相続問題とかもあるからね。     ゲイといえば…。タイのオカマバレーチームがオナベの監督と国体を目     指し見事に優勝した実話モノ映画『アタック・ナンバーハーフ』の続編     が4月に公開予定。オカマチームを結成する前のBeforeとチーム分裂の     危機に直面するAfterを描く続編タイトルは     『アタック・ナンバーハーフ2 全員集合!』←笑(ゴ)